美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:池袋

「ご飯の量と辛さは如何いたしましょうか?」メニューは1種類で辛さとボリュームが選べるカレー屋さんに行ったとき、席に座ればこう聞かれることが多いと思います。ところで…カレー店の店主が外国人の場合は、どう言えば上手く伝わるのだろうか?ご飯の量は、small・Medium ...
続きを読む
「ご飯の量と辛さは如何いたしましょうか?」

メニューは1種類で辛さとボリュームが選べるカレー屋さんに行ったとき、席に座ればこう聞かれることが多いと思います。

ところで…

カレー店の店主が外国人の場合は、どう言えば上手く伝わるのだろうか?

ご飯の量は、small・Medium・Largeで通用するでしょうが、辛さは?

辛口…“KARAKUCHI”
いや、これではビールになってしまう。
  (あさひぃ すぅぱぁぁどぅらぁい〜)

あ、HOTだ…いや待てよ、spicyっていう単語もあるぞ。
そういえば、以前ネパール料理のお店に行ったときは、「ベリベリホット(VERY VERY HOT)」って書いてあったような気がする…

HOTとspicyってどう違うの?

HOTは、舌を刺激する痛いような熱いような感覚。
トウガラシとのヒリヒリするやつがそう言われるのだとか。
だから、辛口とか激辛は「HOT」という方がより伝わる。

そしてspicyは、ブラックペッパーが効いたものや、スパイシーチキンなど、スパイスを効かせた料理に使うことが多いのだとか。
もしも激辛が食べたければ、spicyではなく、HOTと言ったほうが伝わりやすいようですよ。

さて、激辛ではないけれど程よくスパイシーで本格的なスリランカカレーがいただけるお店を紹介させていただきます。

   IMG_5845

お店があるのは、超高層ビルサンシャインがある池袋。
そして、お店が入るビルも「サンシャインタワー」……

     IMG_5844

とは言っても、超高層のあのビルではなく、こちらのビルの1Fにあります。
(たしかに「サンシャインタワー」ってプレートがありました。)

お店の名前は“フロリダ亭”
スリランカカレーをはじめ、スリランカ料理と居酒屋メニューをスリランカ風にアレンジしたもの、そしてアジア料理をいただくことが出来るお店です。

えっと……
      IMG_5820
スリランカだけではなく、バインミーもある。
(バイーーーーーーーーン!!  って…)

階段を少し上がってビルの中に入ると、すぐにお店の入口があります。

      IMG_5828

店内は、レストランと言うよりもゲストハウスのような感じ。
逆にこういうのが現地系のレストランって雰囲気があるとも言えるのかも?

ランチタイムのメニューは…
   IMG_5822
バナナリーフカレー1択。
バインミーも載っているけれど、ここはバナナリーフカレーに決まりでしょう!
何せ、800円で食べられるというのだから破格だと思います。

そして、こんなPOPも。
     IMG_5823
ナツナツナツナツココナッツ…
(懐かしい!)
じゃがバターって、お祭りの代名詞だったんだ…(知らなかった)
これを見ていると、食べたくなってくるから不思議。

そして本命のバナナリーフカレーはと言うと。

   IMG_0235

ラップに包まれた形で登場します。
ラップを取って、開けていくわけなのですが…

     IMG_5824
「バナナリーフカレーの食べ方」をわかりやすく説明してあるものがおいてあるので大丈夫。
説明の従ってラップを開けて、

      IMG_0238
パパダン(豆のせんべい)を横によけて、爪楊枝を外します。

    IMG_0245

ごはんのまわりに、チキンカレー、いんげんカレー、サンボーラ、カシューナッツカレー、パリップ、そしてフライドエッグ。
これらを単体で食べても美味しいけれど、混ぜながら食べると最高なのです。

あ…そのまえにパパダンを砕いてカレーの上にふりかけます。

     IMG_0247

これで準備OK!
最初は完全に混ざりきらないように、軽く混ぜます。

      IMG_0251

こんな感じでしょうか?
これで、いろんなカレーの組み合わせを楽しみましょう。

これは800円の奇跡! 想像以上に本格的です。  
   IMG_0254
パリップとカシューナッツ、そしてサンボーラを混ぜてみる。
これだけでも十分に美味しい!

800円だし、まぁまぁそこそこ…
そんなふうに思ってなかったといえば嘘になります。
だから食べたときの衝撃は余計に大きい。

「おかわりも無料です、言ってくださいね!」

そんな頼もしい事も仰ってくださいます。

        IMG_0259

チキンカレーのチキンは、骨付きチキン。
柔らかく煮込まれているので、スプーンで簡単に身がほぐれます。

後半は、すべてのカレーを混ぜ合わせて複雑な旨味を存分に味わいます。
お皿で食べるのとはぜんぜん違う美味しさ。
バナナリーフカレーって、何度食べても不思議です。

     IMG_0264

ゆで卵…フライドエッグもスプーンで細かくして食べてみてください。
ゆで卵とスリランカカレーの相性の良さを再確認できます。

      IMG_0269
食後は、スリランカの紅茶、セイロンティーもぜひ!
香り高く美味しいですよ〜。

わずか800円でいただくことが出来る、本格的なバナナリーフカレー。
一度食べればその魅力の虜になること間違いなしだと思います。
是非体験してくださいね〜!
   



