美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:西葛西

「あ! 醤油だと思ったら、ソースだった(>_ 最近では、そんな会話あまりないですよね。 おそらくそれは、食卓の上に醤油差しは置いてあるけど、ソース差し(って言えばいいのかなぁ(^^;))は今時ないからでしょうか。 今では、ペットボトルに入ったソースをそのまま使う ...
続きを読む
「あ! 醤油だと思ったら、ソースだった(>_<)」

最近では、そんな会話あまりないですよね。

おそらくそれは、食卓の上に醤油差しは置いてあるけど、ソース差し(って言えばいいのかなぁ(^^;))は今時ないからでしょうか。

今では、ペットボトルに入ったソースをそのまま使う方が多いでしょうが、昭和の時代、
ソースは食卓の上に、醤油と一緒に並んであったと思います。

見た目は、同じ黒い色(濃い茶色と言った方がいいかな?)
蓋の色が赤いのが醤油で黄色いのがソース。
もしくは、ソース差しの方が、一回り大きかったような。

ステーキには、ソース。(って、滅多に出なかったですが(^^;))
お好み焼きは、ウスターソースととんかつソースを混ぜて。(お好み焼きソース、売ってなかったですもんね)
目玉焼きはソース派、それとも醤油派?

はい、家庭の味わいです(^^)


さて、家庭の味わいと言えば、東京の西葛西にある印度家庭料理のお店、“レカ”
              3c447738.jpg


以前、噂を聞き訪問して、その安さと雰囲気、味わいの虜にすっかりなってしまい、忘れられなくなっていました。

そして、先日の東京出張時に、再訪させていただきました。

今回は、仕事の合間に時間を作っての訪問だったので、平日のランチタイム。

店内は、相変わらず、ゆったりと時間が流れていますね。
                     af1948ec.jpg


「お、いらっしゃい! 久しぶりですね。」
嬉しいことに、店主は私のことを覚えてくださっていたみたいです。

前回お邪魔させていただいたときは、ミサル・パウと、サブダナ・キチュデ。

今回は、前回来たときに気になっていた、ビリヤニをいただいてみたいと思います。

メニューを見ると、チキンビリヤニは1,000円でいただく事が出来るのですが、
あと200円プラスして、スペシャルセットにすると、2種類の日替わりカレーと、チャパティ、サブジが付いてくるみたいなので、
スペシャルセットをお願いしました。

あ、因みにメニューはこんな感じです。
レカ レカ レカ レカ

それにしても、メニューを見てると、気になる物がどんどん出てきますね。
クミン入りチャーハンも気になりますよ。
こんなコメント入りですからね・・・。

沢山のクミンで炒めたご飯もの。クミンの香りで食欲が沸く。
日替わりサブジからサブジ一品とサラダまたはピクルスが付くセット。



店内には、食事をする人の他に、お持ち帰りの料理を買って帰る人の姿も。
すっかり店主と世間話に花を咲かせていますよ(^^)
見た感じは、ローカル色バリバリで、「日本人の口にあったようにアレンジ・・・」なんて事は全くせず、ホンモノを提供するお店で、ネットで見るかぎりは入りにくい印象があったのですが、
行ってみるとそんなことは全くなく、気がついたらカウンターに座って、店主と話しながら注文していた・・・。
そんな感じのお店です。
そしてこちらのお店、地元でも人気のお店のようですよ。

そんな感じで過ごしていると、ビリヤニ、カレー、チャパティがセットになった、
スペシャルセットが出来上がってきました。
                 05e7b855.jpg


前にいただいた、ミサル・パウのプレートよりも、一回り大きなプレートに、いろんな料理がのっかっていて、見ているだけでも楽しいですね(^^)

