美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:淀川区

好きな数字で一番人気は、やはり「7」。ラッキーセブンって言いますものね。でも、何故ラッキーセブンなのだろうか?その由来は野球にあって、1885年9月30日の優勝がかかった大リーグの試合で、平凡なフライを打ち上げたものが、強風に吹かれてホームランとなったのが由来な ...
続きを読む
好きな数字で一番人気は、やはり「7」。
ラッキーセブンって言いますものね。

でも、何故ラッキーセブンなのだろうか?
その由来は野球にあって、1885年9月30日の優勝がかかった大リーグの試合で、平凡なフライを打ち上げたものが、強風に吹かれてホームランとなったのが由来なのだとか。

ということは、ラッキーセブンはアメリカが発祥?

実は、世界各国でラッキーナンバーとされる数字は結構バラバラみたいなのです。

ラッキーナンバーとアンラッキーナンバーはこんな感じみたいなのです。

          ラッキー  :   アンラッキー
【アメリカ】  7    :    13,6
【イタリア】  13             :    17
【ベトナム】     9      :    3,7
【タイ】      9    :     6
【中国】  8,88,9    :    4
【フランス】 7        :    13
【イギリス】 7        :    13
【ドイツ】    4       :     13


それにしても、世界の多くの国が「13」をアンラッキーナンバーとしているのですね…
でも、イタリアだけは何故か「13」がラッキーナンバー……

さて、日本でも「13」がラッキーな場所を少しご案内…
但し、「13」ではなく、漢数字の「十三」ではありますが。

          IMG_0976

ご紹介させていただくのは、阪急電車の分岐駅である十三(じゅうそう)にある立呑のお店、
“スタンド四坪”

名前の通り、お店の広さはわずか「四坪」。

この4坪の中に、魔法の世界が広がっている。

さて、今日のメニューはどんな感じかな?

       IMG_0978

和歌山の「ケンケン鰹」に「鱈の白子」、そしてウサギのもも肉もあるみたい。

冷たい瓶ビール(サッポロ赤星!)で喉を潤しながら、ワクワクタイムのメニュー選び。
この瞬間から、ここが立呑のお店であることを忘れてしまいそうになります。

    IMG_4057

メニューをひと目見て、いきなり惚れ込んでしまった「生ハムの冷製ロールキャベツ」
(それも、ひとめぼれっていうのかなぁ〜^^;)

キャベツの甘味と生ハムの相性が素晴らしい!
こういう料理がいただけるのは本当に嬉しいですね。

カレーと聞けば、素通りできない!

       IMG_4061
これは、「ウサギもも肉のトマトカレー煮込み」
これ、注文してみたら大正解!
ウサギと聞いて、抵抗がある方もこれならば大丈夫だと思います。
肉の旨味が引き立ちますよ。

日本伝統の味わいが異色のコラボ。

      IMG_4075

只者ではない雰囲気を醸し出す「とろたく巻き」
お寿司の細巻きは、ちょっとお腹が膨れそうだけれど、これならば大丈夫。
そんな軽い気持ちで注文してみたら、想像以上に美味かった!
うに醤油の旨味もキラリと光ります。

       IMG_4079

合わせるお酒は、もちろん日本酒。
滋賀のお酒「笑四季」のSensationをいただきます。
ここ、日本酒もいいのが揃っているのです。
(このラベルを見た瞬間に、「千と千尋の神隠し」に出てくる神様を思い出したのは、私だけでしょうか^^;)

日本酒と温かい料理も絶妙コラボも。

     IMG_4083

「牛モツと大根の白味噌煮込み」
白味噌を制するものは、和食を制する。
そんなこと、誰かが言ったのか言わないのかわわかりませんが、
この料理の美味しさはよくわかります。

たちのみでありながら、このレベルのワクワクする料理とお酒。
是非また、ゆっくりと立ち寄らせていただきたいと思います。




【スタンド四坪】
住 所:大阪市淀川区十三東2−11−12    MAP
電 話:06-6607-6060
営業時間:17:00〜24:00  ※日曜日は15:00〜23:00
煙 草:禁煙
定休日:月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のInstagramはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  








 













 
このエントリーをはてなブックマークに追加

貸本屋。字の如く、本を貸し出しているお店。雑誌や漫画の本など、一度読んだらそれで満足する類の書籍を貸し出すことを目的の書店。昭和40年代までは存在していたような気がします。本の表紙にビニールや半透明の紙のカバーを掛けて、貸し出してたのを覚えています。安価で ...
続きを読む
貸本屋。