【フロリダ亭】
住 所:東京都豊島区南池袋2-6-7 サンシャインタワー 1F    MAP
電 話:080-4433-3362
営業時間:11:00〜14:30  17:00〜23:00 
     ※土曜日は通し営業、祝日はディナータイムのみ営業。
煙 草:分煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のTwitterはコチラ
お店のInstagramrはコチラ
お店のFacebookはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンバーグセットとハンバーガーが同じ値段ならば、迷わずハンバーグセットを注文してしまう。多くの方がそうなのではないでしょうか?小学生のころ、マクドナルドが地元に誕生し、初めて食べたハンバーガー。今のように、バケットやマフィン、ベーグルのうような食事パンが ...
続きを読む
ハンバーグセットとハンバーガーが同じ値段ならば、
迷わずハンバーグセットを注文してしまう。

多くの方がそうなのではないでしょうか?

小学生のころ、マクドナルドが地元に誕生し、
初めて食べたハンバーガー。

今のように、バケットやマフィン、ベーグルのうような
食事パンが多く出回っていなくて、
ハンバーグをパンで挟んだハンバーガーと言えば朝食のトーストか、
おやつで食べる菓子パンのイメージだったと思います。

その頃はハンバーガーが、ハンバーグに比べて、
格下に見られていたのも仕方がないのかもしれません。


1,000円近く、またはそれ以上のハンバーガー・・・
いわゆるグルメバーガーって、上等の素材を使って、
豪華に具材をはさみ、ボリュームたっぷり!

それだけのものだと思っていました、
こちらのお店のハンバーガーに出会うまでは・・・。

この日にお邪魔させていただいたのは、
池袋駅の東口から歩いて7〜8分のところにある、“No.18”さん。

     IMG_7598

ちょっとおしゃれなカフェか、美容室のような外観に、
さり気なく「No.18」の文字がライトアップ。

         IMG_7606

ハンバーガーが描かれた看板がなければ、
知らない人はここが何のお店かわからないかもしれません。

でも、そんな隠れ家のような感じも好印象。
お誘いしていただいた方に、予約していただいていたので、
待たずに店内のカウンター席に案内していただきます。

     IMG_2523

メニューブックにもさり気なく「No.18」
ページを開くと、そこにも。。。

          IMG_7600

「No.18」。

更にページをめくると、ずらりとハンバーの名前が並びます。

     IMG_7603
そして、驚くことに、ラインナップされたハンバーガーの種類も、
18種類。

さり気なく、きっちりと拘っていらっしゃいます。
ハンバーガー初心者の私は、どれを選べばいいのかわからないので、
連れてきていただいた、大先輩におまかせすることに。

     IMG_7602

        IMG_7604

サイドメニューとデザートも揃っています。
ぜひとも、ハンバーガーと合わせてお願いしましょう。

      IMG_2527

先ずは、レタスと自家製ベーコンのグリーンサラダ。
たかがサラダ、されどサラダ。
そんな言葉がぴったりなのです。
サラダって、適当に作るのと、しっかり丁寧に作るのとでは、
こうも違うのかをしっかり感じることができますよ。

         IMG_2528

こちらのお店には、クラフトビールもいろいろ揃っています。
その中から、カリフォリニアのビール、
ラグニタス 12th of Neverをいただきます。
香り高く、フレッシュだけれど、味わいがあって美味しいです。

     IMG_2533

そして、ピクルスの三種盛りと、テバカラ。

          IMG_2536

どういうことでしょうね、ハンバーガーのお店に来たのに、
サイドデュッシュが、メインデュッシュのようにクォリティが高く美味しい。

目の前ではレタスを畳み、お客さんが注文したハンバーガーを作る店主。
その丁寧な調理は見ていて、ため息が出てしまうほど。


そして、カウンターの左奥では、フライパンを使ってパティを焼いたり、
チーズを温めている店員さん。
みんな真剣そのものなんです。

いつの間にこんなの仕上げてくるのっていうほどのクォリティ高いテバカラに、
一緒に行ったメンバーもすっかり感動。

          IMG_2540

こちらは、ジョーカーが描かれた、クラフトビール・・・
と思いきや、これはサイダーなのです。
シャンパン酵母を使用した、ドライなサイダー。
世界中で最もドライなサイダーとも言われているらしいです。
実際、何も言われずに一口飲んだ時は、クラフトビールと思い込んでしまったのですから^^;

      IMG_2543

そんなクラフトサイダーを味わいながら、こだわりウェッジカットポテトと、
オニオンリング
をいただきます。
もうこの時点になると、どんな物が出てきても、少々のことでは驚かないのですが、
普通にさり気なく添えてあるトマトケチャップの美味しさにかなり驚きました。
スゴイなぁ・・・こんなところにまでこだわりが(^^)

サイドディッシュが、サイドでないほどのこだわりで美味しい。
こうなってくると、主役のハンバーガーってどんな事になってしまっているのか?
ガツーンとインパクトがあって、食べるのにも大きな口を空けて一苦労?

