美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:福岡県

「ここが変だよ日本人」って番組、ありましたよね。日本独特の習慣や、どう考えても理解できないことを外国人が指摘するやつ。やっぱり島国であり、ほんの少し前、150年前まで鎖国していたからでしょうかね?その分、日本にしかない素敵な文化もあるのでしょうが・・・。とは ...
続きを読む
「ここが変だよ日本人」って番組、ありましたよね。

日本独特の習慣や、どう考えても理解できないことを外国人が指摘するやつ。

やっぱり島国であり、ほんの少し前、150年前まで鎖国していたからでしょうかね?
その分、日本にしかない素敵な文化もあるのでしょうが・・・。

とはいえ、インターネットで色んな情報がオープンになった今、
日本人の私自身でさえも「あれ? なんかへんだなぁ、この習慣。」
って思うこともあったりします。


メールの時代に、未だにFAXが現役バリバリ!
ペーパーレス時代はまだ先なのか・・・。

レビで名前の横に年齢表示、山田太郎(48)みたいに。
あれは確実に違和感覚えます。
海外では、親しくない人に年齢を聞くのはタブーとさえも。

フレンチに行くと、必要以上に緊張する。
気軽に楽しめるフレンチも、ちゃんと存在するのです。

例えば、こちらのお店のように・・・。

            IMG_6589

この日にお伺いさせていただいたのは、
“酒飲めフレンチ bisとろタカギ”さん。

      IMG_6586

マンションに上がっていくように、通路を進むと階段があり、
2階に上がるとお店の入口があります。

     IMG_6584

「酒飲め御席代:900円」
但し、お酒3杯のご注文にて無料

素敵です(^^)
何せ、「酒飲めフレンチ」ですから。
          
こちらのお店は、フレンチと言っても、テーブルに花がおいてあり、
ギャルソンがサービスをするようなフレンチではなく、
気の利いたフレンチをつまみながら、ワインをがぶ飲みするのがよく似合うビストロ。

予約の電話をしたときにも、
「カウンターのみのお店で、横並びに座っていただくような形ですが、よろしいですか?」
と、聞かれるのです。

でもその分、カウンターの中、厨房で料理ができあがっていく様子を、
眺めて、ワクワクしながら食事をすることができるのです。

       IMG_6551

厨房を囲むようにずらりと並ぶカウンター席は、28席。
そんなカウンター席の真ん中あたりに座り、まずは飲み物のメニュー・・・
お酒のメニューを眺めます。

先ずは、瓶ビールをお願いする。
冷えたグラスに、冷たいビール、こういうところも抜かりない。

ビールを飲みながら、料理のメニューを眺めてみる。
黒いアルバムのようなメニューには、料理の名前と簡単な説明が見やすく書いてあります。

前菜、おつまみ、煮込み、肉料理・・・
いろんな料理が並び、とても一度では網羅することはできないから、
選ぶのも結構真剣になってしまう。

とはいえ、直感も大切。

というわけで、最初の料理に選んだのが「ウフ♡マヨ」(本当に♡が書いてある(^^))

       IMG_6554

マッシュポテトをレモンと岩塩で味を整えたものに、半熟卵。
その周りには、バジルとラズベリーのソースが添えてあり、
シンプルなれど、これがビックリするほど美味しい。

       IMG_6556

こういうビストロメニューをいただくには、ビールではちょっと役不足。
やはり、bisとろタカギの名物メニュー、がぶ飲みワインを頼まない手はない。

がぶ飲みワインは、1リットル。
カラフェに入って登場し、氷入りのグラスで陽気にいただくのがタカギ流。
そしてもうひとつ、ワインの友には「呪われたパテ」を。

       IMG_6562

何で呪われたパテかって?
このパテ、あまりにもワインに合うので、あっという間にワインもパテも消えてしまって、
まるで呪われているかのように感じるからなのだとか。

添えてあるサラダには、はちみつが掛けてあり、
これと一緒にパテを食べると、美味しすぎて本当に魔法に掛けられたように、
パテもワインも進みまくる。
こういうのって、本当に楽しい(^^)
これ、いい意味で呪われているのかもしれませんね。

美味しい料理は、ソースまでも余すことなく楽しみたい。

         IMG_6559

そんな願いを叶えてくれるのが、バケット。
注文が入るたびに、ふわふわに温めて提供してくれるのが嬉しい。

料理を楽しみながら、カウンターの中、厨房の様子も眺めて楽しむ。
厨房では、シェフの高木利枝氏が腕をふるう。

濃紺のコック服に身を纏い、腰にはソムリエナイフが光る。

見ていて、無駄な動きが一つもない、
実に手際よく料理が仕上げられていくのがよく見える。
カッコいいのである。

そんな彼女が他の料理を作りながら、時折様子を見て、
タイミングを図りながら仕上げていく料理がIHコンロの真ん中に乗るストゥブ。

材料を入れて味付けをし、
あとは出来上がるのを待つだけ・・・ではないのである。

途中で何度か開けては、岩塩を入れたり、
スパイスを入れたり、オリーブオイルを入れたり。

おそらくそれぞれのタイミングがあるのだと思う。

そんな感じで、できあ上がってきたのが、「野菜たっぷりのブレゼ」。

          IMG_6566

蓋を開けた瞬間に湯気が立ち上り、中からは色鮮やかな野菜がお目見えする。
トマト、小松菜、ズッキーニ、きのこ・・・
野菜の甘味と旨味が凄い!
凝縮されていて、それを絶妙な味加減で塩とスパイスとオリーブオイル。

これは美味すぎる!

たかが野菜と侮るなかれ、こういうのを作れるのって、本当に凄いと思う(^^)

メニューに再び目を落とし、メインの料理を何にするかを考える。
りえシェフのリエットとか、
ストウブ料理の残り汁でリゾットとか、
旨味を閉じ込めた煮込みだとか・・・気になるものが盛り沢山。


そして、bisとろタカギがチカラを入れているのが熟成肉。

そんなbisとろタカギの熟成肉が楽しめるメニュー、
スティック♡フリット(これも、メニューに♡が書いてある)
のハーフパウンドがこれ。

          IMG_6568

赤身の肉が、ゴロッと並ぶ。
ハーフパウンドでもボリュームたっぷり!
2〜3人ならば、これで十分ではないかな?
そう思い、食べてみる。

        IMG_6573

おぉ〜〜っ!
これは美味い(^^)


霜降りだとか、A5だとかとはまた違った世界の肉。
肉自体が本当に美味しい。
マスタードも付けていただいているが、塩コショウだけで十分に美味しい。
いや、塩コショウだけだからこそ、
熟成された肉だけが持つ旨味を楽しめるのではないかとさえ思ってしまう。

肉の旨味を追求すれば、こんな感じにたどり着くのかもしれない。

さて、先程注文したがぶ飲みワインも飲み干したことだし、ワインでも・・・。

           IMG_6578



こちらのお店では、がぶ飲みワインだけではなく、
本格的なボトルワインも楽しむことができる。
料理に合わせたワインを選んでもらうのも楽しいのではないだろうか。

       IMG_6582

そんなシェフを支える男性スタッフがひとり。
この人も、実によく動き気が利く。

ピカピカに磨かれたフード、整頓されたキッチン。
見ていて、お店が愛されていると感じる。

今度は煮込み料理も是非食べてみたいし、自家製のシャルキュトリーも気になる。
ここは再訪確実・・・いえ、是非定期的に訪問させていただきたいと思います。







【酒のめフレンチ bisとろタカギ】
住 所:福岡市中央区赤坂1−3−6 コオリナヴィラ赤坂 201号    MAP
電 話:092-732-3570
営業時間:18:00〜24:00(L.O.23:00)  
煙 草:完全禁煙
定休日:月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

♪セブン イレブン いい気分♫このCMを初めて見たのは、確か小学生の頃。当時、お店が開いているのは、朝の9時ころから夕方の6時くらいまでが普通で、その時間以外の商店街は、シャッターも閉じられ、ひっそりとしているのが当たり前。そんな中、普通の人が起きてから寝る ...
続きを読む
♪セブン イレブン いい気分♫

