美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:福島

ドラマ、「半沢直樹」を見ていて思ったシーン・・・若かりし大和田常務が手柄を上げ、「寿司でお願いします、課長の奢りで」と、言ってるシーン。手柄やお礼には、寿司。憧れますよね、奢りで、寿司。やはり、ご馳走といえば寿司と焼肉になるのでしょうか?昔は、何がいいか ...
続きを読む
ドラマ、「半沢直樹」を見ていて思ったシーン・・・

若かりし大和田常務が手柄を上げ、「寿司でお願いします、課長の奢りで」と、
言ってるシーン。


手柄やお礼には、寿司。

憧れますよね、奢りで、寿司。

やはり、ご馳走といえば寿司と焼肉になるのでしょうか?

昔は、何がいいかと聞かれると、必ず「焼肉」って答えていたうような気がしますが、
今では寿司のほうがいいかもしれませんね・・・

いや待てよ、寿司もいいけれど、
今では、鰻を食べに連れて行ってもらったほうがいいかなぁ?

たしかに、最近では鰻も高くなって、いくら掛かるかわからない・・・。

そんなときにでも安心。
リーズナブルに上質の鰻がいただけるお店に行ってきました。

         IMG_2464

お邪魔させていただいたのは、今人気のエリア、新福島。
その路地裏に一軒の鰻のお店があります。

お店の名前は”寝床”さん。
グレイス古民家っていう建物の2階にあります。

暖簾をくぐり、階段を上がって2階にお店の入口がありますよ。

   IMG_2466


         IMG_2467

  IMG_2468

落ち着いた雰囲気で、テーブル席を中心にカウンター席もあり、
グループでも、一人でふらっと立ち寄っても楽しめそうな感じですよ。

         IMG_2481

テーブル席に座らせていただき、まずは生ビールで乾杯。
こちらのお店では、キリン一番絞りの生ビールを楽しむことが出来ますよ。

メニューはこんな感じです。

     IMG_2471

その日オススメのお造りもあって、いろいろ楽しめます。

そして、うなぎ料理はこんな感じです。

IMG_2474

      IMG_2475

         IMG_2476

IMG_2476

       IMG_2477

IMG_2478

     IMG_2473

いろんなうなぎ料理があって、迷ってしまいますね。
わからなかったら、お店の方に聞けば、丁寧に教えてくださいますよ。

とはいえ折角なので、まずはお作りの盛り合わせをいただきます。

          IMG_2484

鰻のお店で刺身・・・
とは言うものの、これはかなり美味しい。
生本鮪の赤身なんて、ほとんど中トロですよ(^^)

    IMG_2489

自然とビールも進みます。
生ビールのおかわり・・・と思ったのですが、クラシックラガーがいただけるとのことで、
そちらをお願いしました。
この苦味と旨味、好きなんですよ(^^)

お造りをいただいた後は、いよいよ鰻三昧へ。

        IMG_2492

これは、鰻くんせいと焼きチーズ。
燻製された鰻にチーズをとろりと掛けて、
はちみつをつけてバケットと一緒にいただきます。

  (^^)(^^)

鰻とチーズとはちみつ。
「ウソッ!」って思いましたが、中々イケますね。
面白いって行ったほうがいいでしょうか?

そして次は、鰻の串焼き。

         IMG_2499

つくね、はらみ、にら巻き、ごぼう巻き、つら。
それに、肝と短冊も加えていただきました。

それぞれをじっくり味わいます。

     (^^)(^^)

こんな感じで、いろんな味わいの鰻を楽しめるのもいいですね(^^)

串焼きもいいけれど、やはり蒲焼とか白焼きも食べたいですよね。

     IMG_2510

「この鰻を捌かせていただきます。」

そう言って、鰻を見せてくださいます。
活きが良いので、こうやって氷の中に入れておかないと、暴れるのだとか^^;

鰻が焼き上がるまでの間、もう少しいろいろ楽しみましょう。

       IMG_2514

う巻き。
フワッフワで出汁感も半端ない。
美味しいですよ(^^)

そして、鰻の椀物。
    
         IMG_2525

出汁がすごく美味しい(^^)
これからの季節、鍋なんかも登場するのではないでしょうか?

そんな感じで、じっくり味わっていると、鰻が焼き上がってきたようです。

        IMG_2534

こちらは白焼き。
山葵と醤油でいただくのもいいですが、まずはそのままいただいてみましょう。

     (^^)(^^)(^^)

パリッとした食感のあとに来るジューシィな味わい。
これは笑顔が止まりませんよ。

そして、蒲焼の方はこんな感じ。

      IMG_2537

白焼きの美味さにもびっくりしましたが、
蒲焼もやめられない。
このままアテとしていただいてもいいし、うな重も捨てがたい。
これは確実に迷ってしまいますね。

         IMG_2545

そして〆には、寝床の玉子かけご飯をいただき、かなり満足させていただきました。

焼肉、寿司もいいけれど、
上質な鰻で乾杯、如何でしょうか?
美味しくていい雰囲気でしたよ(^^)


       





【炭焼鰻 寝床 福島店】
住 所:大阪市福島区福島2−3−14 グレイス古民家 2F     MAP
電 話:06-4798-2626
営業時間:11:30〜14:00(L.O.13:30) 17:00〜23:00(L.O.22:30) 
煙 草:喫煙可
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

普段のお酒のアルコール度数って、何度くらいなのか?ビールで5度前後。昔は、4.5度っていうのが多かったような気もしますが、ドライビールが発売されて以降は、5度というのが標準のような気がしますね。クラフトビール、IPAなどは9〜10度くらいだったと思います。そう言えば ...
続きを読む
普段のお酒のアルコール度数って、何度くらいなのか?

ビールで5度前後。
昔は、4.5度っていうのが多かったような気もしますが、
ドライビールが発売されて以降は、5度というのが標準のような気がしますね。
クラフトビール、IPAなどは9〜10度くらいだったと思います。

そう言えばむかし、アルコール度数が9度のビールを、
サッポロビールが発売していたのをご存知でしょうか?
北海道限定発売の「サッポロオンザロック」。


ビールに氷を入れて飲むスタイルで、
冷やしてなくてもスグに飲めるという特徴があったのです・・・
が、薄くなっちゃうんですよね^^;

では、そのまま冷やして飲めばいいのかっていうと、
それはそれで濃く感じてしまって、早く酔っ払ってしまう^^;

缶ビール1本で出来上がって、〆のラーメンでも!
それはちょっと寂しい提案ですよね^^;

〆のラーメンもいいけれど、〆の蕎麦っていうのもいいかもしれません。

蕎麦といえば、新福島の路地裏に、
ちょっと素敵な感じの蕎麦のお店を教えていただきました。

          IMG_6302

知らなかったら、確実に通り過ぎてしまうような雰囲気が素敵でしょ。
外には何の看板も出ていなくて、入り口の中に、
控えめに店名が書かれた看板があるのみ。

お伺いさせていただいたのは”蓮生”さん。
こちらは、知る人ぞ知る、美味しい蕎麦を食べさせてくれるお店なのです。

よく見るとお店の看板の横に、
蕎麦のメニューが書かれた黒板があるのを確認すことが出来ます。

ざる ¥800
山かけ ¥900
にしん ¥900
かもせいろ ¥1,100

お、結構リーズナブル。
教えていただいた日は、お腹が一杯で立ち寄ることが出来なかったのですが、
その2日後のランチタイムに、早速訪問させていただきました。

「こんにちは〜」

お店に入って声を掛けると、店主の女性の方が奥から出てきてくださいます。
カウンター席に座り、まずはメニューを確認します。

       IMG_6295

本格的な蕎麦のお店にしては、値段はかなり控えめ。
これならば普段遣いに出来ますよね。
そば味噌焼きや、だし巻きのきのこあんかけ、
ビール、焼酎、日本酒なども置いてあって、
夜にはお酒とアテ、蕎麦で一杯楽しむこともできそうです。

       IMG_6296

そしてランチタイムには、お得な丼ものとのセットも用意されています。

最初は基本のざる蕎麦・・・
なのでしょうが、鴨せいろが、たったの1,100円でいただけるのを見て、
迷わずそれを。
+300円で蕎麦を大盛りに出来るので、それでお願いしました。

    IMG_6298

店内は、カウンター席が4席と、4人がけテーブルがひとつで、全部で8席。

           IMG_6299

カウンターの中にある棚の上には、いろんな器が並べられていて、
ちょっと興味津々。
そして鳥獣戯画が描かれていて、独特の雰囲気を醸し出しています。
こういうの、結構好きですね(^^)

そんな感じで、店内の様子を眺めながら待っていると、
お願いした鴨せいろ蕎麦が出来上がってきました。

      IMG_2692

って、大盛りって本気の大盛りですね!
蕎麦、大好きなのでかなり嬉しい。

          IMG_2694

それにしても、たった +300円で、
このマウンテン状態はちょっと小躍りしてしまいそうになりましたよ(^^)

   IMG_2696

鉄器の中には、鴨肉と焼いたネギが入っています。

         IMG_2699

鴨肉は、こんな感じの大きなものが5枚も入っていますよ(^^)

それでは早速いただきましょう。
まずは蕎麦をそのままで・・・。

    IMG_2701


         (^^)(^^)(^^)

美味い!
これ、ホンモノですね(^^)
口に含んで、咀嚼すると、香りが一気に広がります(^^)

このレベルの蕎麦が、このお値段で・・・
かなりテンション上がります。

そして今度は、鴨汁につけていただいてみましょう。

        IMG_2705

      (^^)(^^)(^^)

旨味が素晴らしい!
蕎麦の香りと味わい、それが鴨汁と一緒になると、
なんとも言えない幸せな気分になります。
しかもこれをこんなにタップリと味わえるなんて、かなり嬉しいですよ。

       IMG_2706

ランチタイムには、そばの実ごはんもついてきます。
これが、香りも良くて、美味しいのです。
蕎麦大盛りにそばの実ごはん、かなり満腹になるでしょうが、
この美味しさならば、それも大丈夫。
食べていてテンション上がります(^^)

      IMG_2709

あまりに美味しいので、出汁も一緒に味わいってしまいます。

蕎麦、鴨、ネギ、蕎麦、蕎麦・・・
そんな感じで、タップリと満足させていただき完食。

     IMG_2710

蕎麦を完食したら、もちろん蕎麦湯もいただきます。

   IMG_2712
濃厚で、蕎麦の成分が出しに浮いてくるほど!