そんなふうに思いながら待っていると、ハンバーガーが出来上がってきました。

         IMG_2555

おぉ、想像以上にボリュームたっぷり。
これは、「キャラメルベーコンチーズバーガー」。
先ほど奥の方で温めていた厚いチーズはこれだったのです。

        IMG_2558
バンズの間にきっちりと整列した、
パティ、キャラメルチーズ、ベーコン、トマト、レタス。
押さえつけてしまえば、食感が変わり美しさも消えてしまうので、
金串で崩れないように固定されているのでしょうね。

これをそのまま持って食べるのは、ちょっと・・・
いえ、ほぼ不可能なくらいに至難の業なので、
バーガーを食べるために用意された袋に入れていただきます。

           IMG_2566

袋に入れてみると、きっちりと手にフィットするから不思議。
そのあたりも計算されているのでしょうね。
見た目の美しさにハッとして、香りにうっとり。
そして、持った感じにワクワクさせられます。

     IMG_2568

刺されている串を抜き、両手でしっかりと持っていただきましょう。

まず驚くのがバンズの美味しさ。
ふわっとしたバンズは、香ばしく焼かれていて、
ある程度その美味しさは想像できるのですが、
実際に食べてみれば、そのクォリティはそれ以上。

「うわぁ、このバンズすごく美味しい!」

同行したメンバーの一人も思わずそんな声をあげたほど(^^)

そして次に感じるのが、パティの肉感。
ジューシィでありかつ、ステーキのような存在感。
このパティが満足感をどんどん上げていくのです。

          IMG_2559

これだけ存在感をしめした、厚いキャラメルチーズとベーコンは、
びっくりするほどその存在感を消してしまっている・・・・
いや、それは違う。
キチンと味わいや旨味を感じ、
それらがなければこの味わいは生まれてこないというのはわかるのだけれど、
飛び出して主張することがなく、素晴らしい一体感を生み出しているのです。

この時点になって、きちんと折りたたまれているレタスの存在が理解できる。

折りたたむことにより、厚みをもたせているので、レタスの存在がパティやチーズ、
ベーコンにも負けずにきっちりと味わうことが出来るのですね。

それにしても、こんなに素材が一体となった、
バランス抜群のハンバーガーに出会ったのは初めてです。
ちょっと、ハンバーガーの世界に足を踏み入れてしまいそうですよ(^^)

ハンバーガーに1,000円以上なんて・・・
そう思っている方にこそ、是非食べていただきたい。

ハンバーガーの世界に魅了される方の気持ちが理解できると思いますよ。

そしてこの体験は、忘れられなくなること必至だと思います。
        




【No.18】
住 所:東京都豊島区東池袋2-57-2 コスモ東池袋 105    MAP
電 話:03-6914-3718
営業時間:11:00〜20:30(売り切れ次第終了)  
煙 草:完全禁煙
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本三大洋食って何だかわかりますでしょうか?カレーライス、ハンバーグ、とんかつ、グラタン、オムライス、ナポリタン、ポークチャップ、カキフライ、コロッケ、海老フライ、メンチカツ・・・。こうやって並べてみると、全部美味しそうに見えてくるから仕方がない^^;幕末か ...
続きを読む
日本三大洋食って何だかわかりますでしょうか?

カレーライス、ハンバーグ、とんかつ、グラタン、オムライス、ナポリタン、
ポークチャップ、カキフライ、コロッケ、海老フライ、メンチカツ・・・。

こうやって並べてみると、全部美味しそうに見えてくるから仕方がない^^;

幕末から明治にかけて、日本に入ってきた洋食。
その頃は、庶民の手には届かない高級品だったのでしょうね。

そんな洋食も、現在ではいろんな形に変化して、
みんなが楽しめるものへと変わってきています。

カツカレー、ハンバーグナポリタン、メンチカツサンド、グラタンコロッケ・・・。

日本三大洋食っていうのは、
カレーライス、とんかつ、コロッケを指すのだとか。

コロッケって、洋食に分類されていたのですね。
クリームコロッケはわかるけれど、じゃがいものコロッケが洋食になるとは、
なんかイメージが掴みにくいなぁ・・・。

多分それって、このメニューの影響もあるかもしれませんね・・・。

           IMG_0370

そばの上に、天ぷらではなく、コロッケをのっけてしまった、コロッケそば。
このメニュー、好みは分かれるかもしれませんが、私はこれがやめられなくって^^;

この日は、池袋西口五差路の交差点にあるお店、“君塚”さんに行ってきました。

      IMG_0317

池袋駅の西口をマルイ方面に向かって歩いていくと、この交差点にたどり着きます。
そこで、ひときわ目立つのがこちらのお店。
時間帯によっては、マルイよりも目立っているかもしれませんよ^^;

いつ行っても、ほぼ空いている立ち食いそばのお店。
(何と、23時間営業なんですよね〜)

       IMG_0318

かけ、たぬき、月見、カレー南、きつね、山菜・・・
メニューが豊富でしかも安い。
そして、外から店内のメニューも見えるようになっているところが上手いなぁ^^;

