美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:横浜

食のテーマパーク。1か所でいろんなお店のメニューが食べられる場所で、食のイベントの常設版と言ったところでしょうか?ラーメンのテーマパークが圧倒的に多く、それだけ多くの人に愛されているメニューだと思います。逆に、ありそうでないのが「うどん」、「そば」、「寿司 ...
続きを読む
食のテーマパーク。

1か所でいろんなお店のメニューが食べられる場所で、食のイベントの常設版と言ったところでしょうか?
ラーメンのテーマパークが圧倒的に多く、それだけ多くの人に愛されているメニューだと思います。

逆に、ありそうでないのが「うどん」、「そば」、「寿司」、「唐揚げ」、「ハンバーグ」、「カレー」…

でも実は、「横濱カレーミュージアム」というのが、横浜に存在していたのです。
関内駅前にあるビルの7〜8Fの2フロアで、10店舗以上のカレーが味わえたのだとか。
2001年から2007年まで営業していた「横濱カレーミュージアム」、もしも今存在していたら、どんなお店が入っているのかちょっと気になります。


さて、今回はそんな横浜関内駅から徒歩圏内のお店、
“カレーハウスキッチンY"をご紹介させていただきます。


ごく普通に見えますが、実は凄いメニューが存在するのです。
       IMG_4447

店内に入り、メニューを確認させていただきます。
      IMG_4445

ビーフ、チキン。
カレーと肉の相性の良さは、世間でも実証済み。
煮込むこよとによって、更に深い旨みを味わうことが出来ます。

     IMG_4446

カツカレー、ハンバーグカレー、メンチカレー、チキンカツカレー。
ビーフをトッピングすることによって、更に満足度も高くカスタマイズ!

そして、一番人気のカレーは……

        IMG_4444
毎日限定10食の『野菜カレー』。

以前は、水曜日と金曜日だけの提供だったそうですが、現在はほぼ毎日提供しているとのこと。

メニューの写真からもわかるように、野菜がたっぷりと乗っかったカレーなのです。
そんな『野菜カレー』に、折角なのでビーフをトッピングしていただき、
『野菜ビーフカレー』をお願いしました。

ここは、肉には目もくれずに、野菜オンリーで食べたほうが良かったのかな?
そんな迷いが少しありましたが、出来上がったのを見て、そんな思いは吹き飛びました。

お皿の上には、30種類以上の野菜が!
       IMG_9009

お皿から溢れんばかりの野菜に、思わず声が出てしまいます。

「す、凄い!」

      IMG_9015

ナス、ししとう、かぼちゃ、ピーマン、人参、玉ねぎ、ごぼう、ブロッコリー、カリフラワー、パプリカ、トマト、オクラ、ズッキーニ、セロリ、ラディッシュ、ゴーヤ……

ざっと数えるだけでも20種類。
聞くと、常に30種類以上は入っているのだとか。

素揚げされたもの、炒められたもの、煮込まれたもの、フレッシュなもの、ボイルされたもの。
それぞれ美味しい状態でカレーの上に乗っかているのです。
       
野菜にばかり目が行きがちですが、トッピングのビーフかなりのもの。

      IMG_9011

大きな牛肉がゴロゴロ。
このボリュームで、プラス250円は破格だと思います。

    IMG_9012
しかもこの牛肉、めっちゃ柔らかい!
口の中でホロホロと崩れていくほどなのです。

野菜カレーのインパクト、満足度はもちろん、
カレー自体のクィリティがかなり高く、旨味のバランスが素晴らしかったです。

野菜大好きな方、野菜不足を感じている方、
そしてカレー大好きな方は、ぜひ食べに行ってみてください。
必ず満足できると思いますよ!




【カレーハウス キッチンY】
住 所:横浜市中区曙町2-28    MAP
電 話:045-251-0505
営業時間:11:30〜20:00 
煙 草:喫煙可
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ロングセラー。長年売れ続けて、みんなに愛されている商品やサービス。身近なものとしては、インスタントラーメンやカップ麺ではないでしょうか?一番のロングセラーはもちろん「チキンラーメン」。♪すぐおいしい〜 すごくおいしい〜♪お湯を入れて1分待てば食べられる。出 ...
続きを読む
ロングセラー。

長年売れ続けて、みんなに愛されている商品やサービス。

身近なものとしては、インスタントラーメンやカップ麺ではないでしょうか?