このCMを初めて見たのは、確か小学生の頃。
当時、お店が開いているのは、朝の9時ころから夕方の6時くらいまでが普通で、
その時間以外の商店街は、シャッターも閉じられ、
ひっそりとしているのが当たり前。

そんな中、普通の人が起きてから寝るまでの時間すべて、
開いているお店があるのは凄く斬新だったのです。


それから、そんなに時間が建つことなく24時間営業のお店が登場し、
今では、コンビニだけではなく、スーパー、ドラッグストア、クリーニング店、
そして歯科医院や整骨院の24時間営業もある時代に・・・。

24時間営業。

と、いうことはそこで働く人って、仕事が終わってから食事をするわけで、
朝の3時とか4時なんて、とんでもない時間に自由になることもありうるわけで・・・。

                 IMG_2573

そんなときにも嬉しいお店、
24時間営業のうどん屋さんへ行ってきました。

眠らない街と言われる福岡天神。
そんな中しっかりと眠り、朝になってからうどんを食べるのもあり(^^)

      IMG_2582

24時間開いているお店、“弥太郎うどん”さんに、
朝ごはんを食べに行ってきました。

朝も早いというのに、2組ほどのお客さんが・・・・
あ、まだその人達にとっては、夜の延長みたい^^;
ビールなど飲みながら、おでんをつまみ、〆にうどん。
そんな感じでしょうか?

そんな中、壁に貼ってあるお品書きを眺めます。

     IMG_2575

うどん・そばは350円からとリーズナブル。

         IMG_2576

博多名物のごぼう天うどんや、丸天うどんもしっかりとラインナップ。
かしわうどんと、肉うどんって20円の差なのね^^;
親子うどんと他人うどんの至っては、同じ値段。
これは試されているのか?

そんなことを思いながら、かしわうどんを注文。
好きなんですよ、かしわうどん(^^)

ふと視線を下に移すと、こんなメニューも。

        IMG_2574

英語と中国語と韓国語のメニューもあります。
外国人の方も来るでしょうからねぇ。


えび天は、Shrimp Tempura、丸天は、Circular-shaped Fried Fish Cakeとなるのか!
フライドフィッシュケーキねぇ^^;
そして、きつねうどんは、Deep-fried Tofu!
おもしろい(^^)


そんな感じで英語メニューを見て楽しんでいると、
お願いした、かしわうどんが出来上がってきました。

        IMG_2578

立ち上がる湯気がいい感じ〜。

初めて食べるまでは、

やわらかいうどんなんて・・・

そんなふうに、福岡のうどんを食べず嫌いしていたのですが、
一度食べてみると、その魅力にどっぷりと浸かってしまうほど、ハマってしまいました。

        IMG_2577

たっぷりのネギと、かしわ(鶏肉)にワクワクします。
先ずは、出汁を一口・・・熱っ!
器、しっかり温められているので、手で持つのがちょっとツライ^^;
(いえば、レンゲをもらえますよ〜)

でも、この出汁が本当に美味しい。
鶏のいい出汁がつゆに溶け出して、なんとも言えない旨味を出しているのです。

       IMG_2581

目の前に積み上がっているのは、えび天とごぼう天。
これも美味しそうだなぁ・・・。
でも、かしわうどんの出汁の美味さには叶うまい。
そう自分に言い聞かせながら、味変に一味唐辛子をパラリ。

       IMG_2580

これまた、味が引き締まって美味しい。
うどんの麺は、お約束の福岡テイスト。
柔らかしなやかで、旨味が染み込んだこれがやめられない。

ここに、玉子を加えて親子うどんに・・・

なるほど!

かしわうどんの出汁の味わいと、肉うどんの出汁の味わい、
それって、まったく違うものでどちらも美味しい。
親子うどんと、他人うどんが同じ値段なのが、何となくわかったような気がします(^^)

次回は肉うどんの方も食べてみよう。
でも、目の前の天ぷらの誘惑に、2回も耐えることが出来るかどうかが問題だ^^;







【弥太郎うどん】
住 所:福岡市中央区渡辺通5−1−18    MAP
電 話:092-761-4155
営業時間:24時間営業(土曜日のみ、翌朝の6時まで) 
煙 草:喫煙可
定休日:日祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneに標準搭載されている地図が見やすくなっている!少し前までは、アイフォンに最初から入っている「マップ」って、すごく使いにくいように思いました。何故ならば、道路は見やすかったけれど、駅とか鉄道の表示が見にくかったから。アメリカでは、鉄道よりも来るまでの ...
続きを読む
iPhoneに標準搭載されている地図が見やすくなっている!

少し前までは、アイフォンに最初から入っている「マップ」って、
すごく使いにくいように思いました。
何故ならば、道路は見やすかったけれど、駅とか鉄道の表示が見にくかったから。

アメリカでは、鉄道よりも来るまでの移動が多いからでしょうか?
でも、日本では鉄道を移動手段とする人が多く、路線も発達している。

東京、大阪、横浜、札幌、名古屋、広島・・・
沖縄を除く各都道府県の県庁所在地には、同じ名前の駅がほぼ必ずあるほど。

県庁所在地名と同じ名前の駅がないのは、さいたま市と福岡市。
さいたま市は、合併前は浦和市があり、浦和駅があるけれど、
福岡駅はないですよね・・・。(西鉄福岡・・・天神駅はありますが)

博多駅は福岡市博多区。
ある意味、「区」が駅名になり、玄関口になっているのは凄いことなのかも。

さて、
そんな博多駅から電車に乗ること、約40分(新幹線なら20分)
久留米の街に、創業88年の人気食堂があるのです。

           IMG_6546

この日にお邪魔させていただいたのは、“松尾食堂”さん。
JR久留米駅、西鉄久留米駅から歩いて15分くらいのところにお店はあります。
駅からは少し泣かれているけれど、この辺りは久留米のビジネス街の中心でしょうか、
周りには、銀行がたくさんあるのです。

店内の空いている席に座り、壁に書かれたメニューを確認します。

       IMG_6511

親子丼 900
玉子丼 900
肉丼 950
肉丼 玉子入 1000
カツ丼 1050
お吸い物 100



メニューはこれだけで、実に潔い。
こちらのお店の人気メニューは、「肉丼」。
それを目当てに、県外から来る人も少なくないのだとか。

私も肉丼(玉子入)をお願いして、出来上がるのをしばらく待ちます。

時間は、お昼休みには少し早めの11:30ころ。
店内は、銀行員と思わしきお客さんが何組かいらっしゃいます。
みずほ、三菱UFJ、三井住友、西日本シティ、福岡中央・・・
この辺り、銀行が多いのです。

        IMG_6509

こちらのお店は1931年8月15日創業。
つまり、創業88年になるのだとか。
外観もそうですが、店内の昭和レトロ感が半端ない。
4人掛けのテーブルが6卓と、小上がりには4名が座れる座卓が2つ。

ここの空間だけ、時間が止まっているような感じにさえなりますね。

私のあとに入ってきた4人組は、上司とその部下3人でしょうか?
席に座ると、上司がカツ丼4つを迷うことなく注文します。
(そうか、カツ丼も美味いんだろうな・・・・)

そんな光景と、店内の雰囲気をしっかり楽しみながら待つこと5分くらい。
私がお願いした肉丼が出来上がってきました。

          IMG_6515

蓋付きの丼と、小皿に入ったお漬物が二切れ。
箸は、「松尾食堂」と書かれた箸袋にきちんと入って登場します。

吉野家の牛丼が普段着だとすると、
こちら松尾食堂の肉丼は、初対面の人に合うときの一張羅。
そんな雰囲気が漂います。

昂ぶる気持ちを抑えつつ、丼の蓋を取ってみます。

     IMG_6524

おぉ、丼の中一面が肉で覆われているじゃないですか!
これは凄い。
そして真ん中の玉子がいいアクセントになっていて、かなりいい感じ(^^)

先ずは、玉子を崩さずに肉とご飯をいただいてみます。

         IMG_6526

これ、すき焼きに肉そのもの!
それが、こんなにたっぷりと入っているのは本当に嬉しくなってきます(^^)

