目玉焼き、やきそば、お好み焼き、ホットケーキ・・・

ホットプレートひとつあれば、いろんな料理を作ることが出来ますよね。

今では、たこ焼きを作ることが出来る、丸いくぼみのあるホットプレートが付いたやつまで売ってたりしますが、あれって関西以外でも発売されているのでしょうか?

そう思って、カカクコムを覗いてみると、人気ランキングの商品はみんなたこ焼き用のプレートがついたものばかり。

「大阪には一家に一台、たこ焼き器があるってホント?」

そんなこと、良く聞かれましたが、今ではホットプレートでもたこ焼きが出来てしまうので、その会話も過去のものになってしまうのでしょうかね。


さて、ホットプレートでの焼肉や料理もいいけれど、たまには大きな鉄板で豪華にいろんなものを食べてみたい・・・


この日は、以前からずっと気になっていた鉄板料理のお店、
堺の“鉄板酒菜 ぶりお”さんに行って来ました。
南海電車の堺駅から歩いて5分くらいのところにお店はあります。
                  ぶりお
    
店内は予約のお客さんで満席。
とはいっても、比較的余裕のあるレイアウトで出来が配置してあるので、全く窮屈なことはなく、リラックスして食事を楽しむことが出来そうですよ。

まずは、生ビールで乾杯!
うすはりグラスで提供される生ビール、グラスや食器にもこだわりを持っていらっしゃるようで、期待感が高まります。

そして、お通しが運ばれてきました。
                    254a9d5e.jpg


これは、ホタテ柱焼きタルタルソース。

最初の一品から、ビックリするくらいに美味しいのです(^^)(^^)
素材も最高のものを使っていらっしゃるのでしょうが、その日の通し方も最高なんです。

そして、次の料理は、天然丸ハゲお造り、肝付き。
               17ac46b4.jpg


養殖でなく、天然なので肝がそんなに大きくないのですが・・・。

店主はそう仰ってましたが、いえいえ、充分な大きさだと思います(^^)
しかも、美味しいのです(^^)(^^)

これはもう、ビールを飲んでる場合じゃないですよね(^^;)

というわけで、日本酒をいただきました。
                    ぶりお

カワハギの身をいただき、肝をいただいて、日本酒と合わせる。
最高です(^^)

そして、肝を醤油に溶いて、肝醤油で(^^)(^^)
たまりません!

そして、生海胆カナッペ
                4ddbb8de.jpg


ウニって、こんなにも美味しかったのですね・・・
というか、ここまで濃厚で味わい深いウニをいただいたのは久しぶりかも。

次の料理はいよいよお肉。

松阪牛ローストビーフです。
                     1f00020d.jpg


濃厚でしかも、美味い(^^)(^^)
出来ることならば、ずっとこれを食べ続けていた衝動に駆られますよ。

そして、次の料理はサラダ。
とはいっても、単なるサラダが出てくるとこはありません。
                aa8f6cfe.jpg

玉子をつぶして、かき混ぜて食べてくださいね。

これは、豚バラ目玉焼きサラダ。

そういえば、先程から鉄板の上で、豚バラ肉をカリッと丁寧に焼き上げているのが見えてたのは、これを作るためだったのですね。

見るからに濃厚な感じの黄味。
これをつぶしてかき混ぜます。
                 07fa4449.jpg


旨味が野菜、豚肉全体に廻って絡み合います。
そして、それをいただきます。

(^^)(^^)(^^)
サラダひとつとってみても、工夫されていますよね。
次はどんな料理が出てくるのかがすごく楽しみですよ(^^)

そして次の料理は、的矢産生牡蠣、ブルターニュ塩とオリーブ油のスダチかけ。
                  7215724f.jpg


私は普段、あまり生牡蠣に手を出さないのですが、これはちょっと別物。
甘味が素晴らしく、口の中に心地良い香りが広がってゆきますよ!

出していただいた料理を味わいながら、鉄板の上で仕上げられてゆく料理を眺め、次の料理への期待感を高めてゆく。

鉄板焼き料理の醍醐味ですよね!

