『巨砲』
これをなんと読むだろうか?

きょほう:普通はそう読むのかも。
クリーンヒッター:野球のシーンではよく出てくる言葉かも。
バズーカー:わ、わからなくもないが…

これを「おおづつ」と読む人は、ある一定の年齢以上かも?
1979年に新入幕を果たし、1980年に小結、1981年に関脇にまで昇進した大相撲の力士の名前である。
「巨砲」と書いて「おおづつ」と読む。

   IMG_2218
ここは”巨鍋”
「きょなべ」ではなく「おおなべ」と読む。

看板はなく、建物に直接書かれた店名は沖縄ならでは。
それにしても、『コカ・コーラ』のロゴも見事に描かれているのは凄い。

店内は、平日のランチタイムを過ぎた時間帯にも関わらず、ほぼ席が埋まり賑わっている。
国道沿いの店でもなく、北谷とコザをつなぐ道の住宅地を入ったところに店がある。
店内はほぼ地元の方ばかり。
偶然見つけて入ってくる人は、ほぼいないのではないだろうか?
(もちろん、筆者も教えていただき辿り着いたのは言うまでもない。)

多彩なメニューと価格にビックリ!
  IMG_2215
トンカツ定食、しょうが焼き、カツ丼、肉そば、カレー、オムライス…
メニューはどこにでもある感じなのだが、その価格を見れば違いがわかる、信じられないほどに安いのだ。

看板商品である、鉄鍋提供される『巨鍋そば』は600円でボリュームたっぷり。
一番高いトンカツ定食、ソーキそば、カツ丼、カツカレーでも650円だ。

   IMG_2219
柔らかい肉がたっぷりと入った『肉そば』を見ると、巷のチャーシュー麺の存在を忘れてしまいそうになる。
とは言っても、沖縄そばの肉とチャーシューは別物。
550円で幸せな気持ちになれるのは本当に嬉しい。

  IMG_2227
こちらは『フーチャンプル』で、
「うめーし」と書かれた箸袋が印象的。
中々しっかりした量で、ごはんにミニそばも付いて、ワンコインとは信じられない。
ランチタイムのピークを超えた時間でもお客さんが来るわけだ。

巨鍋食堂で人気の『カツカレー』。
    IMG_2221
スプーンと比べていただければお皿の大きさがわかると思うが、中々のボリューム!
ちなみにこれは、大盛りではなく普通盛り。

  IMG_2226
カツは別段厚くもないが、決して薄っぺらくはない。
カツカレーとしてはベストな厚さとも言えるのではないか?
たっぷりとカレーソースに浸してご飯と一緒にかっ喰らえ!

   IMG_2224
カレールーはとろみが少なく、どちらかといえばシャバシャバに近く優しい味わい。
ピーマンが入っているのも特徴かも。

沖縄のカレーらしく、具材も個性的!
  IMG_2229
ピーマンだけではなく、ポーク(スパム)も登場。
じゃがいも、トンカツ、ピーマン、玉ねぎ、ポーク。
食べていて本当に楽しいカレー。
しかも、ボリュームも満タンなので確実に満腹になれる。

   IMG_2216
あれもこれも食べたいけれど、確実に1人前で満足してしまえるので、次回の課題もまた多し。
今度は看板メニューの『巨鍋そば』を食べるべきか、
それとも、必ず何かが付いてきそうな「じゅ〜しぃ〜」を注文してみるか…

あ、『ほね汁』がある!
次回はそれに内定。
一度来ればまた来たくなる店、“巨鍋”
機会があれば是非とも〜!




【巨鍋(おおなべ)】
住 所:沖縄県沖縄市南桃原4−39−5    MAP
電 話:098-933-0203
営業時間:11:00〜14:00 
煙 草:禁煙
定休日:日曜日
駐車場:あり



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村