美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:札幌

そういえば、最近何だか見かけないなぁ・・・。そんなものっていくつかありますよね?久しぶりに見かけて、「あっ、そういえば・・・」みたいな感じで思い出すことがあります。5/8チップス。一口で食べるのに、ちょうどいい大きさ。原価を抑えるためとの噂もありましたが、結 ...
続きを読む
そういえば、最近何だか見かけないなぁ・・・。
そんなものっていくつかありますよね?

久しぶりに見かけて、「あっ、そういえば・・・」みたいな感じで思い出すことがあります。

5/8チップス。
一口で食べるのに、ちょうどいい大きさ。
原価を抑えるためとの噂もありましたが、結構好きでした。

8cmのシングルCD。
かけるのに、アダプターが必要だった時代も。
元々小さくする必要、あったのでしょうかね?

字光式ナンバープレート。
子供の頃、ちょっと憧れていました。
あのアイデア、世界でも珍しいと思うのですが・・・。

木でできた牛乳箱。
今はプラスティック製になっているのですね。
雪印牛乳なんて書いてあったら感涙モノです!

そして・・・。

           IMG_9597

見かけなくなりましたよね、ウールマーク。
羊毛100%の証、混じっりっけなしのホンモノです!

でもよく見ると、このウールマーク、ちょっと違うような感じが・・・。

この日、お邪魔させていただいたのは、
札幌狸小路商店街の西の端、アーケードが途切れるあたりにある、
"羊と中華ヤンボウ”さん。
 
            IMG_3570

羊と中華。
そのわかり易い名前に惹かれて、お店の中へ。

     IMG_9590

平日の21:00過ぎでしたが、結構賑わっています。
その様子が、お店の外からでもわかるので、ついつい引き寄せられるように入店したのではありますが^^;

既に二軒目なので、軽くつまむものとお酒を・・・。

    IMG_9587

ビール、ハイボール、檸檬サワー・・・
檸檬サワーって感じで書かれるとイメージ変わりますね。
思わず注文してしまいましたよ^^;

          IMG_9594

甘み、酸味、苦味のバランスが絶妙!
なるほど・・・イチオシなだけあります。

  IMG_9588

            IMG_9589

それにしても、飲み物の種類、多いですね。
メニューの見せ方も秀逸。
いろんなものを試したくなってきます。

    IMG_9593

そんな中、試してみたのは珈琲紹興酒。
コーヒー豆と紹興酒のみで作った、なかなか面白いやつ。
好きな量だけ量り売りで楽しめるのも嬉しいです。

羊と中華。
折角なので、羊を使った料理ももちろんいただきます。

      
      IMG_9608

先ずは、冷奴の皮蛋ソース。
冬の札幌でも、店内はすごく暖かい。
ピータンの味わいと冷たい冷奴がよく合いますよ。

    IMG_9602

そして、羊水餃子。
心地よく羊が香り、美味しい。
これ、羊肉好きにはたまらない逸品ですよ(^^)

他にも、羊を使った料理のラインナップはたくさんあります。
フードのメニューはこんな感じですよ。

         IMG_9585

   IMG_9586

眺めていると、気になる料理がたくさんあります。
今度は空腹のときに来て、もっといろいろ食べてみよう・・・

アーケードのある、狸小路商店街の西の端。
外は雪が降っていても、楽にお店まで行くことができます。
札幌にお越しの際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!





【羊と中華 ヤンボウ】
住 所:札幌市中央区南3条西7−5    MAP
電 話:011-218-2008
営業時間:11:00〜16:00  17:00〜翌1:00
煙 草:完全禁煙
定休日:日曜日と月曜日のディナータイム。(ランチは不定休)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

新年あけましておめでとうございます!本年も、美食磁石をよろしくお願い致します。今年は2020年。もう20年も経つのですね、西暦が2000年をむかえてから。ところで、2000年ってどんな年だったのでしょうか?ハッピーマンデー制度最初の年。大江戸線全線開通。Amazon日本語サ ...
続きを読む
新年あけましておめでとうございます!
本年も、美食磁石をよろしくお願い致します。


今年は2020年。
もう20年も経つのですね、西暦が2000年をむかえてから。
ところで、2000年ってどんな年だったのでしょうか?

ハッピーマンデー制度最初の年。
大江戸線全線開通。
Amazon日本語サイトはじまる。
イチロー、メジャーリーグに移籍。
慎吾ママの「おっはー」流行る。
2000円札の発行される。
シドニーオリンピックで高橋尚子が金メダルを取る。


そう言えば、今年は東京オリンピックが開催されるのですよね。
チケットの入手は困難・・・
でも、マラソンならば沿道にいれば見ることが出来る・・・
あれ、マラソンは札幌で開催^^;

いっそのこと、札幌まで行ってみるか・・・

そんな気持ちが先走り、冬の札幌まで行ってきました!
(ちょっと気持ちが早すぎはしないか^^;)

でも目的は、オリンピックの下見ではなく飛行機に乗ってでも行きたいお店、
すすきのにある”鮨蔵”さん。

今回で3回目になるのですが、また新たなる感動をいただきました。
こちらのお店の存在を友人に聞き、予約の電話をするも繋がらず、
飛び込みで行ってみるも、もちろんダメ。
偶然電話がつながったのが一昨年の秋。
それ以来、定期的に通わせていただいています。

「こんばんは〜」
「いらっしゃいませ、お久しぶりですね。」


入口の扉を開き、カウンター席に座らせていただきます。

最初ここに来たときは少し緊張したなぁ・・・。
噂では、北海道で一番予約が取りにくい鮨屋さん。
そんな噂を聞きながらの入店でしたからね。

こちらのお店は、おまかせスタイル。
季節のおすすめ料理が出てきて、その後はお鮨を出していただくスタイルです。
ですので、注文は飲み物のみ。

先ずはエビスビールをお願いし、料理を楽しんでいきます。

最初の料理は、タコの頭 ヤリイカのミミ 菜の花。

           IMG_9479

どの素材も、味わい日の通し方などが完璧。
ひとくち食べて、鮨ノ蔵の味わいがスタートしたなぁと、感じさせてくれます。

    IMG_9481

そして、2品目は仙鳳趾の牡蠣。
いろんな産地の牡蠣を食べましたが、やはり仙鳳趾が一番好みかも。
クリーミーな味わいが最高に美味しいです。

             IMG_9486

ここからは、やはり日本酒がパートナーに。
合わせるお酒は、長野県松本のお酒、大信州。
でもこれ、ただの大信州ではなく、純米吟醸の番外品。
こういう珍しいお酒をいただけるのも魅力のひとつです。