一番のロングセラーはもちろん「チキンラーメン」。
♪すぐおいしい〜 すごくおいしい〜♪
お湯を入れて1分待てば食べられる。

出前一丁、サッポロ一番、カップヌードル、チャルメラ、
そしてエースコックのワンタンメン。

(ワンタンには肉をつつんでいません)

最初、この文字を見て、何のことかわからなかったのです。

ワンタンって、白いへらへらのチュルンって食べるもの。

そう思っていたもので。

でも、本物のワンタンはすごく美味しいのです。
本格的なラーメン屋さんで、ワンタン麺でも食べたのかというのではなく、
ワンタンがウリのお店をご紹介させていただきます。

本格ワンタンスープと、鶏そぼろ飯の専門店。
        IMG_3998

こちらくぬぎ屋”さんは、
ラーメン屋ではなく、ワンタンスープのお店。


         IMG_3996

メニューに「麺」の文字は一切ありません。
ワンタンは、「オリジナル」と「海老」の2種類。
スープは醤油か塩を選ぶことが出来ます。

そして、鶏そぼろ飯。
脇役のことが多い「鶏そぼろ飯」がもう一つの看板メニューというのも気になります。

          IMG_8620

注文は、2種類のワンタンが楽しめる「ミックスワンタンスープ」を塩味で。
鶏そぼろ飯も一緒に食べたいので、「小」をお願いしましたが、十分並サイズくらいのボリュームがあるのではないでしょうか?

     IMG_8614
ワンタンは、オリジナルが3つ、海老が3つで合計6個も入っています。

スープは鶏の旨味が効いていて美味しい!

しかも、押し付けがましい旨味ではなく、ごく自然な鶏の旨さを味わうことが出来ます。
後で感じたのですが、このスープはしっかり味わっても喉が変に乾くことがないのです。

        IMG_3997

鶏ガラを使ったスープではなく、鶏の肉だけで取ったスープなのだとか。
美味しくてカラダにも良い。
こういうのはすごく嬉しいですよね。

オリジナルワンタンの大根がいい仕事してます!
   IMG_8625

肉の旨味を噛み締めた後に来る、大根の食感が最高!
オリジナルワンタンの中には、粗挽きの豚肉と大根が入っているのですが、
この大根が凄くいい感じなのです。


        IMG_8631
そして、プリプリの海老が入った海老ワンタンも一切妥協なしの美味さ!
想像以上にしっかりと作り込まれているから、食べていて本当に楽しい。


鶏と玉子が絶妙! 是非食べてほしい鶏そぼろ飯。
   IMG_8622
鶏の旨味に、玉子のアクセントがいい感じ。
ワンタンを食べ、鶏そぼろ飯を頬張る。
そのあと、すかさずスープで追いかけると、口の中がすごく楽しいことになりますよ!

麺が入ってないスープだけのワンタンで満足できるのか?
そんな心配は全くなし、しっかり満足することが出来ます。

店内は、カウンター席のみで14席。
ランチタイムでも、飲んだ後の〆にもピッタリです。
お近くに起こしの際は、ぜひ立ち寄ってみてください。



【くぬぎ屋】
住 所:横浜市中区羽衣町3-59-1    MAP
電 話:045-261-6656
営業時間:11:00〜15:00  17:00〜26:00  ※土日祝は通し営業。 
煙 草:禁煙
定休日:火曜日(祝日も休業)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

季節限定。そう書かれたPOPを見ると、季節感を感じますね。      「冷やし中華 始めました」もうそんな季節になったのかぁ……特に、今年のように特別なことがあって、季節感を無くしそうなときはそう感じます。コンビニでおでんの販売が始まれば、「もうすぐ秋か」っ ...
続きを読む
季節限定。

そう書かれたPOPを見ると、季節感を感じますね。

      「冷やし中華 始めました」

もうそんな季節になったのかぁ……
特に、今年のように特別なことがあって、季節感を無くしそうなときはそう感じます。

コンビニでおでんの販売が始まれば、「もうすぐ秋か」って感じる……
8月の末には始まっちゃうので、そうも感じられないかも^^;

コンビニのおでん。
「つゆ」だけの販売もあるって噂、ホントなのでしょうかね?

