美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:新宿

隠れ家。何も知らなければ通り過ぎてしまうけれど、店内からは楽しそうな雰囲気が溢れている。看板もなければ、開放的な扉もない。一見ただの民家で、みんな友達の家にでも来て盛り上がっているのかと思いきや、実はその実態は、美味しいイタリアンのお店。よく見ると、さり ...
続きを読む
隠れ家。

何も知らなければ通り過ぎてしまうけれど、
店内からは楽しそうな雰囲気が溢れている。

看板もなければ、開放的な扉もない。
一見ただの民家で、みんな友達の家にでも来て盛り上がっているのかと思いきや、
実はその実態は、美味しいイタリアンのお店。
よく見ると、さり気なく緑、白、のトリコローレが飾ってあったりして、
それが目印になる。

さて、この日にお邪魔したお店も、何も知らなければ何のお店かわからない・・・。
なんてことはなく、スパイスの香りが漂っているので、
誰にでもカレーのお店だとバレてしまうお店、西新宿5丁目にある、

”コチンニヴァース(COCHIN NIVAS)さんに、
お邪魔させていただきました。

            IMG_3863

扉を開けると、店内はほぼ満員。
予約していたので、テーブル席の一つに案内していただきます。

       IMG_3820

インドのビール、キングフィッシャーで乾杯!
ボトルでそのまま飲むのも、なかなかいい感じ(^^)

さて、料理を選んで注文しましょう。
どんなものを食べることが出来るのか・・・
メニューはこんな感じですよ。

      IMG_3814

        IMG_3815

  IMG_3816

           IMG_3817

    IMG_3818

なかなか他では食べられないようなラインナップですね。
パングリルドフィッシュや、パラタ、そして魚のカレーがけっこう豊富ですね。

気になるものをチョイスして、いろいろ楽しみます。

       IMG_3822

先ずは、パングリルドフィッシュ。
これは、カジキマグロにスパイスをまぶして焼き上げたもの。
このスパイス加減が絶妙で、いくらでもビールが飲めてしまうんじゃないかと(^^)

そして、マトンエッグフライ。

      IMG_3825

大きなマトンがゴロゴロ。
玉子が絡んでいるのでマイルドかと思いきや、
それを計算したようなスパイス使いが面白い。

これには、チャパティも合わせていただきます。

         IMG_3835

インドカレーといえば、日本では大きくてふわふわのナーンが連想されますが、
日常ではこのチャパティの方がよく食べられているらしいです。
チャパティは、フライパンのようなもので簡単に出来るのに対し、
ナーンは焼くのにタンドールが必要。

実際に、こちらのお店のメニューにも、ナーンのラインナップはありません。

このチャパティ、派手ではなく、素朴ではありますが、香ばしくて美味しい。

そして、エメラルドフィッシュカリー。

         IMG_3841

エメラルドフィッシュという魚が入っているのではなく、
チーズとほうれん草のソースと、チーズが掛けられているカレー。
混ぜ合わせると、エメラルドグリーンになるということから名付けられた、
オリジナルのカレー。


店内は、カウンター席4席と、4人掛テーブルが一つ、2人掛テーブルが2つで、全部で12席。
小さなお店です・・・が、厨房は広め。

というのも、厨房の中には3人位のシェフが入って、それぞれの動きで料理を仕上げていきます。
見ていて、すごく要領がいいなぁって思ってしまいますよ(^^)

そんなシェフが作ってくれたビリヤニ、フィッシュビリヤニはこんな感じ。

        IMG_3854

もう何も言うことはない、美味しい(^^)
そのまま食べてもじっくりとスパイスの香りを楽しめますが、
一緒にカレーも食べると、味の幅がグッと広がります。

      IMG_3850

折角なので、大人気だというチキンカレーもお願いしました。

       IMG_3856

ビリヤニとチキンカレー。
他には何も見えなくなるくらいに美味しい(^^)(^^)

それにしても大人気です、こちらのお店。
私達がゆったりと、いろんな料理を楽しんでいる間にも、
サッとカレーを食べて帰る人もいれば、同じようにお酒とカレーを楽しむ人、
そして、外国からのお客さんもいらっしゃいました。

小さなお店なので、予約していくほうがベターだと思います。
ぜひ住宅地に突如と合わられる名店、堪能してくださいね。








【コチンニヴァース(COCHIN NIVAS)】
住 所:東京都新宿区西新宿5−9−17    MAP
電 話:03-5388-4150
営業時間:11:30〜14:30(L.O.14:00) 17:30〜21:30(L.O.21:00) 
煙 草:完全禁煙
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