そして、鰆。

     IMG_9487


           IMG_9493

寝かせたハタの麹漬けをいただきます。
深い旨みの魅力にしばし言葉も出ず、熟成の虜になっていきます。

      IMG_9498

料理を出し、それに合わせて日本酒を選び、そして次の料理の準備に取り掛かる。
それでいて、黙々とやっているかというと、そうでもない。
話しかけると気軽に答えてくださる、店主井川さん。

ここで、電話がなるが決して取らない。

「途中で電話が鳴っても取らないですね〜」
「いえ、そうでもないですよ。  気が向けば取ることもありますよ。」

サラッとそう答える^^;
最初の予約の電話がつながるかどうかは、本当に運次第なのかもしれませんね。

         IMG_9501

ここでタチが登場。

「これはスペシャリテ、これを食べに飛行機に乗ってくる人も結構いますよ。」

そう言いながら出してくださった一年前の光景が蘇ります。
札幌でタチを食べ、その魅力の虜になったのが2年前。
それをさらに強烈なものにしたのが、目の前にある鮨ノ蔵のタチ。
私も飛行機に乗って食べに来る人のひとりになりました^^;

      IMG_9508

そしてこちらは冷たいタチのフライ。
「一口で食べると後悔するやつ」そんな言葉を思い出しながら、
箸で半分に切っていただきます。

口の中に広がる旨味ととろけるような食感。
 
      IMG_9511

いただいた日本酒には、「町田酒造」と書かれてあるものの、文字が裏返っている・・・。
そして、"酒舗 七蔵”の文字もある・・・ということは、
夏に来たときにいただいた、札幌のお酒のお店がオリジナルで作ったもの?

          IMG_9509

はい。
やはりこれもスペック非公開!
こういうの、楽しいですよね(^^)

「これは今年のスペシャリテ。 すげーやつです。」

そう言って出していただいたのがこれ。

         IMG_9515

数の子トリュフチーズ。
いったい誰がこんなこと考えるのでしょ(^^)
これはある意味悪です。
酒がいくらでも飲めてしまう^^;

でも、こんなの作る井川さんはお酒を飲まないのだとか。

      IMG_9518

これは新物のワカメとなめこ。
キンキのアラで取った出汁で仕上げてあるもの。

タチが連続で続き、そしてスペシャリテ。
ちょっとクールダウンの汁物ではありますが、これも旨味が素晴らしい。

          IMG_9527

クールダウンどころか、シッカリお酒が進むのが嬉しいところ。
そして、さらに凄いのがこの後でてくることに・・・。

       IMG_9522

シャリの上にタチがのっかる。

「これ、ヤバいやつです。 ぐちゃぐちゃに混ぜて食べてみてください。」

        IMG_9526

やってみると、確かにヤバすぎる!
クリーミーで濃厚なリゾット?
いや、それよりももっと上品で深みがある。
こんなの、本当にここでしか食べられないのでは?

何だかこの冬は凄いことになっていますよ、鮨ノ蔵。

           IMG_9533

つまみの最後は、しらすのお浸しに削りたての鰹をかけたもの。
これもさり気なくシッカリ美味い。
咀嚼を繰り返すたびに、鰹が半端ない存在感を表してきます。

さて、ここからお鮨がはじまります。
先ずは、剣いか。

           IMG_9538

ハンダゴテを使い仕上げられた剣先イカは、鮨ノ蔵の名物でもあります。

   IMG_9541
そして、むつ。

        IMG_9547
寝かせた真鯛。
この「寝かせた」というのが、鮨ノ蔵の真髄。
この旨味を覚えてしまったら、なかなか他所の熟成鮨で満足できなくなります。

     IMG_9550

見ただけで美味いのがわかるこれは、大間の中トロ。
いつまでも口の中に留まっていて欲しい美味しさです。

           IMG_9554
シマアジ。


      IMG_9557

そしてホタテ。

一貫一貫、じっくりと向き合い、味わって楽しみます。
シャリとネタのバランスも申し分ない。
あまりにもバランスが良くて、シャリの存在を忘れてしまいそうになりますが、
口の中でハラリと解けて、ネタを包み込むような感じでシャリの存在の大切さを感じることができます。

         IMG_9561

これは、焼きニシン。
ここでニシンに出会い、ニシンという魚の旨味、食べ方を知る。

     IMG_9567

箸で軽く押すと、脂が染み出してくるほどにジューシィ。
口の中に入れると、ニシンの旨味、甘みのあとから、シャリが追いかけてくるような感覚を楽しむことが出来るのです。
これは、かなり楽しいですよ(^^)

        IMG_9572
そしてキンキ。
魚の美味さを最大限に引き出すのが鮨。
そう断言してもかまわないのではないのか・・・。
これを食べていると、そう思ってしまいます。

         IMG_9579

最後はうに。
そう言えば昨年の夏は、鮨ノ蔵の井川さんがプロデュースする、うに丼専門店、
余市にある「雲丹ノ蔵」へも行ったな。

そして「これはおまけです。」と言って出してくれたのがこちら。

          IMG_9581

な、何と!
スペシャリテのトリュフチーズ数の子のお鮨。
もうね、ひっくり返りそうに美味しい(^^)
発想がすごいですよね〜。

      IMG_9583
これだけのものをどんどん生み出す店主、井川さん。
実はお酒を飲まないのだとか。
その他にも、いろいろ楽しい話を聞かせていただきました。

飛行機に乗ってでも、半年前から予約してでもわざわざ行きたくなるお店、鮨ノ蔵さん。
今度はまた、半袖の季節にお邪魔させていただきます。







【鮨蔵】
住 所:札幌市中央区南2条西4 乙井ビル B1F    MAP
電 話:080-3237-5430
営業時間:18:00〜23:00 (完全予約制)
煙 草:完全禁煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

時差ボケ。経験したことありましでしょうか?飛行機に乗って、アメリカやヨーロッパなど、長距離の路線に乗って移動した場合に起きやすいとされていますね。主な症状は、睡眠障害・日中のねむけ・体の怠さなど・・・。私もサンフランシスコに行ったとき、夜中に中々眠れず、 ...
続きを読む
時差ボケ。
経験したことありましでしょうか?