大根、じゃがいも、たまご、ちくわ、こんにゃく……

おでんの具材、人気No.1の大根。

でも、

野毛には大根がないけれど、大人気のおでん屋さんがあるのです。

          IMG_3650

紹介させていただくのは、横浜野毛のおでん屋さん“あさひや”

カウンター7席の小さなお店ながら、開店時間の17:00には満席になることも少なくない人気のお店なのです。

        IMG_3645

定番のネタから、「これってどんなの?」ってネタまであって、メニューと実物を見比べながら選ぶのも楽しい。

       IMG_3648
澄み切った出汁の中に、いろんなネタが入っている。

こんにゃく、玉子、厚揚げ、ウインナー巻き、
すじ、からし、しのだ、たたきごぼう……


ホントだ、たしかにどこを見ても大根はない。
大根をいれると出汁が濁るからなのだとか。

美人女将が笑顔で語りながら、おでんを提供してくれます。
 
        IMG_3644

最初に選んだのは、焼きドウフ、たたきゴボウ、からし。
「からし」言っても薬味の辛子ではなく、練り物。
メニューには、「つまみ(からし)」と書いてあります。
少しピリ辛なそれは、ビールやお酒のつまみにピッタリなのです。

お酒は、ひとり3杯まで。
ビール、酒、ピッチ割、名物の梅割り等いろいろ揃っていますが、
お酒類はひとり3杯まで。
そうすることによって、酔っぱらいはいなくなるし、少しでも多くのお客さんに来ていただくことが出来るのだとか。

        IMG_3647

いわしダンゴと、じゃがいも。
旨みたっぷりのいわしダンゴは、お酒がすすむ!
じゃがいもも、出汁の旨味がタップリと染み込んで美味しい。

ところで、メニューに「すじ」と書いてありますが、すじ肉ではありません。

       IMG_3649

「すじ」は、白身魚のすり身に軟骨を加えて茹でて煮込んだものなのだとか。
そう言えば、関西以外のおでんに「すじ肉」って入ってないですね。
これも、いい経験になりました。

野毛の1軒目に、シラフで行きたいお店、「あさひや」。
機会があれば、是非行ってみてください。
癒やされる空間ですよ!






【あさひや】
住 所:横浜市中区宮川町2-58    MAP
電 話:045-242-5858
営業時間:17:00〜21:00 
煙 草:禁煙
定休日:水・土・日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

炊飯器。スイッチひとつで美味しいご飯が炊ける文明の利器である。日頃、何気なく使ってる炊飯器の凄さやありがたさを実感しようとするならば、鍋でご飯を炊いてみることをオススメする。米を研ぐ:これは、どの手法で米を炊くときも同じだから、いつもどおりにすれば良い。 ...
続きを読む
炊飯器。

スイッチひとつで美味しいご飯が炊ける文明の利器である。
日頃、何気なく使ってる炊飯器の凄さやありがたさを実感しようとするならば、
鍋でご飯を炊いてみることをオススメする。

米を研ぐ:これは、どの手法で米を炊くときも同じだから、いつもどおりにすれば良い。
鍋に水を張る:炊飯器であれば目盛りがあるから簡単だが、鍋に目盛りはない。←これが第一関門!
鍋を火にかける:最初は強火で、じゅうじゅう吹いたら火を引いて〜♪
蒸らし:ごはんよ、美味しくなぁれ! そう願いを込めて……

さて、キャンプでご飯を炊く場合に活躍するのが、飯盒。
楕円の真ん中が少し凹んでいるような形で「兵式飯盒」と言われるものがポピュラーだと思います。

兵式飯盒があるならば、他の種類の飯盒もあるのだろうか?

兵式:旧日本陸軍の兵士が使っていたものが原型
それに対して、「将校用飯盒」というものもあるのだとか…


        IMG_6410
こんな感じの四角いものがそうだったのだとか。

今回紹介させていただくお店の名前は、“アルペンジロー”
こちらのお店では、飯盒で提供されるご飯と一緒に、スープカレーをいただくことができるのです。
 
         IMG_2425

入り口は、山小屋を思わせる雰囲気が。

    IMG_2423
店内もそんな雰囲気にあふれているのです。

そして、メニューにも山の絵が……

       IMG_2420
野毛山、富士山、キリマンジャロ、アイガー、エベレスト、天国。

これは、辛さ度合いを表すもので、
マイルド、スタンダード、初級、中級、上級、特上と辛くなっていくそうです。

エベレストと言われると、ものすごく辛そうに思いますが、家庭での辛口程度だそうです。
メニューでは天国が一番辛い表示ですが、メニューにない辛さも用意があるとのこと。
(辛さに自信のある方、Let's try!