字の如く、本を貸し出しているお店。
雑誌や漫画の本など、一度読んだらそれで満足する類の書籍を貸し出すことを目的の書店。

昭和40年代までは存在していたような気がします。
本の表紙にビニールや半透明の紙のカバーを掛けて、貸し出してたのを覚えています。

安価で気軽に借りれて、いろんな本が読める。
今のような時にそのようなものがあれば、重宝するのになぁ……


ビデオやYOU TUBEもいいけれど、たまには活字を読むのもいいものですよ(^^)
そして、混雑している時間をずらて美味しい蕎麦でも…

       IMG_1336

この日は、東三国の駅からスグのところにあるお店、
“甚九郎”さんにお邪魔させていただきました。

     IMG_1337

お店の前には、その日に食べることが出来る蕎麦の産地が書かれています。
こちらのお店、蕎麦だけではなくお酒に合う美味しい料理もいろいろ揃っているのですよ。
 
    IMG_4699

この日の料理のメニューはこんな感じです。
蕎麦屋さんが蕎麦前にちょっとしたアテを揃えているというよりも、立派な和食屋さんのメニュー。
いろいろお願いしてみたくなります。

      IMG_4700

コースや飲み放題のプランも有り。
メニューからもこだわりが伝わってきます。

     IMG_4703

お酒はこんな感じで、銘柄と量で値段が表示してあります。
これはわかりやすいですね。

       IMG_4710
先ずは、お造りの盛り合わせ……
おぉ、想像していた以上のものが来ましたよ(^^)
かつお、ひらめ、鰤、鰆、しめ鯖、そして湯葉も乗っかってちょっと豪華な感じですよ!

       IMG_4719

しめ鯖の塩梅も最高!
これはお酒が進みます。

    IMG_4734

お酒を注文すると、こんな感じで酒器を選ばせてもらえますよ。
こういうのもすごく楽しいですよね。

       IMG_4738

ちょっと珍しいお酒で、「シャンプーハット」のてつじさんがプロデュースしたお酒をいただきました。
スッキリとした中にもしっかりとした旨味があり、料理の味わいをより一層引き立てます。

   IMG_4732

        IMG_4741

たとえポテトサラダであっても、一工夫されていて、口の中に入れた瞬間にサプライズが訪れます。
食べ物で笑顔にする、そんな外食の楽しみをしっかり味わえるのが嬉しいですね。

   IMG_4747

筍の天ぷらは、この時期だけに味わえる春の味覚。
お花見がNGならば、筍で春の雰囲気を。

         IMG_4750
これは、牡蠣と蓮根のかき揚げ。
牡蠣の旨味と蓮根の食感が絶妙!
いちいち感動してしまう料理が出てきますよ。

     IMG_4744
そしてこれは「ばくらい」。
「ほや」と「このわた」で作った珍味で、日本酒との相性の良さは間違いなし。
鮮度が命のこの珍味、何年か前に岩手の大船渡で食べて以来です。

何だか嬉しくなってきますね(^^)

このあとは蕎麦をいただきます。
蕎麦のメニューはこんな感じ。

    IMG_4701

       IMG_4702

このような場合、普通は冷たい蕎麦をお願いすると思うのですが、
温かいそばのメニューの中に気になる蕎麦があったのでそれをお願いします。

       IMG_4761

焼き海苔の上に山葵。
タップリの海苔がこの蕎麦の特徴なのです。

   IMG_4768

透明な出汁は関西風。
蕎麦は濃い色の出汁で…と思っていましたが、これはかなりいい感じ(^^)

      IMG_4773

出汁の味わいと蕎麦の香りが、すごくいい!
このまま全部食べてしまいたくなる衝動を抑えるのが大変ですよ^^;

先程の海苔を蕎麦の上一面に敷き詰めます。

       IMG_4776

これが「花巻蕎麦」。
海苔の香りと蕎麦の味わい、山葵をちょこっと乗っけて食べるのが美味しい。
蕎麦の楽しみ方をひとつまた、教えていただいたような気持ちになれます。

      IMG_4764

冷たい蕎麦の「ざる」はこんな感じ。
一口いただきましたが、のどごし、香りともにかなり素晴らしかったですよ!