飛行機に乗って、アメリカやヨーロッパなど、
長距離の路線に乗って移動した場合に起きやすいとされていますね。

主な症状は、睡眠障害・日中のねむけ・体の怠さなど・・・。

私もサンフランシスコに行ったとき、夜中に中々眠れず、
昼間にやたらと眠いという時差ボケに見舞われたことがあります。

時差ボケは、日本からだとヨーロッパなど西へ向かうよりも、
アメリカなどの東へ向かうときのほうが強くなるのだとか・・・。

では、飛行時間は、約10時間のオーストラリアに行くときには・・・

さて、そんな時差ボケとは関係のない札幌すすきのにある、素敵なお店を教えていただきました。

            IMG_3593

Oyoyo Valley というこのビルの2Fに、今回お邪魔させていただいたお店、
"マガッツィーノ”さんはあります。

      IMG_9717


Magazzino(マガッツィーノ)は、イタリア語で倉庫の意味。
同じく札幌の人気ビストロ「葡萄酒倉庫」さんの姉妹店なのだとか。
そういえば、お店の名前のロゴ、倉庫のような形のデザインになってますね。

入口で予約名を告げると、カウンター席に案内していただきました。

実はこちらのお店、同じくすすきのにある、鮨ノ蔵さんに教えていただき、
予約してお伺いさせていただいたのです。

           IMG_9645

先ずは、生ビールをいただきます。
こちらのお店では、エーデルピルスの生ビールをいただくことが・・・
って、このビールめっちゃ美味しいい!
エーデルピルスが美味しいのは知っていますが、今まで飲んだエーデルピルスでもトップクラス。
おそらく、管理が良いのでしょうね。
これはかなり期待ができますよ!

予約時に「お食事コース(5,000円)」をお願いしておいたので、
料理が出てくるのを、ワクワクしながら待っていればいいのですが、
メニューも置いてあるので、ちょっと拝見。

      IMG_9715

【お知らせとお願い】
ふむふむ・・・
読んでいると、本当に食材と料理にこだわり、
美味しい状態で食べられるように考えてくださっているのが分かります。
こういうの、私は好きですね(^^)



             IMG_9716

お願いしたコースの他にも、いつくかありますね。
いずれも、北海道の食材に拘っていらしゃるようです。
で、お食事コース(5,000円)に日本酒、ワインをペアリングしたコースもある・・・。

「すみません、今からでも、ペアリングコースに変更していただくことって出来ますか?」
「大丈夫ですよ。」


快く応じていただきました(^^)


料理に合わせたお酒を、お店のオススメで出していただける。
これは絶対に素敵なはず・・・。


         IMG_3594

こんな感じで、バイザグラスのメニューも充実しているのですが、
任せられるのであれば、お任せにしたほうが楽しめるような気がしたのです。

       IMG_9647

最初の料理は、たちポン。
冬に北海道で食べるたち(マダラの白子)は、本当に最高。
東京や大阪で食べるそれとは、本当に違うのです。

     IMG_9651

ワインは、「共栄堂19FY-SR」。
エチケットは、このワインの味わいをイメージして描かれたものなのだとか。

          IMG_9653

いただいた料理は、
シマアジ、まぐろ、そい、かわはぎ、ホッキ貝などの刺身。
鮮度の関係から、北海道でしか食べられない刺身が並ぶのが嬉しいですね。

      IMG_9655

次に用意していただいたのは、北海道倶知安のお酒、「二世古の特別純米」。
北海道に来て日本酒を飲むたびに思うのですが、いいお酒が多いですね、北海道。
それも、ほとんど道内にしか流通しないそうなので、来なきゃ飲めないのです。

    IMG_9659

料理の方は、ヤマメの稚魚の天ぷら。
付け合せは、甘く煮たキンカンとユリネ。

心地よいほろ苦さとお酒が堪らない。
付け合せのキンカンとユリネを一緒に合わせてみるのも面白いですよ。

            IMG_9663

次の料理に合わせるために出てきたワインは、「A.P.ヴィレーヌ ブーズロン 2014」。
ロマネコンティの共同経営者が手掛けるワインなのだとか。
旨味と酸味のバランスもいい感じで、余韻も心地いい。

     IMG_9669

そんなワインと一緒にいただく料理は、タチと仙鳳趾の牡蠣をすり身のようにしたもの。
これはかなり贅沢な味わい。
こんな料理とワインを出されたら、会話に夢中になって・・・・なんてことはなく、
料理と酒に没頭してしまいますよ。
(実際、私は一緒に行った友人をほったらかして、味に集中しておりました^^;)

           IMG_9673

次は、「MARCEL DEISS Engelgarten CRU D'ALSACE(プルミエ・クリュ)」
鰆に、マサカリ南瓜のすり流し、ビーツ、ネギ、柿がそえてあります。
このワイン、凄いです!
その味わいに、鰆の旨味、かぼちゃのスリ流しなどを合わせていくと、
口の中で味わいがどんどん変化していって本当に楽しい。

ビーツを主体にネギの香り、牡蠣の甘味とソースの酸味のバランスが絶妙なのです。

そして、次に用意されたのは日本酒・・・

        IMG_9684

と言っても、これが日本酒をただ注いだだけではないから面白い。

「不老泉の旨燗」に酒粕と出汁を合わせたものでつくた酒。
さて、これに何が合わせられて出てくるのか?