   IMG_2419

ランチメニューは、鶏・豚・牛のトリプルコラボか、ハンバーグステーキ。
ただ単に「ハンバーグ」というよりも、「ハンバーグステーキ」と言ったほうがトキメキます。
とは言いながら、3種の肉が楽しめる「トリプルコラボ」も激しく気になる…

迷いながらも、「トリプルコラボ」をチョイス。
ちなみに、こんな豪華なプープカレーもラインナップされています。
 
        IMG_2421

牛ヒレステーキやサーロインステーキは入っていないけれど、
3種の肉が入っているスープカレーもかなり魅力的。

鉄鍋に入った熱々の状態で登場!

      IMG_6405
厚切りの牛肉は、まるでステーキ!
たっぷりと入っているのが嬉しいですね。

そしてご飯は、飯盒に入って。

      IMG_6410

見慣れた兵式飯盒ではなく、長方形の将校用飯盒に入って登場。

      IMG_6412

ちょうど一人前のご飯が中にはいっているのです。

ご飯は、お皿に盛っていただきます。

      IMG_6414

なんとなく、山の形に見えるのは気のせいでしょうか?
これを、スープカレーと合わせていただきます。

       IMG_6415

野菜の旨みがギュッと濃縮されて深みある味わい。
辛さは“エベレスト”にしましたが、そんなに辛くなく心地良い感じです。

       IMG_6423

固めに炊かれたご飯は、スープカレーとの相性が抜群!
浸して食べてもいいし、具材やスープをおかずにしても美味しい。

牛肉も柔らかくて美味しい!
     IMG_6419

大きな牛肉は、フォークとナイフを使ってステーキのようにいただきます。
ランチタイムからかなり贅沢な気持ちになれるのも嬉しいですね。

     IMG_6424

後半は、ご飯の上にカレーを掛けて、シャバシャバのカレーを味わうようにいただきます。
大きな具材と別盛りのご飯、スタイルは札幌のスープカレーのようですが、
味わい、雰囲気はオリジナリティあふれるものだと思います。

横浜カリー アルペンジローさん、一度食べれば、また食べたくなる…
多くのファンに愛されるのも頷けます。




【アルペンジロー 本店】
住 所:横浜市中区弥生町3-26    MAP
電 話:045-261-4307
営業時間:11:00〜15:00 17:00〜21:30 
煙 草:禁煙
定休日:月曜日(祝日の場合は、翌火曜日が休み)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お店の名前って、見ればそこが何屋さんかわかるところが多いですよね。来々軒、かつや、エビフライ食堂、◯◯製麺、おむらいすや、バーガーキング…どれも、名前を見ただけで何屋さんかがわかり、どうしてもしれが食べたくなってくる効果さえ持っていたりします。「味自慢  ...
続きを読む
お店の名前って、見ればそこが何屋さんかわかるところが多いですよね。

来々軒、かつや、エビフライ食堂、◯◯製麺、おむらいすや、バーガーキング…

どれも、名前を見ただけで何屋さんかがわかり、どうしてもしれが食べたくなってくる効果さえ持っていたりします。

「味自慢 うどん」
「激辛! 自慢のカレーライス」
「麺が自慢! 中華そば」
「生 キンキンに冷えてます!」


遠目にそんな看板が並ぶのを見て、期待して近づいていったら看板屋さんだった^^;

そういえば以前、こんな名前のお店に行きました。

          d35c2803

うどん屋さん……
と、思いますよね?

でも、よく見てください!
「うどん」の後ろに「?」が。
実はここ、カレーのお店なのです。(けっこう有名かも?)
詳しくは、こちらの記事を見てくださいね〜!

さて、先日お邪魔させていただいた野毛のお店も……

      IMG_2418

可愛い羊のイラストに、“HITSUJI”の文字。
(おまけに、「最高に旨いレモンサワー」とも書いてあるし…)
何だか、無性にラム肉が食べたくなってお店に入りました。

さて、お店の名前は「ひつじ」だけれど……

        IMG_2415

少し遅い時間だったので、店内はゆったりと。
積まれているレモンが、やる気を漲らせます!

早速、レモンサワーとクラフトビールで乾杯!

      IMG_6387

こちらのお店では、樽生のクラフトビールを楽しむことが出来ます。
どんなクラフトビールを楽しめるかと言うと……

メニューはこんな感じ!

