美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:江坂

幻の酒とか、焼酎ってありますよね。昔は、越の寒梅が入手困難で、あれば即買い!そんな事を言っていたのを覚えています。今有名なのは、森伊蔵。ネットオークションなどで、高値で売買されていますが、蔵元が電話予約販売を行っていて、抽選に当たると、定価で買うことも出 ...
続きを読む
幻の酒とか、焼酎ってありますよね。

昔は、越の寒梅が入手困難で、あれば即買い!
そんな事を言っていたのを覚えています。

今有名なのは、森伊蔵。
ネットオークションなどで、高値で売買されていますが、
蔵元が電話予約販売を行っていて、抽選に当たると、定価で買うことも出来ます。
森伊蔵、抽選販売のHPはコチラ

さて、入手困難なお酒で有名なのは、「十四代」。

もはや、定価で入手しようなんて確実のムリかと思えるお酒で、
お店で飲むことさえも、困難かと・・・。

でも実は・・・・。

             IMG_7444

  IMG_7447


             IMG_7455

こちらのお店で、飲むことが出来るかも・・・。
メニューには載ってない裏メニューですが、ぜひ聞いてみてください。
あれば、1杯1,000円〜3,000円でいただくことが出来ますよ。
(十四代のこのお酒、一升瓶30,000円くらいで出回っているので、安いくらいですよ!)


この日にお伺いさせていただいたのは、"明石八 江坂店さん。


    IMG_7339

御堂筋線・北大阪急行線の江坂駅を降りてすぐのところに店はあります。

         IMG_7341

昼は定食、そしてそれだけではなくて、昼からバッチリ呑めちゃおうお店なのです。

お伺いさせていただいたのは、GW真っ最中。
そんな日でも、お得なアテとドリンク、やってますよ〜。

入り口の写真入りメニュー、思わず見いいってしまいそうですが、
店内でゆっくりと確認しましょうね〜

      IMG_7348

店内はかなり広く、2階席もあって100席はあるのではないでしょうか?
そんな中、1階のテーブル席を陣取ります。

超レアアイテムの十四代もいいですが、こちらのお店の目玉は、
目を疑う値段のハイボールと、新鮮な刺し身。

          IMG_7379

平日であろうが、週末、GW、お盆であろうが、夕方5時までは、
ハイボールが39円!
何杯飲んでも、39円なのです。

ただし、それには条件が・・・。
一つは、開店時間から17:00まで、
そして、注文する方が成人していらっしゃること、
そして、お通しを注文すること。


たったそれだけです。

お通しは3種類から選べるので、嬉しいですね。

          IMG_7355

この日にお通しは、マカロニサラダ、春雨の酢の物、筑前煮。
好みに応じて選ぶことが出来て、しかも美味しい。

お通しを注文し、お得なドリンクで乾杯!

        IMG_7346

39円のハイボールだけではなく、生ビールも193円で楽しむことが出来ます。

そして、料理のメニューは・・・

     IMG_7344

         IMG_7352

どれも、驚愕のお値段!
カツオのたたきと、ハマチの刺身なんて180円ですよ。
で、180円の刺身がどんな感じかと言うと・・・

     IMG_7370

           IMG_7366

厚みといい、味わいといい文句なし。
これ、本当に180円でいいのかなぁって思ってしまいます。

実はこちらのお店、天満市場の魚屋さんが経営されているとのこと。
それで、魚の鮮度と安さはピカイチなのです。

    IMG_7388

赤貝も、このボリューム、この鮮度で380円。
本当に信じられないくらいにお値打ちです。


再びメニューに目を落とすと、本マグロの中トロが780円、
本マグロの紅味の刺身が680円とのこと。

中トロと紅味の値段差が、100円だけ。
で、それは何を意味するかと言うと・・・。

      IMG_7415
こちらが中トロです。
口の中で、一瞬にしてとろけてゆくのです。

そして、こちらが赤身。

    IMG_7402

赤身と言っても、しっかりと脂が回っていて、ほぼ中トロ。
これはかなりお得です。
マグロ好きの私も、しっかり満足させていただきました。

テーブル席の奥の壁を見上げてみると・・・

       IMG_7349

ズラリと並ぶ、写真入りのメニュー。
こういう仕掛けがしてあると、ついつい注文してしまいます。

    IMG_7395

とろとろに柔らかく煮込まれた、名物チャーシュー盛は、
味玉、キムチも付いて380円。

そして、串カツを注文すると、
お約束、二度漬け禁止のソースも一緒に持ってきてくださいます。

   IMG_7435

        IMG_7430

何杯飲んでも、1杯39円のハイボールもすごいですが、
何を注文しても安くてハイクォリティ。
実際に行ってみて人気の理由が納得できました。

この安さと美味しさ、是非体験してみてください。
確実に、クセになりますよ!







