暑い夏! 特にお盆休み辺りの暑さ、かなり厳しかったですよね。
あまりにも暑すぎて、食欲も・・・。
なんてこと、無かったですか?

でも、暑い夏でも食べたくなるもの、ありますよね。

暑いときこそ、辛いカレー!
これ、私、よくやります(^^;)

タオルかハンカチ持参必須ですが、何とも言えない爽快感があります。

でも、あまりにも暑いと、やはり冷たいものに走ってしまいますよね・・・。
冷たくて美味しいものといえば・・・。

やはり、うどんでしょうか?
(私が、うどん大好きって言うのもありますが(^^;))

1000円高速が終了して、また四国に行くのも計画的でなけれならないですよね。

でも、関西にも、それに引けをとらないようなレベルの高いうどんやさんが結構たくさんあります。

ちょっと前の雑誌、Meetsに、関西うどん店相関図なるものが掲載されていました。
道頓堀今井や、うさみ亭マツバヤ、美々卯をはじめとする、“浪花系”。
釜揚げうどん、一忠を中心とする、“釜揚げ系”。
梅田はがくれの“生じょうゆ系”。
讃岐の名店の直系の“讃岐直系”。
なんばの行列店、釜たけ中心の“釜たけファミリー”。
また、そこから発生した、中津の情熱うどん讃州の“情熱グループ”。
門真の三ツ島真打中心の“We Are Real”。
あと、“ドカ盛り市場系”、“独立系”、“さすらい系”、“セルフチェーン系”などなど。

詳しくは、2011.2月号のMeetsに載っていますよ(関西エルマガジン社のHP、ここで購入可)。

さて、そんな盛り上がりを見せる、饂飩屋さんの中で、今回は、情熱グループのお店、
西区新町にある、“情熱うどん 山斗”さんに、買い物を手伝ってくれた三男坊と2人で行って来ました。
ba43d3cd.jpg


お店は、なにわ筋沿い、なにわ筋を南に向かって走っていき、中央大通を越えて、長堀通りの交差点に行くまでの真ん中辺りにあります。
運がよければ、お店の真ん前のパーキングメーターに車を駐めることが出来ますよ!

こちら、情熱グループ、中津の“情熱うどん 讃州”をはじめ、川西の“情熱うどん 伊和正”、奈良田原本の“情熱うどん 荒木伝次郎”、
そして、今回お邪魔した“情熱うどん 山斗”と、どちらのお店に行ってもレベルの高いうどんをいただけるので、大人気のお店です。

この日は、オープンして間もない時間帯にお邪魔したので、ゆっくりいただくことが出来ました。
873663d0.jpg
2564dd01.jpg


店内は、テーブル席が中心になっているのですが、このように各テーブルの横に、ついたてのようなパーティションがあるので、隣の席の人を気にせずに、落ち着いてうどんを楽しむことが出来ますよ。

メニューはこんな感じです。dabd01e6.jpg



ぶっかけ、カレーうどん、つけ麺うどん、温かいうどん、釜玉うどん、生醤油うどん。
それぞれのメニューの上に、よく出る商品には、“人気”と書いてあるので、はじめて来た人でも、大丈夫。人気メニューを外すことなくいただくことが出来ますね。

定食は、ランチタイムには50円引きです。これは嬉しいですね。
5b045bda.jpg


おすすめとして、こんな魅力的なメニューも!
50e62574.jpg


饂飩屋さんで、マグロ丼。いいですね!

今回は、久しぶりに、こちらの定番メニューが食べたくなったので、人気メニューの一つ、
“ちく玉天ぶっかけ”をいただくことにしました。

うどんが出来上がるのを待ってる間にも、次々とお客さんが入ってきます。
みなさん、美味しいお店はよくご存じですね。
土曜日でこの様子ならば、平日のランチタイムはもっとスゴいのでしょうね。

壁にはうどんへの拘りが書いてある、チラシが貼ってあります。
5f8faf28.jpg


麺、出汁、鶏や玉子への拘りと安心して食べてもらえるように、産地への拘りも貫いていらっしゃいます。
7b93314e.jpg

また、たくさん食べたい人は、プラス50円で麺中盛、100円ならば、大盛りにすることが出来ます。
少食の人や、子供も50円引きで麺を小盛りにすることも出来るので、誰が来ても、安心ですね。

そんな感じで、店内を眺めていると、“ちく玉天ぶっかけ”がやって来ました。
15fb0bf5.jpg


きれいにトルネードされたうどん。
その上に、大きなちくわと半熟玉子の天ぷらが熱々の状態でのっかっています。

まずは麺をいただきます。
c5b59a34.jpg


おぉ!適度な弾力。
柔らかさとコシを両立させたような理想的な麺ですね。
これ、バランスに気をつけて食べないと、先に麺だけ完食してしまいそうですよ(^^;)

そして、ここのちく天、これがまた美味いんですよ!
何て言うのでしょう、ふわっふわのちくわの天ぷら、そんな感じでしょうか?
考えていたちくわの天ぷらよりもやわらかく、はじめて食べたときはちょっと感動ものでした。

そして、もうひとつの主役がこちら。

半熟玉子の天ぷらです。0d93f249.jpg


黄身をこぼさずに食べてしまうか、それともわざと多少出汁の中に入れて、出汁と玉子のコラボを楽しむか、迷ってしまいますよね。

あまりにも美味しかったので、あっという間に完食です。
本当は、定食をと思ったのですが、この日は夜に食事会の予定があったので、ちょっと控えめに!(でも、充分ボリュームがありますが)

こちらのお店、情熱グループ以外では味わえない逸品もあります。

うどんをつけ麺のようにして食べる、“ざる坦坦”や“ざるチャーシュー”。
ざる坦坦に関しては、夜限定ではありますが、一度食べてみてください。
その美味しさに、感動かもしれません。

情熱を込めて作るうどんで、充実のランチタイムを!
如何ですか?



【情熱うどん 山斗】   
住所:大阪市西区新町1-33-16 大阪屋新町ビル1F    MAP     
電話:06-6531-3821   
営業時間:11:00~15:00 18:00~21:00(土曜日はランチ営業のみ)   
定休日:日曜日(祝日 不定休)
      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!


関連ランキング:うどん | 西大橋駅四ツ橋駅西長堀駅