    IMG_6388

       IMG_6389

クラフトビールに、国産無農薬のレモンサワー。
レモンサワーにも、ドライとスイートがあるのが嬉しいですね。
ラインナップいろいろがあると、どれも試してみたくなってしまいます。

そして、料理のメニューは。

   IMG_6390

     IMG_6391

あれ? ラム肉もマトンもメニューには全く載っていない……

お店の方に聞くと、HITSUJIはお店の名前だけで、メニューにラム肉は無いのだとか。
口がラム肉になっていたものの、無いものは仕方がない。

さて、メニューにある料理をお願いしていくことに。

何となくお願いした、胡桃のマスカルポーネ。

      IMG_6394

これが想像以上にインパクトがあって美味しかった。
マスカルポーネの上品な甘みが、胡桃の香りとよく合って、ついつい手が出てしまう逸品。
クラフトビールと合わせると、更にテンションアップ!

さり気なく美味しいって、何だかいいですよね〜!

     IMG_6397
メニューの「あつあつ」の文字にときめき、お願いしたらこれも正解。
牛すじ煮込みは、ストレスなく食べられる柔らかさなのが嬉しい。
大根に染みた旨味を味わえるのも、注文した人の特権か。

     IMG_6400

そして、厚切りハムカツ。

この厚切りハム、想像以上に厚かったのがうれしい(^^)
ソースだけではなく、レモンも絞るとクラフトビールとの相性がアップするのも面白い。

        IMG_6402

思わず…というか、当然のごとくおかわりを。

しっぽりと、ゆったりと寛いで。
野毛の夜まだまだ長い……






【HITSUJI】
住 所:横浜市中区野毛町1−24−5    MAP
電 話:045-308-9208
営業時間:16:00〜24:00 ※土日祝は、15:00〜 
煙 草:禁煙
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のInstagramはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

フランス料理、トルコ料理、中国料理。世界三大料理の一つとされ、その地位を揺るぎないものにしている中国料理。人気がある樹者から選ばれるのではなく、歴史的背景から選ばれるとも言われる世界三大料理。やはり、4000年の歴史にはかなり深いものがあり……って、そんな硬 ...
続きを読む
フランス料理、トルコ料理、中国料理。
世界三大料理の一つとされ、その地位を揺るぎないものにしている中国料理。
人気がある樹者から選ばれるのではなく、歴史的背景から選ばれるとも言われる世界三大料理。
やはり、4000年の歴史にはかなり深いものがあり……

って、そんな硬い話は抜きで、時に無性に食べたくなるのが中華料理。
餃子、ラーメン、チャーハン、酢豚などの町中華から、フカヒレ、アワビ蒸し、北京ダックなどの高級中華まで。

いろんな中華料理を食べることができる、海辺の横浜中華街もいいけれど、
この日は山手の隠れ家中華を求めて……

野毛の街をウロウロ。

    
       IMG_2008

野毛でも人気の台湾料理のお店“第一亭”さんに行ってきました。
実はこちら、「孤独のグルメ」にも登場したことがあるお店なのだとか……

     IMG_2009
カウンターの上には、メニューがズラリ。
レバニラ、レバ味噌、おじや、ピータン……
その他、気になるものがいろいろと。

メニューはテーブルにも置いてあります。
       IMG_2007

何人かで行くと、いろんな料理を楽しむことが出来ますよ。

先ずは、むし鳥。

     IMG_2015

どちらが主役かわからないほど、たっぷりのネギが嬉しい。

         IMG_2016
青菜炒め。
青梗菜の旨味を最大限に感じる事ができる料理なのかもしれません(^^)

     IMG_2018

そして、チートのしょうが炒め。
チートとは、豚の胃袋。
生姜風味のあんかけで、これがまたかなり美味しい。
第一亭にきたならば、是非食べておきたい一品ですよ!

そして、誰もが注文する裏メニューが「パタン」。
    IMG_2017

作る時、包丁でにんにくを潰す時に“パタン”という音がすることから、この名前が付いたのだとか。

茹で上げた麺を冷水でキリッとしめて、ごま油、醤油ダレ、にんにくをたっぷりと絡めて食べる名物麺料理。
中華風のペペロンチーノとでも言うべきなのか?

強烈なにんにくの香りと旨味をを存分に楽しめますよ〜!

         IMG_2020

生ビールを片手に、ズラリと並ぶ料理を囲むしあわせ感を是非体験してくださいな!

