美食磁石〜関西中心の美味探求〜

関西を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:西天満

親しみやすく わかりづらい。なんかそれって、わかるような、わからないような・・・。まさにそんな感じのお店なのです。ある宴会の二次会のお店を探して、老松通りをゆったり歩くと、何故か引き込まれるような感じのお店に出会います。           お店の名前は ...
続きを読む
親しみやすく わかりづらい。

なんかそれって、わかるような、わからないような・・・。
まさにそんな感じのお店なのです。

ある宴会の二次会のお店を探して、老松通りをゆったり歩くと、
何故か引き込まれるような感じのお店に出会います。

           IMG_9545
お店の名前は、“エクウス”さん。

雑多な雰囲気があるものの、店内を覗くと女性のお客さんがワイングラスを傾けて、
楽しそうにしている光景が目に入る。

たしかに、すごく気になる雰囲気のお店。

一緒にいたメンバー、顔を見合わせると、無言で頷く。
そんな感じで訪問したのが最初。

店内には、懐かしいものや珍しいものが、そこら中に所狭しと並んでいる。

松田聖子のファーストアルバム「SQUALL」、宮沢りえの写真集「Santa Fe」、
漫画「美味しんぼ」・・・。

そんなものがあると思えば、
シャトー・ラトゥール1967ビンテージ、清原和博さんのサインなどもあり、
まぁ、不思議な雰囲気なのです。

そして、店主のキャラとサービスも最高で、料理も美味しい。
そんなアンバランス・・・じゃないな、ギャップが心地よくて、
後日、予約して再訪させていただきました。

         IMG_9466

まだ陽のある時間に来るとこんな感じ。
より一層、親しみやすく わかりづらいが実感できます^^;

店内に入ると、店主の前田さんが笑顔で迎えてくださいます。

この日は、おまかせでお願いしたので、どんな料理が出てくるのワクワクします。
そんな感じで、先ずはビールで乾杯!

         IMG_9474
こちらのお店では、サッポロラガービール(赤星)をいただくことが出来ます。
グラスも赤星のもので、こういうところの気遣いもかなり嬉しいですね(^^)

ちなみにメニューはこんな感じです。

    IMG_9469

メニューに載ってなくても、リクエストすればいろいろ出してくれるかもしれません。

店内はこんな感じで、宝の山のようにいろんなものがディスプレイされています。

          IMG_9470

  IMG_9472

「たこ焼きくださ〜い」って言ったら、本当に出てくるかもしれませんね^^;

そんな感じで、店内のあれこれを見ながら、みんなで賑わっていると、
最初の料理ができあがって・・・

         IMG_9478

って、いきなりデザート^^;
いえいえ、これがワインとよく合うのです。

   IMG_9504

このメロンが実は、只者ではない。

         IMG_9485

こんなにも細かい模様がビッシリと入って、高級メロンの証ですね。

  IMG_9481

これは、大分県豊後高田、 山田さんちの「みさきグリーンメロン」だそうです。

最初から極上のメロンが出て、すっかりエクウス・・・前田ワールドに引き込まれます。

そして、次の料理は、仙鳳趾の生牡蠣。

           IMG_9492

牡蠣の名産地も、日本各地にいろいろありますが、
私はここ、仙鳳趾のものがクリーミーで一番好みなのです。

牡蠣をじっくりと味わった後は、ポタージュスープ。

     IMG_9496
 

素材が濃厚に溶け込み、これも完全に食べるスープ。
じっくりと口の中で旨味が広がり、余韻までもが美味い。
スープにワインを合わせて楽しむ、そんなことができてしまうから本当に面白い。

そんな感じで、スープの余韻を楽しんでいると、パスタが登場。
       
           IMG_9506
 
「これ、何のパスタですか?」
 
そう問いかけるも、笑顔で食べて見て当ててください(^^)
なんて言うものだから、楽しさも倍増。

食べてみると・・・

     (^^)(^^)(^^)

美味っ! 