BARのカレーって、何であんなに美味しいんだろう・・・。カレーが好きでカレーを食べ歩いていると、どこかで確実に、BARのカレーに出会う。何故なのか・・・。よくよく聞いてみると、店主は元イタリアンの料理人だったり、和食の板前だったり、フレンチ料理店にいた経歴があ ...
続きを読む
BARのカレーって、何であんなに美味しいんだろう・・・。

カレーが好きでカレーを食べ歩いていると、どこかで確実に、
BARのカレーに出会う。

何故なのか・・・。

よくよく聞いてみると、店主は元イタリアンの料理人だったり、
和食の板前だったり、フレンチ料理店にいた経歴があったりすることが多い。
そして、必ず店主はカレー好き。


シュウマイが美味いワインバー、
サンドイッチが絶品なバーボン専門店、
何故か、〆にラーメンが出てくる、焼鳥のお店。


絶品の隠れメニューを探すのも、食べ歩きの醍醐味の一つだと思う。

さて、そんな〆の隠れメニューを、
堂々と看板メニューにしてしまったお店が、歌舞伎町にある。

         IMG_1937

"お茶づけバー ZUZU(ズズ)”。
その名の通り、〆のお茶づけをウリにした、BARである。

BARとは言っても、ウリがお茶づけなだけに、入口の扉も和風でちょっと個性的。
引き戸を開けて屈むようにして入ると、意外にも広い店内が目の前に広がる。

店内は、ずらりと壁面にボトルが並ぶ、カウンター席もあれば、
少し下がったところに、ちゃぶ台のような席もあり、
かと思えば、和風な空間の半個室や、2層になった隠れ家的な空間もあり、
本当にバラエティ豊か。

週末の夜は、夜10時を過ぎても、ほぼ満席という賑わいよう。
何とかカウンター席に潜り込ませていただくことが出来、
先ずは箕面ビールで一息。

        IMG_3873

箕面ビールは、今や日本を代表するクラフトビールのひとつ。
私も、これがあればついつい注文してしまう。

そして、ビールと一緒に提供されたのがお通しなのだが、
このお通しが良く出来ている。

         IMG_3870

牛すじをトロトロになるまで煮込んだもので、濃厚な旨味がクセになる。
これは思わずお替りしたくなるほど美味しい。
お通しがキチンとしている店に、ハズレ無し。
ちょっと呑んで帰るつもりが、コシを据えてしまうかもしれない。

        IMG_3882

この日は、たまたま入荷したという、ちょっと美味しいソーセージもいただいてみた。
粒マスタードを付けていただいているが、何も付けなくても美味しい。
こういうのをいただくと、ついついもう一杯頼みたくなってしまう。

      IMG_3884

そこで目があったのが、バーカウンターの後ろの棚にあったこれ。
鍛高譚が、しそ焼酎ならば、黄金譚(こんかねたんは、昆布焼酎。
飲んでみると、本当に昆布の旨味を感じるから面白い。

さて、昆布焼酎で旨味を感じたところで、
本命のお茶づけをいただくことに。

         IMG_3878

お茶づけのメニューはこんな感じで、お茶はあご出汁の玄米茶なのだとか。

サッパリと梅にするか、贅沢にいくらにするか、漬けマグロも気になるし・・・。
いろいろ迷った結果、お願いしたお茶づけは・・・。

        IMG_3901

玄米の味噌焼きおにぎり茶漬けに、とろろ昆布と、生海苔をトッピング。

ここに、熱いお茶を掛けて・・・

         IMG_3904

いい香りが漂い、思わず笑顔になってしまう。

まずはこの状態で一口。

         IMG_3916

焼きおにぎりを半分だけ崩して、カリッとした食感とお茶づけのコラボを味わう。
味噌の甘みと、出汁の旨味がすごくよく合って美味しい。

そして、トッピングを加えて、完成形に。

         IMG_3917

少しずつ、海苔や昆布を混ぜながら味の変化を楽しみ、
最後はすべての具材を混ぜて、複雑な旨味を完成させる。
美味しくて、カラダが喜ぶ温かさ。

こちらのお店、お茶づけだけではなく、
いろんな料理も揃っていて、宴会での利用も人気があるのだとか。

   IMG_3874

     IMG_3875

        IMG_3876

      IMG_3877

今度は予約して、是非いろんな料理も是非楽しんでみたい。
お通しの牛すじ煮込みといい、ソーセージといい、
料理に期待しても間違いなさそう。

週末の夜、ワンレベル上の〆に、お茶づけ。
オススメします!