蕎麦湯の濃さもかなり嬉しい。
最後まで満足しっぱなしで、楽しませていただきました。

隠れ家のような蕎麦のお店、蓮生さん、
ここはぜひ通わせていただきたい、

今度は、温かいそばもいただいてみたいと思います。












【蓮生】
住 所:大阪市福島区福島2−9−22    MAP
電 話:06-6346-0089
営業時間:11:30〜15:00  18:00〜21:00  ※祝日はランチタイムのみ営業
煙 草:
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめての喫茶店。みなさんは、単独(もしくは友達同士)で、初めて喫茶店に入ったのはいくつくらいの頃でしょうか?小学生のころ、子供同士で入ると、間違いなく追い返されます^^;中学生・・・微妙ですね。高校生にもなると、堂々と喫茶店にも入ることが出来る(ですよね^^ ...
続きを読む
はじめての喫茶店。

みなさんは、単独(もしくは友達同士)で、
初めて喫茶店に入ったのはいくつくらいの頃でしょうか?

小学生のころ、子供同士で入ると、間違いなく追い返されます^^;
中学生・・・微妙ですね。
高校生にもなると、堂々と喫茶店にも入ることが出来る(ですよね^^;)
(こっそりとタ◯コでも吸ってた時代があったとか、なかったとか。)


大学生ともなると、空いた(サボった^^;)授業の時間のたまり場。
学生街の喫茶店(古い歌みたいだなぁ)なんて、コーヒーだけではなく、
サンドイッチはもちろん、オムライスや焼き飯、
定食なんかのメニューも充実しています。

喫茶店のおいしい食事。
みなさんも経験ありますよね。

大阪の福島に、美味しいカレーを食べさせてくれる喫茶店があるとの情報を聞き、
早速お邪魔させていただきました。

お伺いさせていただいたのは、”珈琲館 蛮々(バンバン)さん。

        IMG_1973

お店の前に、大きなコーヒーミルがオブジェとして飾ってあり、
昔ながらの正しき喫茶店って感じのムードが漂っています。

  IMG_1972

入り口の下の方に、注意書きが・・・

「パソコンやるお客様おことわりします 蛮々」

あぁ・・・最近、喫茶店をオフィス代わりにされる方もいらっしゃいますものね。
私は、カレー狙いだから問題なし!

早速入店しましょう。

席に座り、メニューを確認します。

           IMG_1949

メニューの筆頭には、ステーキ。
蛮々テリヤキ、ガーリック、生姜と、3つの味わいがあり、
全てライスとスープが付いて1,000円・・・って、安くないですか!

そして、カレー、ハンバーグ、豚肉の生姜焼きと、
サービスランチ(この日は、ポークガーリックソース)のラインナップ。
喫茶店というよりも、ちょっとした洋食屋さんみたいですね。

そして、飲み物のメニューはこちら。

   IMG_1950

って、めっちゃたくさんありますね。
紅茶のラインナップなんて素晴らしすぎる!

と、目移りしながらも、予定通り、「蛮々牛肉カレー」をお願いしました。


店内は、すべての席が、ふっくらとしたソファとテーブルの席で、
本当にゆったりと高級感を味わいながら過ごすことが出来ます。

お伺いさせていただいた時間も、お昼休みが終わった、13:00過ぎ。
店内もゆったりと時間が流れています。

お店は、ご夫婦で切り盛りされているようです。
ホールを奥様が、そして厨房には店主がいらっしゃるのでしょう。

余計なおしゃべりはなく、無駄なく動いていらっしゃる印象を受けました。
かと言って、コワイと言う感じはありません。(パソコンの注意書きがあったもので^^;)

逆に、常連さんだけと、ずっとおしゃべりされていたほうが、
居心地悪くなっちゃいますよね^^;

ゆったりとした店内の雰囲気を楽しみながら、再度メニューを眺めたりして待っていると、
先にサラダが運ばれてきました。

   IMG_1952
4種類くらいの野菜に、自家製のドレッシング。
美味しいですね。
カレーの前に野菜を食べておくと、体に優しいのだとか。

そして、間もなくしてカレーも出来上がってきました。


          IMG_1954

大きめのお皿に、タップリのカレー。
その真中にごはんと、大きな牛肉が鎮座しています。

     IMG_1957

これは、食べごたえありそうです。
肉が大きいと、自然にテンションが上りますよね(^^)

それでは早速いただきましょう、まずはカレーから・・・。

          IMG_1961

   (^^)(^^)(^^)

美味しい!
サラッとしていますが、旨味は濃厚。
そして、後から口の中いっぱいに広がる旨味が素晴らしい。
喫茶店の出で立ちをしていますが、ここはいったい・・・。

そして、肉もいただきましょう。

     IMG_1965


       (^^)(^^)(^^)

柔らかく煮込まれていますが、ちゃんと肉の食感も残してあります。
それにしても、大きな肉。
それにしても、味わい深い。
夢中で食べ進んでしまいます。

          IMG_1969

ごはんも、お米に一粒一粒が立っていて、美味しい。
バランスが凄くいいのです。

    IMG_1967

間に福神漬けをいただき、少しリセット。
またカレーを楽しみます。
それにしても、飽きることのない旨味。
サラッとした食感と口の中でじわっと広がることの快感。
これはスプーンを持つ手が止まらない。
いつまでも食べていたいけれど、あっという間に完食してしまいました。

カレーがあまりにも美味しかったので、思わう食後のアイスコーヒーもお願いしました。

         IMG_1971
料理を注文すると、食後のドリンクが半額になるのも嬉しいですよね(^^)



何でも聞くところによると、こちらの店主は、むかし東京の名店で活躍した、
凄腕シェフだったのだとか。
これは、カレー以外の料理も絶対に食べてみないといけませんね。
ここは近いうちにリピートして、他の料理も味わいってみたいと思います。








【珈琲館 蛮々(バンバン)】
住 所:大阪市北区大淀南2-6-18    MAP
電 話:06-6458-4804
営業時間:8:00〜19:00
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

千疋屋。みなさん、1度は聞いたことがあると思います。そう、高級フルーツの代名詞のような存在ですよね。桐の箱に入ったメロンが有名です。大きさによっても違いますが、だいたいひとつ20,000円くらいでしょうか?贈答品に使うと、ほぼ確実に喜ばれます。(瓜系がダメな人に ...
続きを読む
千疋屋。

みなさん、1度は聞いたことがあると思います。
そう、高級フルーツの代名詞のような存在ですよね。

桐の箱に入ったメロンが有名です。
大きさによっても違いますが、だいたいひとつ20,000円くらいでしょうか?

贈答品に使うと、ほぼ確実に喜ばれます。
(瓜系がダメな人には贈っちゃNG^^;)

1度は食べてみたい、千疋屋。
でも、なかなか自分のためには・・・

自分のための千疋屋。

昔、コンビニにありましたよね。
フルーツではなく、カクテル。
確か、「銀座カクテルメロン」とか、「銀座カクテルマンゴ」って名前で、
ひとつ300円くらいだったと思います。
(今はもう、売ってないと思いますが)

千疋屋、すきやばし次郎、ジョエル・ロブション、京都吉兆、叙々苑・・・。

憧れるけれど、手が届かない名店のことは、しばし忘れて、
大阪福島の路地裏を散策。

       IMG_7236

え、こんなところに?
って場所に、“和牛焼肉 うのう”さんはあります。

こちらのお店では、上質の和牛焼肉がリーズナブルにいただける・・・。
そんな情報を聞き、早速お邪魔させていただきました。

         IMG_7237


店内は、全席半個室になっていて、落ち着いた雰囲気ですよ。

 IMG_7246

         IMG_7241

無煙ロースターも完備されているので、ニオイの心配もないですね。

席に案内していただき、先ずは生ビールで乾杯!