何と、スッポンをパスタにして出していたただ来ました。

このスッポン、臭みなんで全くなし、初めてスッポンを食べるって方にも、
是非味わっていただきたいほどに美味しい。
これは、また食べたい料理ランキングの中に、確実にランクインですね(^^)

パスタを食べ終え、しばらく余韻に浸っていると、スパイスのいい香りが…
        
      IMG_9530

 
登場したのは、石焼カレーライス。

アツアツの石鍋にたっぷりのカレー。

ジューッっていう音とともに、目の前で混ぜ合わせてくださいます。

           IMG_9516

     IMG_9526

 

これ、いくらでも食べられそうですよ(^^)

そんな感じで、満腹になり、かなり満足させていただきました。

こちらのお店、エクウスさん、まだまだ引き出しがあって、
いろんな料理のレパートリーがあると確信。

ここ、また確実にお邪魔させていただきたいと思います。

また、ランチの営業もされているみたいなので、
ランチタイムにも一度お邪魔させていただきたいと思います!
        




【エクウス】
住 所:大阪市北区西天満4-7-15    MAP
電 話:06-6363-3003
営業時間:11:30〜14:00  18:00〜24:00 
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日(月曜日が祝日の場合は、日曜日営業、月曜日が休み)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

二期作と二毛作。小学校の社会の時間(でしたよね?)に習いましたよね。確か、同じ耕地で、1年に同じ作物を2回作るやつ。二期作が同じ作物・・・ま、この場合はほぼ米でしょうか? 米を2回収穫すること。に対して、二毛作は同じ耕地で、1回目の収穫とは違う作物を作ること ...
続きを読む
二期作と二毛作。
小学校の社会の時間(でしたよね?)に習いましたよね。

確か、同じ耕地で、1年に同じ作物を2回作るやつ。

二期作が同じ作物・・・ま、この場合はほぼ米でしょうか? 米を2回収穫すること。
に対して、二毛作は同じ耕地で、1回目の収穫とは違う作物を作ること。

夏に米を作り、冬はイモを作る・・・
そんな感じのことだったと思います。

でも、昔ほどは盛んではないのだとか・・・。

そう言うのも、安い外国産の農作物が昔に比べてたくさん入ってきて、
品質のいいものしか高く売れない。
品質で言うと、二毛作でなく、それ専門に作っているところには叶わないからなのでしょうか?

さて、二毛作と言えば、飲食店の世界にもありますよね。
昼はうどん屋さん、蕎麦屋さんで、夜は居酒屋さん。
夜はBARで、昼はカレー屋さん。

西天満、老松通りのアメリカ領事館近くを歩いていると、
「カレー」と書かれた幟を見つけました。

        IMG_1739

あれ、こんなところにカレーの店あったんだ・・・
あ、ココ夜は確か酒販店直営の居酒屋さん・・・角打ちのところ。

この日にお邪魔させていただいたのは、
“ほっとあわとく”さん。

夜は角打ちとして営業され、ランチタイムにはスパイスカレーのお店になっています。

     IMG_1740

ほっとあわとく カレー
 ココナッツチキン、ポークビンダルー・・・
え、ポークビンダルーを出すの?
以前通りかかったと気いメニューボードを見て、ずっと気になっていたのです。

そしてこの日は計画的に訪問。

       IMG_1738

カレーなる気持ちになって、店内に入っていきましょう。

お店に入ると、女性店主が迎えてくださいます。

カウンター席に座り、改めてメニューを確認します。

           IMG_1713

A ココナッツチキンカレー
B  ポークビンダルーカレー
C  たけのこのキーマカレー

それぞれ、2種盛も可能なようです。

初めてのお店では、定番・・・
つまり、メニューの一番上のものを注文するべきなのかもしれませんが、
ポークビンダルーがどうしても気になって、そして筍も食べたくて・・・

「すみません、二種盛りをBとCでお願いします。」

と、定番(であろうと思われるもの)を外してしまう^^;

店内は、角打ちと言っても、立ち飲みではなく、イスがあるタイプ。

   IMG_1714

奥に、ステンレス製の冷蔵庫が置いてある辺りは、そんな雰囲気を醸し出していますよね。

カウンター席が4席と、テーブル席。
混雑してくると、立ち呑みにもなるのでしょうか?