そして、目の前の鉄板で焼かれている「え!」って声を上げそうになるほど大きなアスパラガスが目の前に。

これは、オーストラリア産アスパラガスと加賀蓮根の鉄板焼。
                    aacdbac7.jpg


大きなアスパラガスは食べやすい大きさにカットしていただき、加賀蓮根とベーコンと一緒に盛られています。

これに、添えられているタスマニア産の粒マスタードをつけていただきます。

甘味が素晴らしく、美味しいですよ(^^)(^^)

目の前では、アルミホイルの中で、何かが調理されているのが見えます。
ホイル焼きかなぁ・・・・
そんな予想を軽くあしらって登場したのがこちら。
                      3c1b1daa.jpg


これは、先ほど刺身でいただいた、丸ハゲのアラと鬼浅蜊のアクアパッツァ。
そして、鱈白子も入っていますよ!

それにしても、アルミホイルを使って、鉄板の上でアクアパッツァ!
しかも、これがめちゃくちゃ美味しいのです(^^)(^^)(^^)

白ワインがすすんで仕方ないですよ、これ。

そして、活鮑鉄板焼肝ソース。
                    7a92793f.jpg


付け合わせには、花びら茸とキクラゲソテーが添えられています。

これはもう、何も言わなくてもわかりますよね。
ホタテ、ウニ、ローストビーフ、生牡蠣。そして、鮑までいただいてしまっていいのでしょうか(^^)(^^)(^^)

店主が本気で目利きした食材が妥協することなく出てきますよ。

そんな風には聞いていましたが、その予想を超えた内容に笑顔が止まりません。

そして、とどめを刺すような感じで出てきたのが、松阪牛サーロインステーキ。
                     2dd21035.jpg


うっとりするくらいの焼き加減。
そして、このサーロインステーキ、肉の旨味もしっかりしていて、明らかにその辺のA5クラスとは旨味が違います。

最近、あまりいい肉を食べると、脂にやられてしまうことが多いのですが、この肉に関しては、全くそんなことはなく、しっかりと旨味を堪能することが出来ました。

この日は出ませんでしたが、こちらのお店の名物、サーロインハンバーグってさらに凄いのでしょうね。

そして、ステーキの付け合わせは京都の小さな竹の子とプチベールのソテー。
                        aa942e55.jpg


野菜も本当に美味しい。
鉄板料理の奥の深さ、見せていただいたような気がします。

そして、〆のごはんは、スルメイカと生姜の炊き込みご飯。
                    ea0e8c15.jpg


イカのワタの旨味もきいていて美味しいのですが、同時にさわやかな感じでもあるのです。
それは、生姜の風味。

「米がこのくらいに対して、生姜はこのくらいって、黄金の比率があるのですよ。」
(実際は、米何合に対して生姜が何グラムって教えてくださいました。)

鉄板料理だけではなく、〆のごはんにもこだわりを持っていらっしゃいます。
しかも、結構満腹なのに、美味しいからどんどん食べてしまいましたよ(^^;)

ごはんと一緒に提供された、白味噌玉吸い。
                     3e671748.jpg


これもかなり美味しかったですよ。

デザートには、愛媛の紅まどんな。
                       75728069.jpg


果肉がゼリーのような素晴らしい食感です。
しかも、これは皮ごといただけるとのこと。
実際に試してみましたが、本当に美味しかったです(^^)


前菜にはじまり、鉄板焼きのコース、そしてデザートまでも、全てにこだわりを持って提供していただきました。
しかも、こちらの食べるペースを見て調理していただけるなど、店主の目配せも素晴らしいものを感じました。

この日にいただいた、一人9,000円の特別コース(2人以上要予約)に今回は2人1本のワインまで付いて、これは素晴らしいコストパフォーマンスだと思います。

ぶりおさん、評判以上の美味しさでした。
また予約して、お伺いさせていただきたいと思います。






【鉄板酒菜 ぶりお】   
住所:堺市堺区住吉橋町1-5-17    MAP     
電話:072-222-7332   
営業時間:18:00~22:30 (品切次第終了)  
煙  草:喫煙可
定休日:水曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!