【明石八 江坂店】
住 所:吹田市江坂町1−23−37 グウビル 1F    MAP
電 話:06-6387-8602
営業時間:11:00〜24:00(L.O.23:30) 
煙 草:喫煙可
定休日:なし
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

食事を楽しみに行って注文する量、1人前。 ラーメンやうどんなどは、1人前あれば満腹になる量が出てきますが、焼肉の場合は・・・。 「カルビとロース、それにハラミを2人前ずつ、そして、タンとレバーを1人前・・・」 2人で焼肉に行って注文するとき、こんなものでしょうか ...
続きを読む
食事を楽しみに行って注文する量、1人前。
ラーメンやうどんなどは、1人前あれば満腹になる量が出てきますが、焼肉の場合は・・・。

「カルビとロース、それにハラミを2人前ずつ、そして、タンとレバーを1人前・・・」
2人で焼肉に行って注文するとき、こんなものでしょうか?
これ、合計すると、8人前になってしまいますよね(^^;)

普通、2人で8人前なんて食べられるわけがないのですが、焼肉の場合はちょっと事情が違います。

さて、焼肉の1人前って、そもそも・・・。

焼肉店での1人前は、肉の種類によらず、100gと決まっていたのだとか。
でも、何年か前から、チェーン展開する安い焼肉屋さんの登場により、1人前の量が減ってゆき、
現在、焼肉1人前の量は、お店により、70、80、90、100gの4種類くらいに分かれているのだとか。


そういえば、昔に比べて、1人前の量、減ったなぁと感じた方も少なくないはず(^^;)


さて、1人前と言えば、これも1人前の量なのです。
                 f7e61521.jpg


これは、オイルフォンデュの具材、1人前。
和牛ヒレ肉、厚揚げ、ブロッコリー、ヤングコーン、マッシュルーム、かぼちゃ、
パブリカ、蒟蒻、椎茸、茄子、人参、オクラ・・・。

しかも、どれも厳選素材ばかり。

こんな素敵なオイルフォンデュがいただけるのは、江坂にあるお店、
“Café & Dining TABARA”さん。
                        1d127b6b.jpg


多くのブログやメディナなどで取り上げられたこともある有名なお店ではありますが、
この度やっと、ゆっくりお邪魔させていただくことが出来ました。

以前、こちらのお店で、唐揚げとTABARAラーメンだけをいただいた時、その美味しさに感動し、どうしても空腹の状態でゆっくりとお邪魔させていただきたかったのです。
(実は、2軒目だったのですよ、その時(^^;))

先日、このお方から連絡があり、
「さいちゃん、TABARA、移転のためにしばらくお店を閉めるらしいのです。今のうちに行きませんか?」
そんな感じでお誘いいただき、訪問させていただきました。

お店に入り、奥のテーブル席に座らせていただきます。

店内は、カウンター席が6~7席と、テーブル席が10席ほど。
                   d3519f72.jpg


白を基調とし、気を遣った内装は、明るく清潔感があって、凄く落ち着いた雰囲気ですよ。

まずは生ビールで乾杯!
                       7cbe32b2.jpg


そう、これこれ!
やはり、日本で飲む生ビールはキンキンに冷えていて欲しいですね(^^)

ビールでのどを潤していると、最初の料理、刺身の盛り合わせが運ばれてきました。
                   ef71f014.jpg


おぉ、これはスゴイ!
鯛の姿造りや雲丹、鮑までも。
そして、いただいてみると、かなり美味い(^^)(^^)(^^)

中トロはもちろんなのですが、マグロの赤身が素晴らしい!
赤身が美味いマグロって、本当に美味しいマグロだと思います。
久しぶりだなぁ・・・こんな美味しい造り盛りを食べたのは。

やっぱり、これには日本酒が欲しくなりますよね。

と言うわけで、大阪池田のお酒、呉春をいただきます。
                     37801e74.jpg


そして、次の料理は、かりかりポテトのサラダ。
                      TABARA

名前の通り、ジャガイモを細く切って揚げたものなのですが、想像をはるかに超える美味しさなのです。
何と言っても、ポテトと海苔の相性が素晴らしい!
これ、いくらでも食べられそうですよ(^^)

そして、これもこちらTABARAの人気メニュー、えびと枝豆の春巻き。
                      c0ae6a38.jpg


これもかなり美味しい(^^)(^^)
中には、えびが丸ごと・・・・とはいっても、凄く食べやすくしてあるのです。
サクッとした食感もいい感じで、あっという間に自分の分を完食。
思わず、越境してやろうかと(^^;)

次に出していただいたのは、トマトのサラダ。
                   838c2c6c.jpg


でも、これがただのトマトじゃない。
甘いんです、美味いんです(^^)(^^)
そして、昆布とトマトを一緒にいただくと・・・。

(^^)(^^)(^^)
これも、素晴らしい!
本当に、どれを食べても美味しいのです。
さりげなく、そして確実に美味い。
これって凄いことだと思います(^^)

そして、いよいよこの日のメイン、オイルフォンデュの用意が出来上がりました。
                  TABARA

いろんな種類の具材がタップリと。
1人前ずつ分けていただいているので、しっかりと堪能させていただくことが出来ます。

ではまず、和牛ヒレ肉から。
      
串に刺して、サラダオイルの中に。
               1dd9951e.jpg
 87723af6.jpg


頃合いを見て、串から外し、特製のポン酢に付けていただきます。
                      e99b3683.jpg


おぉ、丁度いいレア状態に仕上がりましたよ!
しかも、中はほんのりと温かい。
それにしても、この肉、最高に美味しいですね(^^)(^^)(^^)

オイルフォンデュを楽しみながら、パンもいただきます。
(あ・・・このパンは、オイルの中に入れちゃダメよ(^^;))
               86bee449.jpg