カウンターの上には、スパイスの瓶が並びます。

           IMG_1717

こ・・・これは、角打ちが片手間にはじめたカレー屋さんのレベルではないです。
私も自らスパイスカレーを作るので分かりますが、
基本のスパイスに、アレンジを加えたいためのスパイスも置いてあって、
本気でカレーを作り込んでいらっしゃるのが分かります。

そんな感じで、ワクワクしながら待っていると、
お願いしたカレーが出来上がってきました。

   IMG_1720

香りがいい!
それが第一印象。

真ん中にごはんがのっかり、両端に2種類のカレー。
そして、素揚げした野菜が手前に、奥には赤玉ねぎマリネが添えられています。

           IMG_1724

右側には、ポークビンダルー。
これが気になっていたやつです。
それでは早速いただきましょう。

   IMG_1729

お、いい感じに酸味がきいていて、そのあとスパイス感と旨味。
ポークによくマッチしていますよ。
そして、サッパリしているだけに、野菜の素揚げとの相性がすごくいいのです(^^)

そして、春の味覚、たけのこのキーマカレーはこんな感じ。

            IMG_1725

見た目にも食感の良さそうな筍がタップリと。
それではこちらもいただきましょう。

     IMG_1731

            (^^)(^^)

おぉ、ポークビンダルーとは全く違う味わい。
美味しいですね、これ。

ポークビンダルーと、たけのこのキーマカレーを交互にいただき、
サラダも途中で挟みます。 

            IMG_1727

このサラダ、上にヨーグルトがかけてあり、カレーの良く合いますよ。

2種類のカレーを少しずついただきながら、混ぜてみたりもする。
これが結構美味しいんです。

そんな感じで、最後は両方のカレーを混ぜていただき、
複雑な旨味を堪能することが出来ました。

こちらのお店、この3種類のカレーの他にも、
いろんなカレーを作って出されているようです。

ホットチリポークカレー、根菜とひよこ豆のキーマカレー、
れんこんとしいたけのキーマカレー・・・
いろいろ研究なさっているようですよ。

今後も期待出来そうです。
今度は是非、ココナッツチキンカレーも食べにに行きたいと思います。












【ほっとあわとく】
住 所:大阪市北区西天満4−13−1    MAP
電 話:06-6364-6228
営業時間:11:00〜14:00 17:00〜23:00 ※ランチタイムはカレー、ディナータイムは居酒屋営業。
煙 草:
定休日:土・日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

良薬、口に苦し。確かに、薬って何の予防線も貼らずに飲むと、すごい味(または匂い)がするもの、少なくないですよね。(ラッパのマークの胃腸薬なんて、最強かも^^;)こな薬・・・あれって、大概飲みにくいですが、粉のまま飲めるってことはまだまだマシなのでしょうね・・ ...
続きを読む
良薬、口に苦し。

確かに、薬って何の予防線も貼らずに飲むと、すごい味(または匂い)がするもの、少なくないですよね。
(ラッパのマークの胃腸薬なんて、最強かも^^;)

こな薬・・・あれって、大概飲みにくいですが、粉のまま飲めるってことはまだまだマシなのでしょうね・・・。
だって、考えてもみてください、もしも錠剤を飲み込まずに口の中で甘い部分が終わるまで、舐め続けたらどうなるかを^^;

はい、考えたくもないです^^;
ましてや、カプセルの薬を、カプセルから出して飲むなんて・・・。
(カプセルの場合は、苦いというのもあるでしょうが、胃まで薬を届ける役目なのですよね^^;)

こう書くと、体に良いもの=苦い、食べにくい、試練・・・。
みたいな感じになりますが、そうでもないようですよ。

疲れた体を癒やす 薬膳スパイスカレー

街を歩いていて、こんな文字が目に飛び込んできたら、思わず二度見しませんか?