  IMG_7260

こちらのお店では、キリン一番搾りの生を楽しむことが出来ます。

メニューはこんな感じで、セットから単品まで豊富。

IMG_7251

   IMG_7253

     IMG_7254

          IMG_7255

 IMG_7256

         IMG_7257

いろんな肉を楽しむことが出来ますよ。

先ずは、たん先とリブロースの炙り。

          IMG_7263

刺身でも食べられるような新鮮な肉を、網の上でサッと炙っていただきます。

     IMG_7286

   (^^)(^^)

口の中でとろけます。
最初にこんなのをいただくと、期待度がグングン上がりますね!

そして、上厚切りタン。

          IMG_7275

   
   IMG_7277

焼き過ぎないように気をつけながら、じっくりと焼き、
山葵を付けていただきます。

    (^^)(^^)

肉に山葵を付けて食べる。
完全に日本の文化なのですが、これにハマる外国の方も少なからずいらっしゃるのだとか。
生の山葵は、自国に持って帰ることは出来ないでしょうが、
ちょっと美味しいチューブの山葵をお土産に渡すと、喜ばれるかもしれませんね。

        IMG_7281

こちらは、和牛上イチボと、和牛三角バラの厚切り。

  IMG_7289
表面をサッと炙っていただくと、口の中でとろけます。

そして、上ロース。

      IMG_7292

綺麗です。
脂と赤身のバランスが素晴らしい!
塩をパラッとふって食べると、上品な甘みが堪らないですよ。

ここまでは、塩で肉の味を楽しみましたが、
ここからはタレの旨味も味わいましょう。

      IMG_7297
バラとツラミ。

       IMG_7300

塩もいいけれど、やっぱりタレが落ち着くって言う人、少なくないと思いますよ(^^)


    IMG_7303

但し、急にごはんが欲しくなってくるかもしれませんが^^;

そして、リブロースとシャトーブリアン。

            IMG_7321

え、シャトーブリアンは塩で食べるんじゃないの?
そんな声が聞こえてきそうですが、ステーキソースでいただくのも美味しいです。

    IMG_7323


リブロースは、片面をしっかり目に焼き、
裏返したらサッと炙る程度。
これが美味しい(^^)

     IMG_7329

ネギ塩ハラミは、片面だけを焼いて、
ネギのサッパリ、シャキシャキ感と一緒に楽しみましょう。

        IMG_7342

ぐるりと巻かれた、中落ちカルビ。
じっくりと焼いて、はさみで切っていただきましょう。
軟らかい肉の旨味が、口の中で一気に広がりますよ(^^)

     IMG_7365

デザートには、 丸ごと苺アイスもいただき、かなり満足させていただきました。

福島の路地裏、
ちょっとした隠れ家のような雰囲気の中で、和牛の美味しいところを贅沢に。
如何でしょうか?

夏休みに大阪を訪れる人を招待しても、喜ばれると思いますよ!     











【和牛焼肉うのう 福島本店】
住 所:大阪市福島区福島2−7−7    MAP
電 話:06-6136-7319
営業時間:17:00〜24:00(L.O.23:30)  
煙 草:喫煙可
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

【調子に乗る】仕事などに弾みがついて、順調に進む。物事が順調な時に使う言葉のはずが、そう言う意味ではなく、こちらの意味の方に仕え割ることが多いようですね。おだてられ、 得意になって物事をする。いい気になって、軽率な行動を取る。「調子に乗ってんじゃねーよ、 ...
続きを読む
【調子に乗る】

仕事などに弾みがついて、順調に進む。


物事が順調な時に使う言葉のはずが、そう言う意味ではなく、
こちらの意味の方に仕え割ることが多いようですね。


おだてられ、 得意になって物事をする。
いい気になって、軽率な行動を取る。

「調子に乗ってんじゃねーよ、このやろー!」みたいな・・・。


では、「調子に乗る」と、「図に乗る」の違いって何なのでしょうか?

似たような意味を持っていますよね。

調子に乗るは、いい意味にもそうでない意味にも使えますが、
図に乗るは、いい意味には使いません。

「会社が調子に乗ってきたぞぉ!」とは言いますが、
決して「会社が図に乗ってきたぞぉ・・・」とは言いませんよね^^;

飲み会なんかで、間違った使い方をワザとやってみてください。
ひょっとしたら、ウケるかもしれませんよ〜。


運気が回ってきて、調子に乗って今、ノリノリ!

そんなときには、美味しいお鮨でもどうぞ。


この日は、大阪福島にある、“鮨 敏”さんにお邪魔させていただきました。

        IMG_5024


こちらのお店に来るのは、3回目・・いや4回目だろうか?
でも、ここは初めて。

移転されて、より一層広く、高級感が漂うようになりましたね。

でも、店主もスタッフの方も一緒なので、
カウンターに座ってすぐに、リラックスした気持ちになれました。

         IMG_4965

美味い鮨には、美味い日本酒。
はい、その通りです。
でも、この日に合わせたのはこちら。

  IMG_4972

特別に、ワインを持ち込んで、鮨とワインのマリアージュを楽しませていただきました。

         IMG_4971

小鉢の中に、いろいろと。
これだけで、いくらでも飲めそうな感じですよね。
先ずは、シャンパーニュから順番に合わせて楽しみましょう。

              IMG_4975
そして、椀ものも。

     IMG_4978

座った席からは、店主が作りを切るところ、
鮨を握るところがよく見えて、本当に楽しい。

          IMG_4981

造りも、いろんな食べ方を試してみて、お酒との合い方を楽しみます。

    IMG_4983


焼き物も、そのまま、スダチ、そしてもろみと味を変えながら楽しみます。

これだけでも、充分に満足してしまいそうなのですが、
ここはお鮨のお店。
さぁ、はじまりますよ!

       IMG_4990

先ずは、剣先イカ。
イカの甘みをしっかり堪能します。

   IMG_4992

そして、カンパチ。
深みのある旨味が、鮨と一体化して最高。
自然と笑顔がこぼれます。

            IMG_4994

トリガイ。
仕上げに打ち付けると、身がピンとなります。
口の中に入れると、甘みが広がり最高。

    IMG_4998


             IMG_5000

鮨には、シャンパーニュか、白ワイン。
当然そう思いますよね。
でも、赤ワインも結構良かったりします。

        IMG_5005


    IMG_5003
大トロ炙り。
口の中でとろける瞬間に、シャリも一緒にほどけていく。
このバランスが絶妙。
人間の感覚に挑戦してきますね(^^)

          IMG_5007

こはだ。
見た目にも美しく、
食べると内側からもその美しさが理解できる。
どこかの人が、鮨って芸術品って言ってたのを思い出します。

   IMG_5010

海老。
海老好きならば、思いっきりたくさん食べてみたい。
確かにそうなのですが、これは1巻で満足させてくれる実力を持ってますね。
じっくり美味しさを味わって、余韻もしっかり楽しむ。

        IMG_5015

ウニいくら丼。
あはは、確かにそうなのですが、凝縮感がまるで違う。
これを口の中に入れた瞬間から、誰も言葉を発しなくなります。
複雑に変化する味わいを、一瞬たりとも逃さないようにするかの如く。

     IMG_5017

穴子。
これは是非、1口でいっていただきたい。
穴子が崩れ、シャリと一体になって美味しさの第二波をしっかり受け止める快感。
これにワインを合わせてみても、なかなか面白い。

       IMG_5022

最後は、巻物を手渡していただき、かなり満足させていただきました。

酢飯に刺身をのっければ、すし。
確かにそれも正解かもしれませんが、1度こちらのお店、「敏」の鮨を
食べにきてみてください。
世界がガラッと変わりますよ(^^)

いつ来ても大満足。
本当に充実したひとときを過ごすことが出来ますよ。



      














【鮨 敏】
住 所:大阪市福島区福島7−7−8    MAP
電 話:06-6455-6644
営業時間:11:30〜14:30(L.O.13:30) 17:30〜22:30(L.O.21:00) 
煙 草:完全禁煙
定休日:月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

串打ち三年、割き五年、焼き一生これは、鰻を調理するには、それだけの修行が必要だと言われる言葉。そう言われてみれば、確かに鰻を尾頭付きで買ってきて、自宅で調理する人・・・いえ、出来る人ってそんなにいないですよね。昔の縁日にあった、「うなぎ釣り」で、うなぎが ...
続きを読む
串打ち三年、割き五年、焼き一生

これは、鰻を調理するには、それだけの修行が必要だと言われる言葉。

そう言われてみれば、確かに鰻を尾頭付きで買ってきて、
自宅で調理する人・・・
いえ、出来る人ってそんなにいないですよね。

昔の縁日にあった、「うなぎ釣り」で、
うなぎが釣れた場合はどうやっていたのかなぁ?

そんなこと、考えてしまったりします^^;
(釣れたことがないんですよね、私は^^;)

ところで、鰻って関西と関東では、捌き方とか、調理の工程が違いますよね?

