美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:江東区

箸って万能かもしれない。つまむことも、取り分けることも、突き刺すことも(作法としては…ですが)、出来る。スプーンのようにすくうことは出来ませんが、汁物ならば椀を手で持って飲む…あ、でも国によっては箸も微妙に違うようですね。【箸の材質】日本:木やプラスチッ ...
続きを読む
箸って万能かもしれない。
つまむことも、取り分けることも、突き刺すことも(作法としては…ですが)、出来る。
スプーンのようにすくうことは出来ませんが、汁物ならば椀を手で持って飲む…

あ、でも国によっては箸も微妙に違うようですね。

【箸の材質】日本:木やプラスチック 中国:象牙、木、竹  韓国:金属製
【形】日本:とがっている 中国:寸胴型で長め 韓国:細くて平たい断面
【並べ方】日本:横に並べる 中国:縦に並べる 韓国:縦に並べる

そういえば、カップヌードルが売り出された頃、一緒にフォークが付いていましたよね。
カップヌードルはフォークで食べるのが正しい…みたいな感じで。

カップヌードルではないですが、ハンバーグも箸で食べるのが美味しい。
今日は、住宅地の中に突然現れる隠れ家的なお店、
“小古食堂”を紹介させていただきます。

営業日は週に3日。 開いていれば迷わず入店すべし!   
   IMG_5865
     
路地の入口にこの看板が出ていれば営業している証拠。
10mほど進んでいくと、お店に到着します。

    IMG_5863
ピシッと白い暖簾がかかり、ちゃんとお店なのである。
自宅の片隅でひっそりと…
そう思っていましたが、この時点で名店のオーラを感じます。

入り口を入ると、オープンキッチンな店内が見渡せます。
ここで靴を脱ぎ、店内へ。
8席あるカウンター席の奥の方に座らせていただきます。

メニューは『ハンバーグライス』一択!
席につくと聞かれるのはご飯の量。
少なめ、多め、普通盛りと、希望を聞いてくださいますよ。
こちらのお店のメニューは「ハンバーグライス(1,500円)のみなのです。

自宅を改装してレストランに…
そう聞いていて想像していたのはもっと生活感のある空間。
でも実際に来てみると、ここは立派なレストラン。
生活感は微塵も感じさせず、料理人のプロ意識が漂う空間。

そんな中、客との会話を楽しみながらハンバーグを焼き上げるマダムの姿が凛々しい。
笑顔が耐えない気さくな方でもあるのです。

味噌汁、お漬物、ごはんが配膳されて、最後にメインのハンバーグが出来上がってくる。

    IMG_0353
「料理の写真撮ってもいいですか?」
「どうぞ! あっ、先に言ってくれればもっとキレイに盛り付けたのに〜」

と、気さくに対応してくださいます。

大きな肉厚ハンバーグが美しい。
    IMG_0356
でもこれ、十分に美しいですよね。
濃厚なデミグラスソースはマダムが担当し、ハンバーグはマスターが作るのだとか。
食べてみると、しっかりした肉感も味わえながらふんわりと柔らかい。
箸で切ると肉汁が中から溢れてきて、ソースと混じり合う。
食べていくうちに、味わいがどんどん変化していくのも楽しいのです。

      IMG_0360

聞けば、ハンバーグに使うひき肉は、牛肉と豚肉を別々のところから仕入れて、
お店で混ぜてハンバーグにしていくのだとか。
これがまた、ご飯にもよく合う味わいなのです。

お漬物も密かな人気者!
   IMG_0357
ご飯に合うと言えば、一緒についてくる浅漬も技あり。
ほんのりと生姜の風味もして、これがかなりいい感じの箸休めになるのです。

半分くらいまではしっかりとハンバーグの味わいを楽しみます。

       IMG_0358
ハンバーグの上に鎮座する、美しい目玉焼き。
後半はコイツの出番なのです。

    IMG_0362
黄身を崩し、ハンバーグにたっぷりと絡ませていただきます。
目玉焼きの黄身のコクが加わり、また味わいが変化。

ダイレクトにデミグラスソースを楽しめる前半、
肉汁がソースに交わり、なんとも言えない旨味が加わる中盤、
そして、目玉焼きのコクとともにいろんな味わいを楽しめる後半。

