日曜日の午後6時30分。
日本の多くの家庭ではサザエさんを見ているのではないでしょうか?

大人から子供まで、早めの夕食をとりながら見ているご家庭も多いかと思います。

今の時代になっても、サザエさんの中には、決してインターネットや携帯電話は出てきませんよね。
タラちゃんが歳を取らないまま、いくらちゃんもいつまで経っても、「バブ-」なまま。
でも、それも良いのではないでしょうか。

そんな中、変わってしまったのが、波平さんの声。
(でも、これは仕方がないですよね。)

そんな波平さんの声を聞いても、「あ、長沢君だ!」と思わず、そろそろ慣れてきた頃ではないでしょうか。

さて、そんな波平さんと長沢君のように、アニメを見ていると、“この人とこの人、実は同じ声”って場面に出会うこともありますよね。

有名なところでは、ドラゴンボールの孫悟空ファミリー(悟飯、悟天を含む)と、銀河鉄道999の星野哲朗田舎ッペ大将の風 大左衛門、ゲゲゲの鬼太郎。
そして、ハクション大魔王笑ゥせぇるすまんの喪黒福造。

言われてみれば、なるほどって思えるのは、
ジャムおじさんサザエさんのマスオさん。
バカボンのママ峰藤子。

そして、「えっ、うそぉ!」って思ったのが、
サザエさんの穴子さんとドラゴンボールのセル。
 温厚そうな穴子さん、実は簡単に地球を消しちゃえたのですね(^^;)

北斗の拳のラオウ則巻千兵衛。
 ま、お二人とも偉大ではありますが・・・。

アルプスの少女ハイジのロッテンマイヤーサザエさんの磯野フネ。
 これは衝撃的でした。 でも、ロッテンマイヤーvsカツオ君、見たかった気も(^^;)

そんな感じで、声優さんって、一人で2役も3役もこなして大変ですよね。

さて、先日お伺いしたフレンチのお店も、店主が1人で、2役も3役もこなしていらっしゃいました。

西天満、裁判所の北側に今回お伺いしたお店、
“ラボンヌターシュ”さんがあります。
            f5ea2354.jpg


白い壁に、紺色のテント。
中からこぼれる灯りに、呼び込まれるように、店内に入ります。
                     f75d76bd.jpg


こちらのお店がオープンしたのは、昨年(2013年)の7月。
東京の名門フレンチ、「コートドール」で修行されたシェフが、お一人で切り盛りされているお店だそうです。

店内は、カウンター席が8席。
60bcf57c.jpg
 ラボンヌターシュ

この日は、そんな8人のメンバーに入れていただき、ラボンターシュさんのフレンチを堪能させていただきました。

まずはビールで乾杯!
                        ラボンヌターシュ

ビールもフランスのもので、気分が盛り上がりますね(^^)

こちらのお店のメニューはこんな感じで、店内にあるボードに書かれてあります。
                  29d4cbc7.jpg


500円のサラダから、2,800円の肉料理まで。
リーズナブルにフレンチを楽しむことが出来そうです。
そして、コースが5,000円というのも嬉しいですね。

この日は、そんなおまかせコースをお願いしました。

ビールでのどを潤したあとは、スパークリングワインを。
ラボンヌターシュ 70349050.jpg


これがあると、気持ちも華やかになりますね(^^)

そんな感じで、気持ちも高揚してきた頃に、最初の料理が出来上がってきました。
                  ラボンヌターシュ

これは、赤ピーマンのムース。
こちらのお店の人気メニューのひとつです。
では早速いただきます。

おぉ! これは美味しい(^^)
赤ピーマンの甘味がトマトのさわやかな酸味と合わさって、絶妙な味わいを醸し出します。

そして、次の料理はオマール海老のムース・・・
「オマール海老のムース?」
何か何処かで聞いたことがあるような・・・・。
そうそう、昔テレビでやっていた、「王様のレストラン」って番組でも、似たような料理が出てきましたよ。
たしか、“オマール海老のびっくりムース”

さて、そんな話はさておき、早速いただいてみましょう。
                     1c108894.jpg


うわ、これめっちゃ美味しい(^^)(^^)(^^)

中にはオマール海老のぷりっとした身が入っていて、深い味わいが口の中一杯に広がります。
15f12be9.jpg
 31ab0b87.jpg


いやぁ、2品いただいただけでも、すっかりこちらの料理に魅了されてしまいましたよ(^^)(^^)

そして、次の料理の前に、ワインが出てきました。
              62c9255e.jpg


お、シャブリですね(^^)
美味しいワインをいただくと、ワクワク感もより一層です。

そして、次の料理は、エイのムニエル焦がしバターソース。
               1fe3adcd.jpg


こんがりと仕上がった、エイのムニエルは、見た目もきれいで食欲をそそります。

それでは早速いただきます。

これね、エイの身だけではなく、軟骨も美味しくいただけるのですよ。
                 a386e2aa.jpg

                  
ワインもどんどんすすんでしまいます(^^)
                   ラボンヌターシュ

ソースもすごく美味しいので、パンをおかわりしたりして、ワインと共に楽しみます。
e4207da6.jpg
 12361d50.jpg


そして、いよいよ肉料理の登場です。

この日の肉料理は、牛ほほ肉の赤ワインソースです。
                      1f971465.jpg


有機人参のピューレが一緒に添えてあって、合わせていただくととても良く合って美味しいですよ(^^)(^^)

合わせたワインは、特別に持ち込みさせていただいた、カリフォルニア、ナパバレーのワイン、PEJUのカベルネソービニヨン。
                    ラボンヌターシュ

ナイフがスーッと入るくらいに柔らかく煮込まれたほほ肉と最高のマリアージュを奏でます。

ここまでの料理、何をいただいても感動しっぱなしでした。
このコースが1人5,000円でいただけるのですから、予約なしで入るのがこんなんなのも頷けますね。

そして、カウンターの中では、デザートの準備が始まります。
ラボンヌターシュ ラボンヌターシュ

ひとつひとつ丁寧に焼き目を付けてくださっているのは、クリームブリュレ。

出来上がったものをひとつひとつ丁寧に目の前においてくださいます。
                 e20a285c.jpg


それでは、さっそくいただきましょう。
                     5d277274.jpg


(^^)(^^)
これもかなり美味しいですよ!

赤ピーマンのムースにはじまり、メインの肉料理まで、本当にどれもが丁寧に作られていて、感動ものでした。
次回はアラカルトでいろいろ楽しませていただきたいと思います。
(でも、コースもかなり魅力的なんですよね(^^))

ラボンヌターシュさん、料理も、雰囲気も、また店主の方にも凄く気持ちよく接客していただきました。
また必ず再訪させていただきたいと思います。




【ラボンヌターシュ】   
住所:大阪市北区西天満4-1-8    MAP     
電話:06-6312-1777   
営業時間:18:00~23:00   
煙  草:
定休日:日曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!