このスペシャルセットには、カレーも2種類ついて、かなり満足度が高いですね(^^)
3d5b8825.jpg
 2b6d3af0.jpg


そして、この日の大本命はこのビリヤニ。
                    1d1d251f.jpg


カラフルなインディカ米は、香りも素晴らしく、見ているだけでも幸せに気持ちになれますね。

22年前の1993年、日本が歴史的に米不足になった時に、タイ米などのインディカ米が日本に大量に緊急輸入されました。
その時、世間の多くの方は、その食感の違いから、避けよう、避けようとして、不心得な人の中には、路上に廃棄するケースも・・・。

その反動かどうかはわかりませんが、今では日本米よりもはるかに高い値段になってしまいましたよね。

インディカ米を安い値段で手に入れることができた当時。
それも今となっては、懐かしい思い出ですね。

さて、そんな貴重なコメを使ったビリヤニをいただきましょう。
                  658766d6.jpg


おぉ!
これはまた、思い切ったスパイス使いで、かなり美味しいですよ、これ(^^)(^^)(^^)

サラダもいい感じのスパイスがかかっていて、癖になりそう(^^)
                 fc416377.jpg


そして、カレーもいただきましょう。
先ずは、ダルのカレーから。
                  58619f39.jpg


美味い(^^)(^^)(^^)
さらっとしていて、かなりあっさりなのですが、ちゃんと旨味が効いています。
なるほど…これは確かに、毎日食べても飽きないなぁ。

そして、もうひとつのカレーは、チキン。
                       161f9c31.jpg


これはまた、ダルのカレーとは全く雰囲気は違うのですが、素晴らしい!

そこで、チャパティの登場です。

インドのカレーのお店といえば、ナンを思い浮かべる方が多いかと思いますが、
家庭ではナンではなく、チャパティを食べるのが一般的なのだとか。

そして、このチャパティがまた、美味い!

カレーを楽しみ、ビリヤニを味わい、そしてやはり最後はカレーとビリヤニを混ぜて楽しんでしまいましょう。
                      6a1e64bc.jpg


うん、これは最高です(^^)(^^)(^^)

そんな感じで、今回もあっという間に完食させていただきました。

嬉しい事に、デザートもサービスしていただき、大満足!
                 dd0ff1bf.jpg


ここは来るたびに惹かれるお店ですね(^^)

食事が終わり、店主としばし歓談。
前に来た時に聞いたのですが、こちらの店主は和食好き。

先日、ビジネスディナーで(こちらの店主、平日は会社勤めなのですよ)、丸の内にあるお鮨屋さんに行ったそうですが、高いばかりで、ちっとも良くなかったのだとか・・・。

「それよりも、北砂(こちら西葛西のひと駅隣の駅)の鮨屋さんがスゴイですよ! 
   こんなにボリュームがあって、(と言いながら、iPhoneの写真を見せてくれました)たったの1,200円ですよ。」

この時に教えていただいたのが、こちらのお店です。

相変わらず、フレンドリーな店主です(^^)

西葛西のレカさん、本当に行くたびにその魅力の虜になってしまいます。

ここはまた必ず、再訪させていただきたいと思います。




【印度家庭料理 レカ】   
住所:東京都江戸川区西葛西3-22-6-110 小島団地内商店街 1F    MAP     
電話:03-5878-1896   
営業時間:11:30~14:30(LO) 17:30~21:30(LO)  (日曜日はランチタイムのみ) 
煙  草:店内禁煙(喫煙席は屋外のテラス席)
定休日:日曜日の夜と月曜日
駐 車 場:

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人がイメージする和食ってどんな感じのものが多いのでしょうか。 寿司、刺身、天ぷら、すき焼き、ラーメン、とんかつ・・・。 どれもご馳走ですね! これらが今日の晩ごはんならば、テンションも上がります。 とはいえ、どれも朝から食べるものではなさそうですよね(^ ...
続きを読む
外国人がイメージする和食ってどんな感じのものが多いのでしょうか。

寿司、刺身、天ぷら、すき焼き、ラーメン、とんかつ・・・。

どれもご馳走ですね!
これらが今日の晩ごはんならば、テンションも上がります。

とはいえ、どれも朝から食べるものではなさそうですよね(^^;)

朝ご飯と言えば、味噌汁、鮭の切り身、納豆、玉子かけご飯・・・。
でも、日本の朝ご飯の定番、外国の方は食べるのでしょうか?