2〜3口こんな感じで食べて、その後玉子を崩してみます。

    IMG_6533

これを、完全に混ざりきらない状態で、まずはいただきます。
黄身の濃厚さと肉の甘辛い味わいがいい感じ。

その後、玉子を完全に混ぜ合わせてみると・・・。

          IMG_6537

肉満タンの贅沢な玉子かけご飯のような感じになりますよ(^^)

    IMG_6542

すき焼きのいいとこ取り。
雰囲気も最高な空間で、受け継がれた味わいの肉丼、最高です!
久留米といえば、ラーメン、焼飯ですが、肉丼も負けていないですよ。
是非食べに行ってみてくださいね。





【松尾食堂】
住 所:福岡県久留米市日吉町5−9    MAP
電 話:0942-32-5648
営業時間:11:00〜14:30 
煙 草:完全禁煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気漫画って、流行りだしてから読み返すことってありますよね?そういえば、この漫画ってどんな感じで始まったのだろうか・・・なんて感じで。そうするとたまに、ビックリすることがあります。え・・・最初ってこんな感じの画だったの?って。まずは、「ドラえもん。」もし ...
続きを読む
人気漫画って、流行りだしてから読み返すことってありますよね?
そういえば、この漫画ってどんな感じで始まったのだろうか・・・
なんて感じで。

そうするとたまに、ビックリすることがあります。

え・・・最初ってこんな感じの画だったの?

って。

まずは、ドラもん。」
もしも機会があったなら、ドラえもんの第1巻を見てください。
今よりもかなりふっくらしてて・・・
いえ、胴体が今よりもちょっと長いのです。
今は2等身だとしたら、2.5等身くらい。
なかなか違和感ありますよ!

そして、もっとびっくりするのが「サさん」。
もうね、今の子供が見たら、ひと目で泣き出してしまうかもしれない^^;
(こちらのHPに載ってますよ〜! よろしければ、どぞ。)

ドラえもんとサザエさん、
昭和の時代にはじまり、令和の時代になってもずっと愛されているってところでは、
共通点がありますよね。

さて、時代が変わっても愛され続けているといえば、
福岡中洲にあるお店、”博多のおでん”。

           IMG_4938

創業は昭和33年。
今から61年前に屋台で創業した、おでんの店。

       IMG_4908

おでんの出汁は、その時から減っては継ぎ足し、その味を守り続けているのだとか。
漆黒とも言えるその見た目とは裏腹に、食べてみると意外とあっさりしているから、
不思議な感じで、その味の虜にさせられる。

       IMG_4906

カウンターに立ち、気になるネタを指さして注文するのもまた楽しい。
いろんな素材の旨味が溶けだした出汁が、また違った素材に旨味を染み込ませてゆく。

          IMG_4917

白菜なんて、その最たるものではないかと思ってしまう。

     IMG_4927

そういえば、茄子のおでんを食べたのも初めてかも。
だしが染み込んだ大根。じゃがいも、タコなどはもちろん、

          IMG_4913

ぎんなん、つくし、ぎょうざ、秋には松茸も登場するらしい。

      IMG_4915

そしてブロッコリーまでもがねたになっているから楽しくて仕方がない。

この出汁があれば、どんな素材をもご馳走に変えてしまえるのかもしれない。

         IMG_4936

大女将がおでんを見守るのを眺めながら、飲むお酒も最高。

     IMG_4901

入店したときは、ちょうど合間だったのか、難なく入れたが、
少し経つとご覧の通りに大盛況。

お品書きはこんな感じで、とりあえず存在する。

       IMG_4895

  IMG_4896


が、季節のオススメは、女将に直接聞くか、
店内のホワイトボードを見るべし。

             IMG_4897

板コン、糸コン200円。
はんぺん、たまごは150円とお安い。

     IMG_4945

許されるものならば、これを炊きたてのご飯の上にのっけて、
かっ込みたい衝動にかられてしまうくらいに味が染み込んだ豆腐も最高。

さっと1杯飲んで、はしごするもよし、
じっくりコシを据えるもよし。

週末のひととき、ちょっといい時間を過ごしてみませんか?

           IMG_4956

今週も1週間、お疲れ様でした。












【博多のおでん】
住 所:福岡市博多区中洲2−6−20 日港ビル 1F    MAP
電 話:080-6400-7819
営業時間:19:00頃〜翌2:00頃 
煙 草:喫煙可
定休日:水・日・祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

昔、聞かれたことがあります。3軒の寿司屋がある。それらの寿司屋のシャリの味は、全く違って、1軒はしょっぱく、1軒は甘く、1軒はちょうどいい。さて、どの店が一番人気があったと思う?そう聞かれると、当然こう答えました。「もちろん、ちょうどいいシャリの寿司屋でしょ ...
続きを読む
昔、聞かれたことがあります。

3軒の寿司屋がある。
それらの寿司屋のシャリの味は、全く違って、
1軒はしょっぱく、1軒は甘く、1軒はちょうどいい。
さて、どの店が一番人気があったと思う?


そう聞かれると、当然こう答えました。

「もちろん、ちょうどいいシャリの寿司屋でしょ?」

すると、その人はこう答えました。

どの店も、すごく人気があって、いつも満席だったよ。

と。

これはいったい、何の謎掛けなんだ??
そう思い、質問すると、その人はこう答えました。

では、しょっぱい、甘い、ちょうどいいとは、誰が決めるんだ?
私にとっては、そのように感じたが、他の人は違うってことだよ。

と。

人それぞれには、好みってものがある。
しょっぱい、甘いが常識を超えて、
逸脱してしまっていては、話も変わってくるけど、
そうでなければ、店主・・・
つくり手が「これだ!」と思う味に迷うことなく出せば、結果はついてくる。

なるほど・・・
そう思いました、博多らーめんのこれを見るまでは・・・。

生、湯気通し、粉落とし、ハリガネ、バリカタ、硬め、
普通、柔め、バリ柔。

(それにしても、「生」とか、「湯気通し」なんて注文する人、いるのかなぁ?)

   あなたのお好みでどうぞ!

         IMG_5130

博多らーめんがどうしても食べたくなって、
博多駅前にある「KITTE 博多」の、
博多純情ラーメン Shin Shin"さんにお邪魔させていただきました。

こちらのお店は、福岡市内に4店舗、そして小倉にもお店がある人気のラーメン屋さんです。
以前、福岡に行った友人に「凄く美味しかったから、是非!」と、
強くオススメいただいたのです。
(そういえば、博多駅のお土産屋さんで、お土産用ラーメンも売ってたなぁ)

         IMG_5102

確かに、観光客の方だけではなく、地元の方にも大人気。
よく流行っていますよ(^^)

     IMG_5099

店内のお客さんも、家族づれ、友人通し、小さいお子さんとお父さん、
そしてカップルと、いろんなお客さんで賑わっています。

20分ほど待って席が空き、奥の方のテーブル席に案内していただきました。

えっと、メニューは・・・
 
      IMG_5103

らーめん、ちゃんぽん、焼きラーメン、油そば、坦坦麺、皿うどん、
やきめし、餃子、そしておつまみにもなる屋台料理といろいろ揃っています。

メニューはこの他、写真入りのものもあるので、
どんなものかをイメージしながらも選ぶことが出来ますよ。
(一番最後に、写真入りメニューも載せておきますね〜!)

注文はシンプルに博多ShinShinらーめん・・・
あ、煮玉子もお願いしちゃいましょう!

         IMG_5113

テーブルの上には、らーめんの味変アイテムがいろいろ。
紅生姜が後半の必須アイテム、ごまも美味しいんだよね〜(^^)
(た、高菜食べちゃたので・・・あれ、高菜はないな^^;)

※高菜食べちゃ・・・のお店の記事は、こちらですよ〜!


