日本橋の路地裏に、知る人ぞ知る店がある…
蕎麦屋でもなければ洋食屋でもなく鮨屋。
それも、間借りで営業している鮨屋だ。
   IMG_4600

間借りの鮨屋といえば、何処かで修行して店を持つ前の段階の…
と、考えがちだがそんな発展途上の店ではない。
   IMG_4602
“鮨 あやべ”
店主一人で切り盛りしているカウンター8席の小さな店だが、その腕前は確かなもの。
ネタの味わいを120%引き出すシャリは、一度食べたら忘れられなくなるほど。
実は、ここを訪れるのは2度目。
この春にはオーストラリアで夢を叶えるために日本を発ってしまう店主の鮨をもう一度、どうしても味わいたかったのだ。

ビールで乾杯、そして茶碗蒸しで気持ちを整えたら「あやべワールド」がスタートされる。
日本酒はお任せで、料理に合わせて出していただくことに。
   DSC05170
今が旬、鱈の白子。
素材そのものが良いのはもちろん、それを更に味わい深くするのが「あやべ」の仕事。
これに店主オススメの日本酒を合わせていただくのがたまらない。

素材の旨味がキラリと引き立つ『あやべ』の鮨。
   DSC05173
繊細な味わいと深い旨味が魅力、白身の極み。
最初に鮃を味わうことで、味覚が目覚めるのを感じることが出来る。

  DSC05175
見ただけで新鮮だと分かる『鯵』。
先程の鮃の味わいとは違い、濃厚な旨味を存分に感じることが出来る。
その旨味をキチンと感じることが出来るシャリのバランスが素晴らしい。
これ以上無いほどに新鮮な魚を味わえるのが船上の漁師の特権ならば、これ以上無いほど魚の旨味を引き出したのが鮨だと思う。

  DSC05180
白身、青魚と来て、また白身に戻る。
戻る…とは言っても、今度は『真鯛』。
鮃のあとに鯵を楽しんだことによって、鯛の身の旨味がより一層よく分かる。
改めて鮨って凄いと思う瞬間だ。

この手で繰り広げられる匠の技。
   DSC05186
日本には数多くの鮨の店があるが、心の残る店というのはそんなに多くはない。
もし、「ここにはまた来たい…」と思う店があれば、是非行くべきだろう。

   DSC05182
2度目に訪れて、それでもやはり良いと思うならばその思いはホンモノ。
わざわざ通う価値があると思う。

  DSC05189
赤身でまぐろの旨味を味わい、トロの部分のそのまぐろが持つ上質な脂を味わうことが同時に出来る『中トロ』。
口の中に広がる異次元の旨味にすっかり魅了されてしまう。
それにしても、鮃と合わせても中トロと合わせても抜群にネタの旨味を引き出すシャリって一体何者なのだろうか?
もしかして、シャリの量を変えてバランスを取っているのか?
それとも、それ以上のなにかが…

   DSC05191
そんな事を考えていると、上品な旨味の『鰆』が目の前に。
噛みしめれば、旨味が口中を支配する。
刺身単体では味わうことが出来ない調和に満たされる。
日本を訪れる観光客の方で、食に興味がある方は、ぜひ鮨を味わって帰ってほしいと心から思う。

  DSC05194
白身、鯵、濃厚な中トロ、車海老、そして『こはだ』。
みんな鮨とはいえど、それぞれの個性は全く違う。
五感をフルに開放してそれらを味わう。
鮨というのは本当に深いものだと実感。

  DSC05197
旨味が溢れる『雲丹』。

  DSC05200
さり気なく存在感があり、一度食べたら忘れられない『トロたく』。

  DSC05203
もしかして、鰻を超えたかもしれない『穴子』。

  DSC05206
脇役なんて言ったの誰だ⁉
個性が発揮される後半戦の主役級『玉子』。

   sake
日本酒は、そのときに良いものをお任せで。
何が出てくるのか、行ってみないとわからないのも楽しみのひとつ。

   DSC05209
『ねぎとろ』をじっくりと味わいながら、この日に楽しんだ鮨をもう一度振り返る…

間借りで、しかも一人で切り盛りしている店主。
実は、この春には日本を出て、オーストラリアで鮨を握る予定になのだとか。

   DSC05210
おそらく、東京で…日本で楽しめるのは今回が最後になるのかも。
もし、「鮨あやべ」に誘われる機会があったなら、迷わずに味わってほしい。

初めて訪れたときの感覚は二度目の訪問で確信になる。
そんな経験をさせていただきました。
オーストラリアでのご活躍、期待しています!





【鮨 あやべ】
住 所:東京都中央区日本橋2−2−15 1F HASHI内   MAP
電 話:
営業時間:18:30〜21:00 
煙 草:禁煙
定休日:日・月
駐車場:なし(お店の近くに有料駐車場有り)

お店のInstagramはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村