    
いろんな素材を、自分の好きなようにオイルの中に入れて楽しめるオイルフォンデュ。
ワインが進んでしまって、大変です(^^)

お入りフォンデュを楽しみながらも、やはりここに来たならば、これも頂かなくてはなりません。
                     a2e8c740.jpg


TABARA特製の鶏の唐揚げです。

特製のタレに、2日間漬け込まれた唐揚げは、決して他店ではいただけない絶品!
これ、本当に美味しいですよ(^^)(^^)(^^)

唐揚げと言えば、ビール・・・
なのですが、こちらのお店、これも美味しいのです。
                       TABARA

これは、レモンチューハイ。
でも、その辺にあるようなレモンチューハイではなく、変な甘さがないのです。
これこれ、こういうのが飲みたかった(^^)

唐揚げを頬張り、レモンチューハイを楽しむ。
これ、ちょっとクセになりそうですね(^^)

これだけいただくと、流石にお腹も一杯になってきてはいるのですが・・・。

はい、〆には、TABARAラーメン。
                  55510b13.jpg


このラーメンも、かなり美味い。
煮玉子、特製チャーシュー、メンマまでも全て自家製。
         16bfb218.jpg
 2b88acff.jpg


こちら、TABARAさんの料理には、一切出来合いのものや既製品は使っていらっしゃいません。
だから、安心して美味しいものをいただけるのですね。
                      TABARA

あれだけいろんなものをいただいたので、流石にひとり一人前はムリ(^^;)
ですので、これを4人シェアしていただきました。
                   TABARA

最後にデザートもいただき、大満足で、大満腹!
しっかりと堪能させていただくことが出来ました。

こちらのお店、本当に丁寧で真面目、そして美味しい料理をいただくことが出来ます。
オーナーの田原さんの想いが料理、お店の雰囲気に込められています。

ですので、お店の壁には、その想いと少々の注意書きが書かれてあります。
TABARA f69d89d6.jpg
 TABARA

でもこれらは、ごく当たり前のことだと思いますし、思いやりの心と、常識のある方ならば、何の問題もないのでは・・・。
(ま、いろんな価値観があるとは思いますが(^^;))

こちら、TABARAさん、移転のために今月25日くらいをで、一旦こちらのお店は閉められます。
(移転場所等は未定。再開のお知らせを聞きましたら、またこちらでもお知らせしますね。)


TABARAの料理が大好きな方、また、是非一度食べてみたいと思われる方は是非行ってみてください。
期待を裏切らない美味しい料理、いただくことが出来ますよ(^^)





【Café & Dining TABARA(タバラ)】   
住所:大阪府吹田市江坂町2-3-4    MAP     
電話:06-6389-0900   
営業時間:11:30~14:00 18:00~23:00   
煙  草:完全禁煙
定休日:日・祝
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

※15歳までのお子様の入店不可。

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人に人気の和食と言えば、やはり寿司がダントツの1位らしいですね。 他にも、焼肉、ラーメン、天ぷらと続くのですが、やはり寿司職人が目の前で握る姿が美しく、これに変わるようなものが外国にはないからでしょうか。 カウンターの中で、刺身、寿司飯、山葵を華麗に握 ...
続きを読む
外国人に人気の和食と言えば、やはり寿司がダントツの1位らしいですね。

他にも、焼肉、ラーメン、天ぷらと続くのですが、やはり寿司職人が目の前で握る姿が美しく、これに変わるようなものが外国にはないからでしょうか。

カウンターの中で、刺身、寿司飯、山葵を華麗に握っていく姿は、外国人でなくても、思わず見とれてしまいますものね。

やはり、料理が目の前で仕上げられていくのを見るのは楽しいですし、何よりも出来たてをいただけるという楽しみもあります。

目の前で仕上げられていく料理・・・。
他にはどんなものがあるでしょうか?

天ぷら、鉄板焼、お好み焼き、焼鳥。
そういえば、クレープシュゼットも、目の前までワゴンを持って来て、リキュールをかけて火を付け、仕上げますよね。
目の前で立ち上がる炎に、目を奪われること必至。
高貴なデザートです。

さて、目の前で炎を立ち上げて仕上げていくと言えば、先日こんな料理を目の前で仕上げていただきました。
                              5c1575ec.jpg


これは、青椒肉絲。
バーナーで炙って、目の前で仕上げられていく。
しばし目が釘付けになりましたよ!


この日にお伺いさせていただいたのは、江坂にある中華料理のお店、
“清粥小菜 明“さん。
                       423e77bd.jpg


白い壁に木の扉。
時にお店の名前が目立って書いてあるわけでもありません。
知らなければ、通り過ぎてしまうのではないでしょうか。

扉の横にある小窓の所に、控えめに“清粥小菜 明”とディスプレイされているのを、気をつけて見ると、見つける事が出来ますよ。
              0c30773f.jpg


お店の名前にあるように、こちらのお店、ランチタイムはお粥のお店なのです。

でもディナータイムは、かなりレベルの高い中華料理を堪能することが出来るのです。
この日は6名で、上海蟹の紹興酒漬けをはじめ、いろんな料理を堪能させていただきました。

店内は、手前にカウンター席が6席と、テーブル席が4席。
奥には、4人掛けのテーブル席が2卓と、2人掛けのテーブル席が1卓あります。

この日は、奥のテーブル席に案内していただきました。

先ずは、生ビールで乾杯!
こちらのお店では、プレミアムビールのアサヒ熟撰をいただく事が出来ます。

付出しには、こちらのお店の自家製ザーサイ。
これがまた美味いんですよ(^^)
ちょっぴりピリ辛、それがまたビールに合う合う!