この日にお伺いさせていただいたのは、西天満にある、薬膳スパイスカレーのお店、
”アジアンキッチン オオツカレー”さん。

         IMG_8651
疲れた体を癒やす・・・
以外にも、「油の使用量 最小限」とか、
「身体は食べた物でできています。 健康食べてますか?」とか、
「えっ!? 5歳若返る?」とか、気になることがお店の前に書いてあるのです。


   IMG_8653
甘口カレーありません。 ゴメンナサイ!
当店は普通のカレー屋ではありません。


そんな文字も。

これ、私にとっては、ものすごくワクワクしますし、気になるのです。

そんな感じで、気になりながら、お店の前を通り過ぎること、数回・・・。
やっと、この日は訪問させていただきました。

カウンター席の真ん中あたりに座り、メニューを見せていただきます。

     IMG_8630

カレーは全部で三種類。
定番のポークキーマの薬膳スパイスカレー、
「辛いです」と書かれた、牛バラ肉といろいろ野菜のグリーンカレー、
週替わりの、パンプキンシチューのチキンキーマカレーから選べます。 
        IMG_8631

もちろん、2種あいがけや3種がけカレーを楽しむことも出来ます。

どれも美味しそうだったので、欲張りにも3種がけカレーを辛さ2upでお願いしました。

店内は、カウンター席が6席と、2人がけのテーブル席が2卓で10席。
お昼休みには少し早い時間でしたが、すでに6割の席が埋まっています。
人気ですね。

IMG_8633

LINE、お友達登録してください。
絶対にお得!


積極的に、ネットでもお店の情報を発信していらっしゃいます。
そうそう、お店の前の黒板には、毎日店主のメッセージが書き込まれています。

今日の言葉は、

今日も働けることに感謝! 笑顔と優しさを忘れずに

そんな今日の言葉も、ツイッターで発信されていましたよ。
見渡したりしていると、お願いしたカレーが出来上がってきました。

          IMG_8634
大きめのお皿に、タップリのカレー。
こういうのうれしいですね(^^)

薬膳と言うだけあって、スパイスの香りがガツンと漂っています。

   IMG_8635
左側は、ポークキーマの薬膳スパイスカレー。
安定感が見た目からも伝わります。

それでは早速いただきましょう。

          IMG_8643

      (^^)(^^)

おぉ、これはバランスがいいですね!
ガツンとくるスパイス感と旨味がいい感じのところでマッチしていますよ。
      IMG_8636

そして、週替わりの、パンプキンシチューのチキンキーマカレー。
こちらは、お皿の右側に盛られています。
では、こちらもいただきましょう。

        IMG_8640

ほぉ・・・
かぼちゃの甘味がもっとくるのかと思いこんでいましたが、甘みが前面に出過ぎることなく、
どちらかと言うと、スパイスの補助的役割って感じ。
でも、それがあるからこそ、深みのある旨味を感じることが出来るのでしょうね。

そして、牛バラ肉といろいろ野菜のグリーンカレーは、3種盛りの場合、別皿で提供していただけます。

     IMG_8637

おぉ、この香りが、エビの発酵調味料の香りですね。
なかなか攻めてますね!
では、こちらもいただいてみましょう。

           IMG_8645

        (^^)(^^)

おぉ、これは美味しい!
独特の香りが癖になります。
しかも、旨味もかなりいい感じですよ。

3種類とも個性が違うカレーを、組み合わせながら楽しみます。

        IMG_8639
ごはんは、白米か玄米を選べるので、今回は玄米で。
サラッとした食感のカレーに、しっかり目の玄米がよく合います。

単体の味わい、そして、複数のカレーが混じり合ったときの美味しさ。
味の変化を思う存分に楽しめます。

そして楽しいのが、副菜との組み合わせ。

    IMG_8647

3種類のカレーと、4種類の副菜を組み合わせながら、いろんな美味しさを自ら組み立てる楽しさ。
おそらく、食べに来る度に新しい発見が出来るカレーなのではないでしょうか?

この美味しさで、身体に優しいとくれば、リピーターが多いのも頷けますね。
スパイスカレーが好きな方、辛さの中に美味さを見つけるのが好きな方にとって、パラダイスのようなカレーだと思います。

日本のカレーとは、全く考え方が違うカレー、一度味わってみませんか?
一度ハマると癖になって、忘れられなくなるカレーだと思います。
もちろん私も、リピートさせていただきたいと思います(^^)












【アジアンキッチン オオツカレー】
住 所:大阪市北区西天満3−13−18 西天満クリスタルビル 1F    MAP
電 話:06-6312-3222
営業時間:11:00〜22:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ
お店のFacebookはコチラ
お店のTwitterはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

外国へ行くときのお土産・・・何がいいかなぁ?そんなことを相談すると、「のれんを持っていくと喜ばれますよ!」そんなアドバイスをいただいたことがあります。のれん・・・まず、日本にしか売ってない。和の柄がお洒落。目隠しにも日よけにもなって、実用的。    (と ...
続きを読む
外国へ行くときのお土産・・・
何がいいかなぁ?