甚九郎さん、一度食べたら必ずまた食べたくなる。
そんな魅力を持ったお店です。
美味しい蕎麦で、元気回復!
みなさま、ご自愛下さいね。





【甚九郎】
住 所:大阪市淀川区東三国4−4−11    MAP
電 話:06-6399-7118
営業時間:11:30〜14:00  17:30〜24:00 
煙 草:禁煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

仙台牛、神戸牛、松阪牛、但馬牛、米沢牛・・・大人気のブランド牛。日本に遊びに来る外国人からも絶大な人気があるようです。そして、関西で「肉」といえば、牛肉のことを指し、豚肉は「豚」と呼ばなければならないのだとか・・・。お好み焼きの肉玉、肉うどん、焼肉弁当・ ...
続きを読む
仙台牛、神戸牛、松阪牛、但馬牛、米沢牛・・・

大人気のブランド牛。
日本に遊びに来る外国人からも絶大な人気があるようです。

そして、関西で「肉」といえば、牛肉のことを指し、
豚肉「豚」と呼ばなければならないのだとか・・・。

お好み焼きの肉玉、肉うどん、焼肉弁当・・・。

肉玉は別にして、関西以外では豚肉が使われていることがほとんど?

肉まん(確かに豚肉。そういえばあれは豚まんですよね^^;)
肉うどん(デフォルトは豚肉なんだとか)。
肉そば(いわゆる、チャーシュー麺)。
焼肉弁当(牛焼肉弁当が登場して、初めてあれは豚肉だったと気がつく^^;)


こう書くと、豚肉が牛肉よりも劣るみたいに感じますが、
それは大きな間違いです。

先日食べたこの豚肉なんて、甘く口の中でとけて、感動的な美味しさでした。

         IMG_7894

この日にお邪魔させていただいたのは、西中島南方にある、
豚肉に特化した居酒屋さん、”ぶたざんまい”さん。

        IMG_7831

こちら、ただの豚肉居酒屋ではなく、
幻の豚肉をいただくことができるお店でもあるのです。

幻の豚肉「愛媛 甘とろ豚」。
わずか36℃で口どけし、
純白の脂身が口の中で素晴らしい甘みとともに広がってゆく。

この「愛媛 甘とろ豚」を生産する農場は、わずか5箇所だけ。

         IMG_7854

そんな希少な豚肉が、こちらのお店では味わえるというのです。

そんな「愛媛甘とろ豚」を、この日は出汁しゃぶしゃぶで楽しませていただきました。

        IMG_7845

お通しも、豚居酒屋らしく、豚味噌と冷シャブ。
ボーッとしながら食べると、これがまた美味しい!
これで、こちらのお店が豚肉に対して自信があるのがわかります。

お通しをつまみながら、冷たい生ビールをいただきます。
こちらのお店では。アサヒスーパードライの生ビールをいただくことが出来ますよ。

      IMG_7861

しばらくすると、念願の「愛媛甘とろ豚」が登場。
これを、

         IMG_7856

たっぷりの白髪ねぎ、青ネギ、レタスなどの野菜と一緒に楽しみます。

出しがある程度熱くなったら、まずはたっぷりと野菜を投入。

        IMG_7866

これで準備完了。
あとは、豚肉をさっと湯通ししていただくのみ。
あっ・・・この豚肉は、わずか36度で溶け出すので、さっと泳がせるようにしていただきます。

             IMG_7869

こんな感じで、もう大丈夫。
まずはそのまま出汁につけていただきます。 

      (^^)(^^)(^^)

ヤバイ!
本当にトロケます(^^)
これはすごいですねぇ・・・。
ちょっと初体験レベルかもしれません(^^)    

              IMG_7873

次に、たっぷりの白髪ねぎと一緒にもいただきましょう。

はい、美味しいに決まっていますよね(^^)
豚肉とネギ、かなり相性が良いですよ!

一口食べれば、テーブルを囲むメンバーはしばし無言。
ひたすら豚肉を食べ続けることになってしまいます。

     IMG_7894

そして、豚肉のおかわり。
これは、おかわりしちゃいますよ(^^)
この脂の甘味は本当にクセになる。
   
            IMG_7885

これを食べているときは、
神戸牛も、松阪牛も、仙台牛も記憶の中から消えてしまいそうになります^^;

折角なので、カツサンドも注文して、みんなでシェアしてみます。

         IMG_7897

あはは。
自然と笑みがこぼれますね(^^)

鍋の〆は、ネギたっぷりのうどんで。

         IMG_7903

豚肉の旨味が染み出しただしで食べるうどん、最高です(^^)

鍋の他にも、いろいろ美味しそうなメニューがありましたよ。

   IMG_7835

        IMG_7836

             IMG_7837

  IMG_7838

       IMG_7839


                    
            IMG_7840

そして、ランチメニューはこんな感じです。

         IMG_7851


多分、大阪に初進出の「愛媛甘とろ豚」、ぜひ味わってみて下さい。
ちょっと感動しますよ〜!
              