そして、ザーサイとビールを楽しんで、それをちょうど食べ終わる頃に、この日の前菜が出来上がってきました。
                     2948281a.jpg


これは、ふかひれの冷菜。
そういえば、こんな感じの姿のままのふかひれ食べるの、いつ以来だろ?
流石にめちゃくちゃ美味しいですよ(^^)(^^)

そして、次に出てきたのは、金華ハムと、
             662b8d14.jpg


中華風蒸しパン。
                                      1a1ca233.jpg


はい。
この組み合わせで出てきたら、やることはひとつだけですよね。

蒸しパンを開いて、金華ハムをのっけて、
                  87697225.jpg


挟んでいただきます。
                           20a00a95.jpg


(^^)(^^)(^^)
何ですかこれは! めっちゃ美味しいじゃないですか・・・
って、決まってますよね(^^;)
はい、角煮を挟んで食べるのもいいですが、金華ハムは流石に美味い!

すみません、紹興酒下さい!

というわけで、紹興酒をロックでいただきます。
紹興酒と言えば、昔は紹興酒を温めたものとザラメが一緒に出てきましたよね。
あれって、まだ日本に入ってくる紹興酒がそんなに種類が多くなく、
そのままではあまり飲みやすいものがなかった時代背景でしょうか?
因みにこちらの紹興酒、そんなことする必要は全くありません。
美味しいですよ(^^)

そしていよいよこの日のメイン、上海蟹の紹興酒漬けの登場です。
                       2c8acb20.jpg


新鮮なまま紹興酒に漬け込まれた上海蟹は、中までしっかりと紹興酒の味が入り込み、
蟹の旨味と合わさって、何とも言えない複雑な味わいになっています。

味噌の美味さなんてもう、この世のものレベルではないですよ!
上海蟹と言えば、蟹の中では小ぶりな方になるのですが、その小ささなんてしばし忘れてしまうくらいに美味いのです(^^)(^^)(^^)

ある程度味噌を堪能したら、甲羅の中に、蟹と一緒に提供されるご飯を入れます。
                      09a4692b.jpg


それを甲羅の中で混ぜ混ぜして、

ご飯をスプーンですくっていただきます。
                       4cdbf522.jpg


(^^)(^^)(^^)
紹興酒のコク、味噌の甘味、ご飯の食感が一体になって、スゴイです、これ(^^)(^^)(^^)

上海蟹を堪能させていただいた後は、海老と蓮根を。
                      20e38baa.jpg


もちろん殻ごといただけます。
海老の香ばしさと甘味をしっかり堪能させていただくことが出来ますよ。

そして、次に目の前に表れたのがこちら。
            6684de62.jpg

     
青椒肉絲のように見えるのですが、上に生の牛肉がのっかってますよ。

これ、今から目の前で仕上げられていくのです。
       a537cdb4.jpg
 明、上海蟹

目の前のバーナーで炙って、青椒肉絲が出来上がってくのを見るのは流石にはじめてです。

ほんのりとレアになれば出来上がり。
                       38ad14c4.jpg


では早速いただきます。

(^^)(^^)(^^)
何じゃこりゃ、めちゃくちゃ、かなり美味しいですよ(^^)
野菜はシャキシャキ、肉は香ばしさと旨味がスゴイ!
こんな青椒肉絲、食べたのは初めてです。
これ、ちょっと感動ものですね。

そして料理はさらに続きます。
次は、四川料理の神髄、麻婆豆腐です。
もちろん、これもただの麻婆豆腐ではなく、白子入り。
                    e195f6c7.jpg


白子と麻婆豆腐、言われてみれば合わないはずないですよね。
それでは早速・・・。
                      04c655a8.jpg


や、やっぱり美味い(^^)(^^)
ピリッと辣を味わい、心地よい山椒の麻に痺れ、それを包み込むように白子のマッタリしたあじわいに包まれる。
はい、かなり美味しいです(^^)

そして、小カブと上海蟹の餡かけ。
                     fe38f404.jpg


中までしっかりと旨味がしみ込んだ蕪。
どの料理をいただいても丁寧で、本当に感動的ですね。

そして、〆にはこちらのお店特製のお粥をいただき大満足!
                   a2c0b0de.jpg


最後までいい意味で気を抜けないほどに美味しかったです。


清粥小菜 明さん、因みにメニューはこんな感じです。
488ef356.jpg
 b1098920.jpg
 a73d1413.jpg

fcb58ab4.jpg
 明、上海蟹

この日は、上海蟹を中心におまかせでコースを組んでいただいたので、ほとんどメニューには載っていない料理をいただくことが出来ました。

ここは、最近食べた中でも特に印象に残るほど美味しかったです。
ランチタイムはお粥のお店で、大人気。
よるも予約なしではまず入れないのではないでしょうか?
是非予約して行ってみてください。
確実に満足出来る料理を味わうことが出来ますよ!