        IMG_0319

お得なセットメニューもあり、
同価格で関西風の出汁(浪花味)にも出来るところが面白い。

店内に入り、食べたいそば(うどんでもいいけど)を、注文し、
先に代金を支払います。

30秒も待てば、目の前にお目当てのそばが提供されます。

        IMG_0370

お願いしたのは、コロッケそば。
もちろん、浪花味ではなく、関東のしっかりした色のつゆ。
この方がそばには合うのです。(と、強く思っているのです^^;)

      IMG_0369

そして、そばには青ネギではなく、絶対に長ネギ(白ネギ)の方が美味しい。
(と、強く思っています^^;)

ネギだけではなく、ワカメもたっぷりと入っているのが君塚流。
(多分、かけそばには入っていないでしょうけど・・・)

で早速、つゆからいただきます。

うん、これこれ(^^)
この力強いのがいいのです。
わかめが入っているので、香りもいい。

そばは、けっこう存在感があります。
しなやかなタイプではなく、ざらついた感じが心地良い。
この方がつゆとしっかり絡んで、美味しいですし、これはちょっとクセになります(^^)

         IMG_0371

そして、主役はこれ。
揚げたての熱々をサクッと食べるのも美味しいけれど、
つゆをしっかりと吸い込んだコロッケも美味しいのです。

       IMG_0372

これを食べると、鍋をするときに、コロッケを横において、
出汁に浸して食べてやろうかと、半ば本気で考えてしまいます^^;

君塚さんのコロッケそば・・・
というか、立ち食いそば全体のまとまりに、ちょっとハマってしまいました。
とはいえ、380円の中華そばも、かなり気になります。

        IMG_0320

今度は是非、中華そばも食べに行ってみたいと思います。
(実は、こちらの中華そば、かなり人気があるらしい・・・)






【君塚】
住 所:東京都豊島区池袋2−1−1 スギヤマビル 1F    MAP
電 話:03-3982-4419
営業時間:4:00〜翌3:00 ※金〜日、祝日は24時間営業。 
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

銀河鉄道に乗って、宇宙の旅をしっかり満喫。宇宙人って、タコみたいな形ではなかった・・・。星野哲郎に憧れた少年時代・・・そう、銀河鉄道999。 機械の体をタダでくれる星に向かう途中、いろんな事件が哲郎少年に襲いかかる・・・・が、このアニメの中で、度々登場す ...
続きを読む
銀河鉄道に乗って、宇宙の旅をしっかり満喫。
宇宙人って、タコみたいな形ではなかった・・・。


星野哲郎に憧れた少年時代・・・
そう、銀河鉄道999。 

機械の体をタダでくれる星に向かう途中、
いろんな事件が哲郎少年に襲いかかる・・・・

が、このアニメの中で、度々登場するのがラーメン。
宇宙合成ラーメンが標準の中、内緒で食べられる本物のラーメンも時々登場。
いろんな星の個性あるラーメンの存在、すごく気になってみていたのを覚えています。

さて、宇宙ラーメンではありませんが、
池袋に、お隣の星のカレーを食べさせるお店があるのだとか・・・。

          IMG_0147

その名も“火星カレー”。
はい、直球ど真ん中です^^;

このビルの地下にお店があるようです。

           IMG_0151

お店の看板に描かれた絵、
うる星やつらのラムちゃんに見えるのは私だけではないはず・・・。

        火星カレー=ラムちゃん。

たしか、ラムちゃんの料理って、辛さが半端なかったような気が^^;
ま、百聞は一見一食にしかず、食べてみなけりゃわからない〜・・・。

             IMG_0152
店内に入ると、食券の券売機があるので、食べたいカレーの食券をここで購入します。
・・・にしても、種類が多いですよね^^;

鶏・豚・馬・鹿・牛・
火星・草・豆・鴨・カンガルー

これだけを見てても、何だか宇宙チックに見えてくるから不思議なのです。
あ・・・
券売機の前で迷うより先に、入り口のところにあるメニューボードでおさらいしましょう。

          IMG_0148

これだけいろんな種類があれば、誰だって最初は迷っちゃいますよね^^;
基本の「火星カレー」は、680円。
かなりリーズナブルです。
でも、折角ならばここでしか食べられないようなカレーを・・・・

やはりカンガルー・・・
あ、売り切れか^^;
では、馬と鹿!

でもこれは、組み合わせがちょっとアレなので、この日に食べられるカレーの中から、
羊カレーに草カレーを組み合わせて食券を購入。

          IMG_0154

おすすめメニューにも、こんな組み合わせの提案が載ってましたよ。

店内は、カウンター席が6席と、2人がけのテーブルが2卓。

他のお客さんも、鹿とか、馬とか、カンガルー・・・
あ、売り切れか^^;
以外にも、鶏のカレーが良く出ているような感じ。

          IMG_0156

先ずは、カレーの大きさを決めてから、
辛さを決める・・・

大辛の上に、「土星」とか、「冥王星」って辛さにも出来るのか。
何だか、スパゲッティのパンチョの大盛りみたい^^;
折角なので、土星くらいは行っとくか!

