美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:沖縄県

1ドル=360円。そんな時代があったなんて、今では信じられないかもしれません。夢の海外旅行、お金持ちの象徴である外車、舶来の◯◯。そんな言葉も、そんな時代背景の賜物かもしれません。今では、LCCに乗れば、日帰りで海外旅行だって出来てしまう。そんな私も、日帰りで台 ...
続きを読む
1ドル=360円。

そんな時代があったなんて、今では信じられないかもしれません。


夢の海外旅行、お金持ちの象徴である外車、舶来の◯◯。

そんな言葉も、そんな時代背景の賜物かもしれません。

今では、LCCに乗れば、日帰りで海外旅行だって出来てしまう。
そんな私も、日帰りで台湾弾丸ツアーを開催したことがあるのです。

近いけれど、手軽でなかった沖縄旅行。
戦後1945年から1972年、ご存じの方も多いかと思いますが、本土から沖縄に行くには、パスポートが必要な時代があったのです。

…ということは、沖縄では円ではなくドル?
1958年から1972年までは、沖縄ではドルが通貨となっていたとのこと。
では、終戦の1945年から1958年までは?

円でもドルでもなく、「B円」というアメリカ軍発行の軍票が通貨として使われていたのだとか。

良くも悪くも、アメリカと深い関わりがあった沖縄。
今でもその名残はいろんなところで見かけることが出来ます。

        IMG_2923

今日、紹介させていただく
“ジャッキーステーキハウス”もそんな名残を残したお店。
今でも安く美味しいステーキを食べることができるお店として、大人気です。

      IMG_2924

お店の入口には、只今満席 進入OK、やがて空席、空席あり」のサインが表示してあります。
やがて空席のサインだったので入店してみると、本当に僅かに空席。

       IMG_2935

夕食には早い時間帯にも関わらず、けっこう賑わっていました。
店内を見渡すと…

     IMG_2934

スキヤキ、ヤキソバ、ハムエグ、スパゲティー、タコライス…
何だか、アメリカチックな感じのメニューが。
でもここは、ステーキハウス。

        IMG_2926

ガッツリとアメリカンサイズのステーキを楽しんじゃいましょう!

     IMG_2927
サイコロステーキ  ※焼き加減は指定できません。

たしかに、焼き加減  ムズカシソウ……^^;

ニューヨークステーキ・テンダーロインはお好みで!

焼き加減は、やっぱりミディアム・レアかな?
折角なので、ガッツリと肉っときましょう!

        IMG_7283

夏の沖縄にはこれ。
ジョッキまでキンキンに冷えたオリオンが美味い!


熱々の鉄板にワイルドなステーキがたまらない!

         IMG_7298

熱々のステーキを、まずは何もつけずにシンプルにいただきます。
肉の旨味を味わうにはこれが一番!
思ったよりもずっと柔らかいのは、嬉しい誤算。
こりゃぁ、人が集まるのも納得だわ。

   IMG_7285

ステーキには、スープとサラダがもれなく付いてきます。
肉を食べたら、野菜も食べにゃぁ、だちかんぞぉ〜!(って、古っ。)

     IMG_7290
コーンスープではない、ポタージュともちょっと違う…
でも、一口食べるとやめられない不思議なスープ。

       IMG_2928

塩コショウ、マスタード、塩、醤油、そしてオリジナルの「No.1ステーキソース」。
もちろんここは、No.1ステーキソースをかけてみます。

     IMG_7311
鉄板が熱いうちにソースをかけると、豪快に「ジューッ」という音とともに、香りと湯気が上がる。
これ、たまらないですよ〜!

      IMG_7307

No.1ステーキソースは、モルトビネガーをふんだんに使った、さっぱりした味わい。
例えるならば…あ、チキンナゲットのBBQソースと似てます。


せっかくだから、タコスも食べたい!

ステーキだけではなく、もう少し何か……
そんな時にオススメなのがタコス。

         IMG_7293

通常は、1人前で5ピース入りだそうですが、言えば個数の増減に応じていただけます。
ちょっとピリ辛…いえ、けっこう辛いソースを掛ければ、ビールとの相性もぐっとアップしますよ!