そんなことを相談すると、

「のれんを持っていくと喜ばれますよ!」

そんなアドバイスをいただいたことがあります。

のれん・・・
まず、日本にしか売ってない。
和の柄がお洒落。
目隠しにも日よけにもなって、実用的。
    (とは言っても、外国の家で、表の扉を開放しているとこなんてあるかは疑問ですが^^;)

考えてみると、のれんって、ちょっとお洒落な感じもしますよね。

そうそう、「のれん」って、「暖簾」って書くじゃないですか?
昔は、冬用のものを「暖簾」
夏用のもので、竹や葦で編んだ涼しげなものを「涼簾(りょうれん)って呼んだそうですよ。

先日、西天満の街を歩いていたら、こんな暖簾が、目に飛び込んできました。
         IMG_4659
大きな暖簾に、「肉スタミナカレー」。
素通りできないほどの吸引力があります^^;

お伺いさせていただいたのは、“肉カレー千葉屋”さん。

     IMG_4656
西天満の交差点から、ワンブロック北東に行った角っこにお店はあります。

比較的早い時間でしたが、店内に入るとすでに半分くらいの席が埋まっています。
カウンター席に座らせていただき、壁に貼ってあるメニューを確認します。

           IMG_4651


デフォルトのカレーが680円は、この地域、西天満にしては破格ではないでしょうか?
単に「カレー」を注文する方も結構多くいらっしゃいました。
でも、こちらのお店のウリは、「肉カレー」。

豚角カレー、
牛煮カレー、
カツカレー
と、どれを注文してもたっぷり肉が堪能できそうですよ!
トッピングの種類もいろいろあって楽しい。
“迷う楽しみ”って言葉を思い出しました。

限定の「トロ豚カレー」にしようかとも思いましたが、初回訪問なので、
スタンダードに「牛煮カレー」にナスをトッピングでお願いしました。

店内は、カウンター席が5席と、テーブル席が8席の合計13席。

テーブル席は、くっつけたり、離したりして、4人掛けにも、2人掛けにもなりますよ。

ガッツリ系の肉カレー、
と言うことで、店内のお客さんは男性がほとんど。
場所柄、ガテン系の方よりも、スーツを着た方が目立ちます。

「お待たせしました〜、カツカレーの大盛りです」
あ、お隣の方のカレーが出来上がったようですね・・・・って、スゲー大盛り!!

どうやら噂は本当のようです。

「普通盛りでも結構な量なので、大盛り無料ですけど、普通にしておいた方が無難ですよ・・・」

そのアドバイス、お見事です^^;

そんなことを感じていると、私がお願いしたカレーも出来上がってきましたよ。
         IMG_4641
おぉ、確かに普通盛りでも、たっぷりですね。
大きなお皿の上には、たっぷりのカレールーとご飯、そしてキャベツものっかってきます。

   IMG_4643
後から仕上げにかけられたスパイスも食欲をそそりますよ。

それでは早速いただきましょう。
           IMG_4646

お・・・ファーストアタックは甘くてマイルド。
そして、後から辛さがやってくるタイプですね。
いわゆる、甘辛大阪カレーの部類に入るかと思います。

そして、その後にシビれがやってくるのが、こちらのお店のカレーの特徴。

      (^^)(^^)

美味しいじゃないですか!
このカレーが好きな人、たくさんいらっしゃると思いますよ!
私の場合は、スパイスを「ドーンっ」ときかせたスパイスカレーが好みなのですが、
一般的にカレーは、日本のカレータイプに絶大な人気があると思います。

そこに、山椒のしびれを仕上げに感じるようにしてカレーを完成させる。
これ、見事だと思います!
違和感なく食べられるいつもより少し美味しいカレーに、オンリーワンな要素が組み合わさって、
確実に癖になるカレー。
千葉屋さん、かなり技ありですよこれ(^^)