          IMG_0179

というわけで、+100円の「土星」の食券を追加購入。
ちょっぴりワクワク、ドキドキします。
(冥王星は、ちょっと遠すぎる気がしたもので^^;)

初めて来たお店で、辛さをextra増しって、完全にどうかしてますよね^^;
でも、なんとなくイケるような気がしたのだから仕方がない・・・。
(何の根拠もないのですけどねぇ〜)

そんな期待半分、後悔半分の気持ちで待っていると、
お願いした“羊カレー+草カレー、辛さ土星”が出来上がってきました。

         IMG_0162

真ん中を横切る赤いワッカのようなものは、土星を意識したものなのか?
何だか、手を出してはいけない領域に踏み込んだような気もする^^;

          IMG_0165


それにしても、たしかに肉はたっぷりとのっかっていますね。
スライスではなく、ブロック状にゴロゴロと乗っかっているから嬉しくなります(^^)

それでは早速いただきましょう。
先ずは、基本のカレーを食べてみます。

         IMG_0170


       (^^)(^^)

あら、美味しい!
火星のカレーって言うから、もっと奇抜なスパイス使いをしているのかと思いましたが、
旨味と酸味、コクのある深い仕上がりになっていますよ(^^)
これは、相当手間ひまかけてるような感じですね。

そして、ビビってた土星の辛さ。
これは全く問題ないです(^^)
辛いものが好きな人は、是非!
火星にいながら、土星を眺めながらカレーを食べてる気持ちになれるかも?

            IMG_0166


ごはんのクォリティも、素晴らしい。
カレーにきっちり合うように、固めに炊かれているのが嬉しいです。

     IMG_0175


そして、特筆すべきは肉の柔らかさ。
変なクセはなく、旨味がギュッと閉じ込められたような感じなのです。
この肉が、これだけたっぷりと入っていたら、そりゃぁテンションあがりますよ(^^)

             IMG_0167


草・・・ほうれん草は、カレーに少しずつ混ぜながらいただきます。
ぐっと味わいが広がりますよ(^^)

味わいが変わるといえば・・・

      IMG_0159


カウンターに置かれているこれ。
福神漬でもらっきょうでもなく、紅生姜なのです。

         IMG_0155


吉野家の牛丼を食べるときみたいに、
ごはんに穴掘って、そこに埋めちゃダメですよ〜^^;

         IMG_0178


こんな感じで、紅生姜と一緒にカレーを食べると、
信じられないくらいに合いますよ!
(こちらのお店でその組み合わせを体験したときも感動しました!)

そんな感じで、しっかり肉を楽しみ、カレーを味わい完食。
想像以上に満足させていただきました。

火星カレーさん、
次回は是非、カンガルーとか、鹿とかも味わってみたいと思います。
それよりも、スタンダードに牛か豚か鶏・・・。
冥王星へのチャレンジは、まだもう少し先で^^;






【火星カレー】
住 所:東京都豊島区西池袋3−27−3 S&Kビル B1F    MAP
電 話:03-5927-8959
営業時間:11:45〜14:30  18:00〜21:45(L.O.21:15) 
煙 草:完全禁煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

サンシャイン60といえば、アジアで一番高いビルって時代がありましたよね。横浜ランドマークタワー、あべのハルカス、虎ノ門ヒルズなど、高いビルがたくさん出来て、当初よりも目立たなくなりましたが、それでもその展望台からの眺望は絶景。実は、サンシャイン60の展望台の ...
続きを読む
サンシャイン60といえば、アジアで一番高いビルって時代がありましたよね。

横浜ランドマークタワー、あべのハルカス、虎ノ門ヒルズなど、高いビルがたくさん出来て、
当初よりも目立たなくなりましたが、それでもその展望台からの眺望は絶景。

実は、サンシャイン60の展望台の高さって、
東京タワーの特別展望台の高さよりも高いところにある
ってご存知でしたでしょうか?

ちょっと新鮮な気持ちで上ってみるのも楽しいかもしれませんよ。

さて、そんな池袋にスパイスラーメンのお店があります。
ラーメンが主役のカレーラーメンではなく、
スパイスが主役のスパイスらぁめん。

お伺いさせていただいたのは、”スパイスらぁめん 釈迦”さん。

           IMG_7431

池袋、西口五差路のもう少し先にお店はあります。

    IMG_7434

こちらのラーメンは、北インドのスパイスラーメンと、辛口の天空の二本立て・・・
ん?
新製品が出ているみたいですね。

         IMG_7433

わ、これも気になる!
でも、辛口の天空の口になってるし・・・
さて、どうしようか?

そんな気持ちのまま、とりあえず店内に入ります。

         IMG_7426

       IMG_7425

店内真ん中にある券売機で、食べたいメニューの食券を購入。
結局、天空とターメリックごはんの食券を購入し、カウンター席に座ります。

早速調理に取り掛かってくださいますよ。
スパイスの香りが漂い始めます。
    IMG_7429


           IMG_7428

店内は、カウンター席が13席。
奥にもテーブル席か何かあるような雰囲気・・・
(確認はしてませんが)

そして、カウンターの上にはスプーンと箸が置いてありますよ。
(半麺っていうのも出来るんだ・・・〆のらーめんって使い方にも嬉しいですね!)