ですので、先ほどの「串打ち三年・・・」もちょっと違うのだとか。

関東では、「串打ち三年 割き五年 焼き一生」に対して、
関西では、「割き三年 串打ち八年 焼き一生」と言われているのだとか・・・。

そんな感じで、奥が深い鰻料理を、
もっと自由な形で堪能できるお店に連れて行っていただきました。


この日にお伺いさせていただいたのは、
“カメレオン キッチン”さん。

      IMG_5317

カメレオンキッチンと言う洋風な名前からは想像できないでしょうが、
こちらのお店は、鰻を使った創作料理のお店で、ワインも楽しめる、
鰻バル。

はて・・・
なのに、??

お店の方に、店名の由来をお聞きすると、

「カメレオンって、周りの色に自分を合わせて変化するでしょ?
   お客様のご希望を何でも聞き入れることが出来るお店って言う意味です。」

とのこと。

なるほど、それは何だか頼もしい(^^)

          IMG_5432

うなぎ一筋70年
  蒲焼きだけが鰻ちゃう

これは、いろんな鰻の食べ方を提案していただけそうですね!

店内は、テーブル席を中心にした、ゆったりした感じ。

     IMG_5320

         IMG_5328


店内中程のテーブル席に案内していただきます。

先ずは、メニューを確認します。

  IMG_5333

        IMG_5334
     
            IMG_5335

        IMG_5336

鰻と言っても、本当にいろんな料理法があるのですね。
オススメを聞きながら、いろいろ楽しんでみたいと思います。

  IMG_5331

          IMG_5330

この他、ワインもいろんなのがいただけるみたいですよ。

先ずは、付出しが提供されます。


     IMG_5339

うなぎボーン・・・は、商品名ですね^^;
付出しに嬉しい、うなぎの骨。 
これがビールに合うのですよね!
     IMG_5343

ということで、ハートランドの生ビールで乾杯!
これ、ビールが進んでしまって困るかもしれませんよ^^;

そんなことを思いながらも、ハートランドをおかわり。
そんなタイミングと一緒に、鰻串の5種盛り合わせも出来上がってきました。

            IMG_5344

5種盛りは、「エリ」、「くりから」、「しっぽ」、「短尺」、「はらみ」がいただけます。

     IMG_5322

こんな感じで、どの部分がそうなのかを書いた黒板もあるので、楽しいですよ(^^)

串焼きを楽しんだ後は、前菜の盛り合わせもいただきます。

  IMG_5360

鰻のお店で、こんな感じの盛り合わせがいただけるの、なんだかワクワクします。

盛り合わせには、
うなぎの肝入りパテ・ド・カンパーニュ、
みりん干し、
燻製、
炙りカルパッチョ、
キッシュ
が盛られています。

こうなると、やはりワインを合わせてみたくなるもので・・・。
       IMG_5388

この日にいただいたのは、イスラエルのワイン。

思った以上に旨味もあって、鰻の味わいをきっちり受け止めてくれますよ。

蒲焼だけが鰻ちゃう・・・

とは言っても、やはり蒲焼や白焼きも食べたくなるわけで。

       IMG_5375

そのままいただいても、もちろん美味しいのですが、
好みの薬味を付けて楽しむのも白焼きの醍醐味かと。

   IMG_5390

こんな感じで、いろんな味わいで楽しむこともできますよ。

白焼きをいただいたら、やはり蒲焼も。

          IMG_5383

これはやはり安心の味わい。
鰻の蒲焼きと、グラスの赤ワイン。
これ、なかなかいい感じですよ(^^)

前菜、串焼き、白焼き、蒲焼きをいただき、大満足・・・・
とは、終わらないのが、こちらのお店の頼もしいところ。

       IMG_5394

綺麗な色のお皿に盛られてきたのは、鰻を薄くスライスしたもの。

これってもしかして・・・。

        IMG_5410

鉄板の上で、焼しゃぶにしていただきます。
鰻から出てくる脂で、野菜もさらに美味しくいただけますよ(^^)

焼しゃぶと来れば、鍋のしゃぶしゃぶもいただきたくなるもの。

            IMG_5416

玉ねぎがタップリと入った出汁に、鰻をサッとくぐらせていただきます。
ハモ鍋みたいな感じに見えますが、ハモとは全く違う味わいで美味しいですよ(^^)

鰻を食べ終わった後は、鍋にレモンをタップリと入れて、
うどんを楽しみましょう。

     IMG_5420

さらに、出汁茶漬けもいただき大満足させていただきました。

           IMG_5429

蒲焼きだけではない、鰻の楽しみ方をしっかり提案してくださるお店、
カメレオンキッチンさん。

カメレオンと言うだけあって、今後もどんどん新しいことに挑戦されるとのこと。
これからの夏メニューも楽しみです。

是非また、お邪魔させていただきたいと思います。






【カメレオンキッチン】
住 所:大阪市福島区福島2−1−41    MAP
電 話:06-6225-8624
営業時間:11:30〜14:00  17:30〜24:00
煙 草:分煙(ランチタイムは、テラス席のみ喫煙可、ディナータイムは全面喫煙可)
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村     

カメレオン キッチンバル・バール / 新福島駅中之島駅福島駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7

      
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんの家には、世界地図、ありますでしょうか?あれ、ひとつあると便利ですよ。世界のニュースなんかを見ていても、それがどこで起こっていることかがすぐに分かって、国同士の位置関係を容易に把握することが出来ます。ところで、世界地図って、売っている国によって違 ...
続きを読む
みなさんの家には、世界地図、ありますでしょうか?

あれ、ひとつあると便利ですよ。
世界のニュースなんかを見ていても、それがどこで起こっていることかがすぐに分かって、
国同士の位置関係を容易に把握することが出来ます。

ところで、世界地図って、売っている国によって違うのをご存じでしょうか?

南半球のオーストラリアや南アフリカで売られている世界地図は、逆さま・・・
つまり、南が上で北が下になっているそうです。

日本にあるものは、日本が真ん中にあって、右にアメリカ、左にユーラシア大陸ですよね。
でも、ヨーロッパで売ってる地図は、ロンドンが真ん中にあり、
日本は東の端っこにあります・・・
あ、それで極東って言うのかなぁ^^;
       
            IMG_0715

こうやってみると、ニューヨークとロンドンって、
私たちがイメージするよりも近いってことが分かります。

そして、日本から一番近い国は・・・
韓国。

こんなに近くても、食文化は結構違うから面白いですよね。
(やはり、日本って海に囲まれているから違うんでしょうね)

そんな韓国の絶品料理、参鶏湯を気軽に美味しくいただけるお店、
福島にある“入ル”さんにお邪魔させていただきました。

        IMG_9749

福島と言っても、大阪環状線の福島ではなく、新福島からの方が近いでしょうか?
路地が入り組んでいて、散策するとワクワクする辺りの場所にお店はありますよ。

2階の席に案内していただき、先ずは生ビールで乾杯!

こちらのお店では、アサヒスーパードライの生ビールをいただくことが出来ます。

メニューはこんな感じです。

       IMG_9751
やはり、一押しは参鶏湯。
ひとり1,200円で、本格的な参鶏湯がいただけるの嬉しいですね(^^)

そして、他にもいろいろ美味しそうな料理がありますよ。

    IMG_9753


さて、参鶏湯を中心に、いろいろ韓国の美味しい料理をいただきましょう。

          IMG_0004
先ずは、自家製キムチから。

やっぱりね、文句なしに美味しいのです。
これに、ごはんがあれば完成してしまいそうですよ^^;

   IMG_0020

ナムルをいろいろ(もやし、ほうれん草、ワカメなどなど。)
サラダだと、こんなにたくさん食べられないでしょうが、ナムルにすると、
野菜をたくさん摂ることが出来ますよね、しかも美味しいし(^^)

さて、メニュー載っていて気になったケジャンをいただきましょう。
ケジャンは、大きさによって値段が違うので、注文する時に尋ねてみてくださいね。

        IMG_0009

今回いただいたのは、このくらいの大きさのもので、3,500円。
これ、4人でいただく予定なので、ひとりあたり1,000円しないのです(^^)

   IMG_0013

身はもちろん、味噌がたまらなく美味しい。

         IMG_0015

        (^^)(^^)(^^)

これ、たまりませんよ!
ビールもいいけれど、ここはこんな感じのものをいただきましょう。

    IMG_0028

持ってきてくださったのは、生マッコリの“福順都家「복순도가」ボグスンドゥガ”。
(セカオワのSAORIちゃんに雰囲気が似た、かわいい店員さんがサーブしてくださいました(^^))

こういうのを飲めるのも、本格的なお店の嬉しいところですよね。

そして、サンナッチ(タコの踊り食い)

            IMG_0011

これ、動いています!
ですので、食べる時は吸盤に注意^^;
噛めば噛むほど旨味が出ていて本当に美味しい。

そして、チャプチェ。

      IMG_0026

和牛のプルコギ。
 
  IMG_0037


さらに、蒸し豚も出していただきます。

           IMG_0040

そう言えば以前、韓味一朴邸さんに行った時、店主が言ってたなぁ・・・
韓国料理を食べる時は、たくさん出てくるので、前菜を全て完食してしまったら、メインの時にお腹が一杯になってしまいますよって^^;

それでも、キンパも美味しそうだったので、ひとつだけ・・・。

     IMG_0043

そんな感じで、結構いただきましたが、少しずつなので、ちゃんと参鶏湯への準備は出来てますよ!


