美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:錦糸町

自分がお気に入りのお店が、テレビで紹介されると、嬉しいような悔しいような複雑な気持ちになりませんか? 大好きなお店だからこそ、繁盛して欲しい。 でも、テレビに出ちゃったら、大勢の人が押しかけてきて、気軽に行けなくなる。 行列が長くなるかも・・・。 人気が出 ...
続きを読む
自分がお気に入りのお店が、テレビで紹介されると、嬉しいような悔しいような複雑な気持ちになりませんか?

大好きなお店だからこそ、繁盛して欲しい。
でも、テレビに出ちゃったら、大勢の人が押しかけてきて、気軽に行けなくなる。
行列が長くなるかも・・・。

人気が出て欲しいのに、人気が出すぎると困る。
はい、人間勝手なものですよね(^^;)

そんなことを思いながら、この日もまた、人が知らないようなお店を散策。

知らない人は、けっして手を出さないであろう雰囲気・・・
でも、実際に行って食べてみるとすごく美味しかった、東京錦糸町にあるバングラデシュ料理のお店、ACH(ASIA CURRY HOUSE)

何か、東京出張に行くたびに、チャンスがあれば食べに行ってしまってます。

そんなアジアカレーハウスの近くに、似たようなスタンスのお店がオープンしたとの情報を聞きましたので、早速行って来ました。

錦糸町の駅を降り、いつものようにマルイの裏通りの方へ。

ACHは、この裏側のメイン通り沿いにあるのですが、今回お邪魔させていただいたお店は、さらにその裏通り。

あの、風俗案内所の隣・・・あ、ありました。

この日にお伺いさせていただいたのは、インド料理のお店、”クシ”
                          クシ

手書きのメニューボードが看板代わりになっています。
                         クシ

インドカレー ナン又はライス、サラダ付で1,000円。
カレーは、マトン、ビーフ、豆・魚が日替わりとのこと。

「こんばんは~」
「イラッシャイマセ。」


おぉ、店内の雰囲気は思いっきりジャパニーズ。
とりあえずカウンター席に座ります。

「ライスデ イイデスカ?」
「はい、ライスで。」

こちらのお店でも、座ると自動的にカレーが出てくるのですが、ナンかライスが選べるのでそれだけを伝えます。

それにしても、店内の雰囲気は思いっきり昭和の居酒屋です(^^;)
                      d6fb09b4.jpg


カウンター席6席と、座敷に4人掛けの座卓が2つ。
カウンター5席のACHに比べると、広々としてます。

そして、後で気がついたのですが、こちらのお店では、生ビールなどのアルコールもあるようです。

先ずはサラダが提供されます。
                         db8ce868.jpg


玉葱、キュウリ、人参、レタスのシンプルなサラダではありますが、ドレッシングが中々美味い(^^)

そして、まもなくしてカレーが次々と登場。

ジャガイモのカレー。
                 d0467006.jpg


結構タップリと盛って下さっています。
ジャガイモの旨味と、スパイス。
シンプルだけれども美味い(^^)
野菜から出る旨味を熟知してる味わい・・・そんな感じですね。

そしてこちらは、マトンのカレー。
                      9400abf8.jpg


大きめの骨付きマトンは、見てるだけでもテンション上がります(^^)(^^)
先ほどのジャガイモのカレーとはまた違った深みとコクを味わえますよ。

そして、こちらは定番、ダルスープ。
                         9b511220.jpg


この画像からはわかりにくいかと思いますが、タップリのムング豆が底に沈んでますよ!

それぞれのカレーを個別に味わった後は、これらをごはんの上にかけちゃいます。
                       6d9be734.jpg


それでは早速いただきます。
                      27f3855d.jpg


個別に味わったときと、ごはんと一緒に食べるとき、美味しさが違うんですよね(^^)(^^)

カレーとごはん1対1で味わってみたり、2種類のカレーを混ぜ合わせていただいてみたり、いろんな楽しみ方が出来ますよ(^^)
                     9312ae6f.jpg


そして、最後は全てのカレーを混ぜ合わせていてだいてしまいます。

(^^)(^^)(^^)

美味い!


スタンスは、ACHと一緒、そして、味わいもかなり美味しい!