カウンターの中から漂う香りが強くなったと思っていると、
お願いしたスパイスらぁめん「天空」が出来上がってきました。

          IMG_9565

香り満タン、黒マー油たっぷり!
そそられますねぇ、このルックス(^^)

それでは早速いただきましょう、先ずはスープから・・・

       IMG_9573

    (^^)(^^)
キタキタァ!
鮮烈なスパイス感はほんまもん。
これは、「少しカレー粉を入れてみました・・・」なんてものとはレベルが違う。
すごく本気を感じますね(^^)

そして、麺もいただきましょう。

           IMG_9578

この麺、細めのストレート麺ではありますが、ものすごくスープが良く絡みます。
そうなるように、特別に麺を作ってもらったのでしょうね。
これはよく合いますよ(^^)

       IMG_9579

真ん中にトッピングしてあるスパイスも一緒にいただくと、
更にいい感じのスパイス感を楽しむことが出来ますよ。

嬉しいことに、チャーシューも柔らかくてトロトロ(^^)

     IMG_9584

食べた瞬間にごはんに手が行ってしまいます。

            IMG_9569

あ、でもここは、一口で我慢しておいて、後半のお楽しみに・・・。

そういえば、カウンターの上に気になるものが置いてあったなぁ・・・。

     IMG_9562

こういうのが置いてあると、スパイス好きとしては無視することが出来ないわけで^^;

          IMG_9585

シッカリと入れちゃいました(^^)

ただでさえスパイス感満タンなのに、さらなる世界を体験できる・・・かも。

そんな感じで、麺を完食したら次なるお楽しみタイム。

    IMG_9589

ターメリックライスを残ったスパイススープの中にダイブ!

これはもう、ほとんどスープカレーですね(^^)

          IMG_9592

スパイス満タンのスープを余すところなく堪能させていただきました(^^)

それにしても、これは病みつきになります。
今度は是非、新製品の「ハヌメーン」をいただきたいと思います。

あれ・・・
券売機に、「インド式 ミールスつけ麺」ってのもあったような気が・・・。








【スパイスらぁめん釈迦】
住 所:東京都豊島区池袋2−18−2 オーロラビル 1F    MAP
電 話:03-6709-2199
営業時間:11:00〜23:00 
煙 草:
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  





   
このエントリーをはてなブックマークに追加

温かいうちにお召し上がりください・・・。 お弁当などを買ってくると、こう表記されていることが多いと思います。 やはり出来たての熱々を食べたい・・・。 特に、麺類なんかはそうですよね。 出てきたものをすぐに食べはじめないと、どんどん状態は変化してゆく。 (ま、 ...
続きを読む
温かいうちにお召し上がりください・・・。

お弁当などを買ってくると、こう表記されていることが多いと思います。
やはり出来たての熱々を食べたい・・・。
特に、麺類なんかはそうですよね。

出てきたものをすぐに食べはじめないと、どんどん状態は変化してゆく。
(ま、早い話、麺がのびてしまうって言うことですが(^^;))

でも、冷たい麺にしておけば、そんなに焦らなくても大丈夫・・・。
(とはいえ、冷たい麺でも放置しておくと伸びてしまうので要注意ですが)

さて、冷たい麺と言えば、ざるそばや、冷やしうどん。
そして、夏場になると「冷やし中華はじめました」の文字を店頭に見ることが多くなります。

冷やし中華もいいけれど、あの酸味がちょっと苦手・・・
そんな方もいらっしゃるのでは。
そして、そんな方のためにあったのかどうかはわかりませんが、「ざるラーメン」なるものも、一部のお店ではあったような・・・。
(たしか、ラーメンの麺を和風のだしにつけて食べていたような・・・)


そして、時を経て、仕事で東京に行ったときにはじめて出会ったのがつけ麺。
ひとくち食べて、その美味しさに感動したのを覚えています。

その時、私がお邪魔したのは、つけ麺の元祖、東池袋大勝軒の流れを汲むお店。

残念ながら、山岸さんが店主をなさっていた頃、東池袋の大勝軒にはお邪魔したことがなかったのですが、
先日、現在の“東池袋大勝軒本店”にお邪魔させていただきました。

現在の本店は、旧店舗のすぐ近くに移転したとのこと。
地図を頼りに探していると・・・。
                            cb20dbc4.jpg


ありました(^^)
大きな看板に、“大勝軒”と書いてありますよ。

扉を開けて、店内に入るとすぐ左側に券売機があるので、ここで食券を購入します。

おしながきは、看板メニューのもりそば(つけ麺)と、中華そば。
そこに、トッピングを選ぶシステムになっています。

もりそば、ゆでもり(ゆで玉子)、もりチャーシュー、もりメンマ、もり野菜、もりチャーシュー野菜、中華そば・・・。

つけ麺が食べたくてやって来たのだから、注文はもりそばのメンマ多めの“もりメンマ”を。

食券を購入し、カウンター席に案内していただきました。

客席は、厨房を囲むような感じで、L字型になっていて、テーブル席もあります。
                   ae902ca4.jpg


大半の人の注文がもりそばかと思いきや、意外と中華そばを注文する人の数も、1/4ほど。
いずれにしても、人気のお店ですね。

しばらくすると、私が注文した、もりそばも出来上がってきましたよ。
                      8b766cfb.jpg


おぉ!結構ボリュームがありますね。
丼にたっぷりと麺がはいっています。
このような場合は、上げ底になっているケースも多いのですが、ここはそんなことはなく、
しっかりと堪能することが出来そうですよ。