【清粥小菜 明】   
住所:大阪府吹田市江坂町1-21-39    MAP     
電話:06-4861-7228   
営業時間:11:30~13:00 17:30~23:00(L.O.21:30)   
煙  草:
定休日:日曜日(ランチタイムは、水曜日と祝日も休み)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

暑くなってくると、テレビのワイドショーなんかで、ちょっとコワイ内容の特集やりますよね。 廃墟になった病院の跡地に入って行き、肝試しみたいなことしたり、 山奥にある、昔、お堂として使われていたところに行ってみたり・・・。 見ていると、背筋がぞっと寒くなり、ち ...
続きを読む
暑くなってくると、テレビのワイドショーなんかで、ちょっとコワイ内容の特集やりますよね。

廃墟になった病院の跡地に入って行き、肝試しみたいなことしたり、
山奥にある、昔、お堂として使われていたところに行ってみたり・・・。

見ていると、背筋がぞっと寒くなり、ちょっと涼しい気持ちに・・・
なりますかねぇ(^^;)

そうそう、心霊写真特集っていうのも、よくやってましたよね。
でも、言われてみれば、最近めっきり見かけなくなったと思いませんか、心霊写真。

でも何故か、デジカメやスマートフォンが普及しだしてから、見なくなったような気がするのは私だけでしょうか(^^;)
やはり、現像の加減か何かだったのかぁ・・・。
そう思ってしまいます(^^;)

そして、何故暑い季節にしか、出ないんでしょうかねぇ(^^;)

さて、暑くてもしゃぶしゃぶが食べたい。
先日、そんな気持ちに見舞われ、江坂にある豚しゃぶのお店、
“くら 江坂豚舎”さんへお邪魔させていただきました。
                       江坂、くら

こちらのお店は、大阪が誇るブランド豚、「犬鳴豚」や、「錦雲豚」をしゃぶしゃぶでいただく事が出来ます。

お店は江坂駅の目の前にありますよ。

エレベーターで3Fに上がると、目の前にお店の入口があります。

入口で靴を脱いで、お店の中に入って行きます。
店内は、いろんな堀炬燵式の個室や、半個室のテーブル席がが並んでいて、ゆっくり寛げそうな感じですよ。

この日は、目の前に新御堂筋が見える個室に案内していただきました。

先ずは、冷たい生ビールで乾杯!

この季節、一杯目の生ビールは格別ですよね(^^)
生ビールでのどを潤しながら、付きだしの白身魚の煮こごりもいただきましょう。
                   aa239bda.jpg


こちらのお店は、しゃぶしゃぶをメインにいろんな料理をいただくことが出来ます。
メニューはこんな感じですよ。
6c8767e5.jpg
 3b190588.jpg
 7abb7ea0.jpg

fe4de036.jpg
 1ad501fc.jpg
 a1938853.jpg

2ee11d9f.jpg
 52850f5b.jpg
 f9a3a636.jpg


この日は、焼しゃぶをメインに、いろいろいただきました。

先ずは枝豆と豚味噌キュウリ。
                           江坂、くら

シンプルではありますが、この味噌が美味い!
これ、ご飯の上にのっけてもかなり美味いのでは。

そして、こだわり焼豚と、牛すじどて焼き。
                cd879d05.jpg
 2d20e149.jpg


サイドディッシュとはいえ、これは侮れない。
特にこの、牛すじどて焼きなんて、本気でおかわりしたいと思ったほどです(^^)(^^)

さて、いよいよメインの焼しゃぶの準備を。
ごまだれとポン酢のどちらか・・・
ではなく、両方で楽しんでしまいましょう。
                         d2023112.jpg


いただく豚肉は、「犬鳴豚」と、「錦雲豚」。
双方とも、最高の豚肉ですね。
                             f018c3b9.jpg


焼しゃぶの野菜はこんな感じです。
             de256631.jpg
 b6323235.jpg


にら、玉葱、もやし、
そして、きゃべつ。
この千切りキャベツは豚肉で巻いて食べると美味しいそうですよ。

それでは早速、焼いていきましょう。
                         7e7514d7.jpg


表面をサッと炙るような感じで、焼き過ぎないように気をつけます。

そして、豚肉でキャベツをたっぷりと巻いて、ごまだれにつけていただきましょう。
                          4a32b834.jpg


(^^)(^^)(^^)
これ、最高ですよ!

ジューシィな豚肉と、シャキシャキのキャベツ。
これはかなりクセになりますね。
私は鍋が好きで、夏でもお構いなくしゃぶしゃぶが食べたくなるのですが、
これならば、焼しゃぶもアリですね(^^)(^^)
かなりポイント高いですよ!

ごまだれに、ちょっとピリ辛のラー油なんかも入れたりして、いろんな楽しみ方も出来ますよ。

焼しゃぶばかりで、飽きてもいけないので(飽きないけど(^^))、一口カツ三種盛りもいただきます。
                  e8791e51.jpg


左から、豚キムチーズカツ、梅肉と紫蘇の一口カツ、クリームチーズカツです。

これは、キリッと冷えた、エクストラコールドもすすみますね(^^)
                  b9385c24.jpg


そして、〆には目の前で焼きそばを作っていただきます。
                   693b6bd4.jpg


「別腹」って言葉は、実在するようですよ(^^;)

別腹と言えば、デザートもいただきました。

シューソフトクリーム バニラと、
             5001003e.jpg


薩摩芋スティック アイス添です。
                      3895adc6.jpg


こちらもキッチリ作っていらっしゃいますね。

豚しゃぶと豚肉料理をしっかり堪能させていただき、〆もデザートも大満足させていただきました(^^)(^^)

これからの季節、冷たいものも美味しいですが、夏こそしゃぶしゃぶ、如何でしょうか。
冷房もキッチリ効いているので、快適に美味しい料理を楽しむことが出来ますよ!