そして、この後はもちろん手食で思う存分楽しませていただきました。

「テデタベルホウガ オイシイネ!」
笑顔でそう声をかけて下さったシェフの表情に何だかちょっと癒されます(^^)

ビーフ、マトン、フィッシュとダルの日替わり。
今度は又、違う日にも来てみたい・・・そう思わせる味わいでしたよ。

そして、次回はナンも味わってみたいですね。
噂によると、金曜日にはニハリが登場しているのだとか・・・。

金曜日、ACHのビリヤニか、クシのニハリか。
確実に迷ってしまいそうですよ(^^;)



【クシ】   
住所:東京都墨田区江東橋3-6-9     MAP     
電話:03-6659-3739   
営業時間:19:00頃~翌朝4:00頃   
煙  草:
定休日:日曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

食堂とレストラン。 両方とも食事が出来るところではあるのだけれど、やはり違うものですよね。 食堂とRestaurant ではなく、 食堂とレストラン。 食堂: 普段使い出来て、毎日でも通える場所。 値段もリーズナブルで、気軽に使える。 その分、特別な料理が出てくるわけ ...
続きを読む
食堂とレストラン。

両方とも食事が出来るところではあるのだけれど、やはり違うものですよね。

食堂とRestaurant ではなく、 食堂とレストラン。

食堂:
普段使い出来て、毎日でも通える場所。
値段もリーズナブルで、気軽に使える。
その分、特別な料理が出てくるわけではなく、庶民の味がウリ。
ドレスコード・・・何ですか、それ(^^;)


レストラン:
何か特別な日には、やっぱりレストランで食事。
お値段は、それなりにかかり、しょっちゅうは行けないかなぁ・・・。
その分、普段は食べることが出来ないような特別な料理や、すごく美味しいものが出てくることも。
そのお店の雰囲気にあった服装で。 ちょっとお洒落して、出かけちゃおう!


そんな感じでしょうか。

和食、日本料理ならば、どちらのお店でも気軽に見分けることが出来て、使い分けも大丈夫。
でも、日本にある外国料理のお店となると、どうしてもレストランになってしまうことが多いですよね。

でも、探せば見つける事が出来るのです。
普段使い出来る、外国料理のお店。
その代わり、ターゲットは日本に暮らす、その国の人。

この日は、そんなバングラデシュ料理のお店に行って来ました。
                        62dd97dc.jpg


以前教えてもらい、一度行ってからすっかり気に入ってしまった、東京の錦糸町にある、
”アジアカレーハウス”さんです。
                             アジアカレーハウス2015秋
              
そもそも、こちらのお店は、この周辺で働く、バングラデシュの方が食事出来るように作られたのかと。
ですので、日本人の味覚に合わせているようなことは一切無し。
で、営業時間も夜の8時過ぎから、明け方4時頃まで。
そして、アルコール類の提供はなし。
逆に、そんなのが魅力的でもあったりするのですよね(^^)

この日も、風俗街に向かう人、そこに出勤する人達に紛れて、お店に向かいます。

お店の扉を開けると、奥に向かってカウンター席が並んでます。

「こんばんは。」
「イラッシャイマセ。」

この日の先客は、日本人の男性客が1人。
日と時間帯によっては、お客さんは全員外国の方ばかりという日もあります。

店内は、カウンター席5席のみのキャパ。
空いてるカウンター席に座ると、お冷やを出してくださいます。

そして、後は黙って料理が出てくるのを待ちます。
そう、メニューは日替わりの1種類のみ。
ここでは、座れば自動的に料理が提供されるシステムになっています。

横に5席並んだカウンター席の後ろは、30cmほど空いて、すぐ後ろは壁。
そして、カウンターの中を見ると、向こう側には棚があって、現地の食品がズラリと並べてあります。
                     578595f6.jpg


(気になるけど、買ってみたことないなぁ(^^;))

そして、左の奥が厨房。
                          0b29d7a7.jpg


そちらで料理の準備がされているようですね。

しばらくすると、順番に料理が提供されます。

先ずは、お皿に盛られたご飯。
                257ae39c.jpg


お皿の端っこには、おかずがのっけられてあります。

そして、順番にカレーも出していただけます。
こちらは、魚とジャガイモのカレー。
                    c514e248.jpg


魚カレーは、丸ごと姿で1尾のっかってくる日もありますが、この日は大きめの切り身がのっかっていました。

そして、マトンカレー。
                        593668b0.jpg


骨付きのマトンがゴロゴロと。
これが出るに日当たると、嬉しくなります(^^)

そして、定番のダルスープ。
                      473259dd.jpg


いい風味ですよ!
これは、いつ行っても出てきます。

全部並べてみると、こんな感じ。
                      cc0bcf1e.jpg


これらが全て付いて、1,100円で、おかわりも可能。
普段使いの食堂ではありますが、ちょっとしたコースですよね(^^)