            IMG_0048

と言うわけで、メイン料理の参鶏湯が登場です。
予め、調理されている丸鶏をさらに目の前で仕上げていっていただきます。

    IMG_0049

グツグツ煮えていくのを見ていると、先ほどまでいろんなものを食べていたことさえ、
忘れてしまいそうになりますよ。

出来上がったものを、ひとりひとり取り分けていただきます、

            IMG_0053

それでは早速いただきましょう。


       IMG_0056

     (^^)(^^)(^^)

これ、いくらでも食べられる。
と言うか、ひとくち食べるごとに、元気になっていくような感覚さえ覚えますよ。


参鶏湯、鍋料理で冬に食べると最適!
そう思っていましたが、韓国では夏を代表する料理なんだそうですね。
高麗人参とか、いろんなものが入っていて、スタミナが付くからだそうですね。
日本で言う、土用の丑の鰻のようなものでしょうか?

季節の変わり目で体調が思わしくない時なんて、最適だと思いますよ。
ホンモノの参鶏湯をリーズナブルにいただける入ルさん、
是非食べに行ってみてくださいね!














【入ル】
住 所:大阪市福島区福島3−8−10    MAP
電 話:06-4256-6910
営業時間:17:00〜24:00(L.O.23:30)  
煙 草:喫煙可
定休日:月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

夏が好きですか、それとも冬が好きですか?そんな問いに対して、「夏」と答える人が圧倒的に多いと思いきや、「冬」と答える人の方が多いのが事実なのだとか。夏が嫌いな理由としてあげられるのが、 ・日に焼ける。 ・暑くて汗だくになる。 ・寝苦しい。 ・虫に刺される ...
続きを読む
が好きですか、それともが好きですか?

そんな問いに対して、「夏」と答える人が圧倒的に多いと思いきや、「冬」と答える人の方が多いのが事実なのだとか。

夏が嫌いな理由としてあげられるのが、
 ・日に焼ける。
 ・暑くて汗だくになる。
 ・寝苦しい。
 ・虫に刺される。

中には、電気代が高いって意見も^^;

日に焼けたり、暑いっていうのは、人によって「好き」な人もいるでしょうが、
虫に刺されるのは、おそらくみなさんイヤなのでは・・・。

あ、ところで、虫に刺される・・・。
蚊に刺されることをなんて言いますか?

そのまんま、蚊に刺される。
それとも、蚊に食われる、噛まれる・・・。

蚊に刺されると、蚊に食われると言うのが、全国的に見ても、ほぼ同数くらい。
で、噛まれるとなると関西、中国、四国限定みたいな感じだそうです^^;

でも蚊のイラスト何かを見てると、とがった針のようなもので刺して、血だけ吸っているように見えますよね。

とがった針のようなもので刺して、中身だけ抜き取る・・・

そういえば先日、面白いものを見せていただきました。

        IMG_8030
これは、「Coravin(コラヴァン)といって、細いニードルで刺すだけで、開封せずにワインを注ぐことが出来るもの。

    IMG_8036
いろんなものがありますねぇ(^^)

この日は、そんなCoravinを使って、ワインを注いでいただけるお店、
大阪福島にある“串焼&Wine Kuruma"さんのレセプションにお招きいただき、楽しませていただきました。

          IMG_8022


こちらのお店では、宮崎の地鶏、地頭鶏地鶏(じどっこじどり)を楽しむことが出来ます。
しかも、極上のワインとともに(^^)

地頭鶏地鶏とは・・・
   IMG_8035
飼料の配合、飼育方法、飼育期間、飼育環境に至るまで徹底管理し、宮崎県内三つの専属養鶏場で
ヒナから育成した究極の地鶏なのだとか。

以前一度いただいたことがあるのですが、その美味しさは未だに忘れることが出来ません。



店内は、厨房を囲みようにカウンター席が並びます。

  IMG_8027
             IMG_8024

どの席からも、炭火で調理されている様子を楽しむことが出来ますよ。

この日は、おまかせコースで、地頭鶏地鶏(じどっこじどり)を存分に楽しませていただけるのだとか。

     IMG_8032

そして、レギュラーメニューはこんな感じです。

 IMG_8033

     IMG_8034

        
先ずはスープを。

        IMG_8038

これをいただくと、体にスイッチが入って、食欲がわいてきますよ(^^)
そして、乾杯!

     IMG_8039
こちらのお店では、プレミアムモルツの生ビールを楽しむことが出来ますよ。

そして、最初の料理は、鶏ハムのサラダ。

           IMG_8043
しっとりと仕上げられた、鶏ハム。
これだけでも満足してしまいそうですね。

さらに、前菜3種。

    IMG_8053
上から時計回りで、肝の柔らか煮、甘酢和え、ミートローフです。

どれも丁寧に作られていて、かなり美味しい。
これはビールを飲んでいる場合ではないなぁ・・・。

             IMG_8050
と言うわけで、コラヴァンを使って、シャブリをいただきました。

IMG_8060
前菜をいただいた後は、ちょっとクールダウン。
しのぎに、茶そばを。

何だかゆったりと過ごせまし、
ここが、焼鳥のお店だということ、しばし忘れてしまいます。

とは言え、カウンターの向こうの方を見ると・・・。

        IMG_8065
おぉ、ファイアー!
あれが名物の地頭鶏の炭火焼ですね、きっと。

焼き上がったものから、順番に出していただきます。

     IMG_8067
こちらは、こちらのお店のフラッグシップメニュー、地頭鶏地鶏 もも炭火焼。

一緒に出てくる柚子胡椒をちょっと付けていただきましょう。

            IMG_8070

              (^^)(^^)(^^)

柔らかくて、噛めば噛むほど旨味が染み出てきて美味しい。
これ、いくらでも食べられそうですよ。

口直しの大根おろし。

      IMG_8078
こういうちょっとしたことが嬉しいのですよね(^^)

さて、ここからは串焼がどんどんと出てきます。
先ずは、ささみ本わさび。
    IMG_8080
ささみには軽く塩がしてあって、それだけでも美味しいのですが、
ささみの旨味に山葵が合わさるとさらに磨きがかかります。
これ考えた人、エラいねぇ(^^)

そして、砂ずり。
    IMG_8082
大きくて、食感が素晴らしい。
先ほどのささみもそうですが、味わいが濃厚なのですよ(^^)

そして、ソリレス。
     IMG_8085
鶏1羽から、たったの2個しかとれない希少部位。
その濃厚な旨味に魅了される人も少なくないというだけあって、かなり美味しい。
ソリレスって、フランス語で「Sot-l'y-laisse」といって、「これを残すものは愚か者だ!」という意味になるそうですよ。

そして、安納芋。

     IMG_8093
このタイミングで、上品な甘みの安納芋はちょっと嬉しい。
とろけるバターと一緒にいただくと、極上気分に。


そして、つくね。

         IMG_8095
3つ連なって出てくるのもいいけれど、
1つのつくねに魂をもめるっていうのも素敵ですよね。

そしてまた、希少部位の登場です。

     IMG_8101
こちらはフィレ。
弾力があるのに柔らかい。
そして、濃厚な旨味にビックリ!
これ、おかわりしたいくらいですね(^^)

そして、島根産椎茸。

        IMG_8110
いつもは脇役の椎茸も、この大きさ、厚さになると話は別。
キリッと酢橘を絞っていただくと、しばし松茸のことを忘れさせてくれますよ(^^)

次の料理は、フォワグラのコンフィ。

        IMG_8107
うわぁ、とろける!
これは確実に、赤ワインを飲めっていうサインですね^^;

安心の味わい、ねぎまと、

   IMG_8111


コースの中には入っていませんでしたが、特別にこんな希少なものもいただきました。

         IMG_8114
これは、鶏白子のからすみがけ。
入荷があると、「本日のオススメ」と書いてある、黒板メニューに登場しますよ。

串焼をしっかりと堪能させていただいた後は、鶏天もいただきましょう。

        IMG_8118
これも柔らかくてかなりいい感じです。
串焼を食べていて、このタイミングで鶏天も、中々いいものですよ。

そして、〆には鶏にぎりか、焼きおにぎり、親子丼から選べるとのことなので、
迷いましたが、親子丼をいただきました。

           IMG_8132
地頭鶏の炭焼きを使った親子丼。
こんな贅沢、許されるのかなぁ・・・そんなことを思いながらも、美味しくいただきました。

ちなみに、地頭鶏のにぎりはこんな感じ。

     IMG_8127
今度はこっちも食べてみよう・・・そう、心に誓いました^^;


デザートには、季節の果物と本蕨粉の自家製わらび餅を。
    IMG_8140

甘いものはあまり食べないのですが、わらび餅には目が無いのです、私(^^)
そんな感じで、かなり満足させていただきました。

福島の(新福島の方が近い)ちょっと路地裏にあるので、まだ認知度がそんなに高くないようです。
でも、この内容ならば、確実に満足できますよ!
ぜひ予約して、行ってみてくださいね。