でも、人気の秘密はそれだけではなく、たっぷりの肉。
      IMG_4649
この牛煮カレーには、柔らかく、でもしっかりと肉の食感を感じる牛肉がゴロゴロ入っているのです。
肉カレーの名前にウソはありませんよ(^^)

キャベツが一緒に盛られているのは、金沢カレーのスタイルを少し思い出させますね。
              IMG_4644
これも、カレーの合間に食べると、適度に口の中をリセットしてくれますよ。
トッピングのナスも、素揚げにされていて、カレーとの相性もバッチリ!
野菜が入ると、肉の美味しさもより一層引き立ちますね。

       IMG_4652
薬味は、日本のカレーには欠かせない福神漬け。
このタイプのカレーを食べるときには、必ず欲しくなる脇役ですよね(^^)

辛さが足りない場合は、これをかけてみてくださいね!

と、店主。

             IMG_4653
半分くらい食べたところで、パラパラッと振りかけてみます。
 
         IMG_4655

すると、辛さがきいて、グッと引き締まった味わいに変身します。
これもまた、美味しい!

後半は、辛さと美味さとシビれを、全部楽しみながら完食。
満腹感と満足感、どちらもかなり満たされました。

甘辛いカレーの旨味と、後からジワジワ押し寄せるシビれ、
これはかなり中毒性が高いカレーですよ(^^)
なるほど・・・こうやって、どんどんリピーターが増えていくのでしょうね。
私もまた必ず、食べに行ってしまうと思います。

さて、次は豚角カレーでも狙ってみるかな・・・。








【肉カレー千葉屋】
住 所:大阪市北区西天満6−6−2    MAP
電 話:06-6361-8800
営業時間:11:30〜売り切れまで 
煙 草:
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



 

肉カレー千葉屋カレーライス / 南森町駅東梅田駅なにわ橋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

              
このエントリーをはてなブックマークに追加

テラめし、大盛のお店を紹介する雑誌やMOOK本って、書店に行けばあるものです。ブログでも、大盛のお店専門に紹介知る方もいらっしゃるようですね。でも、辛口専門とくると、あまりない。検索画面で、「辛口 ブログ」と検索すると、出てくるのは、書いてる内容が辛口のコメ ...
続きを読む
テラめし、大盛のお店を紹介する雑誌やMOOK本って、書店に行けばあるものです。
ブログでも、大盛のお店専門に紹介知る方もいらっしゃるようですね。

でも、辛口専門とくると、あまりない。
検索画面で、「辛口 ブログ」と検索すると、出てくるのは、書いてる内容が辛口のコメントのものとか、いろんなものを辛口で評価するサイト。

あの〜、辛口の食べ物を探しているのですが^^;

そう思ったこと、ありませんか?

では、私が過去に食べたカレーで、「これは辛かった!」と言うものをいくつかご紹介・・・。

【辛口料理ハチ】
大阪南森町で、伝説のお店と言われたところ。
黙って座れば、無条件で大盛の超辛口カレーが出てくる。
デフォルトのルーは少なめだが、カウンターにはかけ放題のルーが置いてあるのだが、辛さに慣れるまではとても手を出せない。
残念ながら、2012年4月閉店。

【大沢食堂】
東京千石にあった、辛口のカレーライスが看板商品だった食堂。
辛さは、並辛・中辛・大辛・極辛があって、極辛の辛さは、すべての人を昇天させるほど^^;
お試しの「ひとくち極辛」でも、破壊力は充分! さらにあなどれないのが、熱々の味噌汁という噂も・・・。
残念ながら、2013年5月閉店。

【ワイヤ 江戸堀店】
ここがランチタイムに出す、海老ダシの旨辛カレー。
これの破壊力が半端ない!
一口目は甘くて美味しいのだが、2口目以降は、獰猛な辛さむき出しの香りと、脳天を突き抜ける辛さに意識が遠くなるほど^^;
ジョッキの水に手を出しながら、なんとか完食したが、午後からオフィスでのたうち回り、撃沈。
残念ながら、いつの間にか閉店。


って、閉店情報ばかり書きやがって!(って、声が聞こえてきそうですね^^;)
すみません^^;

この日は、今でも美味しい辛口のカレー・・・
しかも、本気で辛くて美味いカレーが食べることが出来るお店、
西天満の“辛口飯屋 森元”さんに行ってきました。
        IMG_4865
         
