二期作と二毛作。

二期作とは…
温暖な地域で早い時期から栽培をはじめ、夏前には収穫してその後また同じ作物を栽培を行うことにより、1年に2度同じ作物を収穫する方法。

それに対して二毛作は…
同じ畑で1年に違う種類の作物を栽培し収穫する方法。

飲食店に置き換えると…
ランチタイムとディナータイムも同じメニューで何回転かする営業方法…になるのか?
でもそれって、別に珍しいことではない。

対して、二毛作の場合はちょっとレアかもしれない。
寿司屋はずっと寿司屋だし、カレー屋はずっとカレー屋。
BARのランチタイムがカレー屋というのはたまに聞くが、こんなケースは稀かもしれない…

うどん店の週末はワインバル。
  IMG_1920
大阪梅田でも、1,2を争うほど人気のうどん店である、『極浄うどん うだま』。
週末になるとワインバルうだま”として、
ワインと料理を気軽に楽しめる店に変身する。

     IMG_1918
店の前には、「ワインバル」のメニューボードが掲げられ、うどん店からワインバルへ。
うどん店がワインバルを…
とうことは、肉や天ぷらなど和の食材とワインを合わせるのか…
そう思うのが普通だと思う。
でも、『うだま』が手掛けるワインバルには、うどんのカケラも見当たらない。

    IMG_1919
鴨ロースの炭火焼き、牡蠣のコンフィ、
パテドカンパーニュ、黒毛和牛ヒウチの炭火焼きステーキ…
メニューを見ていただければわかると思うが、うどん店の「う」の字も見当たらない…

   IMG_1923
いや、ここにだけはあるか…

すきなワインと料理をアラカルトで注文し、ゆったりと楽しんでもいいし、
お任せでいろいろ合わせていただくのも楽しい。

  DSC08063
ワイングラスからきめ細やかな泡が立ち上るのを見ていると、ここがうどん店であることを完全に忘れてしまう。

料理は本気のフレンチが登場!
   DSC08065

 DSC08070

こちらのお店の2人の店主(ご兄弟)は、うどん職人であると同時に、ソムリエとフレンチの料理人。
うどん店が片手間にワインバルを営業しているのとはちょっと違う。
何気なくワインと料理を注文して待っていると、出てきた料理を見て驚くに違いない。

     DSC08060
以前、平日のランチタイムに来てうどんを食べたときに見た光景が、今は違う景色に見えるから楽しくて仕方がない。

   DSC08075
仙鳳趾の牡蠣や、

  DSC08080
車海老や新鮮なスルメイカも炭火で炙っていただいた。
海鮮のメニューは、仕入れによって変化する。
今日は何を食べることができるのか…
ワクワクしながら店に向かうのもまた楽しい。

希少なワインが登場するかも?
   DSC08073

 DSC08078

他店では、中々お目にかかれないワインに出会えるのも面白いところ。
 
  この料理にはどのワインが合うのか?
   このワインを楽しむには、どの料理を合わせれば美味しいのか…

迷いながら楽しむのもまた楽しい。

   DSC08081
牛頬肉と鴨ロースには赤ワインと、しっかりめの白ワインのどちらがどのように合うのか?

   DSC08099
さつま極鶏 大摩桜の串焼きにはどのワインが…
そんな事を考えながら楽しめる時間が楽しくて癖になりそう。

  DSC08090
最後は、いろんなチーズを楽しみながら、じっくりとワインに向かい合う。
ワイン好きはもちろん、いろんな料理を味わいたい方も本気で楽しめる空間。


『極浄うどん うだま』のもうひとつの顔。
ぜひ確認しに行ってみてください!
ちょっと…いや、かなり楽しいですよ。





【ワインバルうだま(極浄うどん うだま)】
住 所:大阪市大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル B1F    MAP
電 話:06-6344-0277
営業時間:土曜日18:00〜23:00(L.O.22:00)・日曜日13:00〜18:00(L.O.17:30)  
     ※うどん店としての営業は、定休日と日曜日以外の11:00〜15:00。
煙 草:禁煙
定休日:水曜日・第3木曜日 ※ワインバル営業は、土日のみ。
駐車場:なし(お店の近くに有料駐車場有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村