美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:阿倍野

モーターとエンジンの違いって?双方ともに、何かを動かすときに使う機械。電気で動くものはモーターで、化石燃料で動くものはエンジン・・・単純にそう思っていたのです、でもそうでもないのかなぁって思ったきっかけが、モーターサイクル。いわゆるオートバイですね。モー ...
続きを読む
モーターとエンジンの違いって?

双方ともに、何かを動かすときに使う機械。
電気で動くものはモーターで、化石燃料で動くものはエンジン・・・
単純にそう思っていたのです、
でもそうでもないのかなぁって思ったきっかけが、モーターサイクル。
いわゆるオートバイですね。

モーターサイクル、モーターボート、モータープール(この言い方は関西だけ?)
これらって、基本的にエンジンで動きますよね。
そして、自動ドアのことも「エンジンドア」っていうのを聞いたことがありますが、
なにか関係あるのかなぁ?

なんだか違いがよくわからないけれど、
違いがわかる美味しいものでも食べながら考えましょうか?

         IMG_8594

一見、違いがわからなそう見見えるこれは、
麻婆豆腐、チキンスパイスカレー、魯肉飯のあいがけ。

こんなコラボ、初めて見ました!

これをいただくことが出来るのが、“南の島のご馳走屋”さん。

        IMG_8613

近鉄の大阪阿部野橋駅、JR天王寺駅の近くにお店はあります。
「こふく」っていうお店のランチタイムを間借りして営業なさっているのだとか。

       IMG_8615

入口の横にはメニューボードがあって、何が食べられるのかが分かりますよ。

気持ちは、3種あいがけに決まっていましたが、店内で改めてメニューを確認します。

    IMG_8585

麻婆豆腐 with ライス、鶏と焦がし玉ねぎのスパイスカレー、魯肉飯。
これらはそれぞれ単品でメニューにあって、
それをあいがけにしちゃうって感じですね。

南の島のチキンオーバーライス、ガーリックシュリンプも気になります。
(生ビール500円、行っちゃう?  NoNo,お仕事中^^;)

予定通り、3種あいがけをお願いします。

      IMG_8587

            IMG_8586

店内は、カウンター席が8席と、4人がけのテーブルが2組8席。
割とゆったりしたレイアウトです。

カウンターの中では、店主が料理を仕上げる姿が見えます。
話しかけるといろいろ答えてくださる、明るい店主ですよ。

     IMG_8590

しばらくすると、先にスープが運ばれてきます。
湯気が立ち上がる熱々のスープ、これからの季節、こういうのは嬉しいですね。

          IMG_8594

そして、主役の3種あいがけも登場。
大きめのお皿にたっぷりと盛られています。
これは、腹ぺこさんにとって、ものすごく嬉しい(^^)

 IMG_8598

向かって右側には、スパイスカレー。
惜しみなくチキンがタップリと入っていますよ(^^)


先ずは、スパイスカレーからいただきます。
         IMG_8601

先に素材の旨味をタップリと感じることが出来て、
その後からスパイスの香りが抜けていきます、美味しいです。
辛さはそんなに主張していないので、
辛いのが苦手な方でも美味しく食べることがで切ると思いますよ。

  IMG_8596

そして、手前には麻婆豆腐。
山椒がいい感じで香ります。

では、麻婆豆腐もいただきましょう。

         IMG_8605

これは参った、想像していたよりっもずっと美味しい!
麻婆豆腐は、四川風のけっこう本格的なのが好きなので、専門店以外で食べるときは。
そんなに期待しないようにしているのです。

ところがこちらの麻婆豆腐は想像以上に美味しかった。

ガツーンと山椒の痺れがくるでも、辛さがどかーんとやってくるわけでもないのですが、
全体のバランスが素晴らしい、美味しいのです。
旨味に関して、きっちりとバランスが取れているというのでしょうか?
ひと口ですっかり気に入ってしまいました(^^)

     IMG_8600

そして、真ん中から奥にかけては魯肉飯。
言わずとしれた、台湾名物の豚肉ご飯です。
カレー、麻婆という、自己主張が強い面々に囲まれながらも、
旨味という武器を引っさげて、きっちりと存在感を示します。
 
          IMG_8610

ごはんの上に乗っけたままで食べてもいいけれど、
これは混ぜてしまったほうが、その真価を発揮できるかも。
玉子も崩すべきか、そのまま玉子の食感を楽しむべきか悩ましいところですね^^;

      IMG_8612

カレーの辛さや、魯肉飯の八角風味を出すためのアイテムも用意してあります。
これで、アクセントを加えながら食べ進むのもかなり楽しい。

3種あいがけ、かなり満足度高く、確実に満腹になれますよ。

1回の来店で、3つの美味しさを同時に味わえてしまう、
ある意味ズルいメニュー。
でも、全てレベルが高く美味しいから仕方がない。


こうなると、チキンオーバーライスや、ガーリックシュリンプというメニューも、
かなり気になるわけで・・・。

ちょっと隠れ家的な場所にあるこちらのお店、南の島のご馳走屋さん、
まだまだ懐が深そうです。
確実に、近々再訪問してしまいそうです。
皆さんも是非食べに行って下さい!
きっちりと美味しいランチをいただきことが出来ますよ。






【南の島のご馳走屋】
住 所:大阪市阿倍野区松崎町2-1-41-102    MAP
電 話:06-7897-8029
営業時間:11:30〜15:00頃 
煙 草:禁煙
定休日:月曜日・第1・3日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐGW。お出かけの計画は立てられてますか?今話題のパンダの赤ちゃん、「シャンシャン」でも見に行こうか・・・。47年前、初めて日本にやってきたパンダの名前は、「ランラン」と「カンカン」。以来、「ホァンホァン」、「フェイフェイ」、「リンリン」、「ユウユウ」 ...
続きを読む
もうすぐGW。
お出かけの計画は立てられてますか?