       IMG_7316

時代が流れ、ステーキ店も高級志向に生まれ変わる中、
ずっと安くて美味しいステーキを食べてほしい…

        IMG_2936

そんな店主の願いが込められた、古き良きステーキハウス。
沖縄を訪れたとき、是非体験してみては如何でしょうか?
ここにしかないものを感じることが出来ますよ!






【ジャッキーステーキハウス】
住 所:那覇市西1−7−3    MAP
電 話:098-868-2408
営業時間:11:00〜翌1:30 
煙 草:禁煙
定休日:第2・4水曜日
駐車場:あり

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

♪ピアノ売ってちょうだ〜い みんなまあるくタケモトピアノ  電話してちょうだ〜い みんなまあるくタケモトピアノ そのと〜り♪何故か赤ちゃんが泣き止むCMとして有名な「タケモトピアノ」のCM。タケモトピアノのHPでは、CDも発売されていて、そのCDでは、30分間タケモ ...
続きを読む
♪ピアノ売ってちょうだ〜い みんなまあるくタケモトピアノ
  電話してちょうだ〜い みんなまあるくタケモトピアノ そのと〜り♪


何故か赤ちゃんが泣き止むCMとして有名な「タケモトピアノ」のCM。

タケモトピアノのHPでは、CDも発売されていて、
そのCDでは、30分間タケモトピアノの曲が繰り返し流れているのだとか…
子育てに悩む方、一枚如何でしょうか?
          
そういえば先日、「タケモトピアノ」のCMが連発で流れたことがありましたよね。
あれって、タケモトピアノの社長が、どんな時間帯でもCMの枠埋めにオファーを受けてくれるかららしい。

あの頃、コロナの影響でCMが減っていてその穴埋めだったのでしょうか?
ある意味、レアな時間だったのかもしれませんよね。

ちなみに、このCMは2000年から放送されたもので、2020年の現在も同じ、長寿CM。
今日は長寿の県、沖縄那覇のお店を紹介させていただきまます。

今、人気上昇中のスパイスカレーのお店!


           IMG_2905

那覇空港からは、沖縄のモノレール「ゆいレール」で約20分の「美栄橋駅」が最寄り駅で、
駅からは歩いて7〜8分でお店に到着。

     IMG_2901

お店に到着したのは、11:50。
残念ながら「B」のカレーはすでに売り切れのようですね……
やはり、2種類のカレーが同時にいただける「二盛カレー」が人気なのでしょうね。


         IMG_2904

店内に入ってすぐのところに、スパイスのディスプレイがあり、見ているとカレーを食べたい気持ちがどんどん盛り上がる、これは楽しい!

ディスプレイのとなり、L字型のカウンター席の端に座り、「鶏だし仕立て 旨みチキンカレー」に、
彩り野菜のピクルス、うこみん、キャロッペという副菜のトッピングをすべて加えていただき、注文します。

メニューと注文の方法は……

      IMG_2902
カレーは、表のメニューボードにあったように2種類。
そして、トッピングを選びます。

      IMG_2903

カレーは、Aの「鶏だし仕立て旨みチキンカレー」、
辛さは「5辛」、
ご飯の量は「普通で200g」。
初めてのお店で、辛さ「5辛」で大丈夫か?
少しそんな事が頭をよぎりましたが、何とかなるでしょう!

出来上がってきたカレーを見て思わず笑顔に!

         IMG_7266

想像以上にたっぷりのカレーに、大きめの鶏がゴロゴロ。
3種類すべてお願いした副菜が彩り鮮やかにお皿の上を賑やかにしてくれます。

   IMG_7274

スパイスの爽やかな香りとともに感じる素晴らしい旨みが印象的。
「5辛」の辛さ旨みのおかげで、そんな辛く感じず、6辛くらいでも大丈夫かもしれない。

副菜も個性的で楽しい。

細切りキャベツを、ウコン、クミンなどのスパイスで和えたシャキシャキ食感の「うこみん」
人参の甘みを引き出した、「キャロッペ」
そして、「彩り野菜のピクルス」

      IMG_7270

紫玉ねぎ、ゴーヤ、人参のミックスで、沖縄らしさも存分に感じることが出来る。
副菜を一緒に食べることによって、さらに複雑な旨味に出会うことが出来、これは本当にやめられない。