そして、こちらは麺をつけるスープ。
                  017186f1.jpg


まるでこの下から、麺がでてきそうな感じのボリュームでしょ?
でもここには、スープとたっぷりの具材のみ。
それにしても、メンマの量がスゴイ(^^;)

先ずは、スープを少しいただきましょう。
                
おぉ・・・。
旨味がしっかり。

ここに麺をつけて食べるのですから、もちろん味はしっかりめ。
それでも、このまま味わい続けたい衝動に駆られます。

それでは、麺をたっぷりとつけていただきます。
                      b0964573.jpg


(^^)(^^)
うん、これは文句なしに美味い!
スープの味わいといい、麺のコシ、香りといい、どんどん食べすすんでしまいます。
これを一度味わってしまうと、この麺のボリュームが嬉しくなって、思わず笑みがこぼれます(^^)

たっぷりと盛られたメンマ。
                 32ed8056.jpg


これもまた、柔らかくって美味いんですよ(^^)
これをアテに、ビールを一杯・・・。
思わず注文してしまいそうになります。

そういえば、いろいろとサイドメニューもあったなぁ・・・。
                    cda5bea3.jpg


ギョウザにシュウマイ、メンマチャーシュー・・・。
これは誘惑か(^^;)

チャーシューもこんなにボリュームたっぷりのものがのっかっていますよ。
                   c2cfaac5.jpg


麺、スープ、具材。
それぞれをたっぷりと楽しませていただき、完食。
この日、私達が食べている間にも、ひっきりなしにお客さんがやって来ていました。
そして、その客層の幅広さにも、ちょっと驚き。

男性一人の方から、グループ、家族連れにカップル。
そして、年配の女性の方も一人で食べに来られていましたよ。

いろんな年代の方から支持され続ける、歴史あるお店、東池袋大勝軒。
こちらの本店に来ることが出来て、本当に良かったです。

全国にのれん分けされた、東池袋大勝軒。
たしか、大阪にもあったような・・・
そちらの方にも、またお邪魔させていただきたいと思います。





【東池袋大勝軒 本店】   
住所:東京都豊島区南池袋2-42-8    MAP     
電話:03-3981-9360   
営業時間:11:00~23:00(日祝は、22:00まで)   
煙  草:完全禁煙
定休日:なし
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

8万人の火星移住プロジェクト! こんなタイトルの記事を先日見ました。 え、SF映画か、ガンダムの世界の話じゃないかって? そう思いますよね、普通は。 ところがこの話、まんざら冗談でもお伽噺でもないとのこと。 以下、その記事から抜粋。               ...
続きを読む
8万人の火星移住プロジェクト!

こんなタイトルの記事を先日見ました。

え、SF映画か、ガンダムの世界の話じゃないかって?
そう思いますよね、普通は。

ところがこの話、まんざら冗談でもお伽噺でもないとのこと。
以下、その記事から抜粋。
               カレーは飲み物。

米民間宇宙ベンチャー、スペースXの創業者で最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏が、火星移住プロジェクトの構想を発表した。
米科学誌サイエンティフィック・アメリカンによると、マスク氏が描いているのは、液体酸素とメタンを燃料とする再利用可能なロケットを使い、
最終的に8万人を火星へ移住させる構想。透明のドームを建設して地球上と同じ穀物を栽培し、肥料や酸素、メタンの生産施設も設ける。
そして、1人当たりの料金は50万ドル(約4100万円)と見積もっている。
当初は資材とともに1回につき10人以内のグループを送り込み、定住が成功すれば人員の割合を大きくするという。


とのことなのですが、みなさん、火星に移住してみたいと思いますか?
そもそも、それってどのくらい先の話・・・。
そう思いますよね。
でもこれ、そんなに先の話ではないみたいです。
            カレーは飲み物。

今後15~20年で地球から火星に8万人を移住させ、火星で自給自足の生活を送り、子孫を残していくとの内容で、人類にとっての「生命保険」となるとしている。

あはは・・・
リニア新幹線開通とほぼ同時期か、下手すりゃそれよりも早いかも(^^;)
やっぱり、道中の機内食は、宇宙食なんかが出るんでしょうかね?