今話題のパンダの赤ちゃん、「シャンシャン」でも見に行こうか・・・。

47年前、初めて日本にやってきたパンダの名前は、「ランラン」と「カンカン」。
以来、「ホァンホァン」、「フェイフェイ」、「リンリン」、「ユウユウ」、「トントン」・・・
あれ、何でパンダの名前って、同じ音を繰り返すのだろうか?
今回の赤ちゃんパンダも、「シャンシャン」だし・・・。

パンダの名前の法則は、特に決められているわけではなく、習慣で中国風の名前が付けられることが多いのだとか。

ちなみに中国では、繰り返す名前には日本語で言う「◯◯ちゃん」のような、
相手をかわいがるニュアンスが含まれているそうですよ。


特に、ルールではないとのこと。
ちなみに、白浜アドベンチャーワールドにいるパンダの名前は、
「永名(えいめい)」、「結浜(ゆいひん)」など。

パンダって、ブームとは関係なく人気がありますよね。

さて、ブームとは関係なく人気である続けて欲しいのが、スパイスカレー。

「さいちゃん、このカレー屋さん、めっちゃ良かったですよ、 是非行ってください!」

そう言って、関西カリスマカレーブロガーのこの方に勧められて行ってきたのが、

“うぱさんのカレー屋さん”

      IMG_1260

お店は、御堂筋線の昭和町駅から歩いて5分くらいのところにあります。

入り口の横には、メニューボードがあって、その日のカレーの内容が分かるようになっていますよ。

           IMG_1261

本日のカレー
チキンカレー、筍とブナピーの台湾風キーマ、カレーと混ぜたいおかず2種  900円。

台湾風キーマ・・・
何だか面白うそうですね。
では早速店内へ!

カウンターの真ん中辺りに座らせていただき、再度メニューを確認します。

     IMG_1234


なるほど・・・チキンカレーは定番。
そして、筍と白シメジ・・・はい、ブナピーですね、 それの台湾風キーマ。
キャベツサラダと付け合わせ。
そして、トッピングにツァンイントウVerアップ。
どんなんだろ?  でも気になるし、それも頼んじゃいましょうか?

「あ・・・カレーは2種類のあいがけが基本になります。」と、店主。

なるほど、どちらにしようかと迷っていて、
あいがけは可能かを聞こうと思っていたのでうれしいですね。

と言うわけで、カレーのあいがけに、
ツァンイントウVerアップをトッピングでお願いしました。

注文が通ると、早速カウンターのなかで店主がカレーを作り始めてくださいます。

           IMG_1236

   IMG_1237

店内は、座り心地の良さそうなソファも置いてあります。
そして、入り口の横にはギター。
こちらのお店、ライブとかやっているのでしょうね。
カレーと音楽って、やはり密接な関係になるのかなぁ・・・って、改めて思いますね(^^)

と言うようなことを思っていると、スパイスの香りが立ちこめてきて、
カレーが出来上がってきましたよ。

           IMG_1239

真ん中にごはん、両端に2種類のカレー、
奥に副菜がのっかっていて、いい感じの盛りですよ。

右側のチキンカレーは、チキンが繊維状になるまでよく煮込まれています。

   IMG_1241

それでは先ず、右側のチキンカレーをいただいてみましょう。
 
             IMG_1247

       (^^)(^^)

お、美味しい!
肉の食感が心地よく、そのあとからチキンの旨味がやってくる。
そしてこれ、すごくバランスがいいですね(^^)

左側の台湾風キーマ、ツァンイントウVerアップトッピングはこんな感じ。

     IMG_1244

筍と白シメジに、ピータンとニラがいい感じでマッチ。
これも、食欲をそそられますね。
それではこちらもいただきます。

             IMG_1253
コリアンダーをホールのまま使うなど、大胆なスパイス使いかと思いきや、
これが違和感なくマッチしているから素晴らしい!

ツァンイントウ・・・
すごく良く出来ています。
こういうのが出てくると、他にはどんなことが出来るのかもすごく気になりますね(^^)

        IMG_1245

お皿の丁度12時の位置には、サラダと副菜がのっかっています。
少しずつカレーに混ぜていただきましょう。

    IMG_1254

       (^^)(^^)(^^)

これ、かなり美味しい!
元々秀逸なチキンカレーに、トマトを加えてみると、ビックリするほど良く合いますよ。


そして、後半は副菜をカレーに混ぜながら、
最後は全てを混ぜ合わせて複雑な旨味を楽しみ完食。


カレーとアジアの融合、こちらのお店も、東京大久保の人気店「魯珈(ろか)」や、
松屋町の人気店「金剛石」のように、いろんな創作カレーを生み出すようになるのではないか・・・。
そんな予感がします。
 
間借りだけど、素晴らしい美味しさのカレーを提供してくださる、
うぱさんのカレー屋さん、是非食べに行ってみてくださいね!
  










【うぱさんのカレー屋さん】
住 所:大阪市阿倍野区阪南町2−3−11 コーポ光 102    MAP
電 話:070-4781-6597
営業時間:11:00〜17:00 
煙 草:
定休日:日・月
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のTwitterはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加