噂によると、生玉子だけは、絶対に食べないという方が多いようです。

ということは、玉子かけご飯は・・・。

でも、それが本当の日本の朝ご飯。
日本にいなければ味わえない美味しさなのでしょうね。

さて、そんな本当の家庭料理。
外国にもそんな私達が知らない家庭料理、あるのではないでしょうか。
(大きな火力が必要なのでは・・・と思われる中国料理も、家庭では普通のコンロで作っていますものね。)

インドにも、日本人が知らない家庭料理があります。
そんな、西インドの家庭料理がいただけるお店が、東京の西葛西にあると聞き、行って来ました。

東西線の西葛西駅の北口を出て、歩くこと5分ほど。

左側にある団地の1階に、お店が並びます。
1a8e0b0f.jpg


そんな中の一軒、今回の目的地、“印度家庭料理 レカ”さんはあります。
                             80141ff9.jpg


入口からして、いい感じの雰囲気です。

お伺いしたのは、土曜日のお昼前。
ゆったりと時間が流れているような感じの店内に入り、カウンター席に座らせていただきます。

すると、オーナーと思われる男性の方が、お冷やとメニューを持って来てくださいます。

ちょっと前、ネットを見ていて、このお店の存在を知り、すごく気になっていたのです。

店内には、こんなそそられるポスターも。
             レカ
                                インド人が毎日食べる食事はこんな味だった!
                                 今まで日本で食べたのはなんだったんだろう?


           レカ
                        ビリャニはこうだったんだ!  知らなかった!
                最高級の米を使い、圧力をかけて3時間も炊き込んだ本格的なビリャニは美味いぜ!


これを見てると、すごく食べたくなりますよね!
カレーとチャパティ、ビリャニがセットになったもの。
そういえば、メニューにもありました。
レカ レカ レカ レカ

こんな感じでメニューには、今まで見たこともなかったようなインドの家庭料理が並びます。

初めてなので、カレーとチャパティ、ビリャニがセットになった、スペシャルセット・・・。
を通常ならばお願いするかと思うのですが、ちょっと気になったものがあったので、そちらをお願いしました。

店内は、インドの音楽が流れ、インドの民族的な装飾が施され、ちょっと薄暗いような感じ・・・。
でな全然無く、明るくフレンドリーな雰囲気。
f5050195.jpg
 5f92c897.jpg



カウンターの上には、スパイスの小瓶が置かれてたりする以外は、何ら日本の食堂と変わらないような・・・。
                  67799ab3.jpg


店内は、カウンター席が3つと、2人掛けテーブルが4つに、4人掛けテーブルが2つ。
あ、テラス席(ま、外にテーブルがあるだけなのですが(^^;))もあったかなぁ・・・。

私がお店に着いたときは、カウンター席に1人お客さんがいただけでしたが、お昼の時間が近づくにつれ、一組、また一組とお客さんが増えてきました。
けっこう、知る人ぞ知るお店のようですね。

そんな感じで、店内やメニューを眺めていると、私が注文した、
「ミサル・パウ」が出来上がってきましたよ。
                      af6da3fe.jpg


屋台から洒落たレストランまで、どこでも食べられる西インドの美味しくて人気のあるレシピ。
「ミサル」は6種類以上の豆のカレー、「パウ」はパンの意味。
軽食またはランチとして食べられる。


ホント、こうやってみると、インド版のモーニングって感じですよね。

たくさんの豆が入ったカレー、「ミサル」。
これ、そのままいただいてもすごく美味しいです(^^)
                                  1bad9741.jpg


そして、サラダ。
   b9946295.jpg


ドレッシングには、インドのカレー屋さんでお馴染みの赤いドレッシングがかけられています。

そして、「パウ」。
                  0834ff64.jpg


どこからどうみても、食パンのトーストですね。
トースト型のナンかと思いましたが(思わないですね(^^;))、食パンです。
(ちなみに、インドの家庭では、普段ナンは食べずに、チャパティや食パンを食べるそうです。)