江坂駅前、アクセスの良さも魅力です。







【くら 江坂豚舎】   
住所:大阪府吹田市江坂町1-23-35 コーポ江坂ビル 3F    MAP     
電話:06-6380-7228   
営業時間:17:00~01:00(L.O.24:00)   
煙  草:喫煙可
定休日:日曜日 (月曜日が祝日の場合、日曜日営業。翌祝日月曜日が休日となります。)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

大通りを歩くよりも、通りから1本か2本、入った通りを歩くのが好きです。 そうすると、車や自転車で通ったりしても見落としてしまうようなお店を発見することが出来るかもしれません。 気になる外観のお店、 日替わりや限定メニューに気になるものが書いてあるお店、 お店の ...
続きを読む
大通りを歩くよりも、通りから1本か2本、入った通りを歩くのが好きです。
そうすると、車や自転車で通ったりしても見落としてしまうようなお店を発見することが出来るかもしれません。

気になる外観のお店、
日替わりや限定メニューに気になるものが書いてあるお店、
お店の名前がユニークなところ。
そして、大きな看板など無く、気をつけて見なければ、見落としてしまいそうになるお店。

この日にお邪魔させていただいたお店もそんなお店の一軒ではないでしょうか。

ディナータイムに予約していただいた、そのお店の近くに、来ることがあって、場所の確認をしておこうと思い、住所を頼りに、探してみます。

角を曲がると、5~6名の方がお店の前に列を作っています。
時間は、12:30頃。

すごく人気がありますね。
でも、お店の前には大きな看板が出ているわけでないのです。
白い壁に木で出来た扉の入口。
そして、小さくお店の名前が書かれたメニューボードがあるだけなのです。

この日にお伺いさせていただいたのは、“清粥小菜 明”さん。
755bc031.jpg
 江坂、明

江坂駅から歩いて5分くらいのところにお店はあります。

「江坂に、凄い創作中華料理のお店がありますよ、行きますか?」

そうお誘いいただき、行って来ました。
                       c512db2c.jpg


店内は、カウンター席が6席と、テーブル席が14席。
この日は、テーブル席に座らせていただき、料理を堪能させていただきました。

とりあえず、生ビールで乾杯!
                     17fe28fc.jpg


こちらでは、アサヒの熟撰を楽しむことが出来ますよ。
先ずは、ビールと共に、ザーサイをいただきます。
このザーサイ、かなり美味しい(^^)
初めてのお店に行ったときに、最初の一品が美味しかったら、すごく期待してしまいますよね。
たとえ、ザーサイであっても、それは例外ではありません。
いえ、中華料理に関しては、ザーサイが美味しいお店であれば、他の料理も必ず美味しかったような記憶が・・・。

そんなことを考えていると、最初の料理が出てきましたよ。

マグロホホ肉とサラダセロリの椒麻ソースサラダです。
                       7cf2cdb7.jpg


はい。
私の法則(ザーサイが美味い店は他の料理の必ず美味い)通り、これすごく美味しいですね(^^)(^^)
仕事の疲れも一気に吹き飛びますよ。

次の料理は、泉州水茄子の腐乳ソースがけ。
                         b092a708.jpg


「水茄子に合うソースを探していたら、これに辿り着きました。」
店主の言葉の通り、これが見事に良く合うのですよね(^^)
美味しいです(^^)

そして、次の料理が凄かった。
                     ce3dc394.jpg


これは、和歌山県産鮎のカリカリ揚げ ホット葱ソースがけです。

子鮎がカリカリに揚げられていて、素晴らしい食感です。
そして、その味わいが感動的。
鮎のもつほろ苦さと旨味が見事に口に中で華を咲かせます。
これはちょっと参りましたよ(^^)(^^)(^^)

そして、お皿一面唐辛子がのっかった料理が(^^;)
                      ada83702.jpg


もちろん、これは唐辛子をいただくのではなく、中の鱧をいただきます。

ほどよく、辛味もうつっていて、いい感じですよ。
                   32412268.jpg


そして、早くもご飯が登場・・・。
                       ef9125ab.jpg


と思いきや、これはそのままご飯をいただくものではないらしいです。
それに続いて登場したのが、これ。
                          e0cab587.jpg


北海道産生ウニの紹興酒漬けです。
                     
先ほどのご飯を一口分ずつとりわけ、上から生ウニをかけていただきます。
                        25c86b34.jpg


これはたまりませんね(^^)
何かすごく贅沢な感じですよ。

では、早速・・・。
                                17190c82.jpg


(^^)(^^)(^^)
これ、美味くないわけがないです(^^)
もう、ずっとこればっかりでもいいですよ(^^)

紹興酒に漬けることによって、ウニの濃厚な旨味がより一層厚みを増し、
何とも言えない味わいになってますよ(^^)(^^)