そんな、まるで宇宙食なのかと思わせるようなインパクトのある名前のお店を教えていただき行ってきました。

池袋駅、C1出口から徒歩2分。
今回お邪魔したお店はコチラ。
              カレーは飲み物。

“カレーは飲み物。”
一瞬、お店の看板ではなく、メッセージボードなのかと(^^;)
はい、カレー屋さんです。
先日お伺いしたお店は、お店で出すものと店名が違いましたが、こちらのおみせは何屋さんかがすぐにわかります。

この店名からなのか、美味しいからなのか・・・。
お店に到着したのが、12:30頃なのもあって、雨降る中、みなさん並んで待ってます。
どうしようかとも思いましたが、せっかく来たので、私も列に加わることに。
          91d38931.jpg


お店の中にも、待ってる人が、5~6人。
ま、気長に待ちましょ。
カレーなので、きっと回転が早いでしょ・・・。

しばらくして、何人かの人が食事を終え、私も店内で待つことに。
あ、食券ですね、ここ。
先に食券を買って・・・。
      カレーは飲み物。

ライス、大中小 同一料金。
大=500g
中=300g
小=200g。

どこかのスパゲッティ屋さんとよく似てますね。
“?”マークの近日発売が気になりつつも・・・。

メニューは2種類で、黒い肉カレーか、赤い鶏カレーで、どちらも790円。
         2f815c6e.jpg


どちらの美味しそう・・・
でも、店内を見てみると、“黒カレー”の方を注文してる人が多いなぁ。
赤いカレーが気になりつつも、黒い肉カレーの(中)を。

店内の椅子に座り、しばらく席が空くのを待ちます。
待ってる間、どんな風に注文するのかを見ていると・・・。

食券を渡し、トッピングを告げるのですね。
トッピングは、3つまで選ぶことが出来るようです。
      1a56fecc.jpg


① 味玉  これはとりあえず決まりですね。
② らっきょう  定番と言えば定番だけど・・・。
③ 福神漬け  これは、あまりにも平凡すぎるし・・・。
④ ポテトサラダ  カレーにポテトサラダ、ま、それもありかも(^^;)
⑤ スライスアーモンド  これは美味しいと思いますよ!
⑥ パクチー   好きな人にはたまらない! 私、パクチー好きです(^^)
⑦ ツナマヨ   おぉ!マヨ星人のお約束! でも、美味いから仕方がない。
⑧ コーンマヨ  この単純な組み合わせが人々を魅了するのです。
⑨ バジル   へぇ、カレーにバジルは面白そうですね。 新しい味が発見出来るかも?
⑩ フライドオニオン   これ、合うに決まってます! やっぱり外せないかも。

       
トッピング、いろいろ考えてる内に、席が空いたようです。
      4c6c35c3.jpg


では、カウンターに(^^)

「お願いしまーす。」474a75a7.jpg



「はい、トッピングはどうします?」
「1,6,10でお願いします。」

黒い肉カレー、味玉、パクチー、フライドオニオン。
これに決定です。
          5d9db29c.jpg


カウンターの中には、寸胴と鍋が三つ。
黒いカレーか赤いカレーによって分けているのですね。
要領よく仕上がっていくのが見えますよ。
           6b427c6e.jpg


さらにカウンターには、チリパウダー(一味かな?)、粉チーズ、タバスコのような辛み調味料が置いてあります。
味に変化をつけて楽しむことも出来るようですね。

しばらくして、黒い肉カレーがやってきましたよ。
「お待たせしました~」
            18ede40c.jpg


おぉ!けっこう豪華(^^)
ワンプレートに、カレー、トッピング、サラダが盛られていて、(中)でも食べ応えありそうですよ。
どこから食べようか迷ってしまいそうになるくらい、具だくさん。
先ずはシンプルに、いただきます。
          251933ed.jpg


あ、結構美味しいじゃないですか!
まったりとした、欧風カレーのルーに、素材の旨味が溶け込んだような感じ。
辛さはさほど強くなく、中辛と行ったところでしょうか。
誰もが美味しいと思える定番カレーに、一ひねり、いや、二ひねりくらい加えた感じ。
美味しく仕上がっています。

何といっても、こんなに大きな肉が、ゴロゴロ入っているのが魅力でしょうか。
           ae2a70ec.jpg


スプーンで切れるほど、柔らかく煮込まれていて、かなり美味いです。

そして、よく煮込まれた大根が又美味い(^^)
            39efdb7e.jpg


店名の“カレーは飲み物。”とばかりに、飲むことは出来ませんが、しっかり味わって美味しいカレーですね。

カレーそのまま、サラダと一緒に、パクチーと一緒に食べても、あら不思議、合いますね、これ。

そして、フライドオニオン、これはお願いして大正解。
         a8f3c6fa.jpg


サクッとした食感が、カレーと良く合います。
このまま食べ進んでも、決して食べ飽きることはないのですが、せっかくなので、カウンターの上のトッピングを・・・。

チーズをかけると、マイルドな味わいに。
               da00cee2.jpg


そして、チリペッパーをかけると、パンチのある味わいに変化します。
      ed40fedc.jpg


それにしても、楽しいカレー屋さんです。
いろいろ自分でアレンジして、最後まで美味しく楽しくいただくことが出来ました。

黒い肉カレー、(中)といっても、ボリューム満点。
最後まで美味しくいただくことが出来ました。

今度はバジルのトッピングを・・・
そう思いながらも、赤い鶏カレーもすごく気になります。
次回はきっと赤カレーを。
ひょっとすると、“カレーは飲み物。”を実感できるかもしれません(^^)



【カレーは飲み物。】   
住所:東京都豊島区池袋2-19-3 1F    MAP     
電話:03-6912-8823   
営業時間:11:00~カレーがなくなり次第終了(午後仕込み時間をおいて夕方再開の場合あり)
煙  草:完全禁煙
定休日:年中無休
      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加