      IMG_7278

後半は、すべての副菜をカレーと混ぜて一緒に食べるのがオススメ!
普段味わったことがない美味しさのカレーを体験できます。

閉店時間を待たずして、すべてのカレーが売り切れて早めに閉店となることも珍しくないよう。
行かれる際は早目の時間に訪問されることをおすすめします。




【ヤマナカリー別邸】
住 所:那覇市泊2−5−1    MAP
電 話:090-8624-0627
営業時間:11:00〜15:00(L.O.14:30) 
煙 草:禁煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

観光地などに行けば、いろんなものが特別価格。けっして納得はしていないのだけれど、仕方がないと諦める。街なかでは110円の缶ジュースが150円。富士山の上に行くと、200円になり、標高が上がるに従って値段も上がり、頂上に行けば、普段慣れ親しんだ味わいの袋に入った醤油 ...
続きを読む
観光地などに行けば、いろんなものが特別価格。

けっして納得はしていないのだけれど、仕方がないと諦める。
街なかでは110円の缶ジュースが150円。
富士山の上に行くと、200円になり、標高が上がるに従って値段も上がり、
頂上に行けば、普段慣れ親しんだ味わいの袋に入った醤油ラーメンや味噌ラーメンが1,000円を超えている。
(でも、その美味しさも値段と一緒に跳ね上がっているから不思議^^;)

そして、空港の中のレストランもその例外ではない。
関西空港にあるマクドナルドって、まちなかのマクドナルドとは少し違うのだとか。

空港の中でも、沖縄那覇空港はちょっと違う……

       IMG_2952
那覇空港の国内線ターミナルビルの1F。
出発口ではなく、到着ロビーがあるフロアの端っこに注目してほしい。

     IMG_2954
琉球銀行や近畿日本ツーリストのデスクがあるところのまだ奥。

    IMG_2955
JAL、JTAのツアーカウントを超えてさらに奥に行くと…

シンプルな暖簾がかかる食堂を発見!

      IMG_2958

ここは、“空港食堂”
空港で働く人や、航空会社のパイロット、CAさんの姿も見ることができる食堂なのです。

空港にある食堂といえば、観光地価格なのが通常。
500円で食べられるうどんのようなメニューはなく、ちょっと豪華に着飾った1,000円超えのメニューが多く並ぶように思わますが、ここはそうではないのです。

          IMG_2957
カレーライス550円、カツ丼610円、沖縄そば550円。

      IMG_2962
そして、本日の「日替わりランチ」はエビフライ定食で660円!

空港でこのお値段って、ここって社食?…一般人も入っていいの?

大丈夫です。
他のレストランの手前もあるからか、案内板に表示はありませんが、
ここは誰でも食事を楽しむことが出来ます。

       IMG_2960

お店に入ったところで、食券を購入して、お店の方に渡しましょう。

     IMG_2959

店内は、至ってシンプル。
本当に社員食堂のような雰囲気かもしれませんね。
空港で働く警備員の方、航空会社の社員さんに混じって、一般の方も数多く利用されています。

      IMG_7321

そんな中、選んだのは「沖縄ちゃんぽん」

長崎のちゃんぽんは、白濁したスープに具だくさん。
近江のちゃんぽんは、透明なスープにこれまた、野菜がたっぷり。
では、沖縄のちゃんぽんは麺が沖縄そばなのだろうか?

      IMG_7324

他の地方のちゃんぽんと同じく、たっぷりの野菜が乗っかっています。
でも、何で味噌汁が付いているのだろうか?

沖縄のちゃんぽんは、麺類ではなく……

       IMG_7329

あ! 焼きそばのようなタイプのものなのか?
いや、違う。
これはまさかの……

       IMG_7332

沖縄ちゃんぽんとは、麺類ではなくご飯もの。
白いご飯の上に、たっぷりの野菜炒めのようなものが乗っかっているのです。

シャキシャキのもやしとキャベツ。
そして、玉子にネギと人参、たまねぎ。
これはご飯が進みますよ!