厨房内の棚に、世界の名酒事典。
そしてその横に並ぶは、生物学辞典。

名酒事典はわかるけれど、生物学辞典とはまた・・・
「あ、見つかっちゃいましたか?」
そう微笑む店主。

そんなやり取りのあと、出てきた料理は、蝦夷鹿のステーキ。

        IMG_9694

これが柔らかくて癖もなく、美味しいのです。
でも、この蝦夷鹿は不老泉と合わせると、更に凄いことになるのです。

蝦夷鹿の肉のきめ細やかさの中に、不老泉の旨味が入り込み、
いつまでも味わい続けて痛くなるような感覚に陥ってしまう。

本当にいろんな所まで計算されていて、決して飽きさせないのです。

        IMG_9695

これは、「サービスです」と、特別に出していただいたヒグマの肉。
噛みしめると旨味が染み出す肉と脂が堪らない。
これぞ、北海道ならでは、貴重な体験をさせていただきました。

      IMG_9698

次にいただいたのは、「PASCAL VACQUEYRAS 2003」。
よく考えると、この日はじめての赤ワインなのです。
肉は先程食べたし、さて今度の料理は・・・。

         IMG_9700

なんと麺。
これは、羊麺(ようめん)といって、北海道の羊を使って作ったもの。
足寄にある、石田めん羊業さんの羊肉出とったスープで作った羊麺は、ラーメンだと思って食べると、大きなどんでん返しを喰らうことになる。

    IMG_9704

ひと口味わうと、最初は薄く感じるけど、
実は全くそんなことはないことが徐々に理解できてくる。

          IMG_9705

ラーメンが一口目に旨味のピークを迎えるのに対して、
これは食べ進んでいくと、どんどん旨味が増していって中盤からラストにかけ、
ピークをむかえる凄いやつ。

     IMG_9708

半分くらい食べたら、もう完全に虜になってしまい、箸を置くことが出来なくなってくるはず。

「薄く感じても、ちゃんと塩分はあるので、スープは全部飲まなくても大丈夫ですよ。
         そう言っても、ほとんどのお客さんがスープを飲み干しちゃうのですよ。」


そう語る店主。
でもこれ、美味しすぎるので残すことなんて出来ませんよ^^;

           IMG_9713

デザートは同じく、足寄の石田さんの羊の乳を使った、焼きチーズケーキ。
もちろん、これにもペアリングのワインが付くから嬉しくて仕方がありません。

店内は、カウンター席が6席ほどと、2人がけのテーブル席3卓。
シンプルで手作り感も感じさせる店内は、仕上げも丁寧でチープさを微塵もない。
厨房内のフードもピカピカに磨き上げられていて、居心地も抜群の空間です。

札幌に来たとき、必ず立ち寄りたいと思わせるお店がまた1軒増えました。
また違う季節にも、必ずお邪魔させていただきたいと思います。






【マガッツィーノ】
住 所:札幌市中央区南2条西4丁目 Oyoyo Valley 2F    MAP
電 話:080-9617-5430
営業時間:17:00〜21:30 
煙 草:完全禁煙
定休日:日・月
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅にいながら気軽にお店のメニューを楽しめるサービス、UBER EATS。今まで出前のサービスを行っていなかったお店でも、UBER EATSを利用すると、事実上出前が可能になる。現在実施しているエリアは、首都圏、関西圏、名古屋、福岡のエリア。これからも、需要が多いエリアに ...
続きを読む
自宅にいながら気軽にお店のメニューを楽しめるサービス、UBER EATS。
今まで出前のサービスを行っていなかったお店でも、UBER EATSを利用すると、
事実上出前が可能になる。

現在実施しているエリアは、首都圏、関西圏、名古屋、福岡のエリア。
これからも、需要が多いエリアに広がっていくのでしょうね。

自転車やバイクで配達をするUBER EATS。
さて、冬になると道路が雪で覆われる札幌などの地域ではどうなるのでしょうか?
積雪がない時期限定でやるのか、それとも軽自動車で配達・・・。
ちょっと気になってしまいます。
(ちなみに、札幌などの宅配ピザは、冬季、軽自動車で配達しているようですよ。)

外は雪が降り積もっても、温かいスープカレーがあれば大丈夫!

この日は、大通り公園の近くにあるお店、
“曉(AKATSUKI CURRY)さんにお邪魔させていただきました。

          IMG_9474

こちらのお店、実は前回札幌に来たときに見つけて、チェックしていたお店なのです。

      IMG_9476

いちご大福のお店の横にある扉から入り、2階に上がると、
お店の入口があります。

テーブル席に案内していただき、メニューを確認します。

    IMG_9441

チキン、角煮、野菜、キーマ・・・。
好きなカレーをベースに、辛さを決めて、トッピングを加えたりしていきます。

   IMG_9440

           IMG_9443

お願いしたのは、チキンDXを辛さ25倍でお願いしました。

    IMG_9447

2階にある店内は、窓も多く明るい雰囲気。
席は、カウンター席が4席と、4人がけのテーブル席が2卓と、
2人がけテーブル席が2卓あって、16席。

フローリングの内装が、落ち着いた感じで温かい雰囲気。
そう、あたたかいといえば札幌など北海道のお店って、店内はすごく暖かいのですよ。
外は氷点下でも、店内はすごく暖かくて、ジャケットを脱いでも厚着していると、
汗ばむことも少なくないと思いますよ。

そこに、温かいスープカレーも食べることにより、体の中からもしっかり温まります。

             IMG_9462
お願いした、チキンDXスープカレー。
大きな具材もしっかり入って、見るからに美味しそうですね。

      IMG_9465

キノコは、ひらたけと舞茸がたっぷりと。
キノコ野菜ともに本当美味しい!
北海道に来ると、野菜の美味しさに毎回感動します。

       IMG_9471

チキンは骨付きレッグが1本まるごと入っていて、食べごたえも充分!
もちろん、柔らかくホロホロに煮込まれていますよ(^^)

      IMG_9467

ご飯はこのような感じで、スープに浸して食べるのがオススメ。
サラッとあっさり。
スパイシーで滋味深いあじわいは、
どこか「デリー」のカレーを思い出させるものがあります。

札幌のスープカレーも、本当にいろんなタイプのがあって、甲乙つけがたいですね。
あっさり旨味タイプのスープカレーが好みの方は、
必ず気に入る味わいのスープカレーだと思います。

ぜひ食べに行ってくださいね!