【串焼&Wine KURUMA】
住 所:大阪市福島区福島1−6−18 クリスタルハウス 1F    MAP
電 話:06-4300-7151
営業時間:17:30〜23:30(L.O.23:00)  
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつ頃から、食べ歩きに興味を持つようになったのか・・・ そんなことを、たまに考えることがあります。 大学時代には、バイト代が入ったときに、ケンタッキーフライドチキンと、エル・ポヨ・ロコの食べ比べを、ビール4社の100%モルトビールで食べ比べをやってたことがあり ...
続きを読む
いつ頃から、食べ歩きに興味を持つようになったのか・・・
そんなことを、たまに考えることがあります。

大学時代には、バイト代が入ったときに、ケンタッキーフライドチキンと、エル・ポヨ・ロコの食べ比べを、ビール4社の100%モルトビールで食べ比べをやってたことがあります。

※エル・ポヨ・ロコ =KFCのフライドチキンに対抗して、網焼きチキン(ロティサリーチキン)を提供していた、ファーストフードチェーン。
残念ながら、日本に進出して2〜3年で徹底してしまった。


思えば、エルポヨロコのチキンの食べ方提案、今でも活用しています。
今ではコストコでチキンを買って、トルティーヤで包んで、サルサソースで食べるという方法になっていますが。

そして、フレンチレストランが舞台になったドラマ、「王様のストラン」。

1軒屋のフレンチレストランで繰り広げられる、様々な話が面白くって、毎回目が離せなかったのを思い出します。

街なかのお洒落な一軒家フレンチレストラン、「ベルエキップ」。
先日お伺いさせていただいたこちらのレストランの入口を見て、ちょっと思い出してしまいました。
              IMG_3552

こちらのお店、実はオープン前のレセプションでお伺いさせていただいたのですが、料理の内容と接客が凄く魅力的だったので、
オープン後に改めて予約させていただき、訪問させていただきました。

お伺いさせていただいたのは、“リエゾン(LIAISON)”さん。

お店の開店時間の18:00、一番乗りで入店。
広い丸テーブルに案内していただきました。


こちらのフレンチは、出汁がスペシャリテ、全11品のコースで、なんと6,000円!
20:30以降は、アラカルトの注文も出来るのだとか。

この日のコースはこんな感じだそうです。

        IMG_7072
メニューの文字を見ているだけでも美味しそうに見えてしまうのは気のせいではないはず^^;

先ずは飲み物を選びます。

     IMG_7071
グラスシャンパーニュ、ワイン、ノンアルコールのものまで揃っています。
ボトルワインは、別にリストがあるようですよ。

折角なので、グラスのシャンパーニュで乾杯。

            IMG_7084

ゆったりとシャンパンを楽しんでいると、最初の料理が運ばれてきました。

     リエゾン

お、早速スモーク!
これは、燻製香を纏わせたキタアカリのブランダード。    
             IMG_7089
ほのかに、燻製の香りがして、最高に食欲そそられる一品ですよ!

そして、キッシュロレーヌとグジュール。
    IMG_7092

小さいながらも、口の中で複雑な美味しさが絡み合うのがかなり楽しい!
シャンパーニュもすすみまくりそうになりますが、じっくり味わっていただくことにします^^;

こちらのお店の厨房は、こんな感じでかなりオープン。
     IMG_7079
料理が仕上がっていくのを見ながら楽しむことが出来ますよ。

次の料理は、楚蟹のロワイヤル カリフラワーのスープです。

          IMG_7094
出汁フレンチと言うだけあって、旨味が本当に素晴らしい!

そして、一緒に出していただいたのが、バケットと、

   IMG_7098

4種類のバター。
 
             IMG_7102
手前から、無塩のプレーンバター、ベーコンとオニオンのバター、ゆずのバター、そして炭のバター。

こう言うの、すごく楽しいですし嬉しいですよね(^^)

プレーンバターは、どの料理と合わせても合うとのことで、ベーコンとオニオンの野菜の炊き合わせ、ゆずのバターは魚、炭のバターは肉料理に合うのだとか。
ですので、出てきた時は、ゆずと炭のバターはまだ固い状態で、料理が出てくる頃になると、柔らかくなるように合わせてくださっているそうです。
嬉しい気配りですね(^^)

そして、次の料理は、栗南瓜のヴルーテと、フォワグラのダックワーズ。
    IMG_7107
   
甘いのとしょっぱいのが同居してて、それが見事に合うのですよ!
もうね、ひたすら美味しいのです(^^)

最初のシャンパーニュはまだあるのかって?
いやぁ・・・けっこう頑張りましたが、これだけ美味しいのが出てきたら、そりゃぁムリでしょ^^;

            IMG_7118
と言うわけで、ボトルの白ワインをお願いしました。
これは、Domaine Julien Meyer。フランス、アルザスのリースリングのビオワインです。

スッキリとしながらも味に深みがあり、美味しいワインですよ(^^)

     IMG_7116
さらに、フォワグラのコンフィは、器に入った南瓜の種を付けていただきます。

     (^^)(^^)(^^)

美味しい!
このワインとすごく良く合いますね。

そして次の料理は、野菜の炊き合わせ・・・って、フレンチでしょ?
そう、間違いなくフレンチです。
そんな野菜の炊き合わせも、リエゾンさんが料理すると、こんな感じになります。
 
             IMG_7124
コンソメで炊いた大根や、マリネをした野菜など、見た目も鮮やかでしかも美味しい。
いろんな野菜の美味しさをしっかりと楽しむことが出来ますよ。

さらに、次の料理も凄かった!

      IMG_7129
これは、静岡県産青海苔の焼きリゾット  牡蠣のポワレ スープ仕立て。
スプーンで1口いただくと・・・

         (^^)(^^)(^^)

この出汁がかなりヤバい!!
ただでさえ美味しい出汁が牡蠣と合わさって、もう耐えられないほどに美味しい!
許されるのならば、3回くらいはおかわりしたいほどですよ。

そして、いよいよメインの料理。
先ずは魚料理を。

           IMG_7144
これは、三重県産寒鰆のポワレ 柚子香るソース・コキヤーズ。
ホロッと柔らかい鰆の身がソースと絡まってかなり美味しい。
あ・・・そういえば、柚子のバターをパンに付けて一緒楽しめば美味しいって言ってたな・・・

お、確かに美味しい!
単体で味わうのもいいけど、こんな感じでパンと組み合わせも楽しいですよね(^^)

そして、肉料理はこんな感じ。

    IMG_7153

仔牛ロース肉のロースト 人参のアンサンブル。

肉、柔らかくて、旨味ものってて、かなり美味しいです(^^)
ちょうど良く、白ワインのボトルが空いたので、グラスの赤ワインをお願いしましょう。

       IMG_7159
いい感じのボトルですね。
グラスワインを注文しましたが、お願いしてボトルの写真を撮らせていただきました(^^)

料理とワインを堪能したら、デザートにティラミスをいただきます。

     IMG_7163

そして、コーヒーもいただきます。

          IMG_7172

さらに、フランポワーズのムースとピスタチオのアイスクリーム。

     IMG_7166
 

IMG_7177
生キャラメル、チョコレートなどもいただき、かなり満足させていただきました。

出汁の旨味をしっかりとフレンチの中に取り入れ、他では体験できない美味しさを堪能することが出来ます。

この内容で、このお値段。
これは、ちょっとあり得ないくらいにお値打ちだと思いますよ。

すでに人気が出てきて、少し先の予約になるかもしれませんが、行く価値あります。

私もまた、必ずリピートさせていただきたいと思います。



        








【LIAISON(リエゾン)】
住 所:大阪市福島区福島3−12−20 ツインコート 1F    MAP
電 話:06-7508-8585
営業時間:12:00〜15:00(L.O.13:00) 18:00〜23:00(L.O.22:00) 
煙 草:完全禁煙
定休日:日曜日(別途毎月2日間不定休)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



  

LIAISONフレンチ / 新福島駅福島駅中之島駅
夜総合点★★★★ 4.2

             
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、時間があれば映画を見に行くことがあります。バックトゥーザフューチャーや、ターミネーターなどの洋画(って、最近もそんな言い方するのかな^^;)から、アニメ、日本の映画まで幅広く見るようにしてます・・・。とはいっても、趣味が映画鑑賞ってわけでもないので、そ ...
続きを読む
最近、時間があれば映画を見に行くことがあります。

バックトゥーザフューチャーや、ターミネーターなどの洋画(って、最近もそんな言い方するのかな^^;)から、アニメ、日本の映画まで幅広く見るようにしてます・・・。
とはいっても、趣味が映画鑑賞ってわけでもないので、そんなの多くは見ませんが。

本を読んでから、映画を見るか、
映画を見てから原作を読むのか?