ここはやはり、ビールではなく紹興酒がいただきたいですね。
                     7afbf035.jpg


こちらのお店にはすごくたくさんの紹興酒が揃えてありますよ。

そして、次に登場したのがこれ。
1b95e4b2.jpg
 c6b73777.jpg
 5dd73ecc.jpg


ふかひれ姿煮おこげあんかけです。

お皿のうえのおこげにあんをかけた瞬間、“ジューッ”という音を立てながら、香りも立ち上がります。
「中華料理は味わいだけでなく、目でも音でも楽しむ」
はい、そのとおりです。

これを取り分けていただきます。
           536f89cb.jpg


ホント、しっかりとふかひれが入ってますよ(^^)
ではこれもいただきます。
                     258995ff.jpg


(^^)(^^)(^^)
ブッフェコーナーの“ふかひれ風スープ”のような春雨状のものではなく、しっかりとふかひれ(^^)
贅沢です。

そして、次に登場したのがこれ。
                 e41e15d0.jpg


ちょっとワクワクしますよね。

蓋を取ると大きなトマトが中から登場。
4246f850.jpg
 266631f1.jpg


トマトと金華ハムの冷製。
この季節にうれしい一品ですね。

そして、〆の料理は中華料理らしく炒飯。
でも、普通の炒飯ではありません。

これは、こちらのお店オリジナルのリゾット炒飯。
                   9ff84ca2.jpg


こう見えてこれ、べちゃっと感とは全く無縁。
食感はリゾットなのですが、味わいはキッチリ炒飯。
参ったな、これは(^^)(^^)

そして、デザートもいただき、大満足させていただきました。
                      08a6122a.jpg


この日は、完全におまかせで料理を出していただきましたが、もちろんアラカルトで注文することも出来ますよ。
因みにメニューはこんな感じです。
江坂、明 江坂、明 江坂、明
江坂、明 4ac33070.jpg


“清粥小菜 明”さん、お昼は広東粥のランチで大人気。
夜は、想像以上のクォリティの中華料理を堪能することが出来ます。
是非近々、ランチタイムにもお邪魔させていただきたいと思います。
そして、上海がにの季節も凄いのだとか・・・。
これは、絶対に行かねば!
今から待ち遠しいです。




【清粥小菜 明】   
住所:大阪府吹田市江坂町1-21-39 土泰第1ビル    MAP     
電話:06-4861-7228   
営業時間:11:30~13:00(水・祝日は夜のみ営業) 17:30~23:00(L.O.21:30)   
煙  草:ランチタイム禁煙
定休日:日曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

フジヤマ、ゲイシャ、シンカンセン。 外国人が日本を語るときのお約束みたいに言われてたこと、あったような・・・。 最近でこそあまり聞きませんが、日本が高度経済成長にあった頃はよく聞かれたような気がします。 さて、そんな日本一の山、富士山。 新幹線に乗って、東 ...
続きを読む
フジヤマゲイシャシンカンセン

外国人が日本を語るときのお約束みたいに言われてたこと、あったような・・・。

最近でこそあまり聞きませんが、日本が高度経済成長にあった頃はよく聞かれたような気がします。

さて、そんな日本一の山、富士山。
新幹線に乗って、東京に行くとき、富士山が綺麗に見えると本当にいいことあるような気持ちになります。

銭湯の絵にもよく描かれるくらい、富士山は心を掴む山ですね。

そんな富士山ですが、日本全国にも数多くの富士山があるようですよ。

北海道の蝦夷富士、美瑛富士、北見富士。
青森の津軽富士、秋田の出羽富士、滋賀の近江富士・・・
、何と全国に200近くもあるようですよ。

日本以外にも、過去に日本の領土になっていた、台湾や樺太にも“富士”の名前が付く山があったり、アメリカにも“タコマ富士”や“オレゴン富士”なんて言うのがあるそうです。(ま、アメリカ人は絶対そんな呼び方しないでしょうが(^^;))

フジヤマ、ゲイシャ、シンカンセンじゃないけれど、和食と言えば・・・
寿司、天ぷら、すき焼きでしょうか。

いずれもご馳走と呼ばれるもので、普段からしょっちゅう食べられるイメージはないですよね。

回転寿司、ワンコイン天丼、すき焼き弁当。
これならば、手軽に食べることが出来ますが、たまには本物を味わってみたいものです。

そんな本物を味わいに、この日は江坂にある天ぷらのお店、
“旬彩天 つちや”さんに連れて行っていただきました。

こちらのお店、3年連続でミシュランの2ツ星を獲得したのだとか・・・。

お店は、江坂の駅から徒歩7~8分のところにあります。
ひっそりと佇む一軒家のように、隠れ家の名店って感じがしますね。
fe64396e.jpg
 つちや

この日はカウンター席に座らせていただき、目の前で上がる天ぷらを楽しませていただきました。

先ずは、生ビールで乾杯!
                      つちや

おぉ!
このグラスも“うすはり”じゃないですか。
うすはりのグラスって、見た目だけじゃなくて、口に当たる感覚もすごくいいのですよ。
視覚、触覚、味覚、嗅覚・・・いろんな感覚を刺激してくれます。

先付は、イタヤ貝とナッツを使ったもの。
              912298fe.jpg


これがね、美味しいんですよ(^^)
もう、最初からすごくテンションが上がりますよ!