【曉(AKATSUKI CURRY)】
住 所:札幌市中央区南1条西12丁目322−24    MAP
電 話:011-211-0744
営業時間:11:30〜15:00  17:30〜20:30 
煙 草:ランチタイム禁煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のInstagramはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

♪1月は正月で酒が飲めるぞぉ〜 酒が飲める飲めるぞぉ〜 酒が飲めるぞぉ〜♪そんな感じで、1年中酒が飲める理由をうたう歌、「日本全国酒飲み音頭」。皆さんご存知、1月から12月まで、酒が飲める理由を歌にした、陽気で楽しい歌です。酒が飲める理由は以下の通り・・・。1 ...
続きを読む
♪1月は正月で酒が飲めるぞぉ〜 酒が飲める飲めるぞぉ〜 酒が飲めるぞぉ〜♪

そんな感じで、1年中酒が飲める理由をうたう歌、「日本全国酒飲み音頭」。
皆さんご存知、1月から12月まで、酒が飲める理由を歌にした、
陽気で楽しい歌です。

酒が飲める理由は以下の通り・・・。
1月:正月  2月:豆まき  3月:ひな祭り  4月:花見
5月:子供の日  6月:田植  7月:七夕  8月:暑いから
9月:台風  10月:運動会  11月:何でも無いけど  12月:ドサクサ

7月の七夕まではいいとして、8月以降の飲む理由が面白い(^^)
暑いから飲むのはわかるとして、台風をつまみに飲むか!

10月の運動会・・・
今では、運動会で酒飲んでたら、つまみ出されるかもしれませんよね^^; 
(おつまみを出してもらえるって意味ではない、念の為・・・)

さて、10月といえば、オクトーバー・・・
オクトーバーフェスト、ビールの祭典ですよね。
秋の収穫を祝い、美味しい生ビールで乾杯!

         IMG_9250

この日は、工場で出来たての美味しい生ビールと、ジンギスカンをいただきに、
“サッポロビール園”に行ってきました。

    IMG_9230

札幌駅からひと駅の苗穂駅から歩いて・・・
というルートを通る人は、ほとんどいなく、
札幌駅や新千歳空港から直通のバスが運行されています。

         IMG_9233

入口を入り予約名を告げると、席まで案内してくれますよ。

 IMG_9234

           IMG_9236

この広大な空間で出来たて直送の生ビールとジンギスカンを楽しむことが出来る。
そう考えただけでワクワクしてきますね(^^)

    IMG_9237

ちょうど、吹き抜けの部分の境界あたりのところが、本日の席。
ちょっと遅めのランチタイムにも関わらず、本当に賑わっていますよ。

サッポロビール園に来たならば、もちろん食べ飲み放題・・・
なのですが、昔と違って(30年も昔と比べれば、そりゃぁ変わるわ^^;)
いろんなメニューがあるみたいですよ。

   IMG_9238

        IMG_9239

            IMG_9240


  IMG_9241

     IMG_9242


         IMG_9243

いろんな北海道の美味しいものが全員集合!

・・・って感じではありますが、やはりジンギスカンの食べ放題、
生ビールの飲み放題をお願いします。

飲み放題は、プラス300円のサッポロクラシックも選べるものにしました。

        IMG_9244

早速テーブルの上にジンギスカン鍋が用意されます。
これ、北海道の形をしているのですね!
確か、売店にも売っていたので、買って帰って家でも北海道の余韻を楽しもうかと、
大真面目に検討してしまいました。

     IMG_9245

油がはねてもダイジョウブなように、エプロンも装着。
これで準備は万全です!

ジンギスカンの肉は、生ラムとトラディッショナルラムを選べるので、
両方とも持ってきてもらいます。

ところで、トラディッショナルラムって?

           IMG_9252

おぉ、なるほど!
昔ながらの丸いラムですね。
初めて北海道を訪れ、ここに来たときはこのタイプのジンギスカンでしたね。
みんな生ラムばかりを頼むんじゃないかと思いきや、
昔ながらのトラディッショナルラムも中々人気があるのだとか。

      IMG_9258

先ずは、生ラムの方から・・・。
うん、これは流石に柔らかくて美味しい(^^)
ラムって、あっさりしていていくらでも食べられそう。
そしてタレの美味しさも変わってないですね。

     IMG_9260

生ラムは、鉄板の上で肉を焼き、焼きすぎないようにして食べるのに対し、
トラディッショナルラムは、先に野菜で鉄板を覆い、その上に肉を置いて、
野菜を蒸すようにして焼いていくのだそうです。

        IMG_9262
こんな感じで、野菜がしっとりして、肉も焼けてきたら、
鉄板の上で肉と野菜を混ぜてしまいます。  
これをたれにつけて召し上がれ!

こんな感じで、好きなジンギスカンを120分(ラストオーダーは100分)
好きなだけ楽しむことが出来ます。

生ビールもクラシック、黒ラベル、エビス樽生、エビスプレミアムブラック、
ハーフアンドハーフと、色んな種類を楽しむことが出来ます。   

         IMG_9264

折角なので、北海道限定のナポリンサワーもいただいてみました。
私にとっては少し甘かったのですが、ビールが苦手な人にも楽しめそうな味わいでしたよ。

    IMG_9267

デザートには、サッポロビール園オリジナルのバニラアイスを。

        IMG_9268

表面の模様がクマのように見えるのは、私だけでしょうか^^;

3,900円で食べ飲み放題。
しっかり堪能できますよ!
行ったことがある人も、久しぶりに行ってみてはいかがでしょうか?
この雰囲気、この味わいは他では味わえないと思いますよ!   