まずは、それぞれを味わってから、ごはんのプレートの上にカレーをかけていただきます。
                     91ca16b3.jpg


もちろん、こちらのお店では手食でいただきます。

手食、最初は何だか禁断の技を使っているような感覚になりますが、慣れるとこれが美味い!
私の場合、はじめてこちらのお店に行ったときが、まわりのお客さんは外国人で、みんな手食されていたので、抵抗なく食べることが出来ました。
(この日、私のお隣、日本時のお客さんは、スプーンで召し上がっていましたが(^^;))

こちら、アジアカレーハウスさん、行くたびに何が出てくるのかすごく楽しみです。

因みに、金曜日はスペシャルな日らしく、こんな感じのものが出てきます。
                 01c9a53d.jpg



そして、雨の日も特別で、こんな感じ。
                       63ac8e69.jpg


東京出張で、予定がない日は、ついつい立ち寄ってしまってます。
             b1d32d95.jpg
 fe283f1a.jpg


特に、インドカレーがお好きな方、スパイス料理がお好きな方で、日本人向けにアレンジしていない料理が大好きな方は、確実に気に入ると思いますよ!
しかも、満腹確約です(^^)





【アジアカレーハウス】   
住所:東京都墨田区江東橋3-9-24 MAP    
電話:080-4963-3344   
営業時間:20:00~翌4:00(多少前後するようです)   
煙  草:喫煙可
定休日:
駐車場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

やっちゃダメ! そう言われると、やってみたくなるのが習性ってヤツですよね(^^;) この習性、けっこう昔から人間が持っているものみたいで、昔話にもそのような話が出てきます。 亀の背中にのっかって、竜宮城から帰ってきた浦島太郎がお土産にもらった玉手箱がそうですよ ...
続きを読む
やっちゃダメ!
そう言われると、やってみたくなるのが習性ってヤツですよね(^^;)

この習性、けっこう昔から人間が持っているものみたいで、昔話にもそのような話が出てきます。

亀の背中にのっかって、竜宮城から帰ってきた浦島太郎がお土産にもらった玉手箱がそうですよね。

開けてはいけない玉手箱。

玉手箱って、他にもいろんな意味に使われることがありますよね。

・浦島太郎が,竜宮の乙姫から贈られた箱。開いてはならないという禁を破って開き,浦島は老人となった。 ←約束を破って開けてしまった罰が老人とはまた・・・。

・(軽々しく開いてはならない大切な箱という意味から)秘密にして人にあかさない大切なもの。 ←でも、秘密って知らないところからモレるのですよね(^^;)
・何が出てくるかわからないもの。←まるで「パルプンテ」ですね。


なぜ音姫さま・・・じゃなかった(^^;) 乙姫さまは、玉手箱を持たせたのでしょうかね・・・。

さて、夜になるとあまり近づかない方が無難を言われている場所って、日本全国に何処でもありますよね。

ちょっといかがわしそうな感じで、でも何だか気になる場所。
東京、錦糸町の一部にもそんな場所があるそうです。

今回の東京行きの前に、美味しいカレー情報をいくつか教えていただくことが出来ました。

「さいちゃん、夜は是非こちらのお店に行ってみてください! 
日本にいることを忘れそうになりますよ。ここにしかない雰囲気がありますし、しかも美味しいですよ!」


そんな感じで教えていただいたのが、この日におじゃまさせていただく予定の、
“アジアカレーハウス”。
何ともわかりやすいネーミングというか、直球ど真ん中というか^^;

しかも、こちらのお店の営業時間は、夜の8:00から、朝の4:00まで。
はい、完全に一般客を相手にするお店ではなさそうな^^;
でも、調べてみると、美味しくて、私のようなカレー好きな人種の日本人の方にも人気があるのだとか。

お店がある場所は、錦糸町の南口、マルイの裏手辺りのこと。
この辺りは風俗店が立ち並び、夜になると雰囲気が昼間のそれとは一変するとのこと。

駅から歩いて向かうと、たしかにそれらしい雰囲気になってきましたね^^;

客引きの外国人の姿も結構多いですよ。

そんな界隈をiPhoneの地図を頼りに歩いていると・・・。
あ、ありました!
ここですね。
              アジアカレーハウス

お店に到着したのは、8:30頃。
扉を開けると、なんと満席じゃないですか!
(とはいっても、カウンター席5席の小さなお店なのですが。)

しかも、お客さんは一人をのぞいて全員外国人の方ばかり。
すると、一番入口側に座っていたお客さん(この人も外国人の方です)が、
「もうすぐ空くよ!」と、声をかけて下さいました。

というわけで、お店の前で空席が出来るのを待ちます。

この場所にしてこの雰囲気。
もうね、お約束のようなものですよ^^;
でも、確実に根強いファンが居るのはパッと見てすぐに分かります。

待つこと約5分、席が空いて、店内一番奥のカウンター席に向かいます。

椅子の壁の間を、体をすぼめながら通ってゆきます。
「すみませーん… Excuse me…」

席に座ると、自動的にお冷が出てきます。
(自動的と行っても、店主が出してくださるのですが^^;)

