東京ばな奈。

言わずとしれた東京土産の定番である。

定番の味のほか、レモン味、コーヒー牛乳味、メープル味、
そしてソフトクリームまで販売されているよう。
(ソフトクリームは、東名高速海老名SA<下り>限定)

東京駅、羽田空港、高速道路のSA、海ほたる…
いろんなところで買えるのですが、東海道新幹線の車内販売では買えないようです。
東京ばな奈は東京限定…ということでしょうか?(あ、海老名は神奈川県か)

その一方、大阪銘菓(?)「面白い恋人」は、東京でも売ろうとして、「白い恋人」の石屋製菓に怒られちゃったのだとか。
幸い、販売停止にはならず、関西地区だけという条件付きで販売されているようです。
(インターネットでの販売もしていないようです。)
話のネタに如何でしょうか?


さて、首都圏・関西を飛び出して、ぴあMOOK「究極のカレー」のアワードが福岡版の誌面でも発表されました。
見てみると、福岡のカレーが凄いことになっているのがわかりますよ!
その中でも気になるお店をご紹介させていただきます。

        IMG_3486


 地下鉄の赤坂駅から歩いて5分くらい、
警固の交差点近くにある“クボカリー”さん。
行列が途絶えない人気のお店です。

究極のカレー<福岡版>では、スパイス部門のGP獲得店!
    IMG_3468

店内は、ゆったりとしたレイアウトのカウンター席とテーブル席。
木の温もりを感じられるカウンター席は、そこに座るだけでなんだか落ち着いた気持ちにさせてくれます。

     IMG_3467

カレーは、メインメニューの「クボカレープレート」のみ……
とは言いながら、オプションメニューを追加することで、オリジナリティ感満タンのカレーを組み立てることも出来ますよ。

     IMG_3465

カウンターの向こう、厨房の中を見ると、中華鍋から炎が上がる!
こういうのを見ているだけで、ワクワク感がどんどん上昇します。

炎が上がる、香りも上々! 食て納得、人気の秘密。
     IMG_7862

ひと目見た感想が、「何てキレイな盛り!」
バランスの良さが、見た目にもバッチリあらわれているのです。

   IMG_7868
ごはんもちろん、彩り豊かな副菜も、カレーの美味しさを演出しているようです。

    IMG_7871
シンプルにカレーとご飯をいただきます。
口に入れた瞬間に、香りが広がっていく。
この瞬間からグッと心を掴まれるのです、これは楽しい!


     IMG_7866
大きくカットされたチキンも、食べごたえがあって嬉しい。
噛みしめると旨味がどんどん溢れてきます。

混ぜると更に美味しくなる、魔法のカレー!
    IMG_7884

それぞれのカレーと副菜のいろんな組み合わせを試してみてください。
そうすることによって、いろんな味わいを楽しむことが出来ます。
どこか、スリランカスタイルのカレーに似たような楽しみ方も出来ます。

    IMG_7886
最後は、すべての具材とカレーを混ぜて楽しむのがオススメ。
最初に食べた一口とは、全く違ったタイプの美味しさを感じることが出来ますよ。

今回は、シンプルに「クボカリープレート」を楽しませていただきましたが、
次回は是非、オプションを加えてさらなる変化をも楽しみたいと思います。

行列には意味がある。
並ぶ価値、ありですよ〜!





【クボカリー 大名店】
住 所:福岡市中央区大名1-4-23 ロワールマンション大名 101    MAP
電 話:092-732-3630
営業時間:11:00〜20:30(L.O.20:00) 
煙 草:禁煙
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村