【サッポロビール園 ジンギスカンホール】   
住所:北海道札幌市東区北七条東9-2-10 サッポロビール園 開拓使館    MAP     
電話:0120-150-550   
営業時間:11:30~22:00(L.O.21:30)  
煙  草:分煙
定休日:年中無休(12/31のみ休み)
駐車場:あり     

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。



Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

給食の人気メニューって、唐揚げ、ハンバーグ、オムライス、カレーライスなのだとか。(大阪では、たこ焼きも給食に出るのだとか。)そして、親世代の給食の人気メニューは、揚げパン、カレーライス、ソフト麺、炊き込みご飯。でも、私の世代ではまだ、ごはん給食が始まって ...
続きを読む
給食の人気メニューって、
唐揚げ、ハンバーグ、オムライス、カレーライスなのだとか。
(大阪では、たこ焼きも給食に出るのだとか。)

そして、親世代の給食の人気メニューは、
揚げパン、カレーライス、ソフト麺、炊き込みご飯。

でも、私の世代ではまだ、ごはん給食が始まってなかったのですよね。。。
好きだったのは、クジラの竜田揚げ、シチュー、カレー・・・
あ、ごはん給食が始まる前のカレーって、カレーライスではなく、
シャバシャバのカレー、私達はカレーシチューって呼んでたなぁ・・・。

シャバシャバのスープ状のカレー、
あれ、ひょっとしてアレもスープカレーというものだったのだろうか?
スープカレーという名前で出ていれば、より一層テンションが上っていたかも^^;


さて、この日は美味しいスープカレーを求めて札幌へ。
新千歳空港から快速エアポートに乗り札幌駅で、
少し遅めのランチタイムにお伺いしたのは、
“HiriHiri(ヒリヒリ)2号”さん。

        IMG_9075

スープカレーで「ヒリヒリ」と来れば、
激辛のお店なのかと思ってしまいそうですが、
そんなことはなく、ちゃんと辛さも選べますよ。

10分ほど並び、店内へ案内していただきました。

         IMG_9079
各テーブル間に間仕切りのように柱があり、ちょっと半個室のような感じになっていますよ。
ランチメニューはこんな感じです。

     IMG_9084


          IMG_9080

ランチメニューを見て思ったのですが、メニューの書き方がわかりやすいんですよね。
北海道の一般的なスープカレーのお店では、まずメインのスープカレーを選び、
スープの種類を選び、辛さとごはんの量を選んで、
追加のトッピングを加えていくパターンが多いと思いますが、
こちらでは、デフォルトのメニューが複数の具材をセットにしている事が多く、
それだけでも楽しめるような印象を受けました。

多分、写真入りのメニューだから、イメージしやすいのかな?

         IMG_9078
パクチー好きにはたまらない、タップリ・・・じゃなく、もっさりパクチー。
“タップリ もっさり”って感じでしょうか^^;

私がお願いしたのは、挽肉、納豆、ナス、オクラ、マッシュポテト、
人参、蓮根、水菜が入った、キーマ納豆カレー。

それに、バラ海苔のトッピングをお願いしました。

           IMG_9085

ふと横を見ると、こんなのが視界の中に入ってきました。
北海道限定、大好きなサッポロクラシックの生ビール!

        IMG_9087

そりゃぁやっぱり、ねぇ(^^)
キンキンに冷えた生ビール、最高です!

グッと一気に冷たいサッポロクラシックを飲んでいると、先にごはんが運ばれてきます。

      IMG_9093

ごはんは白いご飯がうつわ状に盛られてきます。
奥にぼんやりと見えるのが、友人が注文したごはんの大盛り。
こうやって見ると、明らかに違いますね^^;

そして、まもなくしてスープカレーも登場。

         IMG_9100
納豆とマッシュポテトが入っているせいか、ちょっとスープにとろみがあります。
ナスと水菜も美味しそ・・・・ん、なにかが足りない。

「すみません、バラ海苔・・・」
「あ、すみません、お待ち下さいね。」


そう言って、一旦退場の後、再登場。

         IMG_9103

はい、これが完全体!
納豆と海苔。
これらが入ったスープカレーが大好きなんですよね(^^)

      IMG_9107

先ずはスープカレーを一口。
辛さを7辛まで上げたからか、結構いい辛さしてます^^;
いい汗、かけますよ〜!

それでも、その味わいは素晴らしく、
一度食べはじめるとスプーンを持つ手が止まらなくなります。

          IMG_9115

ごはんをスプーンにのっけて、スープカレーの中につけて食べても美味しいし、
後半は、ごはんをスープカレーの中に入れて食べると、
スープだけが残ることなく、キレイに完食することが出来ます。

札幌駅から徒歩2分。
高架下のアーケードを歩いていくとすぐにお店に到着します。

         IMG_9077

北海道でも厳しい暑さの今年の8月、
そして、ふきが降り積もる冬でも、ここならば楽に来ることが出来ますよ。
札幌についたらすぐにスープカレー!
そんな旅の始まりもいいものですよ〜。
     




【スープカリー HiriHiri(ヒリヒリ)2号】
住 所:札幌市北区北6条西6-1-1 WEST 6    MAP
電 話:011-221-3607
営業時間:11:30〜21:30
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビを見ていて、「この続きどうなるんだろう?」そう思った瞬間時割り込んでくるのがCM。折角盛り上がってきたのに、一時覚めちゃいますよね・・・。そんな感じで不用意に割り込んでくるCM。でも、見ていて「お、このCMいいねぇ!」というのもあります。最近お気に入りな ...
続きを読む
テレビを見ていて、「この続きどうなるんだろう?」
そう思った瞬間時割り込んでくるのがCM。

折角盛り上がってきたのに、一時覚めちゃいますよね・・・。

そんな感じで不用意に割り込んでくるCM。

でも、見ていて「お、このCMいいねぇ!」というのもあります。

最近お気に入りなのは、積水ハウスのCM。
楽器店で女子高校生がベースを見ていて、店長が自分のお下がりのベースを、
1,000円で売ってあげる話のやつ。

         