ちなみに、こちらのお店にメニューはありません。
その日の料理(セットといったほうがいいでしょうか)が1種類だけ。
黙って座っていれば出てくるのです。

因みに、私がお店に行ったのは金曜日。
金曜日はビリヤニが食べられる日なのだそうです(^^)

座って2分もしないうちに、ビリヤ二が出てきましたよ。
            3d743485.jpg


大きめのお皿にたっぷりと盛られたビリヤニと、横にサラダが添えられてあります。

それにしても、豪快というかタップリと盛られていますよ(^^)
ビリヤニの中には、肉もしっかりと入っていますね。
            79231d4c.jpg


そして、それに続きもう一品料理が。
              1ea100bb.jpg


この大きな肉の塊は骨付きの鶏肉を煮込んだものです。
スパイスのいい香りがしますよ(^^)

とりあえず、カウンターの上にあるスプーンとフォークを取り、いただきましょう。
           26294f88.jpg


お! ホントだ・・・
これ、かなり美味しいですね(^^)(^^)
パラっと仕上げられたビリヤニは食感もよく、スパイスの香りも心地よく、いくらでも食べられそうな感じですよ。
             cac5ec50.jpg


中に入っている肉は、骨付きのマトン。

これは嬉しいですね(^^)(^^)
肉の味わいとビリヤニの仕上がりのバランスがものすごくいい感じです(^^)(^^)

そして、骨付きの鶏肉もいただきましょう。
             2160837b.jpg


うわ、これすごく柔らかく煮こまれていて、めちゃくちゃ美味しい(^^)(^^)(^^)
こういうの、日本人がやっているお店ではまず食べられないのではないでしょうか。
スパイスの香りと旨味、そして柔らかい鶏肉の食感がたまらないのです!

それにしても、私とお隣の日本陣のお客さん以外はみんな手で料理を楽しんでいますね・・・
しかも、かなり美味しそうに。

こうなったら、私も手でいただいちゃいましょう!
郷に入らば郷に従えです(^^)
           417dd7a9.jpg


この料理とこの雰囲気の中では、確実にこの食べ方のほうが美味しいですね!
彼らのように上手に食べることは出来ませんが、確かに手で食べるほうがしっくりと来ますよ。
(どうも、私がやると、右掌いっぱい、ご飯まみれになってしまうのですが^^;)

そうそう、このサラダも手で食べたほうがしっくり来るし、骨付きチキンなんて、スプーンとフォークで上手く食べるなんてムリです^^;
             b5d7f0fc.jpg


そんなかんじで、ぎこちないながらも手で綺麗にいただき、完食です。

すごく美味しいビリヤニと、大きな骨付きチキンの煮込み。
これらがおかわり自由で、ちょうど1,000円。
これ、かなりお得なのではないでしょうか。

食事を終え、私がお店を出るときには、何と5名ほどの方が、席が青くのをお店の前で待っていらっしゃいましたよ。
(女性のお客さんもいてました。)

JR錦糸町駅南口。
           22e4352b.jpg


駅前では何やらパフォーマンスをする方の周りに人が集まるのを横目に、
マルイの裏側のとおりに足を踏み入れてみてください。
                      アジアカレーハウス

たしかに、特殊な雰因気が漂ってますが、本当に美味しい料理をいただくことが出来ました。
             アジアカレーハウス

カレーが好きな方、ぜひ一度行ってみてください。
でも、何の予備知識もなく、飛び込みではちょっと入りづらいかもしれませんが、一度行って味わってみると、必ずリピートしたくなると思いますよ!




【アジアカレーハウス】   
住所:東京都墨田区江東橋3-9-24 MAP    
電話:080-4963-3344   
営業時間:20:00~翌4:00(多少前後するようです)   
煙  草:喫煙可
定休日:
駐車場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、生ビールが美味しい季節になったと前回の記事では書きましたが、「生」って名前に付く食べ物、他にもいろいろありますよね。 生牡蠣、 体調がすぐれない人は口にしてはいけませんが、これは美味い! 生鮭、 塩鮭に対して、生鮭。 ムニエルやバター焼、サーモンステー ...
続きを読む
さて、生ビールが美味しい季節になったと前回の記事では書きましたが、「生」って名前に付く食べ物、他にもいろいろありますよね。

生牡蠣、
体調がすぐれない人は口にしてはいけませんが、これは美味い!