【ぶたざんまい】
住 所:大阪市淀川区西中島4−6−5    MAP
電 話:06-6305-8833
営業時間:11:30〜15:00  17:00〜23:00(L.O.22:30) 
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

LCCがたくさん発着するようになって、外国人観光客の方が増えた関西。もしかすると、覚えた日本語が関西弁だったっていう人も、少なくないのでは?標準語(イントネーションは違いますが)だと思っている言葉が、実は他の地域では通じないってことも多々ありますよね。「なお ...
続きを読む
LCCがたくさん発着するようになって、外国人観光客の方が増えた関西。

もしかすると、覚えた日本語が関西弁だったっていう人も、少なくないのでは?


標準語(イントネーションは違いますが)だと思っている言葉が、
実は他の地域では通じないってことも多々ありますよね。

「なおす」
元の状態にもどす、修理する(標準語) 片付ける(関西弁)

「ほる」
穴を掘る(標準語)  捨てる(関西弁)

「さら」
お皿(標準語)  新品(関西弁)

「モータープール」
???(標準語)   駐車場(関西弁)


関西だけで通じる言葉といえば、これも多分そうでしょうね・・・。

            IMG_5961

この日にお邪魔させていただいたお店、
長浜ラーメン 必死のパッチ!!”

安くて美味しいお店の激戦区、西中島南方にお店はあります。

店名にあるように、お昼の時間帯は長浜ラーメンのお店。
ところが夕方になると、海鮮が美味しい超オトクな立呑のお店に変身するのです。

        IMG_5965

入り口のところには、「活 車海老 390円」の文字が。
これだけでもワクワクしますよね!

それだけではなく、店内のメニューには、目を疑う価格のものがたくさんあるのです。

       IMG_5967

中でも特に凄かったのが、1日限定10食の「うにいくら盛り」。

         IMG_5993

細巻きに惜しみなく、いくらがたっぷり。
そして、ウニの鮮度が半端なくいいのです(^^)

        IMG_6006

ひとつずつ、ゆっくり食べてもいいけれど、
贅沢に一口でいただくと、口の中が信じられないほどのパラダイスに変わります(^^)

そして、もう一つの看板メニュー、車海老は刺し身にしていただきました。


          IMG_6054

甘い。
これは、車海老でしか味わいない極上の旨味ですね(^^)
頭の部分は、パリッと塩焼きにしていただけるので、
存分に車海老を楽しむことができますよ〜(^^)

海老といえば、これもかなりオススメです。

          IMG_6044

特大エビフライが、ひとつ390円。
有頭海老ではないのに、この大きさ!
これが有頭海老の状態だと、どのくらいの大きさになるのか想像すると、
嬉しくって躍りだしそうになるます(^^)

お昼は長浜ラーメンのお店であるこちら、
もちろん、〆のラーメンをいただくこともできます。

         IMG_6076
あっさりとした豚骨スープと細麺。
たっぷりはいった焼豚も嬉しいです。

         IMG_6084

日替わりのおすすめメニューもあって、
これからも、ドンドン新メニューも増やしていきたいと、店長さん。

    IMG_5968

          IMG_6026

安くてうまいは当たり前、
その更に上をいくのが目標なのだとか。

なかなかインパクトのあるお店の名前ですが、
それ以上のインパクトが出てくる料理にもあります。

ぜひ行ってみてくださいね、「え、ホントに?」
そんな驚き、ありますよ〜(^^)








【長浜ラーメン 必死のパッチ!!】
住 所:大阪市淀川区西中島4−7−31    MAP
電 話:06-6885-5800
営業時間:11:00〜14:00  16:00〜23:30 
煙 草:
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

実は、インドにはカレー粉がない。そもそもカレー粉が誕生したのは、インドではなくイギリス。これを入れれば、どんな料理でもカレー風味になるというスグレモノ。そしてそのカレー粉が、イギリスから日本に伝わったのが明治になってからなのだとか。でも、インドと言えばカ ...
続きを読む
実は、インドにはカレー粉がない。

そもそもカレー粉が誕生したのは、インドではなくイギリス。
これを入れれば、どんな料理でもカレー風味になるというスグレモノ。

そしてそのカレー粉が、イギリスから日本に伝わったのが明治になってからなのだとか。

でも、インドと言えばカレー。
そんなイメージ持ってませんか?