そして、造り盛りは鰹と鯛、ボタン海老です。
          017804f0.jpg


もうこれは日本酒が・・・。
いえいえ、この日はワインと和食を合わせてみたくてお邪魔させていただいたので、先ずは白ワインをいただきます。

Bourgogne Hautes Côtes de Nuits 2011
              つちや

こちらのお店、ワインの品揃えも素晴らしいのです。
料理にあったもの、好みなどを伝えて選んでいただくことが出来ます。

そして、八寸。b81c2e41.jpg



もうこれだけでも、ワインがいくらでも飲めてしまいそうですよ(^^;)
一品一品、しっかりと堪能させていただきました。

これらの料理を堪能すると、いよいよ天ぷらのはじまりです。
目の前に、3種類塩と、サッパリ柑橘系の天つゆが用意されます。
               つちや

最初は車エビ・・・
お、先に頭の部分が出てきましたよ。
   つちや

カリッと揚がってみるからに美味しそうです。
と思っていたら、続いて車海老の天ぷらも。
                              1add29db.jpg


もちろん、塩を少しだけつけていただきます。

(^^)(^^)(^^)
サクッとした食感の後、海老の上品な甘みと香りが口の中に広がりますよ!
流石に美味しいですね!
これは素晴らしい。

貝柱は、中はほのかにレア状態。
       8d83c8b9.jpg


これも旨味と甘みが凄いです。
eea9294a.jpg
 つちや ed0fd799.jpg


こちらの食べるスピードに合わせて、天ぷらが揚げられてゆきます。
ですので、カウンターの上で、天ぷらが貯まってしまって、食べるタイミングを外す心配もないですね。

グリーンアスパラ。
         dd697cb1.jpg


火の通り方が完璧なんでしょう。
食感と甘み、両方とも楽しむことが出来ますよ。

そして、ちょっと目を惹いたのがこのワカサギ。
              14fe6053.jpg


泳いでいるような感じで出していただけるのですよ。

“これ、どうやったらこんな風に揚がるんだろ・・・”

そう思って、聞いてみると、

「いえいえ、そういう風に教育してるのですよ(^^)」
と笑顔で返してくださいました。
(そんなん、言えるわけないですよね(^^;))

そして、やはりこれも抜群に美味しいのです。

さてさて、赤ワインと天ぷら、どんな感じなのでしょうか・・・。
           つちや

いただいたのは、 Chateau Rousselle 2009

さて、この後はどんな天ぷらが出てくるのでしょうか。

次にいただいたのは、ぐじ(甘鯛)のてんぷら。
              2a3e070c.jpg


甘鯛の旨味の一つである鱗もパリッと心地いいですよ。
そして、これが不思議なことに赤ワインと合うのですよ(^^)

ちょっと貴重な体験ですね、これ。

そして、蓮根。9426adfd.jpg



歯ごたえと旨味が貯まりません。
肉ばかり、魚ばかりが続くのではなく、間にこんな感じで野菜も出していただけるので、そのたびに口の中がリセットされて、またいろんな食材の味わいを楽しむことが出来ますよ。

そして、牛肉は、タスマニア産マスタードと一緒にいただきます。
                736739b5.jpg


やっぱり最高です(^^)
素材の美味さだけではなく、その旨味を引き出すようにソースも素晴らしい。
ずっとワクワクしながら食事を楽しむことが出来ますね。

そして、かに。48052a68.jpg



天ぷらに蟹の旨味がしっかり閉じ込められてますよ。
これは、塩とポン酢のようなサッパリ天つゆ両方でいただきました。

次に登場したのが、さつまいもと、もう一つのこれは何でしょ?
    48531775.jpg


これは、カマンベールチーズの天ぷらです。
             d150a28f.jpg


トロッと口の中で一気に旨味が広がります。
赤ワインと合わせてみるともう最高ですね!

そして、こちらの天ぷらが凄かった。
              eb9054bc.jpg


これは、アワビの天ぷらです。
塩でなく、アワビの肝を使ったソースにつけていただきます。

いやぁ、これは贅沢すぎますね(^^)(^^)(^^)
まさに至高の天ぷらですね。

酢の物で口の中をサッパリと。
こういう組み立ても素晴らしい!
                    つちや

仕上げは焼き魚、お漬け物、ご飯に味噌汁です。
                 86177f0a.jpg


この時点で、かなりお腹は一杯なのですが、このご飯の艶を見たら・・・。
                20597730.jpg


食べないわけにはいかないですよ(^^)

そして、デザート。af75b223.jpg



最後までワクワクした気持ちのまましっかり堪能させていただきました。
                 つちや

夕方6時過ぎにお伺いさせていただき、ゆっくりと時間をかけて堪能させていただきました。
五感で味わう料理と天ぷら。
リピーターが多く、予約が取れにくいのも頷けます。

ちょっといいことがあったとき、大切な記念日、大事な方の接待など、“ここぞ!”と言うときにも必ず満足させていただくことが出来ると思います。
本当に素敵な体験をさせていただくことが出来ました。


【旬彩天 つちや】   
住所:大阪府吹田市豊津町41-4    MAP     
電話:06-6338-2288   
営業時間:11:30~14:00(LO) 17:30~21:00(LO) 月曜日は夜営業のみ。  
煙  草:完全禁煙
定休日:日曜日、月曜日の昼
駐 車 場:あり(6台分)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加