この週末は、毎月17日開催のスタノアワイン会の開催200回記念で、長野県にワイナリー見学ツアーに行ってきました。
総勢27名のツアーは、バスを貸し切り、朝7:00に大阪を出発して、長野県の塩尻市へ向かいます。
ここ、長野県塩尻市。日本海からも太平洋からも最も遠く、海から塩を運べば一番最後にたどり着くところとして、塩が頭から始まって最後の尻で終わる。そんなことがここ、塩尻の名前になったそうな。

この日の昼食は、JR塩尻駅前にある、蕎麦と居酒屋の“知春”さんに行ってきました。
2f9b424c.jpg

大阪からバスで走ること。約5時間、お店の前につくと、この2日間をサポートして下さる、マスターソムリエである、高野 豊さんにお出迎えいただき、合流していただきました。
3e60e3b4.jpg
 

高野ソムリエにワインの説明をしていただき、長野県産ワインをサーヴしていただきます。
        


最初はさっぱりとキノコと大根おろしをあえたもので。これ、不思議とワインに良く合います。
6d4eead7.jpg

そして、このお肉、これ桜肉なんですが、ものすごく柔らかくてかなり(゚Д゚)ウマー!です。
28943439.jpg

そして、米なすの田楽には海老やウナギがのって、チーズがかけてあり、これもワインと良く合います。〆にはやはり信州に来たと言うことで、蕎麦をいただきました。
c05c75ab.jpg

こちらにしては珍しく海苔がのっていますね。海苔はない方が良いような気がしましたが・・・

さて、昼食をすませ、まず最初に“五一ワイン”を生産する、林農園さんの葡萄畑を見学させていただきました。
74013c1a.jpg

ここでは、林社長自ら畑をご案内下さいました。
32dc66f3.jpg

主品種である、ナイアガラのほかに、ピノノワール、シャルドネ、カベルネ・ソーヴィニヨンなど、数多くの葡萄が収穫を待っています。
d492cd27.jpg


そして、許可をいただいてそれぞれの葡萄を試食させていただきました。
b9a45a38.jpg

ワイン用の葡萄はかなり酸っぱいと聞いていたのですが、そんなことはなかったです。
品種にもよりますが、けっこう美味しくいただきました。

葡萄畑を見学した後は、いよいよお待ちかねの試飲タイムです。
この日は、7種類のワインを試飲させていただきました。
4499ea51.jpg

ここで試飲させていただいて思ったのですが、昔は日本のワインといえば、欧州のものに比べれば比較する方が無理!って感じのものばかりで、ワインというよりも葡萄のお酒って感じでしたが、最近、特にここ長野県産のものの仕上がりは素晴らしいものがありますね。
bbabeb6f.jpg

貴腐ワインまで試飲させていただき、大変充実したものでした。
58661f03.jpg

さて、五一ワインの見学を終えた後は、すぐにお向かいの“イヅツワイン”さんにお邪魔しました。
ffdd3526.jpg

ここでも、ワイン畑と醸造所の見学をさせていただいた後、ワインを試飲させていただきました。


思えば去年のスタノアワイン会の高松旅行のバス内イベントで、ワインのブラインドで、生産国当てをしたのですが、カリフォルニアワイン、トスカーナワインと並べて、ここイヅツワインさんの“イヅツメルロー”を出したのですが、正解者が28名中たったの3人というくらいにここのメルローは完成度が高かったです。
59af68e5.jpg


昼食でワインをいただき、ワイナリーを2軒はしごして、けっこう気持ちよくなったのですが、この後はこの日に宿泊する、松本市郊外の美ヶ原温泉の日本旅館、“ホテル翔峰”での『信州食材を使った日本料理と長野ワイン』と題した、スタノアワイン会200回記念会が始まります。さて、この話は次回にて。


【知春】
住所:長野県塩尻市大門8-13-2  MAP 
電話:0263-53-1209
営業時間:11:00 ~ 21:00 
定休日:水曜日

【林農園】
住所:長野県塩尻市大字宗賀1298-170  MAP
電話:0263-52-7911
営業時間:8:30~17:00(売店)
定休日:年末年始

【井筒ワイン】
住所:長野県塩尻市宗賀桔梗ヶ原1298-187  MAP
電話:0263-52-0174
営業時間:9:00 - 17:00

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。