カレー粉がないインドでは、どうやってカレーを作るのか・・・

いろんなスパイスをミックスして、カレーの香りや味わいを出している。
ミックススパイスとか、ガラムマサラなどと呼ばれることもあるようです。

ギャバンから発売されれている、20種類のスパイスをミックスして手作りのカレーを作るセット。

          
GABAN 手作りのカレー粉セット 100g







ちなみに私はこれをプレゼントしていただき、自分でカレーを作るようになりました(^^)

さて、自分で作るカレーも美味しいけれど、
やはり目の醒めるような美味しいカレー、食べに行きたいですよね。

この日は、高槻から西中島南方に移転された、
”マサラ食堂”さんにお邪魔させていただきました。

          IMG_6431

御堂筋線の西中島南方駅、阪急京都線の南方駅、
双方から歩いて5分くらいのところにお店はありますよ。 

階段を上がり、2階に行くとお店の入口があります。

     IMG_6429

カウンター席に座らせていただき、黒板のメニューを。

       IMG_6427

ここは当然、3種盛り・・・
とはいきません。
あいがけももちろん美味しいのですが、復活初回は、1つのカレーをじっくりと味わえる、
単品カレーと決めていたのです。

カレーはもちろん、チキンをお願いしました。

店内は、カウンター席が6席と4人がけのテーブルが2卓。
高槻の頃に比べて、結構広くなりましたよ(^^)

この日は、比較的ゆっくりなスタートなのか、他にお客さんは2組。
ゆったりと時間が流れています。

他の方を見てみると、みなさんあいがけを注文されているみたいですね。
単品カレーが900円で、2種あいがけが1,000円。
たったの100円プラスで2種類のカレーが楽しめるとあれば、そうしますかね^^;

そんなことを思いながら、他の人のカレーを見ていると、
私が注文したカレーも出来上がってきました。

             IMG_3843

大きな木のお皿にタップリと。
香りはあの高槻のマサラ食堂そのもの。(あたりまえか^^;)

スプーンは木のものかステンレスを選べるので、ステンレスのスプーンをチョイス。
では早速いただきましょうか。
先ずは・・・

       IMG_3845

タップリのチキンをいただきます。

          IMG_3847

         (^^)(^^)(^^)

美味い!
これ、この味わいですよ。

最初は甘く・・・なんて技はありません。
でも、最初から直球勝負なのです。
媚を売らない、ど真ん中の美味さ。
そんなチキンカレーをしっかりと一皿分味わえる単品のチキンカレー。
これにしてよかった(^^)

      IMG_3850

ごはんも、カレーとしっかり合うようにきちんとチューニングされています。
自身が作るカレーが、どのような状態のごはんと合うのかをしっかりと掴んでいらっしゃる。
食べていて、本当にそう思います。

       IMG_3846

オプションでつけられるピクルスは100円。
これが実にいい仕事をするのです。

カレーの味わいが口の中満タンになったら、ピクルスを食べる。
すると、また最初の感動が味わえるのです(^^)

          IMG_3851

ステンレスのスプーンには、「マサラ食堂」の刻印が。
そして、このスプーンによって、実に心地よくカレーを食べることが出来るのです。

   IMG_3854

きちんとした楕円形ではなく、ちょっと不思議な形をしているのですが、
これが実に食べやすい。
ぜひ実際に体験なさってみて下さい。

そんな感じで、気持ちよく完食。
すっかり満足させていただきました。

つい先日から、フィッシュカレーも再開されたとのこと。
またすぐに、食べに行きたいと思います(^^)











【マサラ食堂】
住 所:大阪市淀川区西中島3-13-4    MAP
電 話:06-6886-9150
営業時間:11:00〜14:00(L.O.13:45) 18:00〜0:00(L.O.23:45) ※日祝はランチ営業のみ。
煙 草:ランチタイム禁煙
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休み)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のTwitterはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界地図を見ていて思うことがあります。「この地名、聞いたことあるよなぁ・・・」って。デリー、ボンベイ、マドラス、ハイデラバード、バンガロール、ケララ・・・あれ、これってカレーのお店の名前と一緒。インドの街の名前って、カレー屋さんの店名で覚えてることが多い ...
続きを読む
世界地図を見ていて思うことがあります。

