行列には理由がある。
だから、行列をみると気になって仕方がなくなり、ついつい自分もその列に加わってしまう。
街なかならば、そんなこともあるのだろうが、見知らぬ土地でそんな行列を見かけたならば、あなたならばどうするだろうか?

朝、10:00過ぎから、この店の前に列が出来始めるのだという。

    IMG_7973
中華そば 末広の看板が掲げられている、昔ながらの佇まいの店。
多くの魅せが11:00もしくは11:30から営業を開始する中、ここは10:30になると暖簾が掛けられる。

山形新幹線の終着駅である、新庄駅から7〜8分歩けば、末広に到着する。
   IMG_7971
この暖簾をくぐれば、昭和の空間にタイムスリップする。
今流行りの、あのドラマのような世界…

   IMG_7957
が、実際に存在した。
古いながらもきれいに整えられた店内は、ゆったりとした雰囲気。
まずは注文を済ませて、空いたテーブル席に落ち着かせていただくことに。

   IMG_7958
お品書きは、『中華そば』、『スタミナラーメン』、『メンマラーメン』、『チャーシューメン』。
そしてライスと、至ってシンプル。
ちょっと豪華にチャーシューメンも良いけれど、初訪問なのでスタンダードに『中華そば』をお願いした。
席に座り、中華そばが出来上がるのを待つ。
店内の雰囲気を楽しみながら待つ時間もまた楽しいものだ。

澄み切ったスープに見惚れ、
      深き旨味に引き込まれる。

   IMG_7961

たっぷりのネギが何とも嬉しい。
具材はメンマとチャーシュとシンプル。
でも、その潔さが好印象だ。
   IMG_7964

まずはスープを一口…
少し濃い目の味わいで、中々パンチがある味わい。
そう思ったのは最初だけで、ジワジワを旨味が口の中を支配する。
余韻の旨味は、忘れられないレベルかも。

    IMG_7966
麺はストレートな中細麺。
これがスープの旨味を絡めながら口に運んできてくれる。
食べ始めれば箸を持つ手を止めるのが困難になるほどの逸品だ。

チャーシューも豚肉の旨味が心地よい。
なるほど…チャーシューメン…いや、全部入りを注文する人の姿が少なくないのはこういうことなのか。

全部入りとは…

チャーシュー、スタミナ、メンマともにたっぷりと入った中華そば。
常連さんたちはこんなふうに注文していた。   

「今日はスタミナにしようかな」
「スタミナ、メンマ大盛りで!」
「全部入り大盛り!」
「スタミナ中華…」


スタミナラーメンとは、鶏モツがたっぷりと入った中華そばのこと。
自分の感覚では、『スタミナラーメン』って、にんにくがたっぷりと入っているイメージだったが、そうでないようだ。
初めて来たのに、それはないなぁ…と思い、その選択肢なないと思っていたのでその選択肢はなかった。
しかし、お向かいのテーブルの人が注文した『スタミナラーメン』をそっと覗いてみると…

『スタミナラーメン』には、中華そばの具材に鶏モツがたっぷりと入っている。
そうやら「末広」では、それが名物中華そばのようだ。

    IMG_7969
スープを飲み干すのはカラダに負担がかかる…
とは知っているものの、気がつけばこの有り様だ。
この滋味深い味わいを残して帰ることがどうしても出来なかったのだから仕方がない。

次回は是非『スタミナラーメン』…いや、全部入りをお願いしてみたい。
朝から並ぶ理由がここにはある。
新庄を訪れたならば是非!





【中華そば 末広】
住 所:山形県新庄市末広1-36    MAP
電 話:0233-23-4558
営業時間:10:30〜17:50
煙 草:禁煙
定休日:第2・4・5日曜日
駐車場:あり




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村