初めて沖縄に行ったときの思い出…

パイナップル食べて、ハブとマングースのショーを見て、万座毛で海を見て、ひめゆりの塔に行く…
まだ、美ら海水族館がなかった時代だから、そんな感じだったでしょうか?


そういえば、ハブとマングースの戦いって今でもやっているのだろうか?
答えはNO。
動物愛護法の改正により、そのようなショーは禁止されているのだとか。

何気なく見ていたけれど、どちらかが倒れるまでの戦い…ですものね。

ハブとマングースのショーをどこでやっていたのかは忘れてしまいましたが、覚えているのは名護のパイナップルパーク。
そちらは今でも健在で、より洗練されているはず!
パイナップル好きにはたまらない、パイナップルピッツァやパインソフトなどのパイナップルメニューも楽しめるのだとか。

パイナップルをまるごとひとつ使った『ビッグパイナップルパフェ』は一度は食べてみたい存在感抜群のメニュー!


さて…
この日のお目当ては、パイナップルでも美ら海…でもなく、沖縄が日本に返還される前から営業されている老舗のカレー屋さん。

    IMG_0177
ドーム型の個性的な屋根のお店カレー屋 たんぽぽ”

スパイスカレーが人気の中、旨味がウリの欧風カレー一本で頑張っているお店。
観光客だけではなく、うちなんちゅのファンも多く、一度食べた人はリピーターになる率も高いとの評判のお店。

入口の扉を開けて店内に入った瞬間、タイムスリップでも舌かのような感覚に陥るノスタルジックな雰囲気も人気の秘密かもしれません。

豊富な種類のカレーに迷うこと必至!
   IMG_0168
ビーフ、シーフード、カツ、チキン、ハンバーグ、キノコ、ヤサイ。
それぞれのセットには、サラダ・フルーツ・メイグルト・珈琲or紅茶が付く。

   IMG_0169
単品のカレーにも、福神漬・らっきょ・ピクルスが付いてくる。
キノコカレーには、しめじ、えのき、しいたけ、マシュル(おそらくマッシュルーム)の4種類のきのこが。
ライスカレーはかけそばのようにシンプルなものと思いきや、豚肉と玉ねぎが入った内容となるよう。

    IMG_0167
辛さも7段階から選べて、ライスは大盛りでも、一皿追加でもプラス100円。
なかなかの大盤振る舞いである。

    DSC06618
カレーを注文すれば、しばらくして薬味が先に運ばれてくる。
これをつまみに、つめたーく冷えたオリオン生ビールをぐいっと煽る。
これがまた、たまらない!

カレーポットにたっぷりの牛肉がかなり嬉しい!
   DSC06622
ノスタルジックなのは店内だけではなく、カレーの提供方法も。
カレーポットに入ったたっぷりのカレーって、何だか豪華な感じがしませんか?

牛肉の厚みに、笑顔がこぼれる。
  DSC06624
薄切りでも角切りでもなく、ステーキのような牛肉がたっぷり。
ビーフカレーをお願いして良かったと心から思う瞬間。

    DSC06626
ステンレスのお皿にたっぷりと盛られたご飯の上に、たっぷりの牛肉とカレーを掛ける。
あなたは、一口ずつカレーを掛けるタイプ、
それとも、最初に全部カレーを掛けて楽しむタイプ?

   DSC06631
よく煮込まれて旨味が凝縮されているものの、比較的あっさりとしていてスルスルと入ってくる味わいのカレー。
温かい気候の沖縄の味わいといった感じかもしれませんね。

Hot3のビーフカレーの辛さは、辛いものが得意な方なら入門編の辛さ。
メニューに書かれている『タバスコの辛さ』というのがよく当てはまるかも。
(タバスコのような酸味はありません。)

次回はもう少し辛さレベルをアップして、シーフードカレーを…
あ、「ライスカレー」もかなり気になる。




【カレー屋 たんぽぽ】
住 所:沖縄県名護市大南1−11−7    MAP
電 話:0980-53-4073
営業時間:11:00〜15:00  18:00〜22:30  ※土日祝は通し営業。
煙 草:禁煙
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)
駐車場:あり




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村