むかし、西天満の森元には辛口のビーフカレーしかなかった。
          IMG_0619

「辛〜いカレー 私のカレーはとても辛いです。 甘くは出来ません なので苦手な方にはごめんなさい。 10種類のスパイス そして大量の玉ネギでつくっています。 ぜひ、食べてみてください。」
 
このおなじみのコピーは、ビーフカレーのみの時代、お客様への警告…いえ、あたたかいメッージだと思われる。

現在は、辛口のビーフカレーだけではなく、全然辛くないチキンカレー、そしてアイデア満載の日替わりカレーと、いろんなカレーを食べることが出来る。
            IMG_4503
メニューボードに書かれたこのメッセージは、けっして脅しではなく、
店主の優しいメッセージと受け取ってもらえれば幸い。

とはいえ、たま〜に、天邪鬼な考えが頭をよぎったりするから困ったものだ^^;

そう、この日は初心にかえってみたいと思い、「辛口飯屋 森元」のフラッグシップメニュー、ビーフカレーを一択で攻めてみた。

いつもは、先ず日替わりカレーをお願いし、
その後、激辛のビーフカレーのルーを掛けてもらい、
そして、チキンカレーは別カップにいれてもらって、スープとしていただくことが多いのだが、
この日は、ビーフカレーの美味しさをシッカリ堪能してみたいと思う。

ビーフカレーを一択で注文すると、店主の顔が一瞬「ホントに?」という顔になり、
そのあとすぐに「ま、大丈夫か^^;」という表情に変化する。

おそらく、初めてのお客さんに対しては、「ビーフはもぉのすごく辛いですよ。」と忠告していたような気がする。

ちなみに、森元さんに初めてお伺いした時に、ちっとも辛くないチキンカレーはメニューになかった。
(初めて森元さんに行った時の記事はコチラ)

そんな感じで、初めて森元さんに行ったときのことを思い出したりしていると、
本気の辛口、森元のビーフカレーが出来上がってきました。
             IMG_4490

 おぉ、これこれ(^^)
タップリのカレーと、カレーとの相性が抜群の硬めに炊かれたごはん。
これが森元のカレーです。

では早速、まずはデフォルトでいただきましょう。
       IMG_4493
最初に、甘み、旨味、複雑なスパイスの香りを感じ、
その後から、ドドドーーーンと、辛さが襲ってきます。

美味しい! 

 
 とはいえ、かなりの辛さであることには変わりない。
でも、 このビーフカレー、一緒に注文する副菜によって、様々な表情を見せてくれる。
ビーフ単体だと、強烈なパンチと旨味が複雑に絡み合い、まさに戦う美味さ。
 
そこに生卵を加えると・・・。
          IMG_4496
辛さにマイルドな旨味が加わり、いくらでも食べられそうな印象に。

カレーに生卵なんて、軟弱じゃねぇの?

そんなこと思わないで、ぜひ一度試してほしい。

           IMG_0402
世界一生たまごと合うビーフカレーだと 私は思ってます・・・。

そんな店主の言葉を信じてみると、異次元の美味しさを感じることが出来ますよ。
        IMG_4498
そして、プラス100円で付けることが出来るサラダも美味しい。
    IMG_4499
和風ドレッシングとマヨネーズがたっぷりで、これがカレーとぴったり合うのです(^^)

     タルタルとまぜても かなりおいしい。
 
       IMG_4500
 さらにタルタルソースを加えると、びっくりするほどマイルドになるが、
奥の方からはキチンとパンチのあるビーフテイストを感じることができる。
 
この変化球は本当にお見事!
ビーフカレーだけでも、これだけバラエティに富んだ美味しさを堪能することが出来ます。
 

辛口飯屋 森元さんでビーフカレー1択、如何でしょうか?
かなり奥が深いですよ^^






【辛口飯屋 森元】
住 所:大阪市北区西天満4−5−3 2F    MAP
電 話:090-8821-0733
営業時間:11:30〜16:00 ※土曜日は15:00まで(売り切れ次第終了)
煙 草:完全禁煙
定休日:日・祝・月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:    hitoshi.o.saichan@gmail.com 




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 
このエントリーをはてなブックマークに追加