そんなことを思い出していると、お願いしたらーめんが登場。

           IMG_5116

おぉ、シンプルでいい感じですよ!
高菜はないけど(もうええっちゅうねん)、きくらげがたっぷりとのっかっています。

まずはスープからいただきましょう。

     IMG_5122

あ、美味しい!
これはわかりやすい味わいですよ(^^)
素直で旨みたっぷり、確かについつい飲み続けてしまいますね。

それでは、麺もいただきましょう。

         IMG_5136

おぉ、これこれ(^^)
この細い麺がいいのです。
この喉越しと食感は、博多らーめん特有のもの。
このらーめんを食べて育った、博多っ子は、麺が太いと落ち着かないと言う人もいるのだとか。
ちなみに、この日は粉落とし・・・ではなく、「硬め」でお願いしました。


    IMG_5119

煮玉子は、黄身の塩梅がちょうどいい。
スープと絡めて食べるとたまらなく美味しいですよ(^^)

       IMG_5146

後半は、卓上の紅生姜をたっぷりと。
紅生姜のあっさりと、スープのコクが凄くいい感じで美味しいのです。

       IMG_5138

チャーシューはそのまま食べても美味しいのですが、
チャーシューで紅生姜を巻いて食べるのもオススメ。
豚肉と生姜、合わないわけがないですものね(^^)

そんな感じで、気が付けば完食。

「すみませ〜ん、替玉・・・」

写真入りのメニューはこんな感じですよ。

    IMG_5104

        IMG_5105

            IMG_5106

  IMG_5107

        IMG_5108

             IMG_5109

      IMG_5111

あっさりと美味しい博多らーめん、是非味わってくださいね〜!





【博多らーめん Shin Shin KITTE博多店】
住 所:福岡市博多区博多駅中央街9−1 KITTE博多 B1F    MAP
電 話:092-260-6315
営業時間:11:00〜24:00(L.O.23:30) 
煙 草:完全禁煙
定休日:年中無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかく旅行に来たのだから、その土地の美味しいものを食べてみたい。そこにしかないようなお店に行ってみたい。そう思いませんか?でも、観光地で食事をしようと思い、思いつきで入ったお店で失敗してしまう・・・。そんなつらい経験をした方も少なくないと思います。「だ ...
続きを読む
せっかく旅行に来たのだから、その土地の美味しいものを食べてみたい。
そこにしかないようなお店に行ってみたい。


そう思いませんか?
でも、観光地で食事をしようと思い、
思いつきで入ったお店で失敗してしまう・・・。
そんなつらい経験をした方も少なくないと思います。

「だから、どこでも安定のクォリティが期待できる、チェーン店に行きます。」
そうおっしゃる方も少なくありません。
確かに失敗はしないでしょうが、ちょっともったいない。

でしたら、地元密着型でチェーン展開しているお店はいかがでしょうか?

有名なところでは、函館の「ラッキーピエロ」、
静岡の「さわやか」、
名古屋の「味仙」、
和歌山の「グリーンコーナー」、
沖縄の「キングタコス」・・・。

そして、大阪の「551蓬莱」もそんな感じでしょうか?

先日行ってきた、福岡のうどん「ウエスト」も美味しかった。

福岡のうどん。
以前聞かされていた話は、こんな感じ・・・

コシがない、柔らかい麺が特徴で、食べても食べても減らないうどん・・・。

それって、讃岐うどんとは対極じゃないか・・・。
しかも、麺が出汁を吸ってドンドン増えるって?
伊勢うどんのようなものなのか?


あまりすすんで食べようとは思いませんでした。
でも、それでも私の食の好みをよく知ってくれている、福岡在住の友人が言うのです。

「さいちゃん、ぜひ福岡のうどんを食べてみて!
   牧のうどん、ウエスト、資さんうどんとかチェーン店だけど、
      それでも美味しいからぜひ一度!」

そして、東京在住の友人も、
「ウエストうどんって凄いよ。 吉野家みたいに福岡の街のどこにでもあるけれど、
   そんなチェーン店でも、びっくりするほど美味しくて安いから。」

そんなふうに話すのです。

それならば・・・
というわけで、福岡滞在時のホテルの近くにあって、
24時間営業の“ウエスト 川端店”に行ってきました。

        IMG_4770

お店はアーケードのある、川端商店街の中にあります。

土曜日の朝、7:30を少しまわった頃。
店内にはまだ、昨夜からの延長戦真っ最中のお客さんもいらっしゃいます^^;
中洲川端で、24時間営業なおかつ、週末とくれば当然かもしれませんね。

そんな中、ひとりカウンター席に座り、メニューを眺めます。

    IMG_4748

「めん」にこだわり 「だし」にこだわり
「天ぷら」はサクッとキャノーラ油 「お米」は阿蘇産のあきげしき

うどん店では クレジットカード支払いが出来ません。

           

あ・・・これは関係ないか^^;

    IMG_4750

こんな感じで、いろんなうどんが楽しめますよ。

       IMG_4751

            IMG_4752

サクッとでも、ガッツリ食べたいときも大丈夫。
天ぷら盛りなどのおつまみもあるので、オールナイトの延長戦も可能^^;

ちょっと迷いましたが、やはり定番の「ごぼう天うどん」が食べてみたい・・・。
というわけで、出来上がってきた、ごぼう天うどんはこんな感じです。

        IMG_4756

透き通った出汁に、細めのうどん。
そして、ごぼう天が7〜8個もはいっています。
それにしても、たしかにシンプルですね・・・。

       IMG_5025

カウンターの上には、緑と黄色の容器が鎮座。
中にはそれぞれ、ネギと天かすが入っています。

これを使って、ちょっとドレスアップしてみましょうか・・・。

         IMG_4757

お、一気に華やかになりましたね(^^)
それでは早速いただきましょう。

        IMG_4762

え・・・これ美味しい!
出しも上品な中に味わいがあって、安さゆえの妥協ってものが見当たらない。
そして、麺のしなやかな食感に魅了されます。

讃岐うどんのように、初対面からガッツリとコシを楽しめるタイプではなく、
しなやかさが先に来て、次にシルキーなのどごしが楽しめます。
最後、噛み切ろうとすると、ほんの少しの抵抗感を感じ、
心地よく切れていくような食感です。

こりゃぁ、飲んだあとにも最高でしょうね(^^)
そして、出汁とうどんの一体感が半端なくいいのです。

          IMG_4765

ごぼう天は、一口で食べやすい大きさで、これも美味しい。
衣が出汁と一体になって、クセになるあじわいですよ(^^)

しっかりと堪能させていただきま・・・。

忘れられない、あのうどんの食感が!

そんなわけで、次の日の朝ごはんにも訪問。

         IMG_4750

また、ごぼう天うどんでもいいけれど、それじゃぁ芸がないなぁ・・・。
あ、かしわ!
そうだ、かしわめしが有名な福岡だから、今日はかしわうどんにしよう!

           IMG_5029

そんな感じで、2日目は、かしわうどんを楽しませていただきました。

    IMG_5034

これには、卓上にある、天かすをプラスしても美味しいですよ(^^)

なかなか手を出さなかった、福岡のうどん。
ラーメンの街だと思っていたので、手を出そうと思わなかった、福岡のうどん。
でも、一度その魅力を知ってしまったら、忘れることが出来ない福岡のうどん。


結局、他のお店と合わせて、4食も福岡のうどんを楽しんでしまいました。

福岡のうどん、未体験の方は是非とも!
目からウロコが落ちますよぉ〜。

        








【ウエスト 川端店】
住 所:福岡市博多区上川端1−8    MAP
電 話:092-281-0560
営業時間:24時間営業 
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

「8時だョ!全員集合」あれ、生放送だったのですよね!いかりや長介の「8時だョ!」の掛け声がかかると、残りのメンバーが走って登場する。当然その後のコントも生放送。今考えると、凄いことしてたんだなぁって思います。私の子供時代、その頃のドリフターズの人気と言った ...
続きを読む
「8時だョ!全員集合」

あれ、生放送だったのですよね!
いかりや長介の「8時だョ!」の掛け声がかかると、残りのメンバーが走って登場する。
当然その後のコントも生放送。

今考えると、凄いことしてたんだなぁって思います。

私の子供時代、その頃のドリフターズの人気と言ったら、凄かったのです。
「8時だよ全員集合」や、「ドリフの大爆笑」を見ていないと、
翌日の学校での話題に取り残されるくらいに。

その中でも、加藤茶と志村けんの人気は凄かった。
東村山音頭、ヒゲダンスなど、大ヒットのコントも生み出し、
今見ても、クスッと笑ってしまうんじゃないでしょうか?