生鮭、
塩鮭に対して、生鮭。
ムニエルやバター焼、サーモンステーキにどうぞ。

生ラーメン、
インスタントラーメンの黄金時代に出来た言葉でしょうか?
もし、ラーメン屋さんの店前に、「生ラーメン」って書かれた幟があれば、入店しますか(^^;)

生パスタ、
モチッとした食感が特徴のパスタですね。
こちらは、店前に幟があってもOKでしょう。

そのほかにも、

生キャラメル、生カステラ、生チョコ、生ラムネなど、お菓子なんかにも「生」が付くこともしばしば。
元はといえば、アイドルのブロマイド(古いかな?)に対して、生写真が由来なのかもしれませんね。

さて、いずれにしてもレアな感じがする、「生」。
お店情報も、そんな「生」の情報がうれしいですね。

大阪のカレー店の店主から聞いた「生情報」に基づいて訪問させていただいた、
東京錦糸町にあるカレーのお店、“カレーのアキンボ”さん。
                       c9e98195.jpg


初めて行ったときから、そのクォリティの高い味わいは変わらず、東京出張の際は高い確率で立ち寄らせていただいています。

そんなアキンボさんに、先日久しぶりに行って来ました。

ところで、店名の「アキンボ」ってどういう意味だろう・・・。
そして、お店のテントや看板に描かれた、女性のポーズは。
            アキンボ3度目

その意味は・・・。

「両肘を張って、両手を腰に当てたポーズの事を、アキンボという」
とのことです。

この日は、雨の土曜日の11:30過ぎ。
それでも、店内には2組のお客さんがいらっしゃいました。

「そちらのテーブル席の方にどうぞ。」
この日は、2人でお伺いさせていただいたので、テーブル席の方に案内していただきました。

メニューはこんな感じで、前回お伺いさせていただいた時と、ちょっと変わってますね。
                     アキンボ3度目

チキンカレー、ラムキーマ、週替わりカレーだったのに対して、
イワシカレー+豆カレー、ラムキーマ+豆カレーになっています。

前回、ラムキーマをいただき、その美味しさに感動しました。
本当に、大袈裟ではなく感動したのです。

今回もラムキーマ・・・とは思ったものの、それは同行者に譲り、私はイワシカレー+豆カレーをお願いしました。
                 0b3064ba.jpg


店内は、カウンター席が4席と、2人掛けのテーブル席が2席。
ゆったりした空間になっています。
確実に、もっと席数を増やすことが出来そうなのですが、あえてそれをしないで、ゆっくりと過ごしてもらいたい。
そんな店主の思いが伝わってきます。

そして、こちらのお店のもう一つの特徴が、お店の前に並べないこと。

満席の場合すでに入店されているお客様にゆとりを持ってお食事していただくために、
席が空くのをお待ちになるのは、ご遠慮いただいております。

満席の場合は、別の機会におこしいただきますようお願いいたします。


お店のHPにはこう書いてあります。

もし、店内が満席の場合は、時間をずらして来るしかないのです。
(ランチタイムに1人でも、予約は受けていただけますよ。)

そんなゆったりした空間の中待っていると、カレーが出来上がってきましたよ。

こちらは、ラムキーマ+豆カレー。
                 d7123047.jpg


以前は、真ん中にご飯、そしてその上にラムのキーマがかけられていましたが、
今では、ご飯、ラムキーマ、豆カレーが3種盛りのような感じで盛られていますね。
たっぷりといただく事が出来そうですよ!

そして、イワシカレー+豆カレー。
相変わらずその盛りは綺麗です。
                0e5af2bd.jpg


お皿の手前に盛られているのが、イワシカレー。
          98b69a3f.jpg


上に、パクチーと生姜もトッピングされています。

そして、奥の方が豆カレー。
                                        df727658.jpg


アキンボの豆カレー、どんな感じなのか気になりますね。

では早速、イワシカレーの方からいただきます。
               63f58738.jpg


イワシの旨味を美味く引き出していますよ!
そして、どうしても出てくる魚特有の臭みを美味く調和させているのが素晴らしい!
完全に魚の風味を消してしまってはおもしろくない、かといって、前面に出しすぎると、臭みが勝ってしまって、どうしようもなくなる。
そのギリギリのところに持ってくるのが見事です。
そして、トッピングされた生姜とパクチーとの相性も素晴らしいのです(^^)(^^)(^^)

そして、豆カレー。
                         84866a87.jpg


これは、イワシカレーの方とは対局で、あっさりとした感じに仕上がっています。
淡泊な豆の味わいの中に、スパイスが入り込んで、いい感じの味わいになっています。
正直、1口目をいただいたときは、ちょっと薄いかなと感じたのですが、食べ進んでいくと、そのスパイスの複雑な香りと味わいをハッキリと感じる事が出来ます。