        IMG_7336

テーブルの上には、醤油やコーレグース、七味唐辛子などが置いてあるので、味変を楽しむことも出来ます。

    IMG_7337

パラッと七味をふりかけてアクセントを出すのも美味しい。
あ…でも、沖縄ちゃんぽんに、コーレーグースは止めておいたほうがいいです。
(あれは、沖縄そばに入れるものであって、これには少々ムリがありました^^;)

オリオンビールを飲んでも、1,000円でお釣りが来ます。
時間があまりない時、那覇空港の「空港食堂」でサクッと如何でしょうか?

あ…あくまでも働くヒトの食堂だから、
宴会状態になって長居はしないように気をつけましょうね!





【空港食堂】
住 所:那覇市鏡水150 那覇空港国内線ターミナルビル 1F    MAP
電 話:098-840-1104
営業時間:9:00〜20:00(L.O.19:30) 17:00〜23:00(L.O.22:30) 
煙 草:禁煙
定休日:無休
駐車場:あり(那覇空港の駐車場)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

「LIFE夢のカタチ」。関西ローカルの番組ではありますが、見ていて凄く楽しいですよね。大人気になる兆しがあるお店などを取り上げて紹介する番組で、番組が放送されたあとは、取り上げられたお店は、連日行列ができるお店になるとしても有名です。夢のカタチ。かたちがカタ ...
続きを読む
「LIFE夢のカタチ」。

関西ローカルの番組ではありますが、見ていて凄く楽しいですよね。
大人気になる兆しがあるお店などを取り上げて紹介する番組で、
番組が放送されたあとは、取り上げられたお店は、連日行列ができるお店になるとしても有名です。

夢のカタチ。
かたちがカタカナで表現されているのがインパクトありますよね。

カタカナのマジックっていうのでしょうか?

キセキ、コツ、ヒミツ、スキ……

カタカナで表現されていると、何だか不思議と気になってしまうことってありますよね。

カタカナではありませんが、名前だけで気になるお店、
まるで宝物がたくさん眠っているような名前の食堂に連れて行ってもらいました。

            IMG_4197

お邪魔させていただいたのは、“高良食堂(たからしょくどう)さん。
安くてボリュームがあるお店として、地元の方にも大人気のお店だそうです。


お店に入ると、先ず目に入ってくるのが食券の券売機と、その周りに張り巡らされているメニュー。

    IMG_4200

         IMG_4201

サバのみそ煮、マーボー焼そば、豚キムチ、やきとり丼、牛肉ピーマン炒め…

沖縄料理のチャンプルやポーク玉子もありますが、それよりも日常食べられているようなメニューの方が目立ちます。

メニューの数が多すぎて、券売機のボタンにすべて表記するのは無理なので、
食べたいメニューの金額分の食券を購入して、お店の方に渡す時に料理名を伝えるシステムのようです。

お願いしたのは「ミニ丼そばセット(650円)」。
食券を店員さんに渡し、席に座ります。

       IMG_4202

店内は、カウンター席、テーブル席、そして小上がりの席もあって、全部で38席。
お昼ごはんにしては、かなり遅くなってしまいましたが、それでも続々とお客さんが入ってきます。
本当に地元の方に人気のお店って感じです。

朝10:30から開いていて、通し営業でやっているので、朝ごはんを食べ残った時やランチ難民になってしまったときにも助けてくれる嬉しい存在のお店ですね。

しばらくすると、お願いした「ミニ丼そばセット」が出来上がってきました。

    IMG_4204

はい。
これらが全部付いて、一人前です。
普通は、ミニ丼ひとつとそば、そういうパターンが多いと思いますが、ここ高良食堂さんで全て。
マグロ丼もうな丼も天丼も、そしてそばも全部食べることができるのです。

      IMG_4207

こちらはミニそばではなく、ちゃんと一人前。
しっかり肉も入っているのが嬉しい(^^)

