待ち合わせ場所に、かなり早く着いてしまった・・・
そんな時、どんな時間の潰し方をしますか?

書店。
一番手っ取り早く、時間を潰すことが出来ますよね。
今では、立ち読みをしていても、ハタキではたかれて、追い出されることもないですし^^;
(ジュンク堂書店などでは、店内にある本を読むための椅子とテーブルもありますものね。)

輸入食材のお店。
これが近くにあると、意外と時間が潰せます。
見たこと無いようなもの、珍しいものなどを手にてっといろいろと空想するのも楽しいものです。
ただし、かなりの確率で衝動買してしまうのですが^^;

100円ショップ。
これが意外と面白い!
「え、これ本当に100円なの?」なんてものが結構あるのです。
IPhone用の充電ケーブル、世界の童話シリーズのDVD、毛玉取り機、箸にナイフにスプーンにフォーク、そして、ワイングラスも100円・・・。

そうそう、ワイングラスといえば、ワインも100円で売ってますよね。
ジュースやお茶だけかと思いきや、ワインも100円爾はちょっとビックリしました。

さて、100円でワインは買えても、ウイスキーに関しては、100円ではムリですよね^^;

この日はそんなウイスキーをしっかりと堪能させていただきました。
                893c0261.jpg


お伺いさせていただいたのは、グランフロント大阪、北館2階にある、
“Whisky Dining www.w”さん。
                80337650.jpg


この日は、サントリーさんの企画でお邪魔させていただきました。

大阪駅から、グランフロント大阪の2階をひたすら歩く。
南館から北館へ渡ってもさらに歩く。
そして、北館のナレッジキャピタルの2階に、SUNTORY WHISKY HOUSEが。
               08d752c6.jpg


入り口を入ると、ウイスキーのボトルや樽が並び、まるで醸造所に見学に来たときのような雰囲気があります。
d88cd30d.jpg
 baf49999.jpg
 ec850751.jpg


そして、こちらのお店ではそんなサントリーのウイスキーと、それにあった料理を楽しむことが出来るのです。

この日は、「世界5大ウイスキーを楽しむ会」と題して、いろんな味わいのウイスキーとそれに合う料理を堪能させていただきました。

先ずは、ウイスキーマリアージュを愉しめる前菜5種盛り合わせ。
            2c11f9e9.jpg

                  写真は4人前です。

1つのプレートに色んな料理が盛り合わせてあり、見ているだけでも楽しいですよね。

手前から、
 ・生ハムと茄子のバルサミコマリネ
 ・真鯛のカルパッチョ
 ・カボチャのキッシュ
 ・ナッツ&ドライフルーツのカナッペスタイル
 そして真ん中には、冷製ローストビーフが鎮座。

これがあれば、いくらでも飲めてしまう感じなのです。

そうそう、この日にいただいたウイスキーはこんな感じですよ。
                893c0261.jpg


これは、サントリーワールドウイスキーツアーといって、世界の色々なウイスキーを少しずつ(15ml)テイスティンググラスで楽しめるメニューです。
              332d38c4.jpg


この日にいただいたのは、アイリッシュウイスキーの“カマネラ”、
スコッチウイスキーの“ラフロイグ10年”、
ジャパニーズウイスキーの“響”、
アメリカン・ウイスキーの“ジム・ビーム”、
カナディアンウイスキーの“カナディアンクラブ”
です。

この他にも、
響・角瓶・知多・山崎・白州がセットになった「ジャパニーズウイスキーツアー、
ラフロイグ10年・ボウモア12年・ザ・マッカラン12年・グレンフィディック12年・バランタイン12年がセットになった、スコッチウイスキーツアー、
ジムビーム・メーカーズマーク・ワイルドターキー8年・ノブ・クリーク・ブッカーズがセットになった「アメリカン・ウイスキーツアー」もありますよ。

さて、5種類のウイスキーのお味ですが、

カマネラは個性的ながら、飲みなれるとこれが癖になる。
そして、ラフロイグはご存じの方も多いですが、消毒液の香りのような個性を持ち、初めての方はちょっとビックリするのかも。
でも、これがまた美味しい。
響きに関しては、日本のウイスキーの王道を、さらに洗練したエレガントな味わい。
ジムビームはバーノン独特の甘い香りが心地よく、陽気な感じのウイスキー。
そして、カナディアンクラブは、秀逸なバランス。ウイスキーに慣れてない人にも受け入れられる味わいかと。

その中でも、私が気に入ったのは、アイリッシュウイスキーのカマネラ。
結構個性的で、「昭和の病院の香り」とも言われるかもしれませんが、これが結構美味しいのです。

さて、そんなウイスキーと合わせる料理がこの後も続々と!

2番めの料理は、サーモントラウトとマッシュルームのサラダ。
            4cf0d476.jpg


マッシュルームの食感と香りを楽しみながら、サーモンで味をまとめる。
そして、そこにウイスキーをちょっと入れてやると、口の中が一気にエレガントな感じになるのです。
まさに大人の味わいですね(^^)

そして、鶏の唐揚げ 胡麻風味&ローズマリーポテト。
                e70c0f51.jpg


チキンとポテト。
いわゆる定番な組み合わせではあるのですが、こちらのお店が手がけると、どちらも一味違う上質な感じに仕上がるから嬉しい(^^)

これにはビールでしょう・・・
といいたくなるところですが、合わせてみると、これがものすごく美味しいからやめられない。
                  565654f1.jpg


どうです、大の大人が夢中になって食べる、ポテトとチキン。
ぜひ味わっていただきたいです(^^)

そして、熟成牛ハンギングテンダーのグリル 山椒の和風バターソース。
                  84e10f05.jpg


脂の甘味で食わせるのではなく、赤身の旨味を十二分に味わえる幸せ(^^)
やはり、ウイスキーを美味しく味わえるツボをよく心得ていらっしゃる。
これを食べて、すっかり肉モードになってしまったなぁ^^;

そう思っていたら、次に出てきたのはこちら。

牛メンチカツの洋食サンドです。
                  b4b3d906.jpg


BARで食べるサンドイッチって、すごく美味しいですよね。
それをさらに洗練させると、こんな味わいになるでしょね(^^)

この日は、この他にも、プレミアムビールのマスターズドリーム、
サントリーのウイスキー、白州や知多、山崎のハイボールなんかも楽しませていただき大満足!

それにしてもここ、オープンしたときも美味しかったけれど、さらに磨きがかかりましたね。
間違いない美味しさを味わえるお店だと思います。

これからの忘年会シーズン、是非早めに予約してみては如何でしょうか?

1次会だけではなく、2次会使いにもすごくいいともいますよ!

この日は、週の初めではありましたが、ほぼ満席でかなり賑わっていましたよ。
ぜひ予約して行ってみてくださいね!










【「Whisky Dining WWW.W(フォーダブリュー)】   
住所:大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル2F    MAP     
電話:06-6359-5177
営業時間:11:30〜14:30 17:30〜23:00   
煙  草:分煙
定休日:なし(グランフロント大阪の定休日に準ずる)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

サントリー「WHISKY HOUSE」のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!