ハンバーグライスという、一見シンプルに聞こえるメニューが、これだけ変化していくさまを楽しめるのは本当に楽しいです。

お店のBGMはクラシック。
上品で落ち着いた雰囲気の中、ピシッとコック服を着こなしたマダムの気さくな会話がお店の空気を和ませる。

長年ここに通う人、
遠方からわざわざ訪れる人、
臨時休業を何回も喰らってもまた来てしまう人。
そんなお客さんがここには多いのだと聞きます。

現在、マスターは厨房には入らずに、入り口のところで座って接客されています。
マスターがハンバーグのタネを作れる限り、お店は頑張っていきたいとマダムは語ります。
気になる方は、是非食べに行ってみてください。
諸事情での臨時休業にめげず通えば辿り着ける絶品ハンバーグ。
価値あると思います。





【小古食堂】
住 所:東京都江東区東陽3-26-11    MAP
電 話:03-3647-7384
営業時間:11:30〜14:30 
煙 草:禁煙
定休日:月・水・木・日・祝(火・金・土曜日の営業)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブタブタ子豚、お腹が空いた〜  エースコックのワンタンメン。昔から親しまれているインスタントラーメン、いわゆる袋麺ですね。ワンタン麺を初めて食べたのは、エースコックのワンタンメンだったかもしれません。この「エースコックのワンタンメン」の袋をよく見てみると ...
続きを読む
ブタブタ子豚、お腹が空いた〜  エースコックのワンタンメン。

昔から親しまれているインスタントラーメン、いわゆる袋麺ですね。
ワンタン麺を初めて食べたのは、エースコックのワンタンメンだったかもしれません。

この「エースコックのワンタンメン」の袋をよく見てみると、
『ワンタンに肉は包まれておりません』の文字が。

そんなの当たり前だと思っていました。
ワンタンって、あの「皮」のことをいうのだと思っていて、
肉が包まれているものなんて存在するのかって……

存在するのかと言えば、関西に置いての「タンメン」。
びっくりするほどないのですよね、タンメンのお店。


ワンタン麺も担々麺も普通にあるのに、何故かタンメンはない。
東京では大人気のタンメンってどんなものなのか?
そして、その美味しさとは……

       IMG_1438

どうしても気になったので食べてきました。
お邪魔させていただいたのは"東京タンメン トナリ”さん。

東西線の木場と東陽町の間くらいの場所にお店はあります。

何故こちらのお店を選んだのか?

先日、お店の前を通りかかったら、店内満席でお店の前まで待つ人がいたのです。
それも、雨が結構降っているにも関わらず。

気になったので、別の日に行ってきました。

店内に入るとスグのところに食券の券売機があります。
まずはここで食べたいメニューに食券を購入します。

人気のメニューは、「タンギョウ」、「タンカラ」、「タンカラギョウ」。
何じゃその、呪文のようなのは?
そう思いますよね。

これは、タンメン、餃子、から揚げの略。
ここではこれが常識のように通じるのです。

タンメンと餃子のセット「タンギョウ」の食券を購入し、店内奥の方のカウンター席へ座り、
お店の方に食券を渡します。

周りを見渡すと、圧倒的に「タンカラ」…
タンメンとから揚げを注文する人が多い。
もしかして、ちょっと失敗したか^^;

カウンターの中では、中華鍋で豪快に野菜が炒められているのが見えます。

スッゴイ炎が上がっていて、あれは美味しそう!

そして、目の前にタンメンが出来上がってきます。

          IMG_5005


二郎もびっくりするほど、野菜が山盛り!
ちょっとこれではわかりにくいですかね……
では。

      IMG_5007

こんな感じで、丼の高さと同じくらいに盛られているのです。
まずはスープを…

お、美味しい!