【お茶漬けBAR ZUZU(ズズ)】
住 所:東京都新宿区歌舞伎町1−21−2 伊藤ビル 3F    MAP
電 話:03-5292-3703
営業時間:17:00〜24:00(L.O.23:00) ※金土祝前日は、翌5:00まで営業。 
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

「梅雨入り宣言」、「梅雨明け宣言」って、一時期やらなくなったのに、なんでまた、復活したのでしょうね?そもそも、宣言をやらなくなったのは、平成5年の梅雨が特定出来なかった年以降。気象庁は、一旦梅雨明け宣言をしたものの、その後も長雨が続き、梅雨明け宣言を撤回し ...
続きを読む
「梅雨入り宣言」、「梅雨明け宣言」って、一時期やらなくなったのに、
なんでまた、復活したのでしょうね?

そもそも、宣言をやらなくなったのは、平成5年の梅雨が特定出来なかった年以降。
気象庁は、一旦梅雨明け宣言をしたものの、その後も長雨が続き、
梅雨明け宣言を撤回したことがあったのです。

その後、「梅雨入りしました」から、「梅雨入りしたものと見られます」と表現を変え、
現在に至っているのだとか。

ま、宣言してもしなくても、天候が変わるわけではなく、
何てことないのですが、おそらく梅雨入り宣言したほうが、傘がよく売れ、
梅雨明け宣言したほうが、ビールがよく売れるのでしょうね^^;


さて、冷たいビールもいいけれど、
爽やかに冷たいワインで乾杯!

スパークリングワインの炭酸が苦手な人も、微炭酸ならばいかがでしょうか?

そんな微炭酸で爽やかな味わいのワイン、
スペインとフランスの国境、バスク地方で愛飲されているワイン、
チャコリワインのイベントにお邪魔させていただきました。

         IMG_1346

開催されたのは、新宿3丁目の駅の真上(と言っても過言ではない)にある、
“TOKYO KITCHEN”さん。

いつもは、料理が主役なのですが、この日の主役は、チャコリワイン。
キリッと冷やされたチャコリワン「TALAI BERRI(タライ・ベリ)」は、
スッキリした味わいで、微発泡が心地良い。

        IMG_1373

スペイン全体でわずか0.1%という栽培面積と、ほぼ産地で消費されるため、
希少価値も高く、あまり外には出てこなかったのだとか。

一口飲むと、いろんな料理との相性も気になってきます。

      IMG_1338

先ずは、シェフ特製大山鶏ハム。
鶏ハムの旨味をトマトソースがコーティングして、旨味と酸味のバランスがいい感じ。

そして、ハモンセラーノ。

       IMG_1333

肉を使った前菜との相性も素晴らしい。
最初の料理が美味しいと、気持ちも昂ぶってきますよね(^^)

そして、鮮魚のカルパッチョ。

        IMG_1350

生ハムなどを一緒に食べた時は、その旨味を閉じ込めるような効果を感じましたが、
鮮魚のカルパッチョの場合は、旨味と調和して変化する感じ。
面白いですよ、このワイン。

微発泡のスッキリした白ワインに合わせるとなると、やはり魚介の料理・・・
と思いきや、そんなことはない。

TOKYO KITCHENさん、自慢の料理が続々と登場。

       IMG_1353

熱々の「キタアカリとローズマリーのオーブン焼き 」
キタアカリの甘みとワインのマリアージュが楽しい。

そして、ここからは肉料理の登場。

        IMG_1357

これは、牛スジと白いんげん豆のトマト煮込み 。
肉、ものすごく柔らかいのです。
すじ肉なのですが、丁寧に調理されているので、旨味が凝縮されて、
かなり美味しいですよ(^^)

メインは、宗谷黒牛グリル。

       IMG_1371

これは、東京キッチンオリジナル漬け込みハーブ仕立てにされたもの。
赤みではありますが、柔らかく肉の旨味を存分に楽しむことが出来ます。


このチャコリワイン、白ワインではありますが、
肉にもちゃんと対応できるのが面白いですね。

          IMG_1380

〆にはパスタも。

    IMG_1387

トマトの味わいとチャコリワインが美味しい。
それにしても、これ1本で、いろんなマリージュを楽しめるのだから素晴らしい。
バスク地方、やりますねぇ(^^)

         IMG_1389

デザートにもワイン?
いえいえ、これにはコーヒーのほうがよろしいかと思いますよ〜。
(ワインとは試してないですが^^;)

今までなかった味わいのワイン、チャコリワイン。
レストランで見かけたら、是非味わいって見て下さいね。



  