ご飯は固めに炊かれた雑穀米。
                     8bcb2e61.jpg


カレーに良く合うご飯。
食べていて思わず顔がほころびますね(^^)
                     6839edd8.jpg


途中で別注のピクルスで一旦リセットさせて、またそれぞれの味わいを楽しむ。
本当に食べていて楽しくなるカレーですよ(^^)(^^)(^^)

イワシカレー、豆カレーを交互に楽しみ、そして最後には両方を混ぜて楽しんでみました。
                          d141b782.jpg


(^^)(^^)(^^)
これ、美味しすぎますね!

食後には、自家製濃厚プリンもいただきます。
60e86032.jpg
 bdc1c0de.jpg
 97ec31a2.jpg
 cf19a5e1.jpg


カレーだけではなく、デザートやジンジャーエールもかなり美味しいのです。
是非一緒に楽しんでいただきたい逸品ですよ!

カレーのアキンボさん、メニューもリニューアルされ、ますますその美味しさに拍車がかかったのでは。

カレー好きな方、そしてカレーのお店の店主の方も、東京に行かれる機会がありましたら、是非立ち寄って、味わってみてください。
きっと満足していただけると思いますよ。




【カレーのアキンボ】   
住所:東京都墨田区横川3-1-5 石野ビル1F    MAP     
電話:03-6456-1664   
営業時間:11:30~14:15(L.O) 18:00~21:30(L.O)   
煙  草:完全禁煙
定休日:火曜日(不定休あり)  ※月曜日はランチのみの営業
      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

知らない街に行って、なにか食べようと思い、どの店が美味しいかを探してみる。 そんな時、みなさんは何を参考にしますでしょうか? ガイドブック、 でも、ガイドブックに載ってる店って、超有名店ばかりで面白みないしなぁ・・・。 でもまぁ、一度は試してみる価値はあるか ...
続きを読む
知らない街に行って、なにか食べようと思い、どの店が美味しいかを探してみる。
そんな時、みなさんは何を参考にしますでしょうか?

ガイドブック、
でも、ガイドブックに載ってる店って、超有名店ばかりで面白みないしなぁ・・・。
でもまぁ、一度は試してみる価値はあるかも。

全国を網羅するランキング形式のレストラン情報サイト、
レビュー、点数に関しては個人の嗜好、好みがかなり偏ることがあるので、複数のレビューを読んでみて判断することにしてます。

直感、
あはは(^^)
実はこれが一番楽しいのですが、外した時のショックも大きいのが玉にキズ(^_^;)
でも、めちゃくちゃ美味しいお店を引いた時の快感は、忘れられないものになります。

お店の前の行列の人数、
これが結構参考になったりします。
美味しいお店って、開店前から並んでいたりしますものね。
(たまに、美味しくなくても並んでる場合もありますが(^_^;))

でも、絶対にお店の前に行列ができなくて、忘れられないほどに美味しいお店もあります。
                  
東京、錦糸町にあるお店、“カレーのアキンボ”。

絶対に行列ができない・・・
それは、こちらのお店のスタンスにあります。
お店のHPにはこう書いてあります。

満席の場合すでに入店されているお客様にゆとりを持ってお食事していただくために、
席が空くのをお待ちになるのは、ご遠慮いただいております。

満席の場合は、別の機会におこしいただきますようお願いいたします。


そうなんです。
店内が満席ならば、お店の前に並ぶことができないのです。


こちらのお店に前回お伺いさせていただいたのは、3ヶ月ほど前。
あの時に食べたカレーの味が忘れられずに再訪です。
              9fe5baee.jpg


今回、お店に到着したのは、11:45頃。
大丈夫です。
お店の前にあるメニューボードはちゃんと表を向いています。
(店内が満席になると、外にあるメニューが裏を向けられるのだそうです。)

ゆったりとした店内。
今回もカウンター席に座り、メニューを見せていただきます。
                  3b4eeec2.jpg


定番のチキンカレーにラムキーマカレー、そして週替りカレーがあります。
今週の週替りカレーは海老。
ちょっと心が揺らぎます(^_^;)

この日に注文したのは、前回お伺いした時から気になっていた、ラムキーマカレー。そして、確か前回はメニューになかった、ピクルスもお願いしましょう。

カウンターの中では、店主が注文を聞いてからカレーが仕上げられていきます。
カウンター席4席と2人がけテーブル2つのゆったりした店内。
外とは時間の流れ方が違うようにも感じます。