しょっぱすぎず、丁度いい味わいです。
スープを頂いただけでも、レベルの高さがわかります。
それでは、野菜をいただきましょう。

      IMG_5014

シャキシャキでいい香り!
これは、いくらでも食べられそうですよ。
なるほど、これは確かに並んででも食べたい。

   IMG_5015

野菜の中に、深く箸を差し入れて麺を掘削してみると、いい感じの太麺が。
しかも、モチモチでこれも美味しいですよ〜(^^)

   IMG_5012

餃子は、パリッとジューシィでいい感じ。
タレ、お酢と胡椒など、いろんな食べ方で楽しめます。
また、タンメンのスープに浸して食べても美味しいですよ(^^)

タンメンを注文すると、「生姜入れますか?」と聞いていただけるので、お願いすると、
(二郎系の「ニンニク入れますか〜」みたいなものでしょうか?)

       IMG_5021

こんな感じで、おろしショウガをトッピングしてくださいます。
これを後半、スープに混ぜて食べると、かなりいい感じになりますよ(^^)

     IMG_5017

生姜を混ぜ、後半も飽きることなくいただけます。
麺のもちもち感もしっかり保たれて、気がつけば完食。
人気があるのも頷ける一杯ですよ!

気になったのは、両隣のお客さんが食べていたから揚げ。
ちょっと他店のものとは違った雰囲気で、かなり気になりました。
今度はから揚げとタンメンのセット「タンカラ」で攻めてみたいと思います(^^)

      


【東京タンメン トナリ】
住 所:東京都江東区東陽3−24−18 サンヤマトビル 1F    MAP
電 話:03-5632-8777
営業時間:11:00〜22:00 
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界3大料理には残念ながら入っていませんが、それでも世界で人気の日本食。 中には、元々外国の食べ物だったものが、日本に入ってきて変化し、今では完全に日本食となっているものもありますよね。 カレーライス、焼肉、ラーメン、コロッケ・・・。 意外とそんな日本食が ...
続きを読む
世界3大料理には残念ながら入っていませんが、それでも世界で人気の日本食。
中には、元々外国の食べ物だったものが、日本に入ってきて変化し、今では完全に日本食となっているものもありますよね。

カレーライス、焼肉、ラーメン、コロッケ・・・。

意外とそんな日本食が外国人に人気があったりするからおもしろいです。

さて、外国人に人気がある日本食といえばどんなものが挙げられるか・・・。

1位 寿司・刺身 79.9%
2位 ラーメン 64.5
3位 天ぷら 61.4
4位 味噌汁 60.8
5位 うどん・そば 52.1
6位 カレーライス 51.5
7位 豆腐 51.3
8位 焼き鳥 44.1
9位 お好み焼き 32.6
10位 うなぎ 25.9
11位 丼もの 23.4
12位 納豆 16.3


寿司、天ぷら、ラーメンはわかるにしても、味噌汁や納豆もランクインするほどの人気なのですね。
もはや、「関西人は納豆が苦手・・・」なんて言っていられないのかも。

さて、外国の人に一番人気なのはやはり寿司。
先日お伺いしたこちらのインド家庭料理店の店主も、和食が大好きとのこと。
そんな店主から、オススメの寿司屋さんを教えていただきました。

都営新宿線の西大島駅から歩いて約15分。
砂町銀座入口辺りに、この日におじゃましたお店、“海幸”さんはあります。
海幸

お店がオープンするのは、午前11:00。
10:40頃、ちょっと早く着いてしまったかなぁ・・・。
そう思いながら歩いていると、お店の前はすでに長蛇の列!
               0f043e24.jpg


1,2,3,4・・・えっ!
すでに約50人が並んでるじゃないですか^^;
こんなに人気があるんだとは・・・。

ま、開店前なので、お店のキャパを考えると大丈夫かなぁ・・・。
そんなことを考えながら、列に加わります。

私が並び始めたあとからも次々とお客さんが。
すごい人気ですね。

そう思っていると、お店の方が出てきて、何やら整理券のようなものを配り始めています。

なごみセット:756円
荒波丼:648円

それぞれ、確か限定30食。
     2587c5cd.jpg
 aff7928b.jpg


え・・・それが人気で、みなさんそれ狙いなの?
うわぁ、迷うなぁ^^;
限定にありつけるチャンスが目の前に・・・

でも、この日の私の目的は違います。
“インド家庭料理レカ”の店主曰く、「ばらちらしが絶対にオススメです。 凄いボリュームで、美味しくてお腹いっぱいになりますよ!」とのこと。