そう言えば、私の生まれ故郷の街に、
加藤茶店っていうのが、あるのですよ。


お店の前を通る時、「ひっくしょん!」なんて言いながら走り去ったのを懐かしく思います。

お店の名前にインパクトがあると言えば、
福岡、薬院にあるカレーのお店。

         IMG_9353

  日英印式 香辛汁掛
え、 奥?   ダメって書いてある・・・。

いえいえ、お店の名前が“ダメヤ”なのです。

     IMG_4813

この日のランチは、薬院の駅から歩いて5分くらいのところにある、
カレーのお店にお邪魔させていただきました。

この日は、お昼12:00にオープンのこちらのお店。

      IMG_9354

開店前に既にこの行列です。

1,2,3,4・・・既に15人待ち。

確か、店内の席数が8席ぐらいだったから、2巡目には入れるのかな?
ま、気長に待ちましょう。

          IMG_4798
この路地の一番奥が、目的のお店、「ダメヤ」さん。
とどろき酒店 薬院stand
路地の途中にも、ちょこっと気になるお店があるような・・・

何だかちょっと気になります。

いま順番待ちをしているカレーの店、ダメヤさん。
実はいろいろとローカルルールがあるお店なのです。

孤食のグルメ、3名以上は同時に案内不可。
店内の撮影は禁止で、料理のみ可。
サッと撮って、熱いうちに食べてください。
行列の横入禁止。
        IMG_4802

ま、当たり前のこと書いてあるだけかも。

お、入口の横にある、メニューボードのところまでもうすぐ。
ここまで約30分。

             IMG_4799

◯△ログレ□ュアーお断り・・・

もひとつあった、ローカルルール。
いろいろ辛いことがあったのかも^^;

さ、いよいよ入口の前まで到着。

         IMG_4805

本日のカレーは2種類で、
チキンキーマクラシックと、ハッシュドビーフカレー(売り切れか・・・)。
では、オプションのナスをトッピングしちゃいましょう。
ベリーホットもあるけれど、はじめてのお店ではキケンすぎる^^;

そして、待つこと40分ほど。
いよいよ店内へ入ります。

店内は、カウンター席のみで8席。
先ほど入口のところに書いてあったような感じで、注意書きがありますよ。

撮影禁止、料理は可 でも、動画は不可。

みなさん、黙々とカレーを食べているけれど、
ピリピリした空気感とかは皆無。
そして、漂うスパイスの香りは素晴らしいものがありますね(^^)

そして、私の目の前にも注文したカレーが到着。
り、料理の写真は良かったんだよな?
サッと撮って熱いうちに食べるべし・・・。

             IMG_4807

あかん、変に緊張してブレブレやん〜^^;;


気を取り直して、もう一度チャレンジ。

      IMG_4809

はい、今度は綺麗に撮れました(^^)

ボリュームあります。

そう書いてあったとおり、パワフルな盛です!

それでは早速いただきましょう。

             IMG_4812

おぉ、中々パワフルなキーマ。
クラシックと言うだけあって、ドーンと肉の旨味が来ます。
そして、ナスが相性抜群!
これはプラスでトッピングされることをオススメしますよ(^^)

食べやすいスープタイプであっさりしたキーマに対して、
こちらは肉、脂をスパイスがうまく調和させて、一皿で満足させるタイプのカレー。
大阪新町 Gharのキーマに似たような印象も受けます。


福岡で大人気のカレーのお店、ダメヤさん。
こちら薬院店は、キーマが主体。
そして、野芥(のけ)店は、
チキンカレー、ハシミールチキンカレーなどをいただくことが出来るようで、
メニューのスタンスが少し違うお店になっているようです。

今度是非、野芥店の方にも行ってみよう!
行列? へ、平気です・・・多分^^;










【ダメヤ薬院店】
住 所:福岡市中央区薬院3−7−30    MAP
電 話:06-6607-6060
営業時間:12:00頃〜14:15頃  18:30頃〜21:00 
        ※日によって異なるので、HPで確認してくださいね。
煙 草:完全禁煙
定休日:不定休(HPで確認くださいね。)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとりめしが楽しめるお店を教えて下さい。先日、そんな風に聞かれました。ひとりめし。みんなでワイワイやるのではなく、ひとりでしっぽりと楽しめる、1人でいっても浮かない、他にもおひとりさまが、何人もいる。そんなところなんでしょうね。基本、カレー屋さんやラーメン ...
続きを読む
ひとりめしが楽しめるお店を教えて下さい。

先日、そんな風に聞かれました。

ひとりめし。
みんなでワイワイやるのではなく、ひとりでしっぽりと楽しめる、
1人でいっても浮かない、
他にもおひとりさまが、何人もいる。

そんなところなんでしょうね。

基本、カレー屋さんやラーメン屋さんは、おひとりさまが多く、
イタリアンやフレンチにおひとりさまって、意外と少ないのかもしれません。
それと、お好み焼き、鍋物のお店も、グループ向けですよね。

でも、おひとりさまで楽しめるしゃぶしゃぶのお店ってあったような・・・。

1人にひとつ、コンロがあって、自分で好きなように食べることが出来る。

1人にひとつではないですが、先日行ったこちらのお店は、
ひと組(2〜3人)にひとつ、カウンターの目の前に七輪があって、
お店の方がちょうどいいタイミングに焼いてくれるのです。

          IMG_4711

自分で焼くのではなく、お店の方が目の前でつきっきりで焼いてくれるから、
絶対に失敗がなく、絶妙のタイミングで食べられる。

福岡、天神の街の片隅にひっそりと隠れ家のように存在するこちらのお店、
“炉ばた 三光橋”。

             IMG_4746

赤い提灯に「三光橋」と書いてある目印を見つけると、
そこの通路を更に奥へ。
すると、お店の入口を見つけることが出来ます。

        IMG_4744

赤い提灯と、「三光橋」と書かれた入り口上の行灯がなければ、
この扉を開けるには相当勇気がいるのかもしれません。
そんな雰囲気なのですが、お店の中に入ると、元気な掛け声とともに出迎えてくださいます。

    IMG_4694

厨房を囲むようにカウンター席が並び、席数は20席ほどでしょうか?
それぞれの席の前には、炭火が入った七輪が並べられ、
そこで旬の食材を焼いて楽しむことが出来るようです。

             IMG_4700

生ビールを飲みながら、何を焼いてもらおうかと悩みながら、ズラリと並ぶお品書きを眺めます。

  IMG_4698

オススメは、鶏盛と、本日の野菜の盛り合わせなのだとか。
とりあえず、それはお願いして、あと他に気になるものも見てみることに。

           

   IMG_4695

            IMG_4726

気になるものをいくつかお願いすると、順番に目の前で焼き上げてくださいます。
何が嬉しいかと言うと、いちいち焼き加減を気にすることなくても、
絶妙のタイミングで、「どうぞ〜」って声をかけてくれること。

     IMG_4709

焼き物は、塩、胡椒、柚子胡椒のほかに、
ポン酢と玉子、ネギが入った特製のタレで食べるのが美味しいのだとか。

            IMG_4718

食べるとまた次を。
そんな感じで、こちらのペースに合わせて焼いてくれるのが嬉しいです。

      IMG_4721

焼き揚がったら早速特製のタレをたっぷりと付けていただきます。
これが、想像以上に美味しかったから、他にもいろいろ追加でお願いしちゃいました。

       IMG_4742

鳥ハラミ焼き。
これに柚子胡椒をちょこっと乗っけて食べるとかなりイケます。

       IMG_4717

ミョウガとセロリの酢の物で、途中さっぱりと。
これもすごく美味しいですよ(^^)