そう問われると、圧倒的に前者が多いです。
映画と原作。
どちらかのファンが、両方見ると、ガッカリすることが少なくないと言われますが、
最近のものは、そんなことがなく、両方とも面白いことが多いのです。


最近見た映画、「ナミヤ雑貨店の奇蹟」、すごく良かったです。
原作の方は、5年前に。
単行本を買って読んだのですが、電車で降りる駅を忘れるくらいに面白かったです。

そして映画、感動しました。
西田敏行さんの演技、素晴らしいです!
主題歌が頭の中をしばらく駆け巡っていました。

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の原作を読まれた方、ぜひ見に行くことをオススメします。
また、原作を知らない方も、ぜひご覧ください。
しばらく余韻に浸れますよ。


さて、感動的な余韻に浸れるといえば、先日お伺いしたお店、
福島にある”晩酌食堂 Hanaco+”さん。

           IMG_0608
晩酌食堂・・・と、店名にありますが、すごくおしゃれな空間です。
店内に入ると、明るい笑顔とともに、迎えてくださいますよ。

店内奥のテーブル席に案内していただき、まずはメニューを確認します。
          IMG_0618

IMG_0615

   IMG_0617
可愛らしい桜色の表紙がおしゃれなメニューですよね。
メニューに日付が入っているということは、これ、毎日変わるのですよね。
来るたびにメニューが少しずつ違う、これってワクワクしませんか(^^)

そして、お酒のメニューはこんな感じです。
IMG_0619

  IMG_0620

      IMG_0621

IMG_0622

ビールやハイボールを始め、日本酒、焼酎もいろいろ揃ってますね。
もちろん、ワインを楽しむこともできますよ。
IMG_0625

    IMG_0626

      IMG_0627

IMG_0628

 IMG_0630

何はともあれ、先ずは生ビールで乾杯!
      IMG_0623

こちらのお店では、キリン、ハートランドの生ビールを楽しむことができます。

生ビールと一緒に、まず付き出しを。
       IMG_0631
これは、ヒラメの南蛮漬けと、からし菜。
味の染み方、完璧!
これ、美味しいですね。
付き出しが美味しいと、この後の料理、本当に期待してしまって、いろいろ注文したくなりますよね(^^)

では、気になるも料理をいろいろお願いします。
先ずは、HANAPOTEサラダ。
         IMG_0640
盛り付けもきれいですが、器もいい感じですね。
これ、いただくときは、すべてを混ぜて、目の前にポテサラを完成させます。
これがまた、きっちりと美味しいのです(^^)(^^)

そして、お作りの盛り合わせ。
          IMG_0403

まぐろ、さわら、信州ます、メイチダイ、戻りカツオ、ケンサキイカをいただきます。

(^^)(^^)(^^)

どれも、鮮度抜群で美味しいです。
さて、こうなると、ビールを飲んでいる場合ではなくなっちゃうのですよね・・・。

             IMG_0642
というわけで、お酒をいただきます。
これは、佐賀県のお酒、天吹ぴんくれでぃ。

名前だけではなく、本当にピンク色をしているのです。

             IMG_0645
まるで、ロゼワインのような感じですよね。
でも、その味わいはしっかり日本酒。
お作りとの相性も素晴らしいですよ!

そして、本マグロの目玉の炭火焼き。
        IMG_0650
目玉と言っても、ほぼ兜焼きですね。
目玉はもちろん、頬肉や脳天の身もしっかりと楽しめます。

      IMG_0661
びっくりしたのは、このマグロの臭みのなさ。
魚って、多少の魚らしい香りって、覚悟(という言い方は微妙ですが^^;)しながら食べますよね。
それでも、美味しさのほうが勝つから、大丈夫っていうのが普通だと思います。

ところが、このマグロは、無防備に口の中に入れても、旨味以外なにもないんです。
本当に素晴らしい!
お店の方に話を聞くと、マグロの仕入れには自信があるとのこと。
お店に行って、これがあれば、絶対に注文した方がいいですよ!

こうなると、お酒の方もすすみます。
         IMG_0656
鳳凰美田の純米大吟醸。
涼し気なグラスになみなみと注いでいただきます。
          IMG_0660
こういうの、かなりテンション上がりますよね(^^)

そして、やまと鴨 もも肉の炭火焼き。
    IMG_0673
おぉ、魚もいいけれど、肉も美味しい!
先程の本マグロの目玉もそうなのですが、火の通し方が完璧なのです。
口の中で、旨味がジュワッと広がりますよ(^^)

さらに、本マグロのネギトロ巻き。
         IMG_0687

マグロも完璧だけど、コメも美味いですね。
聞けば、ごはんにも相当こだわっているとのこと。

では・・・・これはどんな感じかな。
    IMG_0680
そう思い、お願いしたのが、山吹たまごかけごはん。

          IMG_0681
醤油をかけすぎないように気をつけながら、いただきます。

        (^^)(^^)(^^)

美味しい!
玉子も素晴らしいのですが、ごはんが本当に美味しいです。

晩酌食堂・・・と言う気軽なネーミングで、入りやすく、
お店に入れば、極上のおもてなしと、最高の料理が待ってますよ!

店内は、カウンター席が6席と、4人がけのテーブル席が4つと、2人がけのテーブル席が2つ。
テラスには、6人がけのテーブル席が一つ。
2階にも半個室席と4人がけのテーブル席が4つあります。

男性の皆さんは、女性の方に連れて行っていただきましょう。

Hanaco+の「+(プラス)」は、男性。
ここでの主役はHanacoさん、女性だそうです。

ぜひ予約して、行ってみてくださいね!










【晩酌食堂 Hanaco+(ハナコプラス)】
住 所:大阪市福島区福島2−7−5    MAP
電 話:06-6147−8754
営業時間:17:30〜23:00(L.O.22:30)  
煙 草:分煙(テラス席は喫煙可)
定休日:日曜日と、第2第4月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)
お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:    hitoshi.o.saichan@gmail.com 




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 


晩酌食堂 Hanaco+居酒屋 / 新福島駅福島駅中之島駅
夜総合点★★★★ 4.0

このエントリーをはてなブックマークに追加

マクドナルドで、月見バーガーの玉子を半熟にしてほしいとお願いすると、やってくれるのか・・・。今はどうかわかりませんが、私が以前お願いしたら、「No」でした。マクドナルドはアメリカの会社(日本での店舗運営は、日本マクドナルドという、日本の会社ですが)。だから ...
続きを読む
マクドナルドで、月見バーガーの玉子を半熟にしてほしいとお願いすると、やってくれるのか・・・。

今はどうかわかりませんが、私が以前お願いしたら、「No」でした。

マクドナルドはアメリカの会社(日本での店舗運営は、日本マクドナルドという、日本の会社ですが)

だから、生卵に関しては、とても敏感なのでしょうか?

さて、そんな感じで、外国の方は、生玉子を召し上がらないのだとか。
目玉焼きの半熟、温泉玉子、玉子かけご飯なんて、"もってのほか”なのでしょうね^^;

で、外国人に人気の料理、「すき焼き」のときは、どうなんでしょうね・・・
あと、半熟玉子の親子丼も^^;

私達にとっては、あの、玉子のとろける感じが最高なのですけれどねぇ・・・。


さて、この日はそんな「玉子がトロリ」が最高な、玉子かけご飯。
肉バルのTKGをいただいてきました。

お伺いさせていただいたのは、大阪環状線の福島駅からすぐのところにある、
"肉バル×チーズバル カーネヴォー”さん。
         IMG_0602
ここ、福島駅のすぐ近くにも関わらず、けっこう穴場なのです。
福島駅を降りると、一の流れは、右に向かって浄正橋方面に向かうか、左に行って、らーめんJETさんの方向に向かう方が多いかと思います。

こちらのお店に行くには、一旦横断歩道を渡り、ホテル阪神とは逆方向、北の方角へ向かいます。
そうしたらすぐ、JR神戸線の高架下に看板を発見することが出来ますよ。
                  IMG_0550

お店の前に、メニューボードらしきものは無く、事前の情報がなければ、こちらのお店のランチタイムに、何がいただけるのか見ただけではわかりません。

でも、知る人ぞ知る、超お得メニューがカーネヴォーさんのランチのウリなのです。

この日は、一番乗りで入店させていただいたので、ゆったりと好きな席に座ることが出来ます。

席について、メニューを確認・・・
       IMG_0557
するまでもなく、ランチタイムのメニューは、「肉バルのTKG」一本勝負。
並盛りが、総重量460gで、880円、
大盛りが総重量590gで、1,280円でいただくことが出来ます。

店内は、高架下の環境を活かして、天井が高くいい感じですよ。
       IMG_0555
まるで、外国の蔵を改造したレストランに来たような錯覚に陥ります。

「天井が高いっていいわね。」
「そうだなぁ〜・・・。」  (そんなCMありましたよね^^;)

それにしても、意外と空いている。
やはり、場所のせいなのか、表から見て、何が食べられるのかがわからないからなのか、
ランチ営業が他店よりも少しだけ遅く、12:00からなのか。

でも、私にこちらのお店を教えてくれた方曰く、”あの値段にして、相当美味いよ! あれは今のうちに行くべき・・・。”とのこと。
期待と不安が入り交じった気持ちの中、出来上がってくるのを待ちましょう。

それにしても、素敵な雰囲気ですね。
夜の、肉バルとチーズバルの営業の時に来ても、いい感じでしょうね。

そんなことを考えながら待っていると、お願いした、肉バルのTKGが出来上がってきましたよ。
             IMG_0559
え、これは凄い!
メニュー写真と同じ・・・いえ、それ以上ではないでしょうか?