このベースの演奏が上手い店長役の人ってご存知でしょうか?
ハマ・オカモトさんといって、「OKAMOTO'S」というバンドのメンバーで、
ホンモノのプロのベーシスト。

でも、この人にはもっと凄い経歴が・・・・。

実はこの人、ダウンタウンの浜ちゃん、浜田雅功さんの息子さんなのです。

言われてみると、たしかによく似てますよね、浜ちゃんに。

さて、似ているといえば、この名前のお店、
どこかで見たような気が・・・
そんな感じで気になりながら来たお店が札幌にあります。

       IMG_0684

お伺いさせていただいたのは、平岸にあるスープカレーのお店、
“Rojiura Curry SAMURAI 平岸総本店さん。

お店に到着し、ロゴを見て思い出しました。
こちらのお店、下北沢にある、“Mikazuki Curry SAMURAI”さんの総本店なのですよね。
Mikazuki Curry SAMURAIさんは、カレーライスのお店なのに対し、
こちらのお店はスープカレーのお店。

平日にも関わらず、お店の前で待っていると、次々と駐車場に車が入ってきます。
大人気ですね。

開店時間になり、店内の席に案内していただき、
まずはメニューを確認します。

      IMG_8957

   IMG_8958

カレーの種類を選び、4種類ある中からスープを選び、
辛さ、そしてライスの量を選ぶのは他のお店と一緒ですね。

こんな感じで、平岸総本店限定のトッピングもあります。

      IMG_8964
エビカツ・・・無いと言われれば食べたくなってしまう^^;

         IMG_8967
そして、スタッフのオススメは牛すじ。
コラーゲン豊富で意外と低カロリー・・・。
上手いこと言うねぇ(^^)

そして、人気メニューラニングはこんな感じ。

      IMG_8962

侍まつり、チキンと1日分の野菜20品目、侍SP。

自由にまつりボードからトッピングが選べる・・・。
そんな、まつりボードはこれ。

          IMG_8955

ザンギ・豚角煮・牛すじ・フランク・・・
これは楽しそう!

野菜13品目と4種で1,580円。
これいいなぁ・・・。

ちなみに野菜13品目と20品目はこんな感じ。

         IMG_8956

印刷されたメニューではなく、黒板に書かれてあるのは、
その日によって、入荷しているの美味しい野菜が変わるから。

よし、これで行こ・・・
いや、待てよ、せっかくだからもう少し、あと200円だけ手を伸ばして、
完成形にしてやろう!

と、言うわけで今回は、「侍SP」にしてみました。
チキン、ひき肉、角煮、ザンギと、肉が全員集合しているものに、
なおかつ、サクサクブロッコリーと野菜20品目がのっかってきます。

           IMG_8969

店内は、カウンター席、テーブル席、そして小上がり席もあって、
全部で40席くらいはあるでしょうか?
庭を眺めながら食事出来る席もあって、かなりいい雰囲気ですよ。

ひとりでも、グループでも、家族連れでも大丈夫そう。
あ、小さな子供さんがいるときでも、対応できるみたいですよ。
こんなQ&Aが書かれたものも置いてあります。

          IMG_8965

店内やメニュー、その他いろんなものを眺めていると、
お願いした“侍 SP”が出来上がってきました。

     IMG_8974

おぉ〜!
これ、本当に所狭しとたくさん具材がのっかっていますよ。
骨付きチキンレッグをはじめ、角煮、ひき肉、たっぷり20品目の野菜。

         IMG_8978

ザンギとサクサクブロッコリーは、ライスのお皿の方にのっかっています。
これ、別にごはんの量が少ないわけではありません。
ザンギが大きいのです!
これにまだ、チキンレッグも付いているのだから、嬉しくて仕方がない(^^)


もう、ランチと言うよりも、ディナータイム・・・
あ、これにワインやビールを注文したら、それだけで完成してしまいそうですよ。
とはいえ、車で来ていて、しかも平日。
スープカレーを楽しみましょう。

それでは早速いただきます。

       IMG_8982

美味しい!
いろんな旨味がスープカレーに溶け出して、複雑な味わいを演出。
それに追い打ちをかけるように、たっぷりの野菜、肉が一口食べるごとに、
味を微妙に変化させるものだから、楽しくて仕方がない。

    IMG_8979

ひき肉は、ごはんの上に乗っけて、スープカレーそぼろご飯にしても美味しいし、
ピーマンの中に入れて、エスニックピーマンの肉詰め風にしても楽しい。

          IMG_8980

豆とれんこん、玉ねぎになすオクラ。
北海道の野菜の美味しさを「これでもか!」と見せつけてくれます。

     IMG_8981

野菜が多くて、隠れてしまっている骨付きチキンレッグ。
もちろん、スプーンで簡単に見が骨から外れる柔らかさですよ(^^)

こんな感じにフォークで持ち上げ、カブリとかじりついても楽しいです。

         IMG_8989

チキンはこれだけではなく、ライスの方にのっかっている、
大きなザンギがあることも忘れずに。

本当に具沢山で、かなり贅沢感を味わえるメニューですよ、
この侍SP。

お腹ペコペコ状態で挑んで下さい!
あ、ディナータイムにお酒の共に・・・
というのもオススメかも(^^)

侍が本気を出すと、想像以上のモノが来る。
ぜひ食べに行って、体験してくださいね!