鳥盛、野菜盛りを食べ終えても、まだまだなにか食べたい気分。

         IMG_4696

ずらりと並んだ、お品書きの札とにらめっこしましょ。

「すみません、あげまき貝と、雲仙ハムをください」

昔は、瀬戸内海にもたくさんいたとされる、あげまき貝も、今では有明海に少しいるのと、
あとは韓国から入ってくるものがほとんどなのだとか。
ある意味、希少な食材かもしれません。

そして、雲仙ハムは、以前行ったこちらのお店で食べたものが忘れられなくって。

     IMG_4727

こんな感じで、焼けていくのを眺めているのもいいものですね。

          IMG_4730

表面はカリッと、中はジューシィに焼き揚がった雲仙ハム。
粒マスタード、マヨネーズをお好みで。

そして、あげまき貝はこんな感じ。

        IMG_4733

これが甘くてめっちゃ美味しいんよね〜(^^)

           IMG_4739

これだけ新鮮な素材を炭火で炙って、焼き立てを楽しめる。
そして、お値段もリーズナブルなのが嬉しいです。

入店したときは、早い時間だったので、店内の様子も落ち着いて撮影できましたが、
出るときは満席御礼。

超が付くほどの人気店なのて、是非予約していってみてくださいね。
口コミ以上のお値打ち、ありますよ(^^)








【炉ばた 三光橋】
住 所:福岡市中央区春吉3−22−17    MAP
電 話:092-712-7373
営業時間:17:00〜24:00
煙 草:喫煙可
定休日:なし
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

博多駅から20分、天神からならば13分で、こんなにきれいな海がある街、福岡。地下鉄姪浜駅を降りて、海辺へ向かって歩くこと、約15分。           ビックリしました。ちょっと時間が合ったので、福岡の海でも眺めてみるか・・・そんな軽い気持ちで、ヤフオクドー ...
続きを読む
博多駅から20分、天神からならば13分で、こんなにきれいな海がある街、福岡。
地下鉄姪浜駅を降りて、海辺へ向かって歩くこと、約15分。

           IMG_4685

ビックリしました。
ちょっと時間が合ったので、福岡の海でも眺めてみるか・・・
そんな軽い気持ちで、ヤフオクドームがある、シーサイドももちの辺りまで。

     IMG_4683

こう見ると、都会の海って感じなのですが、水の透明度が違ってました。
こりゃぁ、魚もイカも美味いだろうなぁ・・・。

そして、この日のお昼ご飯にいただいたうどんの透明感も凄かった。

           IMG_4667

地下鉄空港線の姪浜駅から歩いて3分くらいのところにあるお店、
“まとこうどん”さん。

    IMG_4681

お昼時になると、近隣の家や会社の方が、
美味しいうどんを求めて、列をつくることも珍しくない人気店。
何かでこちらのお店のことを知り、メモしていたのです。

この日にいただいた、かしわうどんも絶品!

           IMG_4656

出てきて、ひと目見て美味しいってわかるようなルックスです。

以前は、福岡の麺類は、ずっとラーメンだと思っていたのですが、
福岡うどんの美味しさに目覚めてしまった今としては、外せないお店です。

こちらのうどんの人気の秘密のひとつは、出汁の美味しさ。

           IMG_4662

なめらかな食感のうどんとよく絡み合って、ずっと食べ続けていたい衝動に駆られます。

そういえば、この美味しい出汁と、このなめらかな食感のうどん、
昔、何処かで食べたような気がするなぁ・・・

まだ、福岡のうどんどころか、ホンモノの博多ラーメンも体験していない頃。

あ、そうだ!

松山、道後温泉のすぐ横にあった「としだのうどん」がこんな感じだったなぁ。

出汁が美味しくて、柔らかいのだけれど、決して伸びているのではない麺。
当時は、おばあちゃんが時間をかけて丁寧にうどんを打てば、
こんな感じのしなやかなコシのうどんになるんじゃないのかなぁ?
そんな風に感じていたのを思い出します。

ずっともう一度食べたいと思っていた、「としだのうどん」・・・
こんな形で記憶が呼び戻されるとは思いもしませんでした。
(としだのうどんの記憶は、わたしの30年も前の記憶ですので、曖昧かもしれませんが^^;)

            IMG_4676

後半は、柚子胡椒を入れても、味が引き締まってまた違った美味しさを楽しむことが出来ます。

      IMG_4669

出汁と鶏の旨味と柚子胡椒。
それが、しなやかで透明感のあるうどんをよく合って本当に美味しい。
ここ、必ずリーピートしたいと思います。(キッパリ!)

       IMG_9306

温かいうどんだけではなく、冷たいうどんもあるのですね。
そして、メニューの最後に書かれた、水餃子が妙に気になる・・・(^^)

            IMG_9307

毎週月曜日が定休日。
ランチタイムだけではなく、夜ご飯もいただくことが出来ます。

       IMG_9308

少々時間がかかろうが、順番待ちがあろうが、食べておいて損はなし。
他では味わえない美味しさを堪能することが出来ますよ(^^)

ぜひ、食べに行ってみてくださいね!








【まことうどん】
住 所:福岡市西区姪浜駅南1−3−26    MAP
電 話:092-891-0255
営業時間:11:00〜15:00 17:30〜21:00 
煙 草:
定休日:月曜日
駐車場:あり(3台分)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

半ドン。今では週休2日が当たり前になっていますが、昔は土曜日が午前中までで、午後から休み。それを、半ドンって呼んでました。半ドンの「ドン」っていったい何?半ドンとは、半分ドンタクの略。では、ドンタクって・・・。ドンタクは、オランダ語で日曜日の意味「zontag」 ...
続きを読む
半ドン。
今では週休2日が当たり前になっていますが、昔は土曜日が午前中までで、午後から休み。
それを、半ドンって呼んでました。

半ドンの「ドン」っていったい何?

半ドンとは、半分ドンタクの略。
では、ドンタクって・・・。
ドンタクは、オランダ語で日曜日の意味「zontag」が訛ってドンタクになったのだとか。

ドンタク・・・
ドンタクといえば、博多どんたく。
そういえば、博多どんたくの開催日は、5月3日と4日。
たしかに休日、GWですよね。
これも何か関係あるのでしょうね、「zontag」と。
          IMG_4650

さて、博多どんたくと並んで、有名なお祭りが、祇園山笠。
こちらの開催は、真夏の7月1日からはじまり、15日にクライマックスのフィナーレを迎える。
なんでも期間中、博多の人はきゅうりを食べないのだとか。
(きゅうりの断面が、天神さんの紋章と似ているからなのだとか)
           IMG_4641

午前4時59分、櫛田神社の周辺の雰囲気はすごいものがありますよ!
       IMG_4648

この日は、そんな櫛田神社のすぐ横にあるお店、
”かろのうろん”さんにお邪魔させていただきました。

          IMG_4639

福岡のうどん屋さんで、かなり有名なお店で、
地元の方はもちろん、多くの観光客の方で賑わっているのだとか。

    IMG_5046


角にあるうどん屋さんだから、「かろのうろん」なのだとか。
讃岐うどんとはちがい、柔らかいのが特徴のうどん。
こう書くと、讃岐うどんの強いコシが好きな方は興味をなくすかもしれません。

でも、でも実際に食べてみると、そんな簡単に切り捨ててはいけないほど、
美味しいっていうのを体験してきました。

           IMG_4634

入口の横にあるショーケースには、サンプルのうどんが並びます。
では実際のうどんは・・・

         IMG_4637

あそうだ、こちらのお店は店内での撮影は禁止。
かと言って、お店の中には睨みを効かせた怖い店主がいるわけではないのでご安心を。

店内に入ると、テーブル席に案内していただけます。

「こちらの席にどうぞ! 店内撮影禁止でお願いしますね〜」

極めて自然に、優しく声をかけてくださいます。

メニューは・・・
あ、壁を見ればどの面にもかいてありますね。
ごぼ天うどん、丸天うどん、肉うどん、肉とじうどん、かしわめし・・・。

「すみません、ごぼ天うどんと、かしわおにぎりをお願いします。」

定番ですが、最初は定番から攻めてみようかと・・・。

それにしても、今まで福岡には何度も来たことがあり、
食べ物のやすさもおいしさも十分に体験したつもりではいたのですは、
うどんは初体験なのです。

福岡のうどんは、やわらか麺で、コシがない。

そんな噂を聞いていたので、手を出す気持ちは全くなかったのです。

コシがないうどん・・・伊勢うどんのようなものなのか?
まだ、美味しいと思える伊勢うどんに出会ったことがないし、
福岡で麺類といえば、ラーメンだと思っているし・・・。