   IMG_4213

沖縄そばの味わいって、何度食べても絶妙だと思います。
優しい中にも旨味がちゃんとあって、いくらでも食べられそうな感じですね。

     IMG_4215

ちょっとだけ、コーレーグースを入れると、味が引き締まってまた違った美味しさも楽しめます。
でも、油断していると「ドバッ」と入ってしまうので、気をつけてくださいね〜^^;

では、ミニ丼の方もいただきましょう。
    IMG_4208

トップバッターは「マグロ丼」。

   IMG_1112

テーブルの上にある醤油をかけていただきます。
間違って、コーレーグースを掛けないようにしてくださいね^^;
(でもひょっとしたら、新しい味を発見できるかも……)

あまり知られていないかもしれませんが、沖縄のマグロって凄く美味しいのですよ。
マグロはもともと南の海の魚。
沖縄では近海でマグロが捕れて、一度も冷凍することなく市場に出回ることが多いのだとか。
だから、美味しいマグロが安く味わうことが出来るらしいのです。

そして、「天丼」。

         IMG_4209

小さくても天丼、ちょっと特別な存在に見えてくるから不思議です。
そしてミニ丼だから、小ぶりの丼。
だから、海老天が凄く大きく見えてテンションが上ります(^^)

最後は今や貴重品の「うな丼」。

   IMG_4217

1尾まるごとでも、丼一面に乗っかっていても、たとえ一切れでも、
うな丼であることには間違いない^^;
でも、よーく考えてみてください。
たったの650円でうな丼の他に、天丼、マグロ丼、沖縄そばまで付いてくるのですよ!
これをキセキと呼ばずして……

あれ、ここでカタカナが出て来るか!

高良食堂さん、安くて、美味くて、確実に満腹になることができます。
那覇を訪れたときには、ぜひ立ち寄ってみてください。

今度は、一番高い(と言っても、700円ですが^^;)、ビーフステーキカレーを注文してみよ……







【高良食堂(たからしょくどう)】
住 所:那覇市若狭1−7−10    MAP
電 話:098-868-6532
営業時間:10:30〜20:45  ※水曜日は15:00まで。 
煙 草:禁煙
定休日:不定休
駐車場:あり(お店の前に4台分、第2駐車場に5台分)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本が世界に誇る食文化、インスタントラーメン。最初に発明したのは、日清食品の安藤百福なのか、松田産業(後のおやつカンパニー)なのか、村田製麺所(後の都一)なのかはわかりませんが、どうも日本で開発されたらしいのは確かみたいです。その後、カップヌードルが発売 ...
続きを読む
日本が世界に誇る食文化、インスタントラーメン。
最初に発明したのは、日清食品の安藤百福なのか、松田産業(後のおやつカンパニー)なのか、村田製麺所(後の都一)なのかはわかりませんが、どうも日本で開発されたらしいのは確かみたいです。

その後、カップヌードルが発売され、これもまた世界的な大ヒットとなる。

カップヌードルは、なぜ丼の形ではなく、縦型のカップなのか?

カップヌードルが登場する前、チキンラーメンをアメリカのスーパーのバイヤーに試食してもらう時に、紙コップとフォークを使っのがきっかけなのだとか。

そういえば、昔のカップヌードルの自販機には、プラスチックのフォークが常備されていましたものね。

今では、どんぶり型のカップ麺が主流となった日本ですが、縦型のカップ麺はその時の名残なのでしょうかね。

さて、カップ麺にいろんな形があるように、カレーにもいろんなスタイルがあります。

楕円形のお皿にごはんとカレーを半分ずつ盛った日本スタイル。
ごはんをお皿に、ルーをカレーポットに入れた、欧風スタイル。
真ん中にごはん、その周りにカレーを盛ったスパイスカレーースタイル……。