横から見ても、しっかりと肉マウンテン!
   IMG_0567
肉が重なり合って、やる気満々の状態ですよ。

先ずは、コンソメスープをいただき、心の準備を。
        IMG_0566
口の中のコンディションを整えたなら、早速いただきましょう。
まずは肉だけを。

(^^)(^^)(^^)

これ、想像以上に柔らかくて、かなり美味しい!

ハネシタを使用した、自家製ローストビーフをオニオンソース・・・

そんなメニューに書いてある言葉が、ドンドン魔法の言葉に変わっていく。
これ、真面目に美味しいですよ。

そして、一度目の味変。
玉子をとろ~りとさせてみましょう・・・
あ、これが本当の姿ですね、何せ、ローストビーフ丼ではなく、肉バルのTKGですから。
             IMG_0574
IMG_0579

おぉ、これはタマラン!
では、早速こちらもいただいてみましょう。
           IMG_0586
 
           (^^)(^^)(^^)

これはズルい!
反則攻撃的な美味さです。
肉の柔らかさ、玉子のとろけ具合はもちろんなのですが、特製のオニオンソースが美味しいのです。
       IMG_0581
そして、嬉しいことに肉がたっぷりなので、遠慮なく肉肉しくいただくことが出来るのです。
どのくらいの量が来るかわからなかったので、並盛りをお願いしましたが、それでも充分に満足できると思いますよ。

        IMG_0587
こちらのお店のディナー営業は、肉バル×チーズバル。
それだけに、肉の美味しさはホンモノですね。
脂の甘味ではなく、肉の旨味とそれに合わせるオニオンソースで食べさせる。
これ、飽きが来ないんですよね。

でも、このメニューの真の美味しさは、ここから発揮されるのです。

半分くらい食べたところで、こちらのお店、カーネヴォーさん特製の、
カルボナーラジェノベーゼソースをかけて、2度めの味変を楽しみます。
        IMG_0588
今のままでも、充分に美味しいのに、折角だから・・・。
正直、そんな気持ちで^^;

たっぷりと・・・
とは言いながら、正直最初は様子見で。
     IMG_0593
さて、どんな感じになったのか、いただいてみましょう。

            IMG_0594

え・・・えぇ、めっちゃ会うじゃないですか、これ(^^)
美味しさの相乗効果というか、旨味に深さが加わったというか、
そうですね、ドリアを食べているようにコクが加わり、バジルの風味がほんのりと爽やかさも連れてくる。
これは技アリですね。

美味しいのがわかれば、残りのソースも全部かかけてしまいます。

       IMG_0596
さらに、半熟玉子と絡めて食べれば、究極の肉バルTKG の完成です。

このTKG、お世辞抜きに美味しい!
これだけ美味しくて、ボリュームもあって880円は、絶対にオトクだと思います。

福島駅から、たったひとつ信号を渡るだけで、この美味しさが体験できます。
ぜひ今のうちに行って、食べてみてください!
ここは私も、必ずリピートしたいと思います。








【肉バル×チーズバル カーネヴォー】
住 所:大阪市福島区福島6−1−39    MAP
電 話:06-6454-3881
営業時間:12:00〜14:00 17:00〜24:00(L.O.23:00) 
煙 草:喫煙可
定休日:年中無休 ※日・祝のランチは休み。
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)
お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:    hitoshi.o.saichan@gmail.com 




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



                
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、「究極のTKG」というのが発売されて、ちょっと話題になっているのだとか・・・。(あ・・・究極の高木さんぢゃないですよ^^;)生卵を殻のままセットすると、自動的に黄身と白身を分けて、白身の部分は、メレンゲ状になって、ふわふわのTKGがいただけるのだとか。(動画 ...
続きを読む
先日、「究極のTKG」というのが発売されて、ちょっと話題になっているのだとか・・・。
(あ・・・究極の高木さんぢゃないですよ^^;)

生卵を殻のままセットすると、自動的に黄身と白身を分けて、白身の部分は、メレンゲ状になって、
ふわふわのTKGがいただけるのだとか。
(動画を、TKGのHPで見ることができますよ!)

これを買わなくても、究極のTKGは作ることができそうですが、これをプレゼントされると、ちょっとテンション上がりそうですよね(^^)

さて、究極と言えば、自分で初売ることができない究極。
福島県会津の「山塩」という奇跡の塩を使って作られた、究極の塩ラーメンをいただいてきました。

お伺いさせていただいたのは、大阪福島にあるお店、
”塩々(しょっぺ しょっぺ)さん。

            IMG_0085

福島と言っても、最寄り駅は京阪電車の中之島駅でしょうか。
車で行っても、隣に下福島公園の広い駐車場(有料)があるので、安心ですよ。

入り口を入る手前に、券売機があるので、そこで食べたいラーメンの食券を購入します。

今回は初めての訪問なので、シンプルに会津山塩らーめんの味玉入りを購入。
そして、店内に入り、カウンター席に座らせていただきます。

店主に食券を手渡し、らーめんが出来上がるのを待ちましょう。

お店は、店主ひとりで切り盛りされているようです。
丁寧な接客が印象的ですよ(^^)

ここで、あらためてカウンターの上に置いてあるメニューを確認します。
           
え・・・食券を購入して、もう食べるものを決めているのに、またメニュー・・・?

これがなかなか楽しいのです(^^)
券売機って、後ろに人が並ぶと、焦ってしまって、ゆっくり見れないですし、
こうやってゆっくり席に座り、メニューを眺めていると、次に来たときは何を食べようかと、妄想(?)することも出来るのです^^;
          IMG_0081
あ・・・シンプルに山塩ラーメンの他にも、赤ゆず山塩らーめんや、辛みそ山塩らーめんもありますね。
もつ煮や、からあげ、いぶりがっこなんかもあって、喜多方地酒もある。
これは、夜にお邪魔しても楽しいかもしれませんよ。

そして、裏側には、会津山塩ラーメンの説明が。
    IMG_0082
こういうのを、食べる前に読んでいるると、テンションが上りますよね。
ワクワクします。

店内は、カウンター席が6席と、4人がけテーブルが1つ。
比較的ゆったりとレイアウトされていますよ。

     
そんな感じで、店内を眺めたりしていると、注文したラーメンが出来上がってきました。

             IMG_0066
おぉ、透明感が半端ない!
シンプルだけど、それだけに旨味も透き通って見えるようですね。

    IMG_0069
何と言っても、白ネギが嬉しいですね。
やはり、東北のラーメンには、白ネギがよく似合います。

それでは早速いただきましょう。
先ずは、スープから・・・。
            IMG_0072

おぉ、あっさり透明感のあるスープですが、しっかりと美味しいです。
シンプルだけど、押さえるところは押さえてる。
そんな感じの旨味ですね。
雑味がない美味さと言った感じでしょうか。

そして、麺もいただきます。
   IMG_0074
これは美味い!
太めの縮れ麺が、スープの旨味を存分に連れてきてくれますよ。
そして、食感もバッチリ私の好みです(^^)(^^)

チャーシューも、過度な主張はしないけど、しっかり存在感はありますね。
         IMG_0073
こんなにネギと隣り合わせだと、チャーシューでネギを巻いて食べたくなりますよね。
でもとりあえずは、チャーシューそのものをいただきます。
  IMG_0078
(^^)(^^)
美味しい!
スープ、麺、その他の具材とのバランスがちょうどいいのです。
これを食べて、また麺をすすり、スープをいただく。
そのローテーションが楽しいのです(^^)

そして、これも忘れてはいけません。
        IMG_0079
程よく半熟の玉子は、スープとの相性も抜群!

「追加しておいて、良かったなぁ(^^)」

心底、そんな気持ちになりますよ。

カウンターの上には、2種類の薬味が置いてあります。
        IMG_0084
黒胡椒が、このラーメンに合うのは容易に想像できますし、実際に美味しいのです。
そして、もう一つの薬味は、七味。

これをパラっと一振りしてみると・・・

(^^)(^^)(^^)

想像以上に美味しい!
このスープに七味、驚くほどによく合いますよ(^^)

        IMG_0083
当店は 麺のゆで加減を指定できません。

それでいいと思います。
この麺は、こんな感じが一番美味い。
店主の自信が感じられますし、美味しさへの責任も感じます。
こういうの、私は好きですね(^^)

そんな感じで、あっという間にスープまで完食。
シンプルだけど、かなり奥深く美味しいラーメンを堪能させていただきました。

大阪で、塩らーめん専門で美味しいお店、また知ることができて本当に良かった思います。
他のはない美味しい塩らーめん、是非楽しみに行ってみてくださいね!









【塩々(しょっぺ しょっぺ)】
住 所:大阪市福島区玉川1−2−51    MAP
電 話:06-6607-6060
営業時間:11:00〜15:00 18:00〜22:30(材料がなくなり次第閉店) 
煙 草:完全禁煙
定休日:月曜日
駐車場:なし(お店の隣に、コインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:    hitoshi.o.saichan@gmail.com 




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



  

塩々ラーメン / 中之島駅新福島駅玉川駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

              
このエントリーをはてなブックマークに追加