モータープールって何のことを指しているのはわかりますでしょうか?

これを当たり前に「駐車場のこと。」と答える人は、間違いなく関西人だそうです。

ということは、駐車場のことを「モータープール」っていうのは、関西人だけ、しかも、大阪周辺の。

はい。
そうらしいです。

最近では、そういう表記をする駐車場も少なくなってきてますが、私が子供の頃は、駐車場=モータープールっていうのが普通の図式でした。

ですので、幼少の頃の私、駐車場のことを英語では、モータープールっていうのだと、信じ込んでおりました(^^;)

そもそも、なんでモータープールと言われるようになったのか・・・。

モーターは自動車、プールは蓄えるの意。
モーターによって水流をおこす水泳用プールのことではない。
戦後の進駐軍の集中配車場に由来。近畿での言い方で、主に屋号や看板などの書き言葉として使われる。

とのこと。

車を蓄えておくから、モータープール。

関西人、中々やりよるなぁ・・・。

逆に東京人、かなりやりよるなぁ・・・。
そう思ったお店に先日行って来ました。

お伺いしたのは、東京京橋にある、“鮮菜魚 早瀬”さん。
                             早瀬

こちらのお店は、築地鮪仲卸の直営店。
築地まで行かなくても、新鮮な本物の味が堪能出来るお店として、大人気だそうです。

その、早瀬さんがランチタイムに提供する30食限定の、「鮪づけ丼定食」が凄いらしい・・・。
                  73de983e.jpg


そんな噂を聞き、東京出張の際にちょっと足をのばして行ってみました。

正午になると、看板に灯りが点り、開店です。
階段を下りて、地下にあるお店に入店しましょう。

カウンター席に案内していただき、メニューを確認・・・。
                        1cdad570.jpg


とはいっても、ランチタイムは「鮪づけ丼定食」一本勝負。
これに、小ごはん一杯がサービスで付く、「飯増し」をお願いするか、
磯海苔、生玉子が付く、飯増し玉有りにするかを選択するだけなのですが。

玉子有りにするか、ちょっと迷いましたが、“先ずはデフォルトで味わうべき!”
そう思い、鮪づけ丼定食を飯増しでお願いしました。

店内は、結構広く、50席以上あるのではないでしょうか?
10席ほどのカウンター席の他には、テーブル席、お座敷もあったと思います。

何故ここの鮪づけ丼が人気なのか・・・・。
それは、あり得ないくらいに、のっかってる鮪の量・・・、なのだとか。
鮪が大好きな私にとって、これはちょっと嬉しすぎる情報です。

そんな感じで、ワクワクしながら待っていると、目の前にづけまぐろ丼定食が出来上がってきました。
                           318f163a.jpg


鮪づけ丼にネギマ汁、お漬け物が付いてきます。
「飯増し」は、丼のご飯が大盛になるのではなく、別の茶碗で付いてきますよ。

それにしても、噂通りのまぐろの量。
                       b3793908.jpg


当然、丼のご飯は見えません(^^;)

それでは早速いただきます。
                     7f1af9b7.jpg


いい感じにづけになっていて、美味しいです(^^)(^^)
しかも、本鮪というのが嬉しいですよね。

ネギマ汁には、つみれになった鮪が入っています。
                   75b7d4a9.jpg


ふわふわでこれも美味しいですよ(^^)(^^)

嬉しいことに、鮪は赤身だけではなく、中トロも入っているのでテンションが上がります。

しかも、中トロは軽く炙られていたりして、工夫もされていて中々・・・いえ、結構やりよりなぁ・・・って感じですよ!
                   8fddd961.jpg


それにしても、このづけ丼、少々鮪を食べても、中々ご飯の姿が見えないのです。

丼とは言っても、ちょっと大きめの茶碗くらいの大きさなので、余計に鮪の量が強調されます。
普通のまぐろ丼と比べると、ご飯と鮪の比率、完全に逆転してますよ(^^;)
                      c4054387.jpg


ですので、丼の上のマグロと一緒に、ご飯をかき込む・・・・
という感じではなく、鮪を食べて、「飯増し」のご飯と一緒にいただく。
そんな感じでしょうか。

いずれにしても、本鮪のづけをたっぷりと堪能出来ることは間違いなしなのです。

少々鮪を贅沢食いしても、鮪が足りなくなることはなく、メニューに書いてあった、
“さらに おかわり小御飯”の文字に大きく頷いてしまうほどです。

そんな感じで、鮪をしっかり味わいながら、完食。
しっかりと鮪を堪能させていただきました。

“鮮菜魚 早瀬”さん、上質の本鮪のづけをしっかり堪能することが出来ます。
マグロ好きな方は、是非一度行ってみてください!
大満足するとこが出来ますよ。



【鮮菜魚 早瀬】   
住所:東京都中央区京橋3-3-11 京橋サウスB1    MAP     
電話:03-6423-1863   
営業時間:12:00~14:00(L.O.13:30) 17:30~23:30(L.O.22:00) (土曜日は、16:30~22:00)  
煙  草:喫煙可
定休日:日曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!