【TOKYO KITCHEN】
住 所:東京都新宿区新宿3-32-10 T&Tビル 7F     MAP
営業時間:18:00〜23:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

チャコリワインは、コチラのHPから購入できます。
お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

裏メニュー、まかないメニュー、期間限定メニュー。通常ではありつけないメニューを食べられる機会に出会うと、ついつい注文してしまいます。おそらく・・・ひょっとしたら、「冷やし中華」も最初はそんなメニューだったのかなぁ?冷やし中華 はじめました〜・・・・みたい ...
続きを読む
裏メニュー、まかないメニュー、期間限定メニュー。

通常ではありつけないメニューを食べられる機会に出会うと、ついつい注文してしまいます。

おそらく・・・
ひょっとしたら、「冷やし中華」も最初はそんなメニューだったのかなぁ?
冷やし中華 はじめました〜・・・・みたいな^^;
(冷やし中華は、まかない料理からではなく、メニューに載せる目的で考案されたみたいですが。)

ラーメン屋さんでラーメンは当たり前。(寿司が出てくるから面白い!)
うどん屋さんでうどんも当たり前。(イタリアンのようなメニューが出てくるから面白い!)
お好み焼き屋さんで、焼きそば、モダン焼きは当たり前、(中にカレーライスが入って出てくるから面白い!)


では、Barのカレー。
これは、納得の組み合わせですね(^^)
Barで食べる〆のカレー、やめられません。

〆のラーメンは卒業した・・・・(そのつもりですが、お酒の力はコワイ^^;)

この日は、そんな美味しいカレーが食べることが出来るBar、
参宮橋の駅からすぐのところにある“Bar シャンクス”さんへ。

            IMG_1440

螺旋階段を上がって2階に行くと、お店の入口があります。

       IMG_1438

カウンターに座り、さて何をお願いしましょうか・・・。
あ、そうだ!  ここは、クラフトビール・・・
志賀高原ビールのドラフトを飲むことが出来るんだ(^^)

               IMG_1396

というわけで、Baby Blonde Miyamaを。

素晴らしい香り(^^)
そして、わずかに感じる爽やかな酸と苦味、旨味が広がり、
口の中に余韻が広がる。

すでに食事をしてきたというのに、何かつまみたくなってくるから不思議ですよね。

        IMG_1433

店内の壁には、黒板メニューもあるのでしばらくそれを眺めてみます。

すると、「よかったらどうぞ〜!」と、メニューを差し出してくださる。

   IMG_1421

ドラフトビールは2種類、ドラフトペールエール(今飲んでるやつ)の他に、
IPAもありますね。

         IMG_1423

   IMG_1424


ウイスキーメニューや、フードメニューも充実。
もちろん、ここに載ってないお酒もたくさんあるので、気軽に聞いてみてくださいね(^^)

      IMG_1422

メニューに書かれた似顔絵の店主さんとスタッフの方が答えてくださいますよ。

           IMG_1427

たしかに、似顔絵と似てますよね(^^)

志賀高原ビールをいただきながら、こちらのお店が紹介されている、
ハンバーガーの本を見せていただきます。

      IMG_1398

あ、ホントだ!
載ってますね〜。

「ハンバーガーも美味しくて人気なんですけど、カレーも美味しいんですよ!」

え、カレー!

カレーと聞くと、素通りできなくなってしまいますね^^;

           IMG_1393
カレーは、約2週間毎に変わるとのことで、いまのカレーは、
豚とニラのほうじ茶カレー & 鮭のじゃがバターカレー。
(自動的に2種盛りになりますよ〜!)

ほうじ茶のカレーとはまた、どんな感じなのだろうか・・・。

もちろん、お願いしちゃいました。

      IMG_1435

店内は、入り口を入って手前側に2人がけのテーブル席が3卓と、
奥にはカウンター席が6席。

明るい雰囲気でくつろぎやすいのは、お店の方の楽しい接客の賜物かと。
皆さん楽しそうに飲んでいるから、常に店内の雰囲気もいい感じです。

しばらくすると、カレーが登場。

          IMG_1402

おぉ、たっぷりと盛られていて嬉しいですね。


     IMG_1411
左側が、鮭のじゃがバターカレーで、

            IMG_1413
右側が、豚とニラのほうじ茶カレー。

それぞれのカレーの色も全く違ってて、見た目にもインパクトがありますね。
それでは早速、豚とニラのほうじ茶カレーからいただきます。

        IMG_1416

ほうじ茶の効果もあるのでしょうか?
豚肉がすごく柔らかい(^^)
食べてすぐにほうじ茶を感じるってことはないのですが、
口の中で風味が広がっていくときに、その余韻に感じることが出来ますよ。


そして、鮭のじゃがバターカレーの方は、大体の想像がつき・・・・
ん、ふつうに美味しい。
なるほど、鮭がこんなに自然にカレーに合うのか。

そんなふうに鮭とカレーの旨味を味わいっていると、
その後からじゃがバターが存在感をしめし始めるのです。

え、えぇ〜、なにこれ!
凄い、ジャガバタといっても、カレーのスパシスに負けてしまうかと思っていたのですが、
そんなこと全く無い!