そして、先日いただいたカレーは、目覚めるように鮮やかな彩りが特徴のものでした。

       IMG_1077

これは、南インドのカレーで、ミールスといいます。
それも、沖縄の素材をふんだんに使ったミールス。
どうしても、これが食べたくて朝からお邪魔させていただきました。

那覇からは、国道58号線を北へ車を走らせます。
北谷を過ぎ、右手に嘉手納基地を通り過ぎたら、バイパスを外れ旧道の方に車を走らせます。
バイパスと平行に北へ向かい、大木公民館を過ぎたら突き当たりを左(海側)へ。

   IMG_1083
100mも走ると、こんな感じでお店の幟が見えたところを入っていくと、お店がある敷地に到着します。

      IMG_1082

こんな案内看板が出ているので、それが目印。
車を所定の場所に駐車して、外に出ると沖縄らしい空気に包まれます。

お邪魔させていただいたのは、“スパイスカレー コフタ”さん。

      IMG_1080

外人住宅を改造した店舗は、外から眺めてもいい雰囲気なのです。
右側に回り込み、入り口からお店の中に入っていきます。

   IMG_1079

ぼーっとしていると、自分が日本じゃないところに来たような錯覚を覚えますよ^^;

「おはようございます。」
「おはようございます、どうぞお好きな席に。 奥にも席がありますので、どちらでも大丈夫ですよ。」

店主が爽やかな笑顔で応じてくださいます。

        IMG_4165

店内は、入り口を入ったところの部屋に4人がけのテーブルが2セット。
あと、奥の部屋にもテーブル席があるようです。

    IMG_1078

壁に掛けられてある黒板には、カレーメニューが書かれてあります。

やんばる若鶏のホワイトチキンカレー
トマトフィッシュカレー
ひよこ豆のカレー


この日のカレーはこの3種類。
これに、いろんな副菜を組み合わせたミールスが名物のようですね。

      IMG_1074

テーブルの上にも、メニューの冊子があるので、手に取ってみましょう。

   IMG_1075
島素材を使った沖縄式 南インドカレー屋

いい響きです(^^)

       IMG_4172
Curry Plate Menu 8:00am〜4:00pm(L.O./3:30pm)
朝の時間帯からカレーを食べることが出来るみたいです。

     IMG_4173

「人気」と書かれた『スペシャルプレート』がスゴイ!
これ、この時間帯(朝)でもやってくれるのかなぁ……

「すみません、このスペシャルプレートは、朝でも作っていただけるのでしょうか?」
「はい、大丈夫ですよ!」


やった!
こんなの見せられたら、食べたくなりますよね、折角だし(^^)
スペシャルプレートをお願いして、他のメニューなども眺めながら待つことにしましょう。

      IMG_4174
持ち帰り弁当、イベントの対応、オードブルなどもやっているのですね。
もし、近くに住んでいれば、車で来られる距離ならば通うだろうな…

      IMG_4175

ほぉ……
スパイスの量り売りもやっている。
ここ、もしかしてものすごく楽しいお店なのではないのだろうか?
そんなことを考えてしまいます。

自然の光が程よく入ってくる店内、今の季節ならば風もすごく心地良いです。
海までは少し距離があるようですが、まるで海辺にいるような感じがするのは私だけでしょうか?

そんな事を考えながら、ゆったりと待っていると、お願いしたスペシャルプレートが出来上がってきました。

         IMG_4183

大きめのターリー皿の真ん中にごはん。
その周りを12種類のカレーや副菜が囲みます。
ん、12種類?  時計だ!
だから、余計にすんなりと受け入れることが出来、美しく見えるのかもしれない。

カレーは、ホワイトチキン、トマトフィッシュ、そして豆カレー。

   IMG_4170
ミールスの食べ方は、メニューのこの欄に詳しく書いてあります。
何度もミールスは食べたことがあるので知っているのですが、それでもここに書かれてあるものは読ませていただきます。
何故ならば、微妙に他のお店とは違うことが書かれてることがあり、新しい発見を見つけることが出来るからです。


先ずは、ご飯の上にパパダンを砕いて散りばめて準備OK!
それぞれのカレー、副菜の味わいを楽しみましょう。

スパイスが効いているもの、素材の甘味が心地よいもの、酸味が強いもの、辛いもの……
12種類の個性を味わい、その後はそれぞれを組み合わせていろんな味わいに変化するのを楽しみます。