しばらくして、ラムキーマカレーとピクルスが運ばれてきました。
            29e1c545.jpg


カレーのだけではなく、お皿もいいデザインですよね。

雑穀米の上に綺麗に盛られたたっぷりのラムキーマ。
             63995955.jpg


見ているだけでも美味しいのが伝わってくるようです。
では早速、いただきます。
            f56fd474.jpg


え・・・
これはちょっとすごいですよ。
ラム独特の臭みが殆ど無いんですよ。
噛み締めるほどに旨味はどんどん膨らむものの、嫌味なところがないのです。
うわぁ・・・これは素晴らしいなぁ。
こんなラムキーマ、今まで食べたことがありません。

スパイス使いが見事なのか、ラムの使い方が上手いのか・・・
そんな理屈、どうでもいいですね、これだけ見事なラムキーマカレーをいただいてしまうと。
           8653bd5f.jpg


それに、このご飯の硬さがちょうどいい。
結構固めに炊かれているのですが、それがこのカレーにものすごく合いますよ。

ピクルスは、セロリ、ズッキーニ、レンコンの3種類。
                4836c89a.jpg


この量で200円は高いと感じる方も多いかと思いますが、これも手間暇かかってる味わいですよ。
そして、何よりも美味しいんです(^^)
次に来ても、また注文してしまうと思います。

木のスプーンとの相性も良し。
美味しく、心地よく食べ進むことが出来、至福のひとときを楽しめます。
それと、カレーの上にのっかった生姜。
             f2f0bd0b.jpg


これがまた、いいアクセントになっているのです。
決して“生姜味”が目立って感じることはないのですが、その、ほのかな味わいが味を引きしめているのでしょう。

ゆっくり味わいながら、しっかりと堪能させていただきました。
次回は週替りカレーを・・・。
できれば、夜に訪問させていただきたいですね。




【カレーのアキンボ】   
住所:東京都墨田区横川3-1-5 石野ビル1F    MAP     
電話:03-6456-1664   
営業時間:11:30~14:15(L.O) 18:00~21:30(L.O)   
煙  草:完全禁煙
定休日:月・火(不定休)
      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

塔の中では世界一の高さを誇る“東京スカイツリー”、もう行かれましたか? 私はというと、お膝元にある“東京ソラマチ”に入ったことがあるのですが、スカイツリーの展望台は未体験です。 塔の中では、世界一の高さの東京スカイツリー。 でも、建物の中では、ドバイにある ...
続きを読む
塔の中では世界一の高さを誇る“東京スカイツリー”、もう行かれましたか?

私はというと、お膝元にある“東京ソラマチ”に入ったことがあるのですが、スカイツリーの展望台は未体験です。

塔の中では、世界一の高さの東京スカイツリー。
でも、建物の中では、ドバイにある、“ブルジュハリファ”が828Mと世界一の高さとなってるそうです。

とはいうものの、ブルジュハリファの展望台の高さは、452m。
東京スカイツリーの展望台の高さは450mと、その差はわずか“2m”。
世界一の高さの展望を!そう思い、ドバイまで行くことはないようですね。

因みに、世界一高い展望台は、上海にある、“上海環球金融中心”の474m。
こちらは建物の高さは、492.3mと、他に比べ低いものの、展望台の高さでは世界一の高さだそうです。
こちらのHP にちょっと面白いものが書いてありますよ!)

世界一と言えば、東京スカイツリーの展望台までの料金は世界一。
日時指定が出来る事前購入の分で、地上450mの展望回廊まで行くと、3,500円かかります。
それでも、一度入ってみたいと思いますよね。

それとも、今ではちょっと影が薄くなってしまった、東京タワーに行って、かえって新鮮な気持ちになるって言うのもありかもしれません。

さて、そんな東京スカイツリーが見える街、東京錦糸町の駅に降り立ち、押上方面(スカイツリーがある方向ね)に向かって歩きます。

目指すは、先日こちらのお店で教えていただいたカレー屋さん。

お店のオープンは午前11:30。
お店のオープンを狙って、早足で歩いて行きます。

“そんなに急がなくても、ダメなら2回転目があるじゃないの?”
そう、通常ならばそうなのですが、事前にこちらのお店のHPを拝見させていただいたところ、

満席の場合すでに入店されているお客様にゆとりを持ってお食事していただくために、
席が空くのをお待ちになるのは、ご遠慮いただいております。

満席の場合は、別の機会におこしいただきますようお願いいたします。


とのこと。
そして、席数はわずか8席。
これは開店時間を狙うしかないでしょう。
(ちなみに、席の予約は受け付けていただけます。)

