「鍋焼きうどん、はじめました。」
こんなPOPが掲げられていると、いよいよ冬だなぁ…と実感する。
他にも、おでん、湯豆腐、豚汁、グラタンなども寒い日に食べると格別だ。

      しかし、

逆にこんな風景を目にしてしまうと、忘れられなくなる。
    IMG_8861
街路樹の様子から見て、どう見ても季節は冬。
そこに『氷』の看板が妙に映えているのだ。

  IMG_8862
ここは仙台で人気のかき氷の店、“梵くら”
夏にはここのかき氷を求めて、全国からファンが押し寄せる店なのだ。

   IMG_8867
店は3階にある。
階段を上がっていくのだが、この日は流石に行列はない。
しかし、オンシーズンには行列が当たり前になっているのはこの注意書きを見ればわかる。

  IMG_8863
店内は土足厳禁
相席となります。


一瞬、身構えてしまう。
しかし、見方を少し変えてみれば、靴を脱いでくつろぐことが出来、店内ではみんな仲良くかき氷を…
と、解釈できる。
入り口でスリッパに履き替えて店内へ。
すると、店主が笑顔で迎えてくださる。

メニューを見て、しばしフリーズ…
    しかし、数分後には謎が解ける⁉

  IMG_8865
ちょっと待て!
かき氷と気軽に考えていたが、ラインナップが想像以上に豪華だ。
軽い気持ちで来てみたが、これは真面目に…いや、大真面目に向き合わなければならないようだ。

『安納芋みるく、安納芋金時みるく』
安納芋のかき氷は未体験だ。 
上品な甘みが氷と一緒になると… 

『無農薬ブルーベリー、タヒチアンバニラみるく、ベルギーチョコレート』
文字を見るだけでも、こだわりが伝わってくる。
選び抜いた素材をぜひ味わってみたい。

『無農薬瀬戸内レモンみるく フロマージュ』
え…かき氷にフロマージュってチーズ⁉
入店して迷うことなくそれを注文した人がいた。
大の大人をも夢中にさせる味わいなのか⁉

そして、あまおういちごは今が一番美味しいらしい。
折角なので、タヒチアンバニラみるくと一緒にお願いすることにした。

まるで芸術品!
    完成度120%のかき氷。

   DSC05607
思わず見惚れてしまった。
器、かき氷、そしてTOPのいちごのすべてが美しいのだ。
一切の妥協を許さない…
そう表現するのが一番似合うのかもしれない。

   DSC05610
かき氷って、こんなにシルキーだった?
この食感を一度味わってしまえば忘れられなくなる、そんな感覚に陥る。
口の中で溶けると同時に広がる香りと甘み。
氷の温度も完璧にコントロールされているから、味覚が麻痺することなくキチンと味わえるのが嬉しい。

   DSC05611
いちごって、こんなに美味しかったっけ?
思わずそんな言葉が飛び出してくる。
よりフレッシュに…が一番だと思っていたが、梵くらのかき氷は素材の持つ旨味を更に引き出している。
こんなの食べたら、かき氷にチーズが掛けられていても驚かないようになるのも頷ける。

え、鰻重並みの値段のかき氷⁉
と、最初はそう思っていたが、実際に食べればその値段は納得のもの。
確実にそれ以上の価値があります。

夏場は行列が絶えないかき氷の店も、今の季節は狙い目かも。
オススメです!
  




【梵くら】
住 所:仙台市青葉区立町23−14 スクエアビル 3F    MAP
電 話:022-346-9027
営業時間:11:00〜14:30 
煙 草:禁煙
定休日:月曜日(不定休あり) ※お店のInstagramに告知あり。
駐車場:なし(お店の近くに有料駐車場有り)

お店のInstagramはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村