       




【Rojiura Curry SAMURAI 平岸総本店】
住 所:札幌市豊平区平岸3条3丁目2−3    MAP
電 話:011-824-3671
営業時間:11:00〜15:30(L.O.15:00) 17:30〜22:00(L.O.21:30) 
煙 草:完全禁煙
定休日:なし
駐車場:あり(店前に8台分と、第2駐車場に8台分)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の漢字や、今年の10大ニュースが、そろそろ発表される時期になってきましたよね。今年・・・ではないかもしれないのですが、「聖地巡礼」っていうのが、私の頭の中をまわっています。ドラマや映画の舞台になった場所に、実際に行ってみる。岐阜県の飛騨や長野県の高ボッ ...
続きを読む
今年の漢字や、今年の10大ニュースが、そろそろ発表される時期になってきましたよね。

今年・・・ではないかもしれないのですが、「聖地巡礼」っていうのが、私の頭の中をまわっています。

ドラマや映画の舞台になった場所に、実際に行ってみる。
岐阜県の飛騨や長野県の高ボッチなど、「君の名は」のヒットで一躍有名になった場所も数知れず。
東京都内などは、街全体がロケ地って感じがしないでもないですが^^;

そんな、聖地巡礼のことなんて、全く考えてなかったのですが、
先日訪問した札幌のお店が、映画「探偵はBARにいる」のロケ地になったビルだったということ、
現地に行って初めて知った・・・ということがありました。

            IMG_5792

雪の札幌すすきのの、路地にあるそのビルの名前は、

     IMG_5794
有馬ビル。
どうも、ここがそのビルらしい。
今回のお目当ては、こちらのビル・・・・の2階にある、炭火焼肉がいただけるお店、
”おまる商店”さん。

         IMG_5796
ビルの1階、階段のところにはお店の名前が書かれた提灯がぶら下がっているので、すぐに蜜超えることが出来ると思います。

        IMG_5795
あ、「探偵はBARにいる 3」のポスターも貼ってありますね。
その横には、雪かきのスコップも。
    IMG_5797
ホント、冬の札幌って感じです。

階段を2階に上がると、お店の入り口があります。

               IMG_5798

こちらのお店、「探偵はBARにいる」のロケ地見たさに来たのではなく、偶然なのです。
先日の記事で紹介させていただきました、”ひろ志”さんに置いてあったショップカード見て、美味しそうだったので、その後に立ち寄ってみました。

扉を開けると、店内はすごく賑わっています。
なんとかテーブルが一つだけ空いてたので、そちらの席に案内していただきます。

先ずは、生ビールとレモンサワーで乾杯!

           IMG_5800
たとえ、雪が降っていようとも札幌の夜は生ビールなのです。
こちらのおみせでは、アサヒスーパードライの生ビールを楽しむことが出来ますよ。

そして、メニューを確認します。

   IMG_5801

            IMG_5802

炭火焼肉のお店といっても、こちらのお店では、ピッツァやパスタも楽しむことが出来るようです。
なんでも、こちらのオーナーは、元イタリアンのシェフなのだとか。
そういえば、表の提灯にも、「焼肉・ピザ」って書いてありましたね^^;

それにしても、こちらのお店すごく人気ですね。

       IMG_5805
なんでも、わたしたちの他のお客さんは、実は団体さんのうようで、少しタイミングが違えば入店できなかったようです。
すごく盛り上がっているのですが、うるさくない。
こういう団体さんとならば、同席しても全く問題ないですね(^^)

しばらくすると、サラダが先に運ばれてきました。

        IMG_5807
玉ねぎと水菜のサラダ。
肉を食べる前には、しっかりと野菜も食べましょうね。

そして、生ラムジンギスカン。
    IMG_5809
おぉ、この厚切りがうれしいですね!
大阪でも、このレベルの生ラムジンギスカンがいただければ良いのですが、もっと薄切りのお店が多いような気がします^^;

これを、網の上にのっけて、やいていきましょう。

              IMG_5812

そんなに焼きすぎなくても大丈夫、逆に焼き過ぎは勿体無いですよ。

頃合いになったら、タレにつけていただいましょう。


         (^^)(^^)(^^)

めちゃくちゃ美味い!
柔らかいし、味も最高!
これ、本気になったら、あっという間に食べちゃいますよ!
ずっと、生ラム通しで行きたい気持ちもありましたが、それはあまりにもアレなので、他のものもいただきます。

            IMG_5815
次は、ハツ。
これも厚切りで、かなり魅力的ですね!

     IMG_5818

こちらも、炭火の上に乗っけて焼いていきます。

これもかなり美味しい!

さらに、牛焼きレバー。
 
          IMG_5820
これもかなりいい感じ。
ひょっとして、ちょっと前までは、焼かずに食べることが許されたものもあったのでは・・・

     IMG_5806

「しばらくお休みします・・・」 レバ刺しより。
ホント、しばらくのお休みのあと、復活してほしいですよね。

    IMG_5803

フレンチトーストに、ダイエットサワー・・・
翌日には2キロ痩せてます??  これは素通りできないな^^;

というわけで、ちょっとだけいただきましたが、これが結構甘めで飲みやすい。
2キロ痩せる・・・かどうかは、その後の行動にかかっているでしょうが、トライして見る価値ありかもしれません。

肉のことばかりが目立ちますが、北海道は野菜も桁違いに美味しいですよ。

       IMG_5823

肉を注文したときに”ちょこっと”付いてくる野菜が、あまりにも美味しかったので、
焼き野菜もお願いしました。

玉ねぎの甘さ、じゃがいもの深い美味しさ、ピーマンのみずみずしさなど、同じ日本の野菜とは思えないほど美味しかったですよ(^^)
        
           IMG_5826

その後、あまりにも美味しかった生ラムジンギスカンをもう一度堪能し、かなり満足させていただきました。

         IMG_5827

団体さんが、お帰りになった後の店内。
こんな感じで、各テーブルに炭焼きコンロを置いて、上に設置してあるフードで煙を吸い込んでドンドン焼いていくスタイルです。

美味しい肉のためなら、少々煙があっても大丈夫!
そんな気持ちにさせてくれるくらいに美味しかったです。

素敵な感じのお店です。
次回は是非、ピザも楽しませていただきたいと思います(^^)
          






【おまる商店】
住 所:札幌市中央区南6条西3 有馬ビル 2F    MAP
電 話:011-532-1464
営業時間:18:00〜翌3:00 
煙 草:喫煙可
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



  

おまる商店焼肉 / 豊水すすきの駅すすきの駅(市営)すすきの駅(市電)
夜総合点★★★☆☆ 3.8

             
このエントリーをはてなブックマークに追加