じゃがいもではなく、ちゃんとジャガバタ。
カレーの中でもジャガバタが存在感をしめしているのが凄い!
これは見事ですよ(^^)

これは是非とも食べてほしい!
このカレーは、7月8日〜7月20日までの間、食べることが出来ますよ!


        IMG_1437

Bar シャンクスさんは、
この3連休(7月13日〜15日)の間も、通常通りに営業されるとのことです。
ふらっとでかけて、美味しいお酒とカレー、如何でしょうか?

           IMG_1425

楽しく美味しい時間を過ごすことが出来ますよ(^^)



     




【Bar シャンクス】
住 所:東京都渋谷区代々木4−1−5 参宮橋駅前ビル 2F    MAP
電 話:03-3374-7374
営業時間:18:00〜翌3:00(L.O.2:00) ※土曜日は24:00まで。 
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のブログはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい元号、決まりましたね。「令和」。職場の近所のよく行くお店で、ランチを食べながら知りました。確か、昭和から平成になって、「平成」の元号が発表された時は、高校時代からの付き合いの友人の家で、ビールを飲みながら。どちらにしても、何か食ってるときに発表され ...
続きを読む
新しい元号、決まりましたね。

「令和」。

職場の近所のよく行くお店で、ランチを食べながら知りました。

確か、昭和から平成になって、「平成」の元号が発表された時は、
高校時代からの付き合いの友人の家で、ビールを飲みながら。

どちらにしても、何か食ってるときに発表されるみたいです、私の場合^^;

いろんなお店で、面白い企画も行われているみたいです。

名前の中に、「令」の文字か、「和」の文字が入っていれば割引で、
2文字とも入っている場合は、特定の商品が無料。


残念ながら、私の名前の中にはどちらも入っていません^^;

令和、
れいわ、
れーわ、
わーれー・・・


強引ですが、今日もカレー、行っときましょう!

さて、この日は六本木で人気だった伝説のお店の味わいを引き継いだというお店、
西新宿にある”FISH”さんにお邪魔させていただきました。

やはり、カレーはスパイスのパンチが効いて、ちょっと辛口のものを選びたい・・・
そんなカレーファンも多いのではないでしょうか?

           IMG_3432

こちらのお店の「大辛チキンカレーライス」は、ひとくち食べたときから、
ズキュ〜ンと抜けるような辛さを味わうことが出来ます。

             IMG_3439

これでいて、激辛にも出来るというのだから、辛口ファンの心を捉えて離さない。

     IMG_3433

タップリと入ったチキンも嬉しいことに食べごたえアリ。

でも、折角なので2種コンボをお願いして、キーマとのコラボも楽しみましょう。

             IMG_3434

こちらのお店のカレー、決して激辛がウリではなく、
いろんな素材とスパイスの融合によって、醸し出されるレベルの高いカレーが人気の理由。

もしも、「ちょっと辛かったかな・・・」と思ったら、
一緒についてくる、アチャールや、

     IMG_3436

玉子を食べればリセットされるかも。

            IMG_3437

インドのお煎餅・・・パパダンはカレーを付けてちょっとずつ食べてもいいけれど、
細かく砕いてカレーの上にかけ、一緒に食べても美味しいですよ(^^)

      IMG_3444

そんなFISHさんのメニューはこんな感じ。

     IMG_3427

              IMG_3428

ランチタイムはカレーがメインに対して、
ディナータイムは、酒とスパイス料理が楽しめるスタイル。
もちろん、ディナータイムにカレーを楽しむことも出来ますよ。

         IMG_3425

何が出るかお楽しみ、「週替りカレー」を狙いに行って見るのも楽しいかも。

     IMG_3445

西新宿・・・
西武新宿か、大久保からも充分近いです。
是非食べに行ってみてくださいね(^^)









【FISH】
住 所:東京都新宿区西新宿7−5−6 新宿ダイカンプラザ756 2F    MAP
電 話:03-5937-6322
営業時間:11:30〜15:00 17:00〜23:00(L.O.22:00) 
煙 草:完全禁煙
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日が休み)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加