「この地名、聞いたことあるよなぁ・・・」って。

デリー、ボンベイ、マドラス、ハイデラバード、バンガロール、ケララ・・・

あれ、これってカレーのお店の名前と一緒。
インドの街の名前って、
カレー屋さんの店名で覚えてることが多いのです。

そう言えば、カレーのお店の名前って、そう言うのが多いですよね。

カシミール(インドとパキスタンの北東部にある山岳地域)
セイロン(スリランカの昔の呼び名)
マナカマナ(ネパールの寺院の名前)
ケララ(南インドの州)・・・。

カレー屋さんかな? って、分かりますよね。

先日お邪魔させていただいた、こちらのお店も、
ちょっとワクワクするような名前が付いていましたよ。

          IMG_2488


春夏冬・・・
と書いて、「あきない」ではなく、しゅんかとう。
ではあるのですが、ランチタイムのこちらのお店の名前は、
“旬香唐(しゅんかとう)と言います。

旬の香りを唐辛子・・・つまり、スパイスを使って仕上げていく。
いかにも美味しそうなカレーをいただけそうな店名ですよね。

西中島南方にあるこちらのお店は、
開店時間の11:45になると、10人以上の方が列をなす人気のお店。

私もその列に加わり、開店と同時に入店させていただきました。

カウンター席の奥に座り、先ずはメニューを確認します。

     IMG_2457

カレーは、週替わりで2種類が提供されます。
旬の魚介出汁カレーと、旬野菜とつくねキーマ。
もちろん、合いがけも可能ですよ!

当店のコダワリは裏面を見てください・・・

              IMG_2458

専用ブレンドのごはん。
ご飯を湯豆腐に変更。

専用ブレンドのごはんも魅力的ですが、ご飯を湯豆腐に変更できる。
これは、炭水化物ダイエットをなさってる方にも心強いですね!

でも今回は、通常のごはんで、あいがけカレーをお願いしました。

開店と同時にほぼ満席になった店内は、
男性と女性の比率は半々くらい。

          IMG_2463

カレーの店って、男性が多いイメージがあるのですが、
こちらのお店は、女性のおひとり様が多いような気がします。
お店の細かい気遣いがその理由なのでしょうね。

   IMG_2464

こちらのお店は、普通のお冷やではなく、
シークァーサー水がいただけるとのこと・・・。

         IMG_2461

これは、カレーの辛さを緩和するのにも役立ちそうですね。

お、辛激の馬サラとは・・・

        IMG_2460

馬のすじ肉をコンニャクと一緒に柔らかく煮込んだ
スパイスたっぷりのマサラ。
これ、気がつかなかったなぁ^^;
注文してすぐだったら、「これも追加でお願いします!」
って、言ったのですが、もうそろそろ出来上がるタイミング・・・

と思っていたら、本当にカレーが出来上がってきました。

          IMG_2467

綺麗な青いお皿に、たっぷりのカレー。
具材もタップリで、来た瞬間に「いいね!」って気持ちになりますよ。

  IMG_2471

具材だけではなく、カレーもタップリ!
それでは早速いただきましょう。

             IMG_2476

    (^^)(^^)

おぉ!
出汁カレーと言うだけあって、旨味が効いていてかなり嬉しい感じ(^^)
カレー単体でも充分美味しいですし、
いろんな具材を混ぜ合わせていきながら、楽しめそうですよ。

   IMG_2468

次はどれとどれを組み合わせながら食べようか・・・・


         IMG_2470

そんなことを考えながら食べるのが楽しくて仕方がない!
そんな感じのカレーなのです。

そして、「コダワリ」にも書いてあったように、
本当にごはんが美味しい。

       IMG_2478

艶々で、お米が立っているのが見ていても分かります。

この日の旬の食材は、筍 小松菜。

   IMG_2469

そして、初がつおと、しじみ。

            IMG_2484

シジミの旨味、半端ない!
前日にお酒をちょっとやり過ぎたなぁ・・・
そんなときにも嬉しいメニューですよね。

    IMG_2481

後半には、玉子も崩し、いろんな具材を混ぜ合わせて、
味の変化を存分に楽しみます。

旬の食材を楽しめ、スパイス感もいい感じ。
しっかりと旨味を楽しめて、かなり満足させていただきました。

旬香唐さん、店名を見て期待し、
そして、期待以上に美味しいカレーをいただくことが出来ました。

季節ごとに、旬の食材を使って作られるカレー、
ぜひ定期的に楽しませていただきたいと思います。

今頃は、夏の旬の味わい、鱧を使ったカレーでも食べられる・・・
かもしれませんよ!