さらに、ピリ辛なホルモン炒めも楽しみます。

       IMG_2029

にんにく全開!
ビールも進みまくります。

    IMG_2034

〆には、横浜名物の「サンマーメン」。
実はこの時、サンマーメン初体験だったのですよ^^;
こんなに美味しいのならば、もっと早く食べておけばよかった。

ちなみに、誰もが注文する裏メニューの「パタン」は、お持ち帰りも可能です。
真空パックで麺、にんにく、ゴマ油、しょう油ダレが入って500円。
ご自宅でも、「パタン」如何でしょうか?
誰にも遠慮なく、にんにく全開! 楽しめますよ〜(^^)

         IMG_0190






【第一亭】
住 所:横浜市中区日ノ出町1−20    MAP
電 話:045-231-6137
営業時間:11:00〜14:00 16:30〜21:00(入店は20:00迄が目安) 
煙 草:
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

部長と課長って、どっちがエライの?子供の時、そんな事を聞いたことがありました。当然、部長>課長となるわけですが、子供からしたらそんなことはわからい。刑事ドラマを見ていて、石立鉄男が課長刑事の役をしていたのが印象的だったもので……^^;(確か、1974〜76年放送の ...
続きを読む
部長と課長って、どっちがエライの?

子供の時、そんな事を聞いたことがありました。
当然、部長>課長となるわけですが、子供からしたらそんなことはわからい。
刑事ドラマを見ていて、石立鉄男が課長刑事の役をしていたのが印象的だったもので……^^;
(確か、1974〜76年放送の『夜明けの刑事』だったかなぁ?)

そんな部長さんも課長さんも局長さんも仕事が終われば無礼講!(とはなりませんが^^;)
ちょっと一杯呑みに行きましょう!

       IMG_0193

桜木町で待ち合わせ、行ってきました野毛の街。
この猥雑な感じの灯りに何故か引き寄せられるのですよね〜。


「元祖 満州焼」 素通りできない看板が!  

       IMG_0169

元祖満州焼……とは、いったい何ぞや?
そんな看板に引き寄せられるように、”庄兵衛支店”さんに行ってきました。
(遅くまで、看板の光が灯るように、早く戻って欲しいものです!)

テーブル・座敷ともに、ほぼお客さんで埋まる店内。
その中で、空いてるテーブルを一つ見つけて陣地確保!

     IMG_0171

キンキンに冷えた生ビールは、明日への英気を養います。

ジョッキ、グラス、それとも大びん?

ラガーかドライを選べます。
このメニューには載ってませんが、ホッピーもありますよ〜!
(ホッピーの「中」おかわり〜、「外」「中」…無限ループにハマるかも〜^^;)

料理のメニューはこんな感じ。

       IMG_0170

やきとり やきとり おつまみ

気になる『満州焼』はメニューの筆頭に!

さて……いろいろ楽しむことにします。

      IMG_0176

先ずは、自家製ポテトサラダ。
なかなかいい感じの盛りですよ〜(^^)
ブラックペッパーがいいアクセントになって美味しい。

気になっていた『満州焼』の登場!
       IMG_0177

満州焼は、焼鳥ではなく「やきとん」。
かしらの味噌焼きだそうです。
満州焼の由来はわかりませんが、たしかに他ではちょっと味わえない美味しさの串焼き。
焼き加減も絶妙で、ハマってしまいそうですよ。

      IMG_0178

同じ味噌焼きでも、こちらは『まぐろネギ(みそ焼き)』。
一度食べると、この味噌焼きは何だかクセになってしまいます、美味しいです。

その他、『とりピーマン』
   IMG_0179


『とりネギ』。
    IMG_0182

多くの店では、これを「ねぎま」と呼ぶと思いますが、ここでは「とりねぎ」。
まぐろの「ねぎま」、そして「とりピーマン」がラインナップにあるからでしょうね。

    IMG_0181

最後は、『かしら 塩』で、もう一度焼きトンをじっくりと。
同じ「かしら」でも、味噌焼きの「満州焼」とはまた違った味わい。
じっくり味わい、ホッピーでキュッと追いかける。

さて、いい感じにほろ酔いに。

さ、もう一軒!
野毛の夜は、まだまだ長い(^^)






【元祖満州焼 庄兵衛支店】
住 所:横浜市中区日ノ出町1−25    MAP
電 話:045-241-1092
営業時間:16:30〜22:00(L.O.21:30)  
煙 草:
定休日:日・祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加