「きぬそばが、6月末で閉店してしまう…」
そんな噂を聞いた。

きぬそば…
まだ行ったことがない。
でも今朝、そばとカレーの写真を見せてもらった。
そこには、関東風のつゆに大きな春菊天、とワカメが気前よく乗っかったそばと、漆黒のカレーの姿。
見るからに老舗っぽい雰囲気を纏ったそばとカレー。

これは間違いないのでは…

そんな直感が頭をよぎる。

   IMG_6414
外神田にある“きぬそば”
見るからに昔ながらの立ち食いそば店だ。
「そば うどん」と書かれた幟が遠くからでも確認できる。
更に近づいていくと…


そば・うどん・カツカレー の文字が。

カツカレー⁉︎

ま…カレーがラインナップされる立ち食いそば屋は珍しくないから、それもアリか。

そんな気軽な気持ちで立ち寄る人が多いかと思うが、『カツカレー』はここの人気商品らしい。


タイミングが悪ければ、トンカツが売り切れていることもしばしばあるという。

幸いにも、この日はケースの中にトンカツがあった。

迷うことなく『かつそば』を注文する。


かつそば』…
トンカツって、サクッとした衣がウリなのでは?

そう思う人もいるかもしれないが、きぬそばのそれは、ちゃんとそばに合うようになっているから面白い。

コロッケそばを好む人なら抵抗なく受け入れられると思う。

そばのための「とんかつ」も存在する。

   IMG_6408

つゆは媚びを売ることを一切しない関東風。

この力強さがそばには合うのだ。

そばは立ち食いそばのそれ。

香りとか、喉越しとか、コシとかは普通の蕎麦店で味わえば良い。

東京には、こだわりの蕎麦店もたくさんあるのだから。


つゆにたっぷりと浸したトンカツを食べてみる。

これが不思議と美味いのだ。

衣、肉、衣。

それらの厚みは、ほぼ同じ。

衣につゆの旨みがしっかりと染み込んで何とも言えない味わいを醸し出している。

実はファンも多い!
   シッカリと作り込まれた『ミニカレー』

   IMG_6410

そばを作るついでにカレーも作りました…ではない。
美味しいカレーを食べさせたい、そんな気持ちにシッカリと込められているカレー。
色からも分かるように、じっくりと煮込まれていて深い味わいが特徴だ。

更に、カツを半分、一緒にお願いしたミニカレーの上に乗っけてみる。

カツカレーの出来上がりだ。
   IMG_6412

通常のカツカレーよりも、つゆの味わいを存分に吸い込んでいる分、旨みが強い。

カレーに負けることなく、程よく馴染む…


馴染む⁉︎

いや、これは一体化している!

そば屋が本気で作ったカレーライス。

つゆの旨みを活かし、それをカレーで整える。

だから、そばのつゆと合わないわけがないのだ。


カレーライスを食べて、その後にそばのつゆを飲む。

そうすれば、素晴らしいマリアージュが口の中で生まれるのが分かる。

凄いなぁ、これは…

    IMG_6413

気軽にサッと食べて満足出来る。

それでいて、何だか美味しい…

それが立ち食いそばの醍醐味ではないだろうか?


でも、この灯火はもう直ぐ消えようとしている。

2024年6月末をもって、閉店する予定なのだという。

店主が高齢で、体力的に限界が近いから…とのことだ。


東京の財産とも言える、この味わい。

間に合うならば、ぜひ味わってみてほしい。

今ならまだ間に合う…





【きぬそば】
住 所:東京都千代田区外神田6−10−11    MAP
電 話:
営業時間:7:00〜14:30 
煙 草:禁煙
定休日:土・日
駐車場:なし(お店の近くに有料駐車場有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村