  





【旬香唐(しゅんかとう)】
住 所:大阪市淀川区西中島4−5−4 ワイズコート新大阪 1F    MAP
電 話:06-6886-5969
営業時間:11:45〜14:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:金・土・日・月
   (月曜日が祝日の場合は、火曜日も休みになり、営業は水木となります)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



                
このエントリーをはてなブックマークに追加

注文しなくても、無条件で出てくる最初の小鉢、「つきだし」。あ・・・「お通し」と呼ばれるところも多いですよね。と言うか、関東では「つきだし」よりも、「お通し」って言いますよね。この「お通し」いえ、ここでは「つきだし」と言う表現を使いますね。何故ならば、「つ ...
続きを読む
注文しなくても、無条件で出てくる最初の小鉢、「つきだし」。
あ・・・「お通し」と呼ばれるところも多いですよね。
と言うか、関東では「つきだし」よりも、「お通し」って言いますよね。

この「お通し」いえ、ここでは「つきだし」と言う表現を使いますね。
何故ならば、「つきだし」は、「突き出し」なのか、「付き出し」なのか、どちらかという疑問がございまして・・・。

居酒屋さんで、伝票を見ると、「付」とだけ書いてあることが多いように思います。

語源を調べてみると・・・。
お客に突き出すから、「突き出し」と表現されるようになった説と、
注文しなくても、お酒に「付いて出る」から、「付き出し」になったという説があるようです。


そもそも、客が何も言わなくても、注文を通すから、「お通し」。
料理の先に付けるから「先付け」ここから来たから、「付き出し」・・・。

何だかよく分からなくなってきましたね^^;


さて、そんなことを全く気にしなくていいのが、お昼ごはん。
それは、居酒屋で食べるお昼ごはんでも同じことですよね。

この日は、新大阪駅の構内・・・ではなく、駅から直結している新大阪阪急ビルの3Fにある、
“ヤナケンブー”さんでランチをいただいてきました。

          IMG_6523

こちらのお店では、高知県から直送のカツオを使った、塩タタキをランチタイムにもいただけるとのことで、以前から気になっていたのです。
ちょうど、新大阪駅近辺でランチタイムをむかえることになり、ワクワクしながら行ってきました。

店内のカウンター席に案内していただき、メニューを確認します。
(とは言っても、カツオの塩たたきに心は決まっているのですが^^;)

          IMG_6512


って、かつおの塩たたきの他にも、かなり魅力的なラインナップじゃないですか!
しかも、こんな日替わりもあったりして・・・。

            IMG_6514
って、この色々おかずのやつは、女性限定なのね^^;

というわけで、予定通り、生かつおの塩たたき定食をお願いしました。

店内は、手前にカウンター席が14席と、奥にはテーブル席もあり、20席ほど。
次々にお客さんが入ってきて、人気がありますね。

そんな感じで、店内の様子を見ていると、お願いした”生かつおの塩たたき定食”が出来上がってきました。

      IMG_6515
ごはんと味噌汁、小鉢に漬物がついています。

何と言っても、かつおのたたきの分厚いこと!
   
           IMG_6516

それでは早速、カツオに塩をパラっとかけて、にんにくを乗っけていただきましょう。

    IMG_6519

        (^^)(^^)(^^)

美味い!
先日高知で食べたかつおのたたきと遜色が無いほど、いい感じのクォリティです。
こうやっていただくと、かつおのたたきって、本当にモノによって美味しさが違いますよね。

これに山葵をのっけても、すだちを絞っても美味しい。
ランチタイムに生ニンニク・・・
でもやっぱり美味しいので、乗っけちゃいます。

             IMG_6522

これ、本当にお酒が欲しくなっちゃいますよね^^;
そんな感じで、夢中で食べ進みあっという間に完食。

このクォリティのかつおが新大阪でいただけるとは素晴らしいと思います。
今度は、四万十鶏のチキン南蛮か、窪川ポークの生姜焼き、それとも土佐赤牛か。

いずれにしても、他店にはないこだわりのメニューが揃っています。

ここは是非、夜にもお伺いさせていたいて、お酒と一緒にも楽しんでみたいですね。
ちょっと上質のランチタイムをいかがでしょうか?
美味しいですよ!










【ヤナケンブー】
住 所:大阪市淀川区宮原1−1−1 新大阪阪急ビル 3F    MAP
電 話:06-6151-2259
営業時間:11:00〜24:00(L.O.23:30)  
煙 草:完全禁煙
定休日:年中無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

青ヶ島ってご存知でしょうか?小笠原諸島の島のひとつで、東京からの距離は約360km。東京都にありながら、人口が一番少ない村で、島民はわずか200人ほどの島なのです。なんで、そんな辺鄙な島のことが気になるのか・・・。          これが青ヶ島。これを見ると、 ...
続きを読む
青ヶ島ってご存知でしょうか?

小笠原諸島の島のひとつで、東京からの距離は約360km。
東京都にありながら、人口が一番少ない村で、島民はわずか200人ほどの島なのです。

なんで、そんな辺鄙な島のことが気になるのか・・・。
          青ヶ島
これが青ヶ島。
これを見ると、行ってみたくなりませんか?