         IMG_4187

ご飯の上に何種類かのカレーと副菜を乗っけて混ぜ合わせていただきます。
こうすることによって、想像を遥かに超えた美味しさを見つけることが出来るのです。

最初は2種類、3種類。
そして、4種類、5種類とだんだん増やしていくとその都度変わる美味しさがすごく楽しいのです。

    IMG_4193
テーブルの上に置かれているのは、「レモンピクルス」。
これを、少し混ぜてみることにします。

        IMG_4192

食べてみると、その香りの良さと、スパイシーな味わいに驚きます。

こ、これは美味しい!
そして、なんて香りの素晴らしいことか。

結構いろんなカレーを食べ歩いていますが、このレモンピクルスは相当面白いです。
スパイスの量り売りのコーナーで販売していたので、思わず購入したくらいですよ!

そんな感じで、いろんな副菜とカレーを混ぜ合わせて、最終的にはすべてを混ぜていただきます。
そうすると、ビックリするほど深い味わいを楽しむことが出来ますよ。

島の素材を惜しみなく使ったミールス。
南の島でいただく、南インドの文化、ミールス。
見た目の素晴らしさだけではなく、工夫された味わいも素晴らしかったです。

ここ、オススメします!
私も今度沖縄に来たときも必ず立ち寄らせていただきたいと思います。





【スパイスカレー コフタ】
住 所:沖縄県中頭郡読谷村字大木375    MAP
電 話:098-989-7466
営業時間:8:00〜16:00  
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日
駐車場:あり(敷地内に5台、近隣に5台)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

忙しい朝にも、サッと食べることが出来て、美味しいメニュー、「おにぎり」。 昔は、おにぎりというと、遠足や運動会などの時の特別なメニューで、これがあると、やたらテンションが上がったのを思い出します。 さて、そんなおにぎりですが、みなさんはどんな具材がお好きで ...
続きを読む
忙しい朝にも、サッと食べることが出来て、美味しいメニュー、「おにぎり」。
昔は、おにぎりというと、遠足や運動会などの時の特別なメニューで、これがあると、やたらテンションが上がったのを思い出します。

さて、そんなおにぎりですが、みなさんはどんな具材がお好きでしょうか?

シャケ、たらこ、梅干し、昆布、かつおぶし。
そんな昔からの定番のものから、最近人気のものである、
ツナマヨネーズ、エビマヨネーズ、高菜、からあげ、焼肉。

そして、ちょっと贅沢に天むす、いくら、肉巻きおにぎりなど、いろんなおにぎりがあって、
おにぎりの専門店に行ってみると、今まで無かったおにぎりがたくさんあって、すごく楽しい気持ちになります。

そんな中で見つけて、すごく気に入ったおにぎりの中に、「スパムおにぎり」があります。

そう、沖縄料理店なんかでメニューにあるそれです。

おにぎりと言うよりも、ごはんで具材をはさんだ、サンドイッチのような形のおにぎり。
(そう言えば最近は、「おにぎらず」っていうのも流行っていますね。)

スパム、たまご、豚みそを、海苔とごはんで挟んで食べる。
いたってシンプルなのですが、これがめっぽう美味い(^^)
                 4fc0594e.jpg


そんな沖縄のおにぎりですが、那覇には専門店があると聞き、沖縄に行った時に立ち寄らせていただきました。

お伺いさせていただいたのは、那覇の牧志公設市場近くにあるお店、
“ポークたまごおにぎり本店”さん。
                          752a6469.jpg


テイクアウト専門店かと思いきや、中にも少しだけ食べるスペースがあるようです。

お店に入り、メニューを確認します。
                   ポーク玉子おにぎり本店

オニオンリングとウインナー フレンチドレッシングなんていう、アメリカンなものから、
トンカツキャベツポーク玉子おにぎりという、トンカツ定食のようなもの。
ささみ梅チーズDXという、石垣島の「おにささ」のようなものから、
ポークと玉子のシンプルな、プレーン、あぶらみそ(豚みそ)人参シリシリなど、いろんな種類のポーク玉子おにぎりを楽しむことが出来るようです。

