暑いときにこそ、熱々の食べ物を!

それ、ある意味賛成です。
体の中に温かい食べ物を入れて汗をかき、デトックス効果もあって代謝を促す。

でも…

暑いにも限度がある!

時代はさかのぼり、昭和の時代。
「今日は暑くなる!」と言われても、せいぜい32℃くらい。
35℃を超えて、体温よりも気温が高くなるなんて日本ではなかったこと。
昼は暑くても夜になると風も出て、気温も25℃くらいに落ち着くから、扇風機だけでも充分凌げた。
実際に、エアコンが一般家庭にはそんなに普及していなかったのも事実。

でも令和の今は違う。
日中の気温は35℃超えも珍しくない。
熱帯夜なんて言葉が死語になりかけるくらいに、夜になっても気温が下がらない。
それでも我慢すると、熱中症が忍び寄る…

もう我慢しなくて良いのでです。

さぁ!

     IMG_3753
冷房の効いた店内で、サッパリ冷たい麺をどうぞ!

   IMG_3746
池尻大橋駅から歩いて5分ほどのところにある、
中国料理のお店“鶏舎(ちぃしゃ)

    IMG_3756
暑い日差しの中、行列が絶えないお店がここ。

この暑い中に行列してまで食べたい中華料理っていったい何?

    IMG_3747
少なくとも、本日の定食「肉と玉子炒め」ではないよな…

この行列には理由がある。
暑い中並んでいる人の目的は……

   IMG_3748
夏だけの限定「冷し葱そば」
冷たい麺の上に、チャーシュー、きゅうり、そしてパウダースノーのような葱が大量にのった汁なし麺なのだとか。
何でも、冷し葱そばが提供される季節には大行列が出来るのが地元でも有名な話らしい。

店の外で並んでいると、お店の方が先に注文を取りに来てくれるので、お目当ての冷し葱そばを“葱大盛り”で。
折角なのでスープも一緒にお願いしてみた。

初めて食べるのに、いきなり「葱大盛り」にするの?
そんな声も聞こえてきそうだが、これは直感だ。
【葱】そばと言うからには、葱が美味いに決まっているのだから…

しばらくして、空席ができて店内へ。
灼熱の外とは違い、冷房も効いていて心地よい。

注文した『冷し葱そば 葱大盛り』が出来上がってきた。
   IMG_3752
ひと目見て思ったことは、「葱大盛りにしてよかった〜!」ということ。
デフォルトがどんなものかはわからないが、ネギ好きにとってこの盛りは凄く嬉しい。

一般的な『冷やし中華』が、チャーシュー、きゅうり、錦糸玉子が1/3ずつ乗っかるのに対して、『冷し葱そば』は、1/6がチャーシュー、1/6がきゅうり、そしての全体の2/3を葱が占める。

   IMG_3753
味わいは、冷やし中華がお酢でサッパリさせているのに対して、こちらは酸味はなく、ごま油とネギ油、そして旨味とニンニクも少し効いた秘伝のタレで調合されている。

     IMG_3755
麺は心地よいコシの中細麺で、これがタレとよく絡み、かなり心地よい。
タップリの葱は、「まるでパウダースノーのように繊細な食感」と言われるのが理解できる。
この葱がこの料理の重要な役割を担っている。

濃厚な旨味のタレと大量の葱が絶妙なバランスで、最後まで飽きることなく食べさせてくれる。
食べ終わって店を出て、5分もするとまた食べたくなるから不思議だ。

メニューは他にも、
ラーメン、タンメン、肉細切りソバ、ザーサイメン。
そして、チャーハン、肉細切りかけ飯。
レバニラ炒め、ザーサイと肉細切り炒め、グリーンピースとエビ炒めと種類も豊富。
『冷し…』の季節が終わったら、肉細切りソバやザーサイメンも食べてみたい。

『冷し葱そば』の提供は、だいたい6月の中旬から9月の中旬くらいまで。
今年もあと少しの間、気になる方はトライされてみてはいかがだろうか?



【鶏舎(チィシャ)
住 所:東京都目黒区青葉台3−9−9    MAP
電 話:03-3463-5365
営業時間:11:15〜14:30  17:00〜20:30 ※土曜日はランチタイムのみ営業。
煙 草:禁煙
定休日:日・祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村