「なごみセットか荒波丼をご注文されますか?」
「いえ、別ので・・・。」


何とか、誘惑に耐えました^^;

そして、開店時間の11:00になり、次々とお客さんが店内に入って行きます。

流石に、1巡目の入店はムリだったので、しばしお店の前で待つことに

それでも、15分ほどで店内に案內していただきました。
                  07f04183.jpg

                
1階のカウンター席に座り、あらためてメニューを確認します。

単品メニューは写真入りで値段も書いてあって、わかりやすくて安心です。
            e37b4eb0.jpg


そして、限定30食以外にも、お得なセットメニューがたくさん用意されていますよ。
       db09f6ab.jpg
 430bc021.jpg


「ご注文はお決まりですか?」
「ばらちらしをお願いします。」
「+100円(だったかな?)で、ワカメのお味噌汁をあら汁に変更できますが、如何いたしましょうか?」
「あ、お願いします。」

せっかく寿司屋さんでのランチです。 やはりあら汁で攻めてみましょう。

そんな感じで、予定通り「ばらちらし」を注文。
しばし、出来上がるのを待ちましょう。

こちらのお店は、魚問屋さんが始めたお店だとのこと。
地元でも、新鮮でお得にお寿司がいただけるとのことで、大人気なのだとか。
こんな値段で美味しいお寿司がいただけたら、家族連れの世帯にも喜ばれるでしょうね。
あ・・・でも子供さんはお寿司が廻ってるほうが好きなのかな?

お客さんも、年配のご夫婦を始め、家族連れの方、若いカップル、私のような一人飯の人、様々な方がいらっしゃっていましたよ。

そんな感じで店内の様子を見ていると、ばらちらしが出来上がってきましたよ。
                  748f3d7b.jpg


う・・・うわ! 本当にスゴイ!
まさに、インド人もびっくり状態です^^;

盛りもスゴイですが、器も大きい!
                 海幸

マグロ、サーモン、鯛、玉子、オクラ、イカ、トビコ・・・
“これでもかっ!”ってくらいに、豪快に盛られています。
            3527a1d9.jpg


そして、頂点にそびえるはボタンエビ。
           21ca6e1a.jpg


これ1つでかなり豪華な雰囲気も演出してますよね。

何はともあれ、いただきましょう。
                  87308c7a.jpg


おぉ! これは美味い(^^)(^^)(^^)

ばらちらしというだけあって、ネタに関しては小さいものや不揃いなものなのですが、味わいは1級品。
それが、遠慮なしにのっかっているのです。

一般のお店の海鮮丼は、刺身とご飯おバランスを考えながら食べないと、刺身が足りなくなっていまいますが、こちらのお店のばらちらしは、そんな心配一切無用!
遠慮なしにかき込んじゃってください!
                d66eb926.jpg


新鮮な刺身と酢飯。
箸を持つ手が止まらなくなります。

あら汁も、いい感じの箸休め・・・・
なんてレベルではなく、しっかりと大きなあらが入ってますよ。
     d082c1f1.jpg
 79e53000.jpg


美味しい出汁がしみだしていて、「あら汁に変更してよかったなぁ・・・・」
しみじみそう思います。

それにしても、これは凄いボリューム!
食べても食べても、刺身もご飯も減りません。
これはちょっと、嬉しい悲鳴かな?
               2d6de96b.jpg


そうは言うものの、後半はかなり満腹になり完食。
本当に噂以上に凄かったですよ、ばらちらし。

こちら、海幸さん、ランチだけではなく、ディナーもお得でリーズナブルに楽しめそうです。
次回は、限定のなごみセットか、荒波丼、狙ってみようかな・・・
でも、夜に来て、おさけをのみながら、寿司をつまむ・・・それも捨てがたいです。




【海幸 (かいこう)】   
住所:東京都江東区北砂4-1-13    MAP     
電話:03-3646-0165   
営業時間:11:00~20:00   
煙  草:完全禁煙
定休日:水曜・月2回不定休
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加