でも、福岡在住の友人が強く、すごく強く薦めるのです。
「さいちゃん、福岡でうどん食べんといかんよ、
           絶対に美味しいし、気にいると思うから!」
って。

それだけ言われたら、やはり気になる。
そんなわけで今回、食べに来てみたのです。

そんなことを思い出していたら、先にかしわおにぎりが登場。

お皿には、かしわおにぎりが2個。
2個あるけど、小ぶりだから大丈夫、超満腹になってしまうことはなさそうですよ。

だいたい、3am角くらいの三角形か?
先に食べたい衝動を抑えて、うどんが来るのを待ちましょう。

 

テーブルの上には、ネギが山盛り乗っかった、すり鉢。
箸置きには「カメラ 携帯での撮影はご遠慮ください」の文字。
 
徹底しているなぁ・・・
これならば、誰も間違って写真を撮ることもなさそうだし、
「写真撮ってもいいですか?」って聞いて、「ダメです!」って言われ、
気まずい雰囲気になることもなさそう^^; 

 

店内は、4〜6人がけのテーブルが4つと、2人がけのカウンターが1つ。
そんなに広くはないけれど、いい感じでまとまった店内ですね。
「かろのうろん」というだけあって、
お店は角にあるので、窓もたくさんあって明るいですよ。
そして、店内の天井は、昭和の頃の和室のような感じ。
 
レジのところには、大福帳。
実際に使っているわけではないでしょうが、
これがまたお店の雰囲気によく合っている。 

それにしても、人気店ですね、どんどんお客さんが入って来る。
そのたびに、「すみません、店内撮影禁止でおねがいします。」と案内をしています。
 
カウンター、厨房の方からうどんをシャッ、シャッと湯切りする音が聞こえる。 

なんかね、その音でさえも美味しさ王に聞こえるから不思議。
姿は見えずとも、熟練の職人さんが湯切りしているのがわかる・・・
そんな感じなのです。

すると、私の目の前に、お願いした「ごぼ天うどん」が出来上がってきました。

鉢の大きさは普通。
ごく普通なのですが、タップリ目に入った透明感のある出汁がいい感じ。
その上に、ごぼ天がのっかっています。

ごぼ天とは言っても、おでんに入ってる練り物のごぼ天ではなく、
ごぼうをささがきにしたものの天ぷら。
これがタップリとのっかっているのです。

とはいえ、なんだかビジュアルが地味に見えるのは何でだろうか・・・。

あ、琥珀色の出汁に、これまた琥珀色のごぼ天。
色合いが単一なんですね〜。
 
先ずは出汁をいただきましょう。

おぉ〜、いりこ、さば節、鰹節などが効いて美味しいです。
でも、そんなに出しが主張するようなタイプではなく、割と控えめでしょうか。

それでは、麺もいただきましょう。

箸でリフトすると、しなやかな感じが伝わります。
そして、麺の一本が結構長いですね!
これは、手打ちで作ってる証拠って感じですね(^^) 
それでは早速いただきましょう・・・。

お・・・おぉ、おぉぉぉぉぉ〜!

何ですか、この心地よい食感は(^^)

食べてみると、そのしなやかさにちょっと驚きます。
柔らかな麺、腰がないのが福岡のうどん。

そんな風に聞かされていましたが、そんな単純なものではない。
滑らかな口当たりのあと 、わずかに抵抗感を残してぷつんと噛み切れる。
それがすごくいい感じなのです(^^) 

やわらかいうどん・・・
そう聞いて、昭和の頃の大阪うどんや、
伊勢うどんみたいなのを想像してしまってましたが、
そんなものとはぜんぜん違う。
この滑らかさは稲庭うどんにも似たような雰囲気があるのではないでしょうか?
これは本当にハマります!

ここで、卓上に置かれているネギを投入。

こうすると、一気に見た目が華やかに変身します!

このうどん、出汁との相性も最高にいいのです(^^)
うどんと一体になって、そこに存在する。
同じ福岡のうどんでも、食べていくうちに麺がだしを吸って、減らないような感覚になる、
牧のうどんとはまた別物みたいですね。

そして、このタイミングで、かしわおにぎりをいただきます。

パクっ、モグモグ・・・(あ、すごく美味しい!)
ここで、うどんの出汁を一口・・・
お・・・おぉ〜っ!これはものすごく美味しい!


そうなのです。
ただでさえ美味しいかしわおにぎりが、うどんの出汁と出会うと、
ものすごい事になるのです!


小さめのおにぎりがふたつ。
うどんと一緒にちょうどいい感じだと思いますよ(^^)

かろのうろん。
福岡のうどんに、すっかり魅了されてしまいました。
まさに私の中で、「福岡の麺=ラーメン」の図式が塗り替えられた瞬間です。

           IMG_5044
  博多名物 荷物にはならぬ 食べておかえり
          かろのうろん


これから福岡に来た時は、必ずうどんを食べることになりそうです(^^)






【かろのうろん】
住 所:福岡市博多区上川端町2−1    MAP
電 話:092-291-6465
営業時間:11:00〜19:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:火曜日(祝日は営業)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行に行って、しばらく日本食を食べない日が続くと、お漬物の味が恋しくなったことありませんか? 日本にいると、ご飯を注文すると、無料でついてくることが多いお漬物も、外国では貴重品。 以前、外国のうどん店で親子丼を注文すると、たくあん一切れが四等分されて出 ...
続きを読む
海外旅行に行って、しばらく日本食を食べない日が続くと、お漬物の味が恋しくなったことありませんか?

日本にいると、ご飯を注文すると、無料でついてくることが多いお漬物も、外国では貴重品。
以前、外国のうどん店で親子丼を注文すると、たくあん一切れが四等分されて出てきたのを思い出します。

北海道から九州まで、いろんなお漬物がありますよね。

赤かぶ漬け、いぶりがっこ、野沢菜漬け、千枚漬け、すぐき、福神漬、べったら漬、たくあん、
広島菜漬、わさび漬け、松前漬け・・・
あ、梅干しも漬物の一種ですよね。

日本全国にいろんなお漬物がたくさんあります・・・・
とはいえ、沖縄にはお漬物ってあるのでしょうかね?

そういえば、沖縄に住む兄弟のところに遊びに行くときに、お土産簿リクエストを聞くと、
「お漬物を買ってきて! こっち(沖縄)には、殆ど売ってないから・・・」
といっていたのを思い出しました。

さて、沖縄ではないですが、九州の名物、高菜漬け。
あれ、美味しいですよね!
カウンターの上に「ご自由にどうぞ!」って感じで置いてあったりすると、自然に手が伸びてしまいます。

でも、何も考えずに高菜に手を出すと、退店させられてしまうと噂のラーメン屋さんがあるのです。とはいえ、かなり美味しいとのことなのです。

そのラーメン屋さんは、福岡市にあります。
8640d504.jpg


スープにかなりのこだわりを持っていて、提供されたラーメンをスープから飲まないと退店させられるのだとか・・・。

その他にも、こんなルールが・・・

最初にスープから飲まずに麺を食べてしまったら退場。(スープにかなりのこだわりを持っているため)
最初にスープを飲む前に、スープをかき混ぜてしまっても退場。(同じく、スープの味を真剣に味わってもらいたいため)
ラーメン、店内等を撮影すると退場(撮影禁止のお店って、たまにありますよね)
店内で携帯で会話はもちろん、を見ているだけでも退場。(ラーメンに集中できない人はNG)
着信音がなっても退場。(同上)
目の前にある高菜を先に食べてしまったら退場。(激辛の辛子高菜を先に食べてしまったら、スープの繊細な味がわからなくなるため)
地図を持って見ながら店に入ると退場。(一見さんお断りのため)
何がおすすめですか? と聞くと、退場。(同上)
・・・・・。