「よく混ぜて食べてくださいね。」とのこと。
混ぜると美味しいのは、スリランカカレーも、ピビンバも一緒ですね。


それでは早速いただきます。
                      b0fef0d2.jpg


わ! 本当に美味しい(^^)(^^)
カレーの風味がいいし、味付けも本当に美味しいですよ。

そして、パンにつけていただきます。
                       290e40a5.jpg


あ、本当に良く合いますね!
日本のカレーライスのルーをパンにつけて食べることは、子供の頃よくやりましたが、本格的なインドのカレーも食パンとの相性、すごくいいですよ!

そして、このカレーの中に入っている玉ネギがまたいい感じなのです。
玉ネギの辛味は少し感じるのですが、それがカレーの深みと出会うと、あら不思議!

辛味の中の甘味を感じる事が出来、その味わいは絶妙な感じで食パンと合ってくるのですよ。

孤独のグルメのような感じで表現すると、

“あ、美味い! でも辛い。 あ、辛味とカレーの旨味、食パンがすごく良く合うぞ!
これは、新しいカレーと玉ネギの食べ方を発見したぞ! 美味い、辛い、でも美味い、辛い、美味い!・・・”


そんな幸せのスパイラルが続くのですよ(^^)(^^)
これがたったの500円。
お値段も素晴らしい(^^)

「ミサル・パウ」があまりにも美味しかったので、思わずもう一品注文してしまいました。

サブダナ・キチュデです。
                1a7f3ac7.jpg


これも、西インドではポピュラーな軽食のようで、日本では食べられるところ、あまりないのでは・・とのことです。

タピオカのカレー風炒めは西インドの朝食の中で子供の一番人気がある料理。
消化しやすいということで断食の日に欠かせない。
鉄分、カルシウム、繊維が豊富なタピオカは、インド・アーユルウェーダでは重要視される。(特に糖尿病患者の場合)。

これも初めて見る料理ですね。
では早速いただきます。
                          6e149cef.jpg


最初、甘味を感じます。
そのあとから、スパイスの香り、味わいが順番にやってきて、口の中にスパイスの香りが広がってゆくのです。

そしてこれ、タピオカの食感がおもしろいですよ!

主人曰く、「これ、何が入ってるか、わかりますか? 当ててみてください!」

えっと。クミン、ジャガイモ、タピオカ、ココナッツ、コリアンダー・・・
                          9a8ea189.jpg


ここまではわかりました。
(このあと、全て教えてくださいましたが、みなさんは一度是非食べてみてください!)

これも500円。
本当にリーズナブルですね。

店主といろいろ話をしていると、味見にと、茄子のカレーも少し出してくださいました。
          91531f67.jpg
 2c886f5e.jpg


これも、あっさりしながらも味わい深く美味しいのです(^^)(^^)

「これだけいろんな種類のカレーや料理があると、毎日食べても飽きないですね!」
「そうですけど、私はカレーよりも、和食が大好きなんですよ。」
と店主。

おもしろいです(^^;)。
ま、料理を作っているのは奥様ですから、それもいいですよね(^^;)

ずっと行きたかった、西葛西の“印度家庭料理レカ”さん。
想像していたよりも、ずっと美味しくて、店主をはじめお店の方も温かくて、居心地のすごくいいお店でした。

次回の東京出張時、再訪確定です!
次回は、ビリャニとチャパティ、いただきたいと思います。



【印度家庭料理 レカ】   
住所:東京都江戸川区西葛西3-22-6-110 小島団地内商店街 1F    MAP     
電話:03-5878-1896   
営業時間:11:30~14:30(LO) 17:30~21:30(LO)  (日曜日はランチタイムのみ) 
煙  草:店内禁煙(喫煙席は屋外のテラス席)
定休日:日曜日の夜と月曜日
駐 車 場:

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加