お店の前に到着したのは、11:25頃。
誰も開店待ちをしている人はいませんね。
(お店が開店するのを待つのはOKです。)
             アキンボ
お店の名前は、“カレーのアキンボ”さん。
11:30になり、中から店主の方が出てきて、カーテンと扉を開けてくださいます。
             アキンボ

「お待たせしました、どうぞ。」

ものごしの柔らかな、若い男性の店主ですよ

カウンター席に座り、メニューを見せていただきます。
                      アキンボ

カレーは、チキンカレー、ラムのキーマカレー、週替わりカレーとして、鶏皮と人参のカレーの3種類。
ライスの大盛りは100円増し、カレールーの大盛(1.5倍)は250円増しです。

ラムキーマとチキンで少し迷いましたが、この日はチキンを。
そして、自家製ジンジャーエールがあったので、お願いしました。

店内は、全部で8席。
カウンターに4席、そして2人掛けのテーブル席が2つです。
            821ad1fe.jpg

            
HPに書いてあったように、“お客様にゆとりをもってお食事していただくために・・・”の心配りが、席のレイアウトにも表れていますよ。

カウンター席、ゆうに6席以上確保できるスペースに4席だけ。
この広さならば、隣席との距離もあるので、充分にプライベート空間がたもてて、落ち着いてカレーを楽しむことが出来ます。

ところで、こちらの店名にもなっている、“アキンボ”
英語で、“両肘を張って、両手を腰に当てたポーズ”のことを指すそうで、時に女性が相手に挑戦するときのジェスチャーでもある・・・。とあります。

そういえば、こちらのお店の看板やテント、入口の扉には、肘を腰に当てたポーズの女性が描かれてますよね。

まもなくして、先に自家製ジンジャーエールが出てきましたよ。
                アキンボ

優しい甘さの、どちらかというと辛口のジンジャーエール。
これがまた、美味しいんですよ(^^)
スリムでお洒落なグラスに入って、1杯400円は、決して安くないとは思いますが、一口飲むと、そんな感覚は吹き飛びます。
これ、手間暇かけて凄く丁寧に作ってますよ。
本当に、美味しいジンジャーエールが飲みたい人のために作ったって感じですね。

ジンジャーエールをちびちび飲みながら、漂うスパイスの香りを楽しんでいると、チキンカレーが出来上がってきましたよ。
                1d6ea74a.jpg


雑穀米とサラサラのカレー。
“ふわぁっ”と漂うスパイスの香りがすごくいい感じ(^^)
                                08a20b5d.jpg


「カレーは全部かけてしまわずに、少しずつかけた方が美味しいですよ」
とのこと。

もちろん、それに従って楽しんでゆきます。
             1b589efb.jpg


ごはんの端の方にカレーをかけて、鶏肉も1つのせちゃいましょう。
では、早速いただきます。
        9343b48d.jpg


わ~!これは美味い(^^)(^^)(^^)

かために炊かれた雑穀米がまたサラッとしたカレーとすごくいい感じなんですよ!
何よりも、カレー自体がものすごく美味しい(^^)

ちょっと、カレーだけをすくっていただきましょう。
(このやりかた、以前五反田の“うどん”さんで試してから、結構クセになってます)
               80f69e81.jpg


うわぁ、深い味わいだなぁ・・・。
それにしても、店主、若いのにすごいカレーを作りますね。
料理は経験もあるけれど、大切なのは、センスと味覚。
これ、本当かもしれません。

そして、チキンを。3e35dd37.jpg



柔らかくて、噛みしめるとスパイスの香りと鶏肉の旨味がいい感じに合わさりますよ。

カレーはもちろんのこと、ごはんもすごくいい感じです。
             1d71b156.jpg


五穀米、十穀米、雑穀米の類は、今まで食べに行ったカレーのお店では、柔らかめで出てくることが多かったのですが、こちらのお店のものは完璧です。
そう!きっちりご飯も美味しいのです(^^)

カレーをご飯に少しずつかけて食べたり、カレーだけを食べ、その後にごはんだけを食べて楽しんだり、熱々から、ゆっくり温度が下がっていったときの味わいの変化を楽しんだりして、しっかり堪能させていただきました。

出張などで、遠方で食事するときには、毎回新しいお店を発見したいと思うのですが
こちらのお店、“アキンボ“さんには、次回東京に行ったときに必ず再訪したいですね。
次回はラムのキーマを。
あ、予約も忘れずに!ですね。



【カレーのアキンボ】   
住所:東京都墨田区横川3-1-5 石野ビル1F    MAP     
電話:03-6456-1664   
営業時間:11:30~14:15(L.O) 18:00~21:30(L.O)   
煙  草:完全禁煙
定休日:月・火(不定休)
      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加