すべてが真実なのかどうかは定かではないのですが、
「スープから先に飲むこと」と、「先に高菜を食べてはいけない」と、「携帯、撮影禁止」はどうも事実らしいです。

そんな噂の真偽を確かめたいのと、そんなにすごいラーメンならば是非食べてみたいという思いが募り、お店に行ってみました。

最寄り駅である、地下鉄の呉服町駅から、歩いてお店の方に向かいます。


iPhoneの地図を確認しながら、最後の角を曲がると、あと100m先には目的のお店が・・・。
ここからは、iPhoneも上着のポケットにしまい、記憶を頼りに足を進めます。

私の前方20mほどに若い男性がひとり。
(あ・・・なんか、あの人の目的地も一緒のような気がする・・・)

地図を見ながらの来店お断り・・・。

その噂の真偽はわかりませんが、やはり気になったらどうしても食べたいものです。
そして、いよいよお店の前に到着です。
                     2d0f669b.jpg


噂に聞いたとおり、お店にはのれんはもちろん、看板も何も掲げてありません。
ただひとつ、青く小さなバケツが意味ありげにぶら下げられてあるのみなのです。
                
この青く小さなバケツが出ていることが、営業中の印らしいのです。
              3e4e82be.jpg


私の20mほど前を歩いてた人が先にお店に入ります。
(あ・・・予想的中! あの人もこちらのお店が目当てだったんだ^^;)

そして、その少しあとに私も続いて扉を開け、お店の中に入ります。

「いらっしゃいませ〜!」
   「いらっしゃいませっ!」
   「いらっしゃいませ!」


お店には店主、奥様ともう一人女性の方がいて、皆さん本当に元気に声をかけてくださいます。
そう、こちらのお店の名前は“元気一杯”。

看板に偽りなし(看板、無いけれど^^;)といったところでしょうか?
                       f40c4a37.jpg



「こちらのカウンター席にお願いします。」

私のすぐ先に入った男性客の隣の席を指定されました。
店内は、入り口を入って右側の壁に沿ってカウンター席が5席と、
左側には、2人がけのテーブルが5卓。

お店の雰囲気に刺々しいものはなく、どちらかと言うとフレンドリーでウェルカムな感じさえするのです。

指示されたとおりにカウンター席に座っていると、お冷の入ったコップが提供され、注文を聞いてくださいます。

「ラーメン、カタで。」
「はい、ラーメン固めですね。」


お・・・お隣は硬麺を注文したようですね。

「ご注文は?」
「ラーメンをお願いします。」
「麺は普通でよろしいですか?」
「はい、普通でお願いします。」

        (予定通りのセリフで、注文します^^;)
おぉ、無事に注文完了!
まずは、第1関門通過です。

さて、そこで普通の飲食店では、iPhoneなどを触りながら、料理が出来上がるのを待つのですが、こちらのお店では、携帯電話を操作するのも禁止。
それがわかると、退場だというのだから大変です。

店内にはテレビが置いてあり、誰でも見ることができます・・・
が、それを眺めるのも何だか・・・な気がして、目の前の壁に貼ってあるポスターを眺めます。

本当は振り返って、店内にあるメニューや注意書きをジロジロ見てやろうかとも思いましたが、
何だかそれもトラップのような気がして、それも出来ず。
  (あとで調べてわかりましたが、メニューは、ラーメン、きくらげラーメン、チャーシュー麺、替玉、カレー味替玉があるようです。)

そうそう、トラップといえば、例の高菜。
5人がけのカウンター席に、何と4つも置いてあるのですよ。
そう、誰の手からもすぐ届くところに。
そして、噂通り、「先に高菜を食べないでください。」等の注意書きは一切なし。
なるほど・・・これが、トラップと言われる所以か・・・。

そんな感じで待っていると、お隣の方のところにラーメンが提供されます。
「スープから先にどうぞ。」の声とともに。

お隣は、硬麺だから早いんだろうなぁ・・・
そんなことを思っていると、私のところにも続いてラーメンが提供されます。

「スープから先にどうぞ。」

何の予備知識もなく聞いていると、それは、スープから先に食べたほうが美味しいのでおすすめですよ!のように聞こえるのですが、(実際、優しく言ってくれるのです)
実は、スープから先に食べなければさようならの意味^^;
こちらのお店では、マストのルールなのです。

言われたとおり、まずはスープをいただきます。
あ・・・この時に、スープを混ぜてもだめだそうですよ。

お・・・
おぉ、美味い! たしかに美味い。

濃厚なのだけれど、ものすごくクリアな味わい。
これは初体験かもしれませんね。

一口か二口・・・。
そうおもい、スープを飲みはじめましたが、気がつけば5口くらい、いっちゃってるのです。
たしかにこれは、かなり手間ひまかけてるなぁ・・・
そんな印象のスープなのです。

そして麺もいただきます。
麺は、博多ラーメンの王道、極細麺のストレート。
硬さは普通にしましたが、心地よいコシとしなやかな喉越しを楽しむことができます。

そして、この麺が濃厚なスープを良く絡め取ってくれて、すごく美味しくいただけるのです。
こりゃぁ、ファンが多いのも頷けるなぁ。

具材は、青ネギときくらげとチャーシュー。
シンプルだけど、王道の博多ラーメンという感じですね。

それでは、チャーシューもいただきます。

チャーシューはしっかりした食感のものが2枚。
これもバランスがいいですね。
派手に目立って「うま〜い!」という感じではなく、さりげないけど、きっちり美味い。
そんな感じのチャーシューなのです。
やはりここでは、スープが主役・・・ということなのですね。

そして、きくらげとネギも一緒にいただきます。

さり気なく美味い。
このラーメンに入ってるもの、どれも際立って主張しないのです。
というよりも、どれもスープの美味しさを際立てて、しっかりと脇役を務めてるという感じ。
そして、具材と一緒に食べると、スープの味わいが微妙に変化していくのを感じ取ることができるのです。

ラーメンを半分・・・いえ、2/3位食べたところで、いよいよ禁断の・・・
いえ、この段階ではもうすでに禁断ではないどの席からも届くところに配置された高菜が入った器に手をのばします。

「た、高菜食べてしまったのですか??」
(のセリフは、この段階では飛んでこないので安心ですね^^;)

一緒に置いてある箸でひとつまみラーメンの中に投入して、いただきましょう。


(^^)(^^)(^^)

おぉ!
これはよく考えられていますね。
たったひとつまみでも、けっこう攻撃的な辛さなのですが、まったりとしたスープとの相性は言うことなし。
ピリッと味が引き締まって、いくらでも食べられそうな気さえします。

そんな感じで、あっという間に完食。
もちろんスープも残さずにいただきました。

お会計(ラーメンは700円)を済ませ、お店を出るときも、

「ありがとうございました(^^)」

と、すごく爽やかな笑顔で見送っていただきました。

ローカルルール満タンのこだわりスープのラーメンのお店、元気一杯さん、
お店のルールさえ守っていれば、極めて気持ちよくラーメンをいただくことができます。

もしも、それだけ厳しいルールはちょっと・・・
という方がいらっしゃいましたら、暖簾分けされたお店、“元気一番”の方へどうぞ!
             0b419d5f.jpg


元気一番は、薬院駅から歩いて5分位のところにありますよ。

こだわり抜いたコクと旨味のとんこつラーメン。
ラーメンはスープが命! 
美味しいラーメンを食べるためならば、そんなルールなんて全く問題なし!
そう思われる方は、ぜひ一度食べに行ってみてください。
入り口の横に青いバケツで出ていたら、それが営業中の印。
確かめてみてくださいね!







【元気一杯】   
住所:福岡市博多区下呉服町4-31    MAP     
電話:非公開   
営業時間:12:00頃~15:30頃   
煙  草:完全禁煙
定休日:日曜日と、納得のいくスープが出来なかったとき。
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

Instagramやってます。 Follow me!! 

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com
このエントリーをはてなブックマークに追加