ゲソは主役か脇役か?

イカの活造りを注文すれば、ゲソは最後に塩焼きもしくは天ぷらにしてくれる。
ということは、主役はイカの本体(刺身)で、ゲソは脇役か。
子供の頃に、学校帰りのあるフライ屋さん。
コロッケ、ポテト、イカ足(ゲソ)が、子供の小遣いでも無理なく買うことが出来る値段。
イカフライのほうが柔らかくて大きい。
でも、安くてちゃんとイカの味わいを楽しめるイカ足(ゲソ)は、我らの味方だった。

旭川で『げそ丼』の暖簾を発見!
   IMG_7132

立食いそばの店“花ちゃん”
サッと立ち寄って、温かいそばでランチタイムを…
ではない、ここに来る人はみんな『げそ丼』目当てなのだ。

   IMG_7131
「立食い そば・うどん」の看板はあるものの、それよりも目立つのは『げそ丼』と書かれた赤い暖簾。
それを見れば、そばやうどんのサイドメニューに「げそ丼」があるのとは少し違うのかもしれない。

   IMG_7129
かけそば、かしわそば、天ぷらそば、カレーそば…
立ち食いそば屋の定番メニューもシッカリと健在。
それだけではなく、ラーメンがライアンナップされているのも旭川の店らしい。

そんな中。店内にいる人がほぼ100%注文しているのが『げそ丼』。
げそ丼は正油、ネギ塩、しょうが味の3種類から選ぶことが出来て、ミニそば・うどんもしくはミニラーメンとのセットメニューも用意されている。

出来立て熱々、げそドッサリ!
      生姜の香りに食欲をそそられる。

  DSC04586
げそは、油で揚げるのではなくフライパンで炒められて作るようだ。
注文が入れば、その都度作ってくれるので確実に出来立てを味わうことが出来る。
出来上がってきたのを見て、思わず歓喜の声が上がりそうになる。
何故なら、想像以上にたっぷりのげそが乗っかっているからだ。

   DSC04593
丼の真ん中にはおろしたての生姜。
これは、げそに合うに決まっている!
生姜味にだけキャベツが入ってくるのも魅力だ。

食べてみれば、思った以上に柔らかい。
ゲソへの火の通し方が絶妙なのだ。
生姜の味わいも凄くよく合う!
一番人気の正油味を食べていないので何とも言えないが、もしかしてこれがベストな組み合わせではなかろうか?

   DSC04589
プラス100円で付けられる「ミニそば」。
そばを食べる…というよりも、丼の汁物に蕎麦が付いている…と思えば、かなりお得な気持ちになれることな違いなしだ。
こうなってくると「ミニラーメン」の味わいも気になってくる…

ゲソの美味しさを思う存分楽しめて、600円はかなり嬉しい!
プラス100円のミニそば・うどんは是非合わせて食べてほしい。

    IMG_7135
駐車場は、店の裏側に4〜5台分。
駐車場には手前の交差点から回り込むような感じで行けばOKだ。
旭川を訪れたときには、立ち寄ってみてはいかがだろうか?
生姜の香りとキャベツの甘味にゲソの味わいが映えますよ!




【花ちゃん】
住 所:北海道旭川市神楽4条3丁目 2−7 神楽中央ショッピングプラザ 1F    MAP
電 話:090-3019-7296
営業時間:11:00〜15:00 
煙 草:
定休日:日曜日
駐車場:あり(お店の裏側)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村