そして、出かけるときやパーティなどにはこんなお得で楽しそうなセットメニューも。
                         ポーク玉子おにぎり本店

これだけいろいろあると、流石に迷ってしましますが、スタンダードなものと、沖縄らしい感じのものを・・・
ということで、「人参シリシリ」(ケンミンSHOWで見てから、ずっと気になっていました(^^;))と、島豆腐の厚揚げと自家製油味噌ポーク玉子おにぎりを、アーサー汁つきでお願いしました。

カウンターの中の厨房では、清潔な割烹着を着た女性スタッフの方が、きびきびと動きながらも爽やかな笑顔でポーク玉子おにぎりを作っているのが見えます。
                           ポーク玉子おにぎり本店

小さなお店で、お客さんは私達の他には一組いただけなのですが、みなさん電話で予約して注文しているようで、ひっきりなしにおにぎりが作られています。
(私が入店したときも、「お電話下さった方ですか?」って聞かれました。)

「心躍る さまざまな具材」
沖縄タイムスの地域特集の記事が壁に貼ってあります。
                    ポーク玉子おにぎり本店

記事を読んでみると、店主は何と大阪出身。
沖縄に移住して15年で、カフェをオープンし、その後このお店を立ち上げたのだとか。
2015年の8月現在で、オープンして半年くらいと言うことは、今で一年ほど。
このアイデア、沖縄でも斬新なようですね。

そして、ポークが入らない、「オニオンリングとウインナー フレンチドレッシング」が自信作なのだとか・・・。
今度はそれを食べてみよう(^^)

そんな感じで、新聞の切り抜きを読んだりしていると、私が注文したポーク玉子おにぎりが出来上がってきました。
まずは、人参シリシリ。
                      01a7e17b.jpg


ポークにたまご、そして人参シリシリが挟んであります。
(人参シリシリの道具、買って帰ってきてしまいました(^^;))

それでは早速、いただきます。
                           4fc0594e.jpg


美味しい(^^)
ポークの塩分を玉子と人参シリシリがバランス良く受け止めて、それを炊きたてのごはんと海苔が包み込む。
シンプルなものですが、これがすごくいい!

そして、一緒にお願いしたアーサー汁もいただきましょう。
                       6dbcc7a3.jpg


アーサーとは、沖縄の岩場に生える緑色海藻のこと。
(内地では、「あおさ」っていいますね。)
このアーサーに、島豆腐を加えて、味噌汁にしたものを「アーサー汁」というのだとか。

このアーサー汁もまた美味い。
しかも、これを朝からいただくと、一日の活力が漲ってくるような感じになります。

そして、こちらは「島豆腐の厚揚げと自家製油味噌ポーク玉子おにぎり」。
ではこちらもいただきます。
                       6b68213c.jpg

                       
あっ、これすごく美味しい(^^)(^^)(^^)
ポークと玉子だけでも美味しいおにぎりが、島豆腐と油味噌によって、さらに味わいが複雑になります。
そして、これらは全てごはんにすごく合う。

これを片手に持って囓り、そしてアーサー汁をいただくと、中身はちょっと気の利いた朝定食ですね。

それにしても、こちらのお店のポーク玉子おにぎり、どちらも想像を超える美味しさでした。
これはもっと他のおにぎりも食べてみたい・・・
自然とそう思ってしまいます(^^)

那覇の牧志公設市場のすぐ近く、いらっしゃったとき、小腹が空いたとき、是非立ち寄ってみて下さい。
朝、7:00から開いているので、朝ごはんにもピッタリだと思いますよ。

私も次回、沖縄に訪れたときは必ず再訪させていただきたいと思います。





【ポークたまごおにぎり本店】   
住所:沖縄県那覇市松尾2-8-35    MAP     
電話:098-867-9550   
営業時間:7:00~18:00    
煙  草:完全禁煙
定休日:水曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!







関連ランキング:沖縄料理 | 牧志駅美栄橋駅安里駅



このエントリーをはてなブックマークに追加