でも、ここに行くには、それ相応の運と試練が必要なのだとか。

羽田空港から、飛行機に乗って、八丈島まで45分。
そこからは、ヘリコプターで20分で到着なのですが、このヘリコプターは1日に1往復のみで、しかも定員は9人。

では、船で行けばいいのでは・・・。
はい、船も就航しています・・・が、青ヶ島周辺は天候次第で欠航も多く、就航率は何と、50%!
無事に行き着くことが出来ても、帰りの船が出ない、ヘリが飛ばないなんてことは、日常茶飯事だそうで、旅程に余裕が必須なのです。

そんな条件が厳しい島、選ばれし者だけが上陸できる島ではあるのですが、最高に美しいのだとか。
一度入ってみたいと、密かに狙っております^^; 


さて、選ばれし者だけがたどり着けると言えば、立ち喰いの寿司屋さん・・・立ち寿司で、かなりお値うちなお店に連れて行っていただきました。

お伺いしたのは、西中島南方駅からすぐのところにある、
”立ち寿司 杉尾”さん。
            IMG_2282
立ち寿司とは言えど、その味は侮れないのだとか・・・。
店内に入り、入口の近くのテーブルを陣取ります。

先ずは、秋鹿のひやおろしで乾杯!

           IMG_2254
とは言っても、なみなみと注いで下さるので、まずは自分から迎えに行きます^^;

そして、付き出しは釜揚げしらす。
    IMG_2256
これ、ごま油をアクセントにしていて、なかなか美味しい!
ちょっとした小技もキラリと光ってますね。

ここに来たならば、やはりお鮨をいただかないと。
メニューはこんな感じですよ。
        IMG_2258
びっくりすることに、まぐろ・茹でタコ・玉子(自家製)・梅くらげは1貫50円で、 1貫から注文することが出来ます。

レギュラーメニューの他に、黒板メニューもありますよ。
     IMG_2266


そして、お酒のラインナップはこんな感じ。

          IMG_2277
 これが、季節によって変わるから楽しいのですよね。

回転寿司の方が安いやん・・・

こらこら!

ここは、"立ち”とは言え、ちゃんと職人さんが注文を聞いてから握ってくれるお鮨屋さん。
そんなお鮨屋さんで、この値段は破格ではないかと。

何はともあれ、実際に注文して、いただきましょう。

とりあえず、おまかせにぎり寿司 五貫盛りを。
           IMG_2262
え・・・こんな豪華なのを出してくださるのですか?
手前から、中トロ、鯛、カンパチ、鱈白子、鰻白焼。

それでは早速、中トロからいただきます。

    (^^)(^^)(^^)

美味い! これ、ホンモノですよ!
ネタもいいし、口の中でシャリが崩れ、ネタと一体になる感じも最高。

そして、鯛も・・・。

おぉ! 最初に甘みを感じたあと、シッカリと旨味を味わいことが出来ますよ。
もうこの時点で、完全に虜になってしまいます。

             IMG_2264
こりゃぁ、やはりお酒をいただかないと・・・
つぎは、静岡県の磯自慢をいただきます。
やはり、なみなみと注いでいただけます。 はい、嬉しいです(^^)

アテの方もいただいてみましょうか・・・。

         IMG_2269
こちらは、おすすめメニューの中にあった、あん肝。
丁寧に蒸されていて、嫌味な感じがしないのは新鮮な証拠。
それにしても、お酒がススミますよ(^^)
    
          IMG_2279
こうなると、どんどん気になるものを注文して、お祭り状態に・・・
したい気持ちはあるのですが、2軒めにサクッと寄った感じだったので、お腹のキャパが^^;
とはいえ、これは外せない逸品を。

        IMG_2275
これは、炙り鯖棒寿司。
肉厚の鯖をサッと炙り、シャリにも仕事がしてあります。
ハーフでたったの780円なのですが、これもめっぽう美味い!

あまりにも美味しかったので、お土産に1本買って帰ったほどなのです(^^)

         IMG_2257
店内は、こんな感じで立ち席のみで、椅子はないのですが、女性同士のお客さんも何組かいて、明るく入りやすい感じですよ。

週末のちょっとだけ贅沢な気分を、リーズナブルに楽しむのに最高です。
あ・・・記事を書いていたら、また食べたくなってきました^^;
近々、確実に立ち寄ってしまうと思います。






【立ち寿司 杉尾】
住 所:大阪市淀川区西中島3−19−7 第1ユヤマビル    MAP
電 話:06-6304-2424
営業時間:18:00〜翌5